Gamerch

ジュダ・テニスの思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
'
' CV:


思い出1



のどかなテニス日和ねえ。

…………

わっ、ジュダ! どこから現れたの!?

テニス、か。

え? ああうん、テニスよ。

帝国でも、たしなむ者は多い。奴も楽しんでいた。

アンタの国の……皇帝さん?

そうだ。

ジュダさんは、帝国のひとなん

ですよね。


 帝国とは、世界でも有数の巨大国家である。


帝国軍、第十三軍団所属、大佐……帝国の棺と呼ばれている。

肩書きなどに、意味はないがな。

ジュダはやったことあるの?

何をだ?

だからテニスよ。

俺が……?

どうやら未経験ね! ちょっとやってみない?

楽しいですよ?

(楽しみ、か……

いつか、奴と遊ぶ日もあるかもしれないな……)

教えてくれ。



TOP↑

思い出2 (LV20)




…………

(力に任せては、競技にならぬ……

要するは、己を抑え、制御することか……)


ジュダさんすごい。いきなりでこんなにできるなんて。

反応がいいんだわね!

俺の本性は、狼。神獣の因子から造られた獣だ。

おおかみ。そうよね。ボールを追っかけるのはお手のものってことかしら。

追うのはいい。だが――

ラインに縛られるのは好かん。まるで檻だ。

そりゃ、そういうスポーツだから。

スポーツは好きだ。ボールもな。

檻の中での振る舞いも、慣れている。

おおげさねー。

あのね。アンタの中にとんでもない力があるらしいのは知ってるわ。

けど、ルールかあるおかげでテニスは誰とでもできるんだから。

誰とでも、か。

そうそう。そういうのはいいかんじに抑えていきましょ♪

ああ。


TOP↑

思い出3 (LV40)




ジュダは、連邦某国の城に潜入していた――


「……覚えているぞ。この匂い――

我が帝国の敵よ。尻尾を出してもらうぞ。

(大会を利用するつもりか。昔ながらの戯れだな)


 ジュダの追っていた武器商人が、敵国の要人と取引をする。

 その現場に、テニスの国際大会を利用しようとしているのだ。


「ならば、俺も戯るか。」


 ***


大会に出場する。

急ね!? ウデ試しでもしたくなったの?

近々、国際的な親善大会が行われる。

帝国、連邦所属国はじめ、各国から選手か集う大会だ。

vへえ、そんなのがあるんだ。

ジュダさんもそれに招待されたんですか?

招待などされていない。

え?

俺は帝国の棺。どうとでもなる。

ま、まあ、深くは聞かないでおくわ……

で、それに出ると何かいいことがあったりするの?

皇帝がひまそうなのでな。カップでも持って行って、驚かせてやるつもりだ。

じゃ、もっとしっかりテニスできるようにならないとね!

問題などない。

なら、それを見せてもらうわ。練習よ!


 ***


ウォーン!

そーゆーところよ心配なのは!


TOP↑

思い出4 (LV60)




ほんと、いろんな国から選手が集まってるのね!

どこの人も一緒に盛り上がれるから、テニスっていいわね♪

それに、ジュダさんも。

準決勝まで勝ち進むなんて!

これが、おおかみの力ってやつかしら!

もうすっかりテニスプレーヤーだわね♪

すごい! これで決勝進出だわ!

決まった! 決勝の相手はあの選手ね。

連邦の有力選手と聞く。

帝国よりの挑戦者は、ことごとくあの相手に敗れた。

ちょっとちょっと、ジュダ。

晴れやかな決勝戦なんだから、国のこと持ちこんでケンアクになったりしないのよ!?

戯れだ。

わかってんなら、いいけど……

ジュダさん! かんばってください♪

ここでは本気は出さん。

ここではって何!?


TOP↑

思い出5 (LV80)





フン!


 30-15!


ぬっ……!


 30-30!


うーん。このゲームもじりじりした展開になってきたわね。

あの相手の選手、ジュダさんみたいなすごい力はないけど、すごく上手いんだわ。

粗くなったところを、見逃さずしっかり突いてくる……!

今のジュダには、いちばんイヤな相手かもね……!


俺を踊らせるか。

手を尽くすがいい。俺を追い詰めて見せろ。

この俺を……!


あら? ジュダの様子がなんだか……?


仮に俺が破れるならば、それは帝国の敗北に等しい。

帝国の敵に与えられるは、慈悲である。皇帝は汝に棺を賜るであろう。



TOP↑

思い出6 (覚醒進化) (LV100)



ジュダさん、様子が変だわ。一体……?

まさか、いろいろ抑えきれなくなってきちゃったんじゃ……?


いい戦いだ。

……大地ごと。呑み込んでやろう。

…………!!


「けど、ルールがあるおかげでテニスは誰とでもできるんだから。」

「誰とでも、か。」

「そうそう。そういうのはいいかんじに抑えていきましょ♪

もっとしっかりテニスできるようにならないとね!」


…………


その瞬間、ジュダの心に蘇ったのは何だったか。

 初めてテニスに触れた時のこと、そして……

 ……唯一の友と戯れた、かつての記憶……


……誰とでも楽しめる、か。この俺とも……

そういうもの、だったな……



この勝利、皇帝に捧ける!

やったわね!

ちゃんとテニスをやりきったのかエライわ!

途中、ちょっとハラハラしちゃいました……!

俺は棺を送るものだ。

とはいえ、たまには戯れる。仕事はこれからだ。




TOP↑

その他



相関図








~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (ジュダ・テニスの思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ