Gamerch

【白猫】クルーシャ・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中

クルーシャ・ブラッティ cv.井上喜久子
塩で悪霊と戦う自称エクソシスト。
ナメクジには負けない。
2015/07/29


メインストーリー
飛行島の思い出 
その他関連ストーリー関連キャラ



思い出1



私はエクソシストのクルーシャ・ブラッティ!

覚めない悪夢に聖なる光を!

やっほ~クルーシャ。最近どう?

ちゃんと悪霊退治してる?

ええ! バリバリ退治したつもりになってます!

やっぱりまだ自称エクソシストのままなのね……

これでも悪魔祓いの訓練は一通りやってきたんですけどね。どれも上手くいかなくて……

ふむ、聞かせてもらおうじゃない。アンタの失敗エピソード。

では、最近の話をいたしましょう。

訓練の最中にお腹が空き、教会の外で魚を焼いていたんです。そしたら、焚き火が聖油に引火してボヤ騒ぎになって……

大丈夫だったんですか?

幸いケガ人は出ませんでした。

しかし、大事な儀式書が燃えてしまい父から大目玉を食いました……

おとーさんから?

はい。父は私と違い、他称でもエクソシストなのですが……

ついに堪忍袋の緒が切れたようで、家を追い出されてしまいました。

なんとまあ……

汚名を返上しないと、家にも帰れません・・・…

それは、がんばらないといけませんね……!

ですが、ご心配なく!私にはこの<塩のルーン>がありますので!

アンタ、まだ塩で悪霊と戦ってるわけ?

いいかげんそんなのに頼るのよしなさいってば。

私にはもう塩しかないんです!

なんでよ!

あら? 主人公、顔色が……

今日は日差しが強いから、それで気分が悪くなったのかしら?

それは悪霊の仕業です!

なワケあるかい!

今すぐ浄化しなければ!

塩のルーン>よ! 私に力を!

<塩のルーン>が光り輝き、クルーシャの手のひらに大量の塩が生まれる。

悪霊たいさ~ん! てててーい!

ぎにゃああ! ぺぺぺっ!なんでアタシに塩かけてんのよー!

あ、ごめんなさい!こんなタイミングでノーコンが出ちゃいました!

もう! そんなんじゃナメクジも倒せないわよ!

うぐ……!生まれて来なければよかった!

んなオーゲサな……



TOP↑

思い出2



そういえば、クルーシャ。なんでそんな格好してるの?

汗を飛ばしやすいからです。

はあ?

<塩のルーン>をくれた夏の人に、『汗とガッツで使いこなせ!』と教えられたもので。

誰よ夏の人って……

あの……どうしてそこまで塩にこだわるんですか?

実は、とある島でオバケを教育しているという女の子に出会ったんです。

その子は迷えるオバケを無理に浄化させるのではなく、オバケとの絆を育み、正しい方向へと導いていました。

そのとき気づいたのです。戦わずして勝つ方法があるのだと……それはつまり……

まさか<敵に塩を送る>とか言い出すんじゃないでしょうね?意味間違ってるからね。

えっ?

……やっぱりか……まあいいわ。アンタの信じた道をいきなさい。

はい!

では良質な塩を生み出すために、汗をかく練習をいたします。

なによそれ!

おお! 主人公さんいい汗のかきっぷりですね!

その秘訣を是非、私に教えてください!

簡単には教えられないのですね……じゃあいいです!見て学びますから!

じ~っ……

あの汗の量は……主人公が困ってるわ!



TOP↑

思い出3



うげっ!? このカニカマなんだか酸っぱいわ…………傷んでるのかしら?

ふっふっふ。どうやら私の出番のようですね。

なにその自信は……どうするつもりよ?

まあ、見ててください。サラサラサラ……

<クルーシャはひとつまみの塩をカニカマにふりかけた。>

さっ、めしあがれ。

そんな塩をかけたくらいで

味が変わるわけが……

……うそっ!? おいしい!

どうです? 私の塩加減は。

辛くもなく、しょっぱくもなく、かといって酸っぱくもない!な、なんて絶妙なの!?

まさに<塩梅>とはこのことですよ。

こんなことで勝ち誇られても……アンタの本分は、悪霊退治でしょうよ……

ああ、どうしよう……

ん、どうしたのアイリス?

花瓶の水を取り替えるのを忘れてて、お花が枯れちゃったの……

おやおや、そんなときは私の出番ですね。

えっ? クルーシャさん?

サラサラサラ……

えぇっ!?塩で花が咲いたわ!

へぇ~!塩ってこんなこともできるのね~、ちょっと地味だけど。

じみ?いま地味とおっしゃいましたね!ふっ、だったらとっておきを見せてあげますよ!

とっておき……?

てーい! てててーい!

<クルーシャが池に次々と塩を投げ入れる。>

クルーシャさん……いったいなにを?

塩を大量に含んだ池は体が沈まないらしいですよ。てててーい。

それがクルーシャさんの

とっておき>なんですね……

ええともです!

へ~、そんな不思議な現象もあるのね~。でもそれってどれくらいかかるの?

このペースで、ほっ!塩を投げ入れ続けて、ほっ!三日くらいですかね、ててーい!

じゃあやめていいよ。

(キャトラ……!バッサリいったわね……!)



TOP↑

思い出4



今日はなんだかジメジメしてて……

あれ>が出そうですね……

あれってなんですか?

なにぼさっとしてんのクルーシャ。ほら、砂糖と醤油持ってきたわよ。

ありがとうございます。後はここに私の塩が加われば、特性カニカマのタレの完成ですね。

ふふ、楽しみだわ~。

あ、あれは!?

どうしたのよアイリス?

やはり出たようですね、<あれ>が!

あれって?

逃げてください! 悪霊です!とりつかれたら、大変なことに……!

なにいってんのよ。このアタシが、悪霊なんかにとりつかれるわけ――

へぶちん!

ああ!

どうしたんですか?

くしゃみをする瞬間、人は、悪霊に対する抵抗力が著しく低下するんです!

キャトラは猫ですが!?

おそらく猫も同じです!

ちょ……なー……にー……こー……れー……

キャトラがのっぺりしてる!

しまった……!ナメクジの悪霊め……!一瞬の隙を逃さないとは……!

…………

キャトラ……!おなかで地べたを這わないで……!四本の足があるじゃない……!

こうなったら、私にまかせてください!塩のルーンよ! 私に力を!

悪霊たいさーん! てててーい!

ぎにゃー!?

効いてるわ!

しかし、いまので塩が尽きました!

なんてこと……!他に打つ手はないんですか?

塩がなければ……砂糖です!てーい!

もがー!?

これも効いてるわ!塩と似てるからかしら?だとすればこの悪霊は慌てん坊よ!

醤油も持っておいきなさい!

……

これは……効いてないわ!なんでかしら! 考えるだけ無駄なような気もするけれど!

くっ……! かけるものがなくなってしまいました……!あと一押しだというのに……!

ヌメ……ヌメ……

きゃあ! 来ないでー!

クルーシャさん!

こうなったらば……!聞きかじっただけの技ではありますが……!

<クルーシャはとっさに腕を振りかぶり、飛行島に伝わる赤い獣人のポーズを決めた!>

はぁっ!!!

あれはナメクジにとって天敵……

ヌッ……!?

キャトラも様子が……

イ、イグ……!……ウグ、グググゥ……!

ぎにゃあああああ!

……う、ううん……あれ?アタシはいったい……?

はあ……はあ……

私が悪魔を祓った……?特訓の成果が出たようですね!

……おや?塩のルーンの光が消えて……?


TOP↑

思い出5



キャトラ大丈夫?顔がむくんでるけど……

むむむ……塩カニカマを食べ過ぎたせいからしらね。

塩分のとりすぎはよくないよ。

だって美味しいんですもの。

…………

あ、クルーシャ。塩がなくなったからちょうだい。もう、あれがないとアタシ……って!?

<クルーシャがナメクジのように地面をはっている。>

みなさんどうも……クルーシャです……

なにやってんのよアンタ。もしかして例の悪霊に……

いえ……どうも最近体の調子がおかしくて……力が入らないのです……

どういうこと?

見て、キャトラ!?<塩のルーン>が!

<白く輝いていたルーンは黒ずんで岩のようになっている……>

ぐうう……また……!頭が痛い……血が足りない……汗が出ない……

塩……塩がほしい……

これって塩分不足ってこと?

そうかもしれません……ルーンが黒い光を放つたびになんだかめまいがして……

もしかしてクルーシャさん、<塩のルーン>に、逆に塩分を吸い取られているんじゃ……?

だとしたら……力を使いすぎたことが原因かもしれません……

ああ……目の前がしょぼしょぼします……意識がもうろうとしてきました……

そんな……どうすれば……

ふふっ、バチが当たったんですよ……なんでもかんでも塩に頼りすぎたんです……

いつもそうなんです……困ったことがあれば助けを求めてばっかりで……

物事を自分の力で解決したことなんてないんです……

私はエクソシストどころか人間失格なんです……だからもういっそここで……

ナメクジとして……余生を送ればいいんです……

なにもそこまで……

主人公……!このままじゃ、クルーシャさんが……!



TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



こ、この光はまるで……潮風に飛び散る汗のような輝き……

ぐうう……でも力が入らない……手遅れみたいです……

クルーシャ!

<主人公の熱き魂に呼応して、ルーンの光が沸騰する。

飛行島の気温を上昇させていく!>

なにこれ! あっつ!

汗が止まらない……

主人公?

<主人公が
塩のルーン>に駆け寄り、汗を落とす。>

ま、眩しい……なにが起きてるの……?

塩のルーン>が主人公の汗に反応してるんだわ。

んなアホな……

どんどん光が強くなってる……私たちも手伝いましょう!

えーい、わかったわ!

<光の向こうに透き通った結晶が現れ、そこへクルーシャが地面をはいながら向かう。>

し、<塩のルーン>よ……私に力を……

<その呼びかけに応えるように、<塩のルーン>が大量の塩を生み出しクルーシャの全身を包み込む。>

ク、クルーシャの塩釜焼き!?大丈夫なのあれ……助けたほうが……?

……ぇーい、てててーい……!

待って! 声が聞こえる……!

塩釜の中から塩釜を……!叩いているんだわ……!

てーい! てててーいてい! てい! てーい!

<ひび割れた塩釜の中から、クルーシャの拳が突き出る。>

てーい!

クルーシャがでてきた!

みなさん、

心配をおかけいたしました。

でも、もう大丈夫です!

なんだか生まれ変わったように

お肌がツルツルしています。

よかった……

元気になったんですね……

みなさんのおかげです。

どうもありがとうございます!

わけわかんないけど、なんだか

クルーシャが輝いて見えるわね~。

汗のせいかしら?

ぺろ。

おい! 自分の汗を

舐めるんかい!


しょっぱっ!

なにがしたいのよ、アンタ……!

この味は……塩分高めですね……

血圧が心配です……

しばらく控えなければ……

ハイハイ。

私、塩に頼ることをやめようと思います。

え!?いいの?アンタから塩をとったら……

大丈夫。

私にはガッツがありますから!

自分で言うんかい……まあでも、塩だけで悪霊と戦ってきたアンタのガッツは本物よ。

ほんもの?そうですか……私ついに……本物のエクソシストになれたんですね……

都合よく勘違いするんじゃないわよー!

むっ!悪霊の気配がします!

塩のルーン>よ、私に力を!

塩は使わないんじゃなかったの!?

これは使ったうちに入りますかね!?

決まってるでしょ!ぎにゃー!!!!

いいじゃない、キャトラ。やっぱりクルーシャさんはこうでなくっちゃ。

……そうね!

>こそが生きとし生ける物の源……!

それがこの世の理ですから……!

いかなる悪魔も悪霊も!この本物のエクソシスト、クルーシャ・ブラッティから逃れることは不可能です!

悪霊たいさーん! てててーい!





その他

・メインイベント

 フォースター☆プロジェクト14th Story

 フォースター☆プロジェクト15th Story

 白猫温泉物語 Story

 白猫温泉物語版クルーシャ・思い出



覚醒絵・覚醒画像



TOP↑

その他



関連ストーリー
画像説明
クルーシャ・ブラッティ cv.井上喜久子
塩で悪霊と戦う自称エクソシスト。
ナメクジには負けない。
クルーシャ(ギャラクティカ)
己を見つめ直す自称エクソシスト。
塩ではない何かを掴め!


コメント (クルーシャ・思い出)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ