Gamerch

白猫シェアハウス Story 序章【白猫プロジェクト】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ストーリーまとめ


ギルドからの依頼を受け、初めての単身赴任へ――!
2017/04/28 ~ 05/19


目次


Story1 初めての単身赴任

Story2 訪れた文明の街

Story3 共に暮らす仲間へ

Story4 時はしばらく遡り

Story5 大きな壁



story1 初めての単身赴任




 ――飛行島に、冒険ギルドから一通の手紙と木箱が届いた。



「アラ、主人公。またギルドからの依頼? 大人気ねぇ。」

 封筒を見てそう告げたキャトラは、いつにも増して忙しそうな様子だ。


「困ったわ……私にもキャトラにも、ギルドから依頼が来たところなのに……」

 アイリスがつぶやいた。


 そうだった。

 二人ともしばらくの間、飛行島でギルドからの仕事をやらなくてはいけないのだった……


「うーん……」

「どうしましょう……」


 アイリスとキャトラが、腕を組んで同時にうなる。

 ……キャトラが腕を組んだ???


「いいこと思いついたわ!」

「え?」

「主人公、たまには一人で行ってもらえる?」


 !!


「そうね……悪いんだけど、私たちはしばらく動けないし……」

「なぁーに、どんな依頼だろうと、ひゃくせんれんまのアンタなら大丈夫よ!」


 太鼓判を押されてしまった……


「……お願いできるかしら?」


 ――二人は忙しい。

 ここは……自分の出番だ。


「ありがとう♪」

「それじゃあ、たのんだわよ!」


 ――大丈夫だ。ギルドの依頼なら、これまで何度もこなしてきたのだから――



「で、スルーしちゃってたけど、この箱って何かしら? 開けていいわよね?」

「キャトラったら…………あら、これは……?……お洋服……?」

「フツーそこは前金だろ!って気もするけど、現物支給なのねえ。

 せっかくだから着てったら?」


TOP↑

story2 訪れた文明の街



 とても発展した様子の島についた。

 依頼人はどこにいるのだろう?



「赤髪の猫にゃん! あなたですねー!」


 猫……?


「あなたですよあーなーたー!

 ギルドを通して来てくれた冒険家ですよね!?」


 ……ギルド?冒険家?

 とういことは、この子が……?


「申し遅れました。私はシズ。

 〈情報の精霊〉の、最新の亜種です。」


 最新の……亜種……?



 ***



「――というわけでですね、この島は、非常に技術の発展している島なのですが……」


 シズの話りを聞きながら、一軒の家の前にやってきた……


「誤算だったのですよ!! 時代は情報化社会に突入……!

これからは、もっと手軽に!どこにいても、誰とでもおしゃべるできるツールがウケる!

と、思って発表した〈にゃいんぶっく〉が……見事に大コケ!

私に残されたのは、膨大な借金と……いずれ事務所にしようとしていたこの一軒の家だけ……

というかこの家も、ローンの塊なんですが……」


 …………


「依頼というのは他でもありません。赤い猫にゃん。

私と一緒に、〈にゃいんぶっく〉をこの島に流行らせてください!

そして私の借金を返済させてくださぃいぃぃ~……!」


 ……借金返済の手伝い……?

 …………


「――その汗!それは『やってやるぜ!』という武者震いの汗ですよね!?

ありがとうございます! 感謝、感謝です! それではこれから、よろしくお願いいたします!」


 反応を誤ったようだ……!


TOP↑

story3 共に暮らす仲間へ



「――どうです? いい家だと思いませんか?」


 たしかに、いい家なのだが……


「……そうですよねぇ……ゆくゆくは事務所にするつもりだったんですが……

たった二人で住むには、タカラのクサレモチですよねぇ……」


 何かが違う気がする……


「そこで、相談なのですが。

どなたかあと三人くらいに、ここに住んで欲しいのですが、お友達とかいらっしゃいません?

特典は〈にゃいんぶっく〉を使い放題! どうです?」


 …………


「そ、それだけじゃなくてですね。この島で自立した生活を送ることで生きる力もつくというか……」


 …………


「いい刺激になると思うんです!

たまには冒険以外で暮らしてみるっていうのも!」


 ここに住んでくれそうな仲間がいるだろうか……?


「私も、この家の管理人としてサポートしますから♪」

(……家賃、勉強しますよ?)


 ……うーん……


「おぉ! やる気の汗ですね!?」


 しまった、また反応が!


「ありがとうございます! では、心当たりのお仲間さんに、お声がけをお願いします!

大丈夫ですって♪ 風呂つき庭つきプールつき♪ 快適な暮らしを保証しますよ♪」


 ……シズは盛り上がっている。

 ……反応に失敗した自分にも非がないこともない……

 ここは協力するしかないだろう……



 ***



「――三食昼寝つき?

 んなのサイコーじゃん! 選択肢は一つっしょ!」



「なるほど、把握しました。

 助けを呼ぶ声あらば! わたしが行って、守ったらーい!」



「――自分の力だけで生活……僕にも、出きるかな……?」


TOP↑

story4 時はしばらく遡り



 ――しばらく、時は遡り――

 『それ』は、『その島』へとやってきた――



「……港を発ったときは、雲一つない晴天だったが……あんな嵐に歓迎されちまうとはな。

 はっ。まったく激しいダンスだったぜ。」





―ッハ、時代の流れ、か……―

TOP↑

story5 大きな壁



TOP↑

その他



相関図



ストーリーまとめに戻る

コメント (白猫シェアハウス Story0)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ