Gamerch

【白猫】イリア・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
黒騎士
イリア・ノクターン CV:沢城みゆき
主を持たない孤高の騎士。
敵を倒すことに固執し、己の身も顧みず戦う。
2014/09/24


思い出1



……騎士のイリア・ノクターンだ。厄介になる。

<闇色の鎧をまとった女性騎士がにらみつけてくる。

その眼差しは、貫くように鋭い。>

ずいぶん無愛想な騎士さまねぇ~。

ちょっとは明るく笑ってみたら~?

興味がない……敵と戦い、打ち破ることだけが、私の存在理由だ……

……? 騎士って誰かを守るために戦う人のことじゃないんですか?

私は主君を持たぬ騎士だ。

守るものなどない。ただ破壊するのみ……

わかったら、さっさと行け。私の倒すべき敵を探してこい。

何者であろうと、この槍で葬ってくれる……


TOP↑

思い出2


……何をしにきた。今は戦闘中ではあるまい。

あんたねぇ~……戦い以外で話しかけちゃいけないっていうの?

無論だ。話すべきことなど何もない。

あーもうホント無愛想なんだから!人付き合い悪すぎぃ!

貴様は人ではなかろう。

そういうことじゃないのぉー!

私も同じだ。

へ?

私を敵と思うな。敵を倒す槍と思え。

――これ以上、私に構うな。

だぁーっ、もぉっ。このガンコ者ぉーっ!

TOP↑

思い出3



……!イリアさん、ケガしてます!

うわ、ホントじゃない!言ってくれたら手当てするのに!

自分の傷だ……自分で処置する。

って、ぜんぜん手当てできてないじゃん!意外と不器用なのねぇ……

う、うるさい!

腕……出してください。手当てしますから。

<そっと手を伸ばすアイリス。だがイリアは、ハッとなってその手を鋭く振り払った。>

きゃっ――

ちょっと!

そんなに乱暴にしなくてもさぁ!

う――うるさい!私のことは放っておけ……!

<叫び、背を向けるイリア。 その横顔には、痛切な色がにじんでいた……>


TOP↑

思い出4



…………

イリアさん、またケガを……

無鉄砲に突っ込むからよ~。もっと味方を信頼したら?

……信頼は、危険だ。

裏切られたら……それはたやすく、心をむしばむ毒に変わる……

そういうこと……あったんですか?

昔の……話だ。貴様らには、関係ない……

…………

腕……出してください。包帯を巻きますから。

…………

<アイリスが、静かに歩み寄る。

イリアは迷いの表情を見せつつも、無言でその腕をゆだねた……>



TOP↑

思い出5



アイリスってば、イリアの包帯を巻くのも慣れたよねぇ~。

…………昔も……こんなことがあった。

戦いから戻ると、主君が包帯を巻いてくれた、穏やかに、微笑みながら……

地獄のように過酷な戦場だった。それでも、主との絆があれば耐えられると思った……

だが……絆は毒に変わった。

戦争を終わらせるため……、主君は敵と取引し、私を売った……

どうして、そんな……

私が、命を奪いすぎたからだ。

敵は私をひどく恐れ、憎んでいた。和睦を受け入れる条件として、私の身柄を要求するほどにな。

罠にかけられ、敵に囚われた私は、隙をついて川に身を投げ、死んだと思わせ、どうにか逃げ延びた……

だが、もはや私に居場所はなかった。戻る場所などなかったのだ……

戦争は終わった。みなが幸せになった。――売られた私を除いては。

イリアさん――

おまえたちも……そうじゃないのか……?

優しさを示し、情けをかけておいて……それでもいつか、裏切るんじゃないのか!?

私は誰も信じない!ただ戦い、ただ倒す!この闇色の鎧は、我が身を焦がす憎悪の証だ!

だから……もう、私に構うな……!これ以上……私に優しくするんじゃないッ!!



TOP↑

思い出6



なんだ……このやわらかい光は……

どうして、こんな……まるで、私を包み込むみたいに……

<茫然と震えるイリア――その腕に、アイリスが、そっと触れる。>

ルーンは、気持ちを示すから、気持ちに嘘はつけないから……

これが……おまえたちの気持ちだというのか?

こんな私に……こんな……これが……

…………

もう一度だけだ……もう一度だけ……信じてみよう。

おまえたちを、私自信を――

守るために戦う……そんな、あるべき騎士として――

<そう言って、イリアは顔を上げた。

貫くようなまなざしに、気高い決意の光を宿して。>




TOP↑


誓いの黒騎士 イリア・ノクターン


思い出7



おまえたちに頼みたいことがある。

ん、なになに?

その……私に信頼の証を立てさせてはくれないだろうか。

信頼の証……?

ようは決意表明のようなものだ。今さらかもしれないが、けじめはつけておきたい。


……わかりました、イリアさん。私たちでよければ見届けさせてください。

……恩に着る。

<イリアは決意したように頷き、槍を天に揚げた!>



TOP↑

思い出8



我が名は黒槍の騎士、イリア・ノクターン!

この槍と魂を、我が友に捧げ、最後の瞬間まで信じ抜くことをここに誓う!


ふぅ……面倒に付き合わせた。だがおかげで決心がついた。あらためて礼を言おう。

お前たちの思いは決して無駄にはしない。その信頼に必ずや報いてみせよう!



その他


 フォースター☆プロジェクト3rd Story

 黒騎士の夜想曲 Story

 フォースター☆プロジェクト4th Story

 フォースター☆プロジェクト5th Story

 フォースター☆プロジェクト6th Story



相関図




コメント (イリア・思い出)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ