Gamerch
白黒wiki

【白猫】ブルーミングブレイズ Story4

最終更新日時 :
1人が閲覧中



目次


Story13 決然ガールズ♪

Story14 咲いてロッキンガールズ♪

最終話 不屈の薔薇





TOP↑

story13 決然ガールズ♪



この度はご迷惑をおかげしまして、誠に申し訳ございませんでした。

意外とショボかったですね……

楽譜、演奏しないで食べてしまったからなのでは?

元に戻れなくなったら怖いから、食べるくらいなら大丈夫かなって……

メリシャさん。この人は、いったい何者なのですか?

彼――ポギーは、私の元弟子よ。私か現役時代に書き溜めた曲を使って、音楽界を上り詰めた男……

盗んだってこと……?ひどい……どうして、そんなことしたの!?

……才能がなかったからに、決まってるだろう……?

だからといって――誰かを足蹴にして得た名声に、意味はありませんよ。

それでも僕は……しがみついていたかったんだ……

どれだけ挫折しても……どんな汚いことをしてでも……音楽の、世界に……

あの、みなさん、メリシャさんも!ここはわたしたちに任せて、早くステージヘ!!

うわ、そうだった!?まずいよ、急がないと……!!

……いえ。本番の時間はもう、過ぎてしまっているのです……

……少々の遅刻なら、大目に見てもらえるかもしれません!諦めずに――

――無理よ。オープニングアクトは、あなたたちの予定だった。

ぽっと出の新人が遅刻を待ってもらえるほど、甘い世界じゃないわ。

それじゃあ、もう……


――メリシャ。それならせめて、あなたが隠していたこと、ぜんぶ教えて。

……

ここまで付き合った私たちには、あなたの思惑を知る権利がある。そうでしょ。

深い理由なんてないわ。……本当よ。

けれど、それでもいけれど、それでもいいなら――昔話を、してあげる。


……私には、幼馴染がいた。私が音楽の道を志すきっかけになった、親友が。

……それが、ミーサさんね?

メリシャさんは、友だちと一緒に音楽を始めたんだね。

ノアたちと一緒なのです。

けれど、ふたりで書いた初めての曲がようやく完成した日、ミーサは倒れた……

――病気だった。とても厄介な、ね。

それから私は作曲家になり、ひたすらに曲を生み出して、病床のミーサに聴かせた。……<鬼才>と呼ばれるようになったのはその頃よ。

メリシャさんは、病気のミーサさんを音楽で励まそうとしてたんだね……

そう。私の音楽が、病と闘う力を生むと……愚かにも信じて。

愚か、って……それじゃあ……

彼女は旅立ってしまった。二十年以上も前に。

それでは、メリシャさんが音楽界から姿を消したのは――

……虚しくなったからよ。いままでの歩みが、すべて無意味だったと気づいて。

音楽に現実を覆す力なんてない――そんな現実を、突きつけられて。

そんなわけ……無意味なわけないよっ!!

ミーサさんはきっと……ううん、絶対っ!メリシャさんの音楽で元気づけられてたよ……!

……もしかして、私たちが今日まで練習してきた曲は――

そう。私とミーサが若い頃、初めてふたりで書いた曲。

いつか病気が治ったら、一緒に演ろうと、決めてた曲……

とても大切な曲だったのですね……

そんな大事なものをなぜ、会ったばかりのわたしたちに……?

……自分でも、よくわからないわ。

ただあの日――風に飛ばされた楽譜を拾ってくれたあなたたちに――私は、運命を感じたの。

ずっと眠り続けていた曲を、せめてちゃんとしたかたちで人目に出して……葬ってあげたかった。

ただそれだけの、くだらない感傷。がっかりした?

――嘘。

音楽に懸けるあなたの思いは、そんな生易しいものじゃなかった。私たちを指導するあなたの熱は、そんな仄暗いものじゃなかった。

……大切な曲を聴いて、あなたはもう一度、前に進みたかったんじゃないの?過去を振り払って……もう一度、音楽の道を。

知ったような口を……!


――ねぇ、みんな。

はい。やりましょう。

ようやく本番なのです。

やるって、まさか――演奏を?

当たり前じゃん!ほらきて、メリシャさん!あとおじさんも!!

だ、だがもう、ライブの時間は過ぎて……

なんのこと?私たちのライブは、これからよ。


 ***


……準備よっし!それじゃあ、いくよ……!

――あたしたちは!……あたしたちは~……あ~……

マールさん?ど、どうかしました……?

バンド名、まだ決めてない!!!

すっかり忘れていたのです……

エンジェル☆ド根性ガールズ!?握り飯握り隊……ああ、なんか違います!



TOP↑

story14 咲いてロッキンガールズ♪


「いいか貴様らの正体を教えてやる!永遠に咲かないクソッタレ花だ!!

根腐れてッ!茎には虫がたかりッ!葉はしおれッ!つぼみは頑なに閉じたままッ!

――あなたたちは、私の望んだ薔薇ではなかったわ。」


私たちは……不屈の薔薇……

私たちは――<Not lose Rose>!

<Not lose Rose>――


Blooming Blaze!




ドラムは、いわば<根>よ。精確なリズムを刻んで、サウンドを支えなさい。


楽しい!楽しい!!楽しい――!!!

音楽って、すっごく楽しい!!お腹の底から、リズムがどんどんあふれ出てくる!

そうだ。楽しいから、歌うんだ!元気に、陽気に、無邪気に――!

周りの人たちにも――このハッピーを届けるために!!


ベースはバンド全体を繋ぐ<茎>。ギターでは出せない低音で、ボトムを固めるのが役目。


くじけてしまった人ひとりの心すら救えずに――なにが守護天使だ。

どんな絶望も、困難も。立ち上がり続ける限り、光はいつかきっと差す――

それならわたしは、その人が再ぴ立ち上がれるよう応援してあげたい――

それがわたしの――誇りだ!!!


キーボードは鮮やかな<葉>ね。広い音域と優しい音色を駆使し、ギターとは異なる色彩でサウンドを彩るの。


――音楽は、素敵なのです。メリシャさんと出会えて――カスミさんやルカさん、マールと、たくさん仲良くなれたのです――

人と人、絆と絆を繋ぐ力。それはきっと、人の生み出した神秘の力――

旋律の海をたゆたうのは、こんなにも心地いい……

……この心地よさが、この曲を聴く人の心にもどうか届いてほしいのです――


そしてギターは――<花弁>。変幻自在の音色を操り、アンサンプルの要となる鮮烈なる華……


――メリシャの言葉はきっと、残酷なまでに真実だ。音楽に、現実を覆す力なんてあるはずがない。

だけど。それでも。きっと。


「おかげで明日もがんばれそう!だから、アリガトー♪」


苦しい現実を乗り越えて、再び前へと歩み出すための――

小さな小さな情熱を、心に灯すことならできるんだ。

だから私は――ありったけ全部――音と叫びに変えて――!



みんな活き活きしてて……のびのびしてて……とっっっても素敵ですね!!

……なんてまっすぐで、けがれないサウンドだ……

……僕はいったい、いつ間違えたんだろう……あ、独立して売れなくなったときからだわ……


おい、なに立ち止まってんだよ!?もうフェス始まってるぜ!?

ちょっとまって。このバンド、なんか気になって……

なんだなんだ?すげーイカしたサウンドだな!


彼女たちと、この島で初めて出会ったあの日。

私は本当は、あの楽譜を海に捨てるつもりだった。

過去を振り切りたかったから。

親友の死を忘れたかったから。

なのに――


だって風に飛ばされちゃったとき、すごく悲しそうな顔してたでしょ?

きっと大事なものだと、すぐにわかったのです。

どこの誰であろうと、悲しい顔をしているよりも笑っていた方がいいに決まっています!

はい、どうぞ。今度は風に飛ばされないよう、気をつけて。


屈託のない、その言葉が。曇りのない、その瞳が。


「メリシャったら、またひとり?暗いぞ暗いぞー」

「……あなたの薔薇に、水をやっていたんだけど」

「じゃ、終わったら曲の続き、一緒に考えよ!そんでバンドメンバー集めてさ、いつかライブやるの!

――約束だからね!!」


差し伸べられたその手が。――痛いほどに、懐かしくて。



……あなたたちが。私の失くした、あの頃の、情熱(きおく)を――

――――




TOP↑

最終話 不屈の薔薇



<翌日――>


それではみなさん……どうかお元気で!!

ばいばい、シズ!ハッピータムタムハイターッチ♪

今回もお世話になりました!あわただしい日々でしたが、楽しかったです!

にしても、あのポギーって人、普通に捕まっちやったね。

罪をつぐなったら、いつかメリシャさんと仲直りしてほしいのです……

それじゃあ、色々ありがとう。きっとまた遊びにくるわ、シズ。

いつでも誘ってくださいなのです♪

はい、喜んで!

……メリシャさん、見送りきてくれなかったね……

少し寂しいですけど、メリシャさんらしいかもしれませんね。

速達でーす。って、ウワァアア!あのときの足が速い化け物だァ!

その節はお騒がせしましたァァ!!

運転手さん、ノアたちになにかご用なのです?

あ、あぁ……これ、届け物だよ。間に合ってよかった。

うわ、おっきな包み~!いったいなんだろ?

……え?アレ?これ……わたしが使ってたベース!?

ノアのキーボードもあるのです……

ドラムセットだ~!

ギター……それに、あの曲の楽譜も――

裏になにか、書いてあるみたいですよ。



「フフ、気持ちいい天気ね。こんな日は、いい仕事ができそう。

――<鬼才>の復活だもの。手抜きはできないものね。」



『あの曲も、そしてあなたたちが奏でた旋律も――』

『いまはもう、あなたたちだけのもの――』

『これからも咲き誇りなさい。自分たちのために。あるいは誰かのために』

『あなたたちは――世界一鮮やかで力強い、不屈の薔薇なのだから』





Blooming Blaze!
~咲いてロッキンガールズ~ -END-









コメント (ブルーミングブレイズ Story4)

  • 総コメント数1
  • 最終投稿日時 2020/11/19 00:05
  • 表示設定

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ