Gamerch

【黒ウィズ】エリオット・シクス

最終更新日時 :
1人が閲覧中

エリオット・シクス

2015/06/16






ウィズセレ



「森が……鳴いている。」

「おっさん。それ、もう4回目だぞ。」

「ドゥンバ、おっさん違う。勇敢な戦士。お前失礼だ。」

「エリオット、お前違う。勇敢な戦士……って、さてはそっちも俺の名前覚えてないだろ。」

「森が……鳴いている。」

「誤魔化すな。次同じこと言ったらガイド料減らすぞ。」

「嫁が……泣く。」

「知らん。」


エリオット・シクスだ。俺はいま、世界を巡り、各地の民族が崇める神々を調べている。

今回はンモス族が大昔に信仰していた神の遺跡を目指している。


「で、もうすぐ着きそうか?」

「もう着く。」

ちなみに現在のンモス族はその神を信仰していない。

「予定より早い。割増だ。」

金にならんからだそうだ。なんとも世知辛い話だが……俺にとっては好都合だ。

「鳴いている……。」

森じゃない。俺の剣が、だ。神が近い……。



TOP↑

story2




神といっても色々いる。戦いの神、商売の神、恋愛の神、パンの神、酒の神、鍛冶の神……。

台所の神、椅子の神、机の神、栓抜きの神……はいるか知らないが、共通して言えるのは……。

「お前の剣に反応しているのか?」

「そうだ。この神様は”当たり”だな。」

真に受けない方が良いってことだ。

「さあ、その祠から出てこいよ。神様なんて名乗ってないでさ。

 俺の剣。ひょんなことから手に入れたこいつが激しく哭く時……。

「おっさん……いやドゥンバ。下がっていろ。怪我するぞ。」

「無用な心配いらない。戦える。自分の身は自分で守る。」

「……違うよ。俺から離れろって言ってんだよ。まだこいつを上手く使えないんだ。」


俺の剣が哭く時、神は素顔を晒す。権威も威光もない、凶暴な素顔を。



TOP↑

story3




「これが神か……。」

「ああ。どういうわけだか俺たちはこいつらを有難がって拝んでいるのさ。」


おっさんもさすがにショックだったかな? 神の正体がこれじゃあ仕方ないかもな。

この世界にいるどんな生き物とも似ていない姿で、知能すらあるかも分からない。


「こんな、こっちを見たら見境なく襲いかかってくるような奴をな。」

「神が……死んだ。」

「ああ、そうだ。面白いこと言うな、おっ……ドゥンバ。」


俺だって初めてこいつらをぶちのめした時はそう思ったもんさ。神は死んだ、ってな。

それは同時に、この剣を手に入れた時だった。そして、俺の運命を決めた日だ。


「旅を続けるのか?」

「こいつらには借りがある。でっかいのが……。」

何やったって返せないようなのがな。

「前に、お前と同じような者が村に来た、らしい。同じような武器を持って……。」

「へえ……。」

「仲間か?」

「いや、知らん。でも、いずれどこかで会うだろうな。」

それこそ……。

「神様が導いて下さるだろうさ。」







~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (エリオット・シクス)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ