Gamerch

【白猫】メインストーリー 第13章 後編

最終更新日時 :
1人が閲覧中

開催日:2018/10/19


目次


Story8

Story9

Story10

Story11



主な登場人物






TOP↑

story8 問1





「しくじったか……

あんな隠し玉を持ってやがるとはなァ……

なんべんやっても同じだぜ……どうしたもんかなァ……



……ちっ。流れ着いたか。潮は融通利かねえなァ。



…………

コソコソ十年修行するか?そんな馬鹿な……

ルーンの技術……吐かせるか?

いや、結局は施術者が必要だ。やってくれるワケがねえ。

――参った。八方塞がったぜ。」


「なら、九つメの道はどおです?」

「あ?なんだてめえ……?」

「ワタクシはエピタフ。闇まとう道化。あるいは――

――ステキな足長オジサン♪いや、この場合、<お兄ちゃん>ですかね♪

ギャハハハハハ♪」

「……『兄』だと?てめえもあの馬鹿どもの仲間か?」

「イイエエ、ワタシは本物デス♪――ンフ!ンフフフフフフ!!!」

「気色悪いな。」

「そう邪険になさらズに♪ワタクシは好きですヨォ、アナタみたいナ単純なカタ♪」

「こーえーだね。」

「アナタ、欲しいのは<力>ですネ?」

「くれんのかい?」

「道化師クィ~ズに正解すれば、ネ!イヒヒヒヒィ♪

もんだぁ~イ。どうして<力>が欲しいのか、ナ?」

「生きるためだろ。」

「そのココロは?」

「人生には限りがある。てこた行動できる回数にもな。

したくねえことをする暇はねえ。やりたいことだけやってやる。」

「ほ~ぅ?」

「たいがい邪魔が入る。邪魔ってな自分のじゃねえ意思だ。他人だ。

それを排除するのは『やりたいこと』に含まれる。

別に、特筆して、生涯かけてやりたいことなざ、ねぇよ。

けど、トータルで、やりたいことだけ選び続けて死んでやろうと思ってる。

折り合いとか基本、クソだろ。いても自分に得なヤツ以外、いらねぇよ。人生には。

それが生きるってことのシンプルな答えじゃねーの。

だから<力>がいる。」

「……うく!うくククククク……!」

「ほれ、答え合わせは?」

「ギャハハハハハ!アナタ、嫌われてマセン?」

「クズともにいくら疎まれようがどーでもいーぜ。」

「ワタシ好きですヨ、アナタのコト♪

――イイヨウに言っちゃってますしネェ!?ギャッハハハハハハハ!!!」

「…………」

「じゃなンでココにいンの?」

「…………」

「ヨワムシちゃん♪」

「……バケモノになんざ会いたくねぇよ。」

「ウハハハ♪デスヨネェ?

隊に、国に、守られてェ?喧嘩売るのは、自分より弱いヒトだけ~!

自分がトップの居心地のいい世界デ、これが理想だトカわめくゥ!

そりゃいい生き方ですヨォ!アハハ!デモネェ!?

雑魚を排除してレバ、残ってくのはと~ぜん、キョウテキです。

いつまで貫けますゥ!?その究極の生き方ァ!?ギャッハハハハハ!!!」

「……いいトコで死ぬさ。」

「デモできれば生きてたいでショウ?」

「別に。そこそこでいーよ。」


「ンフ♪ス・ナ・オ♪わっかりましたァ♪せいかいでェ~~~ス♪

<混ぜて>あげマスゥ~♪ボクちゃん秘蔵のタカラモノ~♪」

「ルーンか?」

「ん~、そうナルのかナ?こっちの世界でハ?」

「なんでもいい。この国にあるヤツ、<大いなるルーン>つったか。より、強ぇんだろうな?」

「特別なことハできませンヨ?センノーとかヘンソーとか?タダ純粋な、エネルギーです♪」

「上等だ。」

「デ・ハ♪」


「――オォオオオオオッ!!!???

……これがっ……!」


「気に入ってもらえまシたァ?」

「悪くねぇ気分だ……!」

「上・等・デス♪ギャハ♪」


「!!あなたはっ……!」


「ンフ♪サービスであのコも<混ぜて>あげまショか?」


「いらねえよ。」

「!! かはっ……!!!???」


「0.1とか、いまさら。」

「あらラ~ラ。少しでも足しときゃいいのに。信念ブレてちゃ負けマスよォ?」

「言ったろ。したくねぇことはやんねぇ。」

「ククククク……♪そうでシタネ……♪

オダイジニ~♪ギャハハハハハハ!!!」



「……けっ。

守られてる、ね。わかっちゃいたよ。

けじめ、つけるか。」





8-2 あの日の二人




「――結果が届いたわよ!」

「ほんと!?どうだった!?」

「『適性あり』だって!すぐにでもセンテリュオヘ来られたし、って!」

「やったじゃない!これであなたの夢が叶うわね!」

「夢?そんな話だったっけ?」

「言ってみただけ!」

「おっ茶目~♪」

「あはははは……でもホント、嬉しいわ。まるで自分のことみたいに。」

「あなたもよ、エレメージュ。」

「なにが?」

「あなたへ届いた結果も、同じく『適性あり』だもの。一緒にルーンナイトになれるのよ!」

「え……ええええええ!?」

「どうしたの?嬉しくないの?」

「だって、あれは、あなたの付添いで……歌もダンスも散々だったし……」

「そんなのしたっけ?」

「ごめん、記憶が混乱してて……」

「いつのなんの記憶よ……」

「ホントにホント?私にも通知が来たって?」

「はい。自分の目で見てごらんなさい。」

「え……何語……?」

「上下逆さま語じゃない?」

「あ、ほんとだ。……ホントだ!

本当に!まさか、二人そろってだなんて!」

「なんだか、やっと、報われたカンジね……

師匠から残されたこの道場を、二人でえっちらおっちらやってきたけど……

私たちだけじゃ限界があったものね。」

「楽しい暮らしよ?」

「ええ、楽しいわ。二人だけの生活は、本当の姉妹みたいで。

だけど……もったいないから。」

「もったいない?」

「エレメージュ。あなたには才能があるわ。」

「サイの脳……」

「あなたはしっかりしてるし、人もまとめられるし、空気も読めるし。」

「シカとした?」

「拾わなくていいかなって。」

「モウ。」

「茶化さないで聞いて。あなたはこんな田舎で終わるにはもったいない。

あなたなら、きっと……そう、ルーンナイトの隊長にだってなれるわ。」

「買いかぶりすぎよ。その説でいけば、もったいないのはあなたの方よ。

私はぼんやりしてるもの。」

「そうね……ときどき、さも神妙そうな顔をして、何も聞いてなかったときは、心底腹が立つけど……」

「わざとじゃないんだってば。」

「わかってる。でも、だからこそ、あなたの器ってとっても大きいんだと思う。私なんかより、全然。」

「そんなことないと思うけど……」

「私にはわかってるから。だから、そうね。

あなたが隊長になって♪私はそのサポートをするわ♪」

「うん、わかった。じゃあそれで決定で。」

「…………

……あっはははは!決定だって!まだ入隊もしてないのに!」

「あはははは!そうね、何言ってんだろ……!」


 …………

 ……………………


「おめでとうございます。ルーンナイト一位<ヘイス>、レベッカ殿……」

「うむ……」

「…………」

「…………」

「『うむ』だって!ぽくない!?」

「あっははははは♪ぜんぜん、ぽくなーい!」

「ちょっと!声が大きいわよ!あなただって、今日から副長なんだから!」

「まだ全然実感湧いてませーん♪」

「うっふふふふ……♪

ありがとう。私が隊長になれたのも、全てあなたのおかげよ、エレメージュ。」

「こちらこそ。あなたがいるからこそ、私もここにいられるのよ、レベッカ。

これからもよろしくね。」

「ええ。ずっとずっと、あなたを支えるわ。

……気を引き締めなくっちゃね。」

「ええ。これからは、私たちがこのセンテリュオを守らなければいけないのだから。

国主に仕える弟のためにも、精一杯職務を全うするわ。

私も、田舎に残してさた弟のためにも、寸暇を惜しんでがんばらなくっちゃ――」



――!?

どうして、あのときのことを……?

……へんだわ。何かか、矛盾していた……?

「副長殿!お疲れのところすみません!続けての指令です!

飛行島の冒険家たちを殲滅せよ!

「!?まさか……!?

…………

……ルーンナイト心得の一。姉道に背くまじきこと。

弟を守る姉が如く、国家安寧のための切っ先となれ。

いくぞ!私に続け!

「はっ!




TOP↑

story9 同じ手



まさか飛行島がひとに襲われるだなんて……

たいへんだったわね。今度はアイリスのところへ急がなくっちゃ……!

友好的なひとたちの国だと思ってたけど……

こうなってきちゃうと……なんだか嫌な予感がするわ……!

だいたいにして……なんだかこの街、雰囲気が……

もう二度と、あんなの……!

――

主人公……

……そうね……あのことは、辛い思い出だけど……

アタシたちだって、あの頃のままじゃないもの……!

何が起きても負けないわ!


飛行島の冒険家だな!?

やっぱりこう来るのね……!

!?猫がしゃべった!?

だったらどうよ!?アタシはしゃべるわ!アタシは――

――しゃべれるから!

……と、ともかく!貴様らの命、ここで頂く!悪く思うな!

なんでよ!アタシたち、国主とかゆーひとに正式にお呼ばれしたのよ!?

その国主からの命令だ!

おかしいじゃないのよ!アイリスがなんか怒らせた!?

そこまでは知らん!

知ろうとしなさい!

ちゃんと見て!ちゃんと考えれば!争いなんか避けられるのよ!

な、なにを……

猫の分際で……

猫もひともいっしょよ!一番悪いのは、そりゃあ悪いヤツだけども!

きちんと見てみなさいよ!まじりっけない気持ちで!この世界の姿を!

…………

ルーンナイト心得の三。命に疑念を抱くべからず。問答無用っ!

ううっ……!

……だいじょうぶ……!揺さぶりは入れたわ……!

ひっくり返すには!原因をやっつけるしかない!

こんな展開、二度目だもの!このキャトラさんに、二度同じ手は――

――通用するけども!前よりは我慢できる!

――かかれっ!

主人公、みねうちだよっ!


9-2 フィルター




しらみつぶしに探せっ!

ええ!

<闇>の魔物!?

どうして市内に!?

セントリーはどうした!?


くっ……どうする!?

ルーンナイト心得の二。センテリュオに仇成す者、即座に斬り捨て仕る……!

退けろっ!

ええ!!


あ、アキシオン殿!?

手配中のっ……!


…………


だが、どうやらこの場は、助かったらしい……!

価値ねぇ。

アキシオン殿っ!!??

駄目だっ……!血に目が眩んでいるっ……!

眩んでねえよ。至って冷静だ。ちゃんと考えて選んでる。

ここにはいねぇ。価値のあるヤツは。

いつ敵になるかわからねぇ。いま殺しとくのがベストだ。


ひ、ひぃぃいいっ……!

アキシオン殿……!前々から思っていた……!

そんな傍若無人の振る舞いが!人の子に許されるわけかない!

許されるとかじゃねぇし。


い、命だけはっ……!

隊士失格。


馬鹿なの? まあ、魔物だしな。


……くくくくく……!

最高だなァ!イメージと寸分の狂いもなく、体が動きやがる!

感触が物足りねえが、ま、もっと硬ぇヤツもいるだろ!

いいもんだなァア!やりたいようにやるってのはよォオ!!??

謳歌してやるぜ!人生を!


貴様っ……!ルーンナイトにまで手をかけるとはっ……!

そこの線引きはねえよ。一緒だろ?ルーンナイトも魔物も、一つの命だろ?

「ふざけるなっ!!!

――解放――


ヒュ~♪

残念だったなァ。前までだったら、てめぇの勝ちだったのに。

!?体内にルーンのない貴様が、なぜこれほど……!?

「肉体の練度は限界だったけどよ。別の伸びしろがあって。伸びた。そんだけ。

「馬鹿なっ……!?

「すぐに死ぬなよォオオ!!!???


TOP↑

story10



……あぁ……なんて……



キレイチャン……♪

ンフ……ンフフフフフ……


デモ……まだ……まだ……まだ……


まだまだまだまだ……

まだまだまだまだまたまだまだまだ

まだまだまだまだまだまだまだ!


ま~~~だ~~~だ~~~め~~~

!!!!!!!!!!!!!!!!


だってだってだって!

もっ卜ずっト長かったしィ~!


長いの何倍も長かったしィ~!

その間ずっ卜考えてたしィ~!

楽しませてもらワナイとでショオオ!!!???


それに……ワタクシも、ネ?


気高く丸まるキレイチャンな

あなたサマにツリアウには……


もっと……堕ちナキャ。

――グッチャッグッチャにぃ!


ギャハハハハ!!!



10-2 わからずや!



急いで!おいつかれちゃう!


指令が下っております。――覚悟!

なんてことするの!?一宿一飯の恩義って言うでしょ!?

いえ、宿は……!

でもパンは!?

……理解して、とは言えないわ。

だけど、姉道には背けない。私は副長だから……

ルーンナイト隊そのものが!私たちにとって、かけがえのないものだから!

わからずやーっ!!!

ちゃんと見なさいちゃんと見なさいちゃんと見なさい!

なっ……!?

ちゃんと考えなさいちゃんと考えなさいちゃんと考えなさい!

――!?

これまで正しいと思ってたことが!

間違いだったなんて、よくあるわ!

!!


 ***


「レベッカ?何よ、かしこまっちゃって?」

「…………」

「心配ないわ。誰も近くにはいない。

いつも思うけど、隊長室って豪華よね。豪華というより、厳重?

ま、ルーンナイトの隊長ともなれば、オカタイ話にも関わるでしょうし、その方が都合もいいんだろうけど。」

「…………」

「レベッカ?」

「…………」

「隊長!」

「あ、ごめんなさい。考え事をしていて。」

「久しぶりに出たわね。まあ久しぶりだから目をつぶってあげる。」

「そうなの。隊長には、国にとって重要な情報を知らされることもある。」

「聞いてたのね。」

「少し高い位置から見渡せるようになって……違和感を覚えることが増えたの。」

「違和感?」

「これまで当たり前だと思ってたことに対して。」

「当たり前だと思ってたこと……たとえば?」

「どうしてルーンナイトは女性だけなのかしら?」

「弟を守る姉のように、国を思いやる素質……姉道の心得か必要だからね。」

「私たちから見て、ルーンに通性がありそうな男性を推挙しても……

決して入隊することはない。それはどうして?」

「隊長が知らないことを知る由もないわ。

というかその理由も『姉道』なんじゃないの?」

「国を思う気持ちに、男女の別があるなんて誰が決めたの?」

「私にはわからないって。」

「ちゃんと考えて。

……いいえ、考えましょう。幸運なことに、今のルーンナイトを変えようと思えば、あなたと私である程度のことはできる。」

「ルーンナイトを変えたいの?」

「私は島を守りたいの。あなたや、弟や、大切な人たちを。

言ってしまえば……守りたいのは『国』じゃないもの。不自然な法律や制度があるなら改革したい気持ちもあるわ。」

「こらこら、物騒なこと言わないの。仮にも隊長でしょう?」

「エレメージュ、茶化さないで。一緒に考えてよ?」

「いいけど、答えはいつも同じよ?

レベッカ。あなたの考えに、私はいつでも賛成。」

「ふぅ……ありがと。」


 ***


…………

副長……?

……っ……!どうしてこんな記憶をっ……

アンタはいいやつよ。だから、攻撃しろって命令してるやつが間違ってるんだと思う。

……一々命令に疑問を抱いてたら、軍隊なんか成立しないわ。

ならやめちゃいなさい。

いいえ。ルーンナイト隊は、脱走すれば即座に処罰が――

ほらごらんなさい!もう間違ってるわ!

え?

そういうルールって、ひとのためのものじゃないの?

ルールのためのルールなんて、なんかおかしいよ!

……言いたいことはよくわかる。だけれど、どうしようもないの。

私一人のことじゃない。田舎にいる弟のためにも、職務を果たさなきゃ――

!!


――っ!?

!!

ハレ……?いまの……アタシ……?

それとも――

――建物のガラスとかに、太陽の光が反射して、まぶしっ!てなる、アレ?

……弟……弟……

――あぁ!面倒!とにかく、標的は――

わからずやっ!なんか逃げましょ!

なんかて!

……追ってっ……!





TOP↑

story11



ただ逃げるだけじゃダメよ!黒幕を探さなきゃ!

そして今回、冴えに冴え渡るキャトラさんが思うに!

キャトラ大帝が思うに!

大ボスは国主に違いないわ!王宮目指してすっすめー!


うううううっ……!

アンタは……!?

そんなモンすかァ~?隊長さァ~ん?

軽すぎてナナフシかと思っちゃいましたよォ~?

……自分で気づいていないのかっ……?

はァン?

その禍々しい力は……!<闇>のそれだっ!

だろーね。

正気かっ!?その力は己が命を蝕むだろう!

長くはもたないぞ!?

……ふぅん……

や、それが。案外デメリットはねーっていう結論に至ったんだわ。

好きに生きていずれ死ぬ。っつー、人生観には。

勝手なことをっ……!一人でやっていろっ!いたずらに他者の命を奪うな!

最終的にはそうなる予定。この島で。

!!

まだ生き物がいるんだもんよ。いまは過程なんだよ。

結果で言やぁ、てめぇのおっしゃった通り、一人寂しくのたれ死ぬからさ。

その前に視界から消えておくれよってハナシ。

……よくわかったっ……!貴様が、<闇>よりもなおおぞましい存在だということが!

理解とか求めてねーってば。


な、なにしてんのよ……?やめなさいよ、仲間割れとか……?

……!飛行島の冒険家……

……主命により、斬らせて頂く。

なに言ってんのよ!?そんなフラフラで!?

わはっ♪なになに?弱そうな方に鞍替え?

こりゃたいしたタイチョーサンだ!ぎゃっははは♪

…………

なんなのよアンタたち……!アンタたちだけじゃないわ……!

この国のひとたち!みんなおかしいんじゃないの!?

くくくくっ……!まさか、野良猫が言い当てるたぁなァ……

野良じゃないわよ!

そう。この国の連中は、み~んな頭かやられてンのさ。

なのに狂人呼ばわりしてくる。なんで自分だけ言われんだろ?ず~っとそう思ってたねぇ。

こいつら全員!言葉をいじくり倒して!同じことしてやがんのによォ!?

貴様とにするな!

何が違う!?何のためだ!?センテリュオを出て、他国で人を斬るのは!?

国のため、人のためだ!貴様のように、己のためだけにしていることではない!

突き詰めりゃ自分のためだろォオ!!!???

――やめた。水掛け論だ。そーゆーのか面倒だから、皆殺すって決めたんだ。

!!

――ルール説明。

視界の中で動いたヤツを殺す。

民か、兵士か、旅人か、魔物か。誰でもいい。目についた端から。

もちろんてめぇも含まれる。それでいいなら、そこのガキと遊んでな。

…………

なんで……なんでよ!?

私は、ルーンナイト一位<ヘイス>、レベッカ・ペリルだ。

姉道に背くまじきこと……!

ばかっ!ばかばか!プライドとか、なんなの!

いまだけ言うこと聞さなよ!いまだけは!

そいつの言ってることの方がまだまともよ!

アタシたちで協力して、そいつと戦いましょうよ!?

……参る……!

ぎゃっははは!悪くねぇ!



11-2 姉




はぁっ!

やめなさいって言ってるでしょ!ごうじょうっぱり!

…………

上手い位置取りじゃん?腐っても、ってヤツ?


――いたァ!!!

あーそびーましょォオ!!!???


お……?


ハロー副長。おゲンコ?

あなたこそ、背中の傷は!?

ぜんかい♪

いいのかい、副長サン?

……なにが?

隊長サンが剣を向けてんのは、あっちだぜ?

それとも仲悪いの?


……レベッカ!

……どうした?

口ばっかり!!!

……え……?

わはっ♪図星った♪

ちゃんと見て!優先すべき敵はどっちよ!?

……センテリュオに仇なす者。その点においては、同一。

ならば、命令と。姉道に基づき、先に討つべき相手は……

違うでしょ!?

!!

ひゃ~♪いったァ~♪

もっとちゃんと考えて!私たちが戦うのは何のため!?

……この国のため……

守りたいのは誰!?

あなたや、仲間や、民や、弟……!

違和感はそれだったの!!!

え……?

答えて!私にも弟がいたわね!?どんな!?

……田舎に残してきた、体が弱いっていう……

いないの!そんな弟なんか!

……?

思い出して!私たちか退場で暮らしてたときのことを!

そんな……でも……?

思い出してよ!あそこにいたのは私とあなただけ!

弟なんていなかったの!私にも!あなたにも!

――!!

なら……ルーンナイトは……!

きっと誰もいない……本当に弟がいる者なんて……

姉の心――<姉道>。それがある者が、ルーンナイトになって【】

ルーンナイトは、<姉>にされていたのよ!!!

……そんなこと…………一体誰が、何のために……

目的はわからない。でも、誰が、というのなら――

――<弟>に違いないわ。

……っ……!

……どういうこと……?<姉>にされていた……?<弟>に……?

……くくくくくっ……!

ぎゃっははは!バレてやんの!

だよなァ!?嘘はいつか、バレるよなァア!?

ぎゃっははははは……!

……知っていたのか……

馬鹿みたいだったぜ?口を開けば『弟のために』『お姉ちゃんがんばるわ』って。

逆に聞きてぇ。何で信じてたの?

……なんで……?

――そうか!あなたには、ルーンが埋め込まれていないから!

わかってたよ、バーカ。――じゃ、スッキリしたとこで――

――続きやンぞォオ!!!???


動ける?レベッカ……?

……ありがとう、エレメージュ。

やっぱりあなたこそ……隊長の器だわ……

いまそんなこと!

ええ!


11ー3 檻




ぎゃっはははははァア♪遅え、遅ぇええっ!!!

――奴の剣は、言うなれば、惨殺剣……いいえ――虐殺剣。

多勢に無勢を得意とする。対峙する敵が、多ければ多いほど冴え渡る!

多ければ多いほど!?ありえるかしら!?

集団で単独と戦うには熟練した連携が必要になる。

一人一人が実力を発揮するのは至難の業。

簡単に言えば互いに邪魔になる。

あいつは常に連携の乱れを誘う。

全力を出せない集団は、100%の力で戦う一人に遅れを取る場合があるわ……!

舌噛むなよォオオ!!!???

うぅうううっ!?

エレメージュ!アンタこないだ勝ったじゃない!アレやりなさいよ!

できないのっ!

えっ……?

ルーンの力の、供給が途絶えたっ……!

たりめーだろ?真実に気づいたてめぇらは反逆者じゃねえか。

ま、アレがあろうがなかろうが。二人だろうか二十人だろうか。

どの道、だけどなァア!!!???



――あまねしルーンの光よ――

――束となり恩恵を与えたまえ――

<*×○■!&%&…………>


!!

ンだそりゃアア!!!???

傷が……!力が!

いけるっ!これならっ!

……っ……!!!!!

調子のンなァア!!!!!

クソザコが!るっせえんだよブンブンと!!!



――顕現せよ――

――<慈愛>の檻――


!!

……ンだこれ……?

ちィっ!?


それは全てを遮断する光。外からも。中からも。

そのままそこにいて下さい。

これ以上……命を奪わないで。

はっ。アリガタイお説教?


……忠告です。私の経験からの。

なにそれ!?オモシレっ!?


アイリス、無事だったのね!?


私は大丈夫。……また心配かけちゃったね、キャトラ、主人公。


……<光の王>…………アイリス様……

目が晴れたみたいですね。

え……?

あの場の邪な力に、染められていたようですから。

解くことは出来ないまでも、感じるくらいなら。

…………

無礼を致しました。なんとお詫びしたらいいか……!

先に場所を移しましょう。ここも安全ではないし。

――それに。こんな奴でも。このまま果てるのを見ていたくはないわ。

…………

……そうね。

ひとまず向こうへ。


…………

……なんだよ?

行こう、アイリス……

……わかってるから。これが一番いいのよ……


……うん……


…………マジアッター来た。



back top next


TOP↑

その他



相関図







~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (メインストーリー 第13章 Story3)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ