Gamerch
レッド:プライドオブエデン 7月9日(木)配信開始 「新感覚」ケモガールRPG 7月9日(木)配信開始

トーナメントまとめ

最終更新日時 :
1人が閲覧中

魔法使いと黒猫のウィズのメインとなるゲームシステム、トーナメントについてまとめています。



段位一覧

10段以下に関しては現在リンク作成の予定がありません。

ポイントは2020/4の大魔道杯で改訂された版(新しい段が登場すると下方修正されます)。

リンク推奨属性1位ポイント備考・攻略上の注意点
拾式ボスはアレク
玖式4800ボスはカルマン
捌式ボスはアヤナ
水属性吸収、多層バリア、鉄壁が登場
ボス戦で属性反転
漆式水か雷ボスはティアとルベリとベルナデッタ
全属性の敵が出現
多層バリアあり
ボス戦で火・水属性吸収
陸式ボスはルベリ
光吸収の敵出現
4戦目とボス戦でAS封印
伍式ボスはキーラ、先制スキル封印
道中鉄壁2回
火属性の敵が数回
肆式ボスはロレッタとルシェとベルナデッタ
道中鉄壁1回
参式ボスはティアで火→水に変化
道中鉄壁1回
弐式ボスはオルネ
壱式ボスはベルナデッタ
ボスにカウンター持ち
10段ボスはドゥーガ
9段ボスはロレッタ
どの属性でも攻略は可能
8段ボスはアレクとルシェ
7段ボスはアレク
6段ボスはバロン

2016年10月の魔道杯開催時に通常トーナメントの消費魔力やポイントが変更された旨が告知されていますが、主に下位の段位が対象のようです。


概要

簡単に言うと、あるステージをどれだけ早く攻略出来るかを競うステージです。

平時はクリアしても経験値とゴールドがもらえるだけですが、魔道杯開催時にはクリア時のランクに応じてポイントが手に入り、それを競うこととなります。


ターン数の数え方はサブクエストのそれとは異なり、スペシャルスキルだけで倒しても1ターン経過と数えます。

掲示版やツイッターでは6T+SSという書き方がされることがありますが、これはボスの最後にスキルで倒しているという意味なので、7ターンクリアということを意味しています。


トーナメントはリアルタイムバトルではありません。挑戦中にアプリを落としても再開できます。

参加者に表示されるのアカウント(通称ゴースト)には、「そのアカウントが最後に挑んだ時のデータ」が使われています。リタイアしたデータは50ターン500秒となります。


ゴーストに表示されるターン数や秒数には下限があり、一定値より下のターン数・秒数でクリアすると確実に1位を取ることができます。このターン数は段位により異なります。


トーナメント交換所報酬

名前画像属性種族AS2SS2
コッコノーツ魔法生物属性特効・種族特効単体弱体化大魔術
ゴショガワラ火/闇魔族連撃・複属性攻撃強化残滅大魔術
シチア龍族連撃全体特殊特効大魔術
ハティ戦士全体攻撃単体スキルチャージ
リクリン雷/水術士複属性攻撃強化複属性ダメージ強化

役立つスキル

  • 攻撃系スペシャルスキル

攻略の軸となるスキルです。必要正解数が少ないのがベター。

コストに余裕があれば潜在結晶で強化しましょう。

  • 反射無視大魔術

潜在結晶で強化する必要がありますが、スキル反射を無視できるので強力なスキル。

高段位ほどスキル反射無視がより役立ちます。

  • 特効大魔術

特定の属性に対して大ダメージ。トーナメントではこれが軸になるほど強力なスキルです。

スキル反射は無視できないため、トドメに使われることが多いようです。

  • 多弾魔術

鉄壁対策に使えます。

  • スキルチャージ

効果の高いスキルはそのぶん発動も遅くなっています。その遅さをリカバーするためのスキルです。

  • 特殊パネル変換:チェインプラス

アンサースキルの大半は一定以上のチェインを積んでから発動します。

そのようなスキルを早く発動させるために必要なスキルです。



魔道杯

定期的(多くの場合、月末の金曜から月曜。月をまたがない、祝祭日を含まないように開催)に開催される、トーナメントを使ったイベント。

累計ポイント報酬一覧

過去の魔道杯

コメント (トーナメント)

新着スレッド(魔法使いと黒猫のウィズ 攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ