Gamerch

いにしえの鳥と風のキズナ Story

最終更新日時 :
傷ついた風の翼に、もう一度ひとのぬくもりを……
開催期間:3/18 16:00 ~ 4/11 15:59




story1 『そよ風』な出会い


ねぇ、アイリス。このあたりよね?

そのはずだけど……


…………

……


バロンからの依頼って珍しいわね。それでなにすればいいの?

新しい武器を作るために必要な、ある素材を収集してきて欲しいのだ。

……収集依頼ですね。それはどんな物なんですか?

うむ。<嵐の羽根>という、強力な風の力を宿す、いにしえの鳥の羽根だ。

いにしえの烏ねぇ……そんなのかホントにいるの?

それは間違いない。先日、飛行島へ来た商人が、羽根をひとつ持ち込んできた。

ある島で手に入れたらしいが、武器制作には少し数が足りんのだ。

じゃあ、アタシたちは、その島へ行って羽根を集めてくればいいのね。

そういうことだ。よろしく頼む。

まっかせなさーい♪



……

…………


アイリスは『いにしえの鳥』って、どんなだと思う?

う~ん……ちょっと想像できないわね……

だれだー!

アンタこそだれよ?!

なまえを聞くなら、自分からだよ!

なら、やっぱりアンタからでしょ?

……あれ? あ、ほんとだっ!?

えっと、エクルだよ!

ふ~ん。アタシはキャトラよ。

私はアイリス。よろしくね。

うん! よろしくね!

……じゃないよ! 今のなし! よろしくない!

……なにか嫌だった?

んと、んとぉ……嫌じゃないよ? でも、よろしくないのっ!

あー……うん。

えっとさ、アンタ<嵐の羽根>って知らない?

はねっ!?

知ってるの? アタシたち、それを集めにき――

かえれーッ!

はあ?! なんでよ?!

はねって言った! そういう人は、みんな悪もの!

……悪者?

誰が悪者よ! アタシたちは依頼で収集に来ただけよ!

いいわけは聞かないの!

いや、聞きなさいよっ?!

うるさいっ! かえれっ!

あっちいけっ! べー!


……いっちゃった……

あっちいけとか言っといて、自分から逃げてったわね。

だけど、こんな森の中でひとりにさせるのも心配だわ……

ま、誤解されたままってのも面白くないし、早く追いかけましょ。


初級:小鳥をさがして

TOP↑

story2 羽ばたきの『つむじ風』


あ、いたわ!

待ってキャトラ。このまま行ってもまた逃げちゃうわよ。

安心してアイリス。そこはちゃんと考えてあるから。

え?

まあ、アタシにまかせてみて♪


エ~ク~ル。

っ?!

あっ、悪もの! 悪ものは、あっちいっちゃえ!

まぁ、ちょっと落ち着きなさい。この力二カマをわけてあげるから。

かにかま……? なぁにそれ。エクルにくれるの?

ええ。とってもおいしいんだから!

おいしいの!? ありがとうございますッ!


それで、ちょっと教えて欲しいことあるんだけど、いい?

あむ! んぐ、んぐ、ん~? いいよ~?

アンタ、ひとりみたいだけど、森の中でなにしてんの?

おさんぽとごはんだよ!

……散歩と御飯?

森の中をおさんぽして、ごはんを見つけるの! いつもは匂いで探すよ!

……匂いで探すって、アンタ……

ねぇ……エクルちゃんは、どこに住んでるの?

ここだよ! エクル、嵐の鳥で――

嵐の鳥? ……ん? それってもしかして……

……たぶん『いにしえの鳥』のことだと思うわ。

あっ! ちがう! まちがい! エクル、まちがった!

…………

んとぉ……あ、あれなの! <嵐の鳥>をまつる一族なの!

……じゃあ、エクルに聞けば、羽根も見つかりそうね。

はねッ!!!

なっ、なによ?! 大声だして……

はねって言った! かにかまおいしいけど、また『はね』って言った!

やっぱり悪もの! エクルは、もうだまされない! べー!!


あっ! ああ……逃げちゃった……

羽根って言葉に敏感だったね。……なにか事情があるのかしら……

そうかもね。あとアタシはひとつ、確証を得たわ。

あの子、まちがいなく……おバカだわ!



中級:追いかけて樹海

TOP↑

story3 『通り風』をおいかけて



ちょっと、待ちなさいってばっ!

やっ!

逃げなくても、なにもしないから! 大丈夫だから!

やっ!!

ちょっと話するだけよ! いいから少し待っ――

やーっ!!

――待てって……言ってんでしょーがーっ!!

やぁーーーっ!!!


……エクルちゃん、もの凄く足が速いね……

羽根があるくせに、走って逃げるってどうなのよ!?


あっ!

<全力疾走で逃げていたエクルが勢いそのままに盛大にすっ転んだ。>


……思いっきり、顔面からいったわねぇ……

……っふ……ふぇ……

……エクルちゃん、大丈夫?

ぐずっ……いたいのぉ……

今、治してあげる。


<泣きべそをかくエクルに、アイリスは魔法をかけ傷を癒していく。>


ほかに痛いところない?

うん! もう大丈夫! ありがとうございます!

よかったわね。でも、なんであそこまで逃げるの?

だって昔から、はねが欲しいっていう人は、みんなイヤなことするから!

だから、見つけたら逃げるの! だっしゅで!

前になんかあったのはわかったわ。

でも、アタシたちはアンタに、そんなことしないわよ。

悪ものは、みんなそういうの! だまされないの!

悪者ちがう! って、こら逃げるなー!

そんなに走るとまた転ぶから、翼で空を飛んで!

あっ! わかったー!


<アイリスの言葉に翼をはためかせ、エクルは空へと逃げていった。>


アイリスぅ……アドバイスしてどうするのよぉ……

そうなんだけど……見てられなくて……


上級:青い飛翔

TOP↑

story4 孤独の『ならい風』


……うう~っ!!


今度はどうしたってのよ……

……クモの巣に、突っ込んじゃったみたいね。


<顔や体についたクモの糸をエクルは半べそで取って行く。>


べとべとぉ……きもちわるいよぉ~……

ったくもぉ……しかたないわねぇ。アタシたちも手伝ってあげるわよ!

じっとしててね。

わ、わかったの! じっとしてるから、とってぇ~!

まったく……走ればコケて、飛んだらクモの巣に引っかかるって……

アンタ、こんなんでよく生活できるわね。ちょっと感心するわ。

たいしたことないよ。朝飯まえ!

ほめてないから!


ねえ……エクルちゃん。

なに?

エクルちゃんは、

家族やお友だちと一緒じゃないの?

一緒じゃないよ。エクル、ひとり!

……ひとり……なの? 本当に……?

たくさんはしんよー出来ないから、ひとりがいいの。

それ……寂しくない? ひとりだと、いろいろ大変だし……

んと……最初は、みんな一緒だったよ?

でもみんな、エクルのはねが欲しいって言ってきて……いっぱい抜くんだもん……

エクル痛かったのに、みんなもっともっとって……だからエクル、ひとりがいいの!

……エクルちゃん。


……みんなに羽根を狙われてたってことね。ま、それじゃ、逃げもするわね……

……私たちも同じだと思ったのね。

それにしても……あの子ってば、実はごまかす気ないんじゃない?

……エクルちゃん、素直なのよ。

素直すぎよ。さっきの明らかに<嵐の鳥>本人の話だったし。

さて、そろそろ追いかけましょ。……なんかほっとけないし。

そうね……探しにいきましょ!



絶級:安らぎを届けに

TOP↑

story5 『向かい風』のこころ


ぐす……いたいよぉ……いたいよぉ……


……またアンタは、ベソかいて――って、なにそれ! 大丈夫なの?!


<泣き声で見つけたエクルは、トラバサミの罠に足を捕えられていた。>


早く外してあげなくちゃ! 主人公!

やっ! あっちいけ! あっちいけえーっ!!

スン……みんな信じないの……エクルは、ひとりで……グスん!

……エクルちゃん……

こっちから声が……なっ! なにやってるだ、おめえらあっ!!

え、え? なんでアタシたち怒られてんの?

なんでじゃと?! エクル様に怪我させて、しらぁ切る気かぁ!!

おめえら、ヨソモノだべっ! こっただことしくさって、ただじゃおかねえだ!

もしかして、アタシたちが罠を仕掛けたとか思われてる?

……そうみたい。でもこの人たちは……

大人しく捕まれ! そしたら、少し痛い目に合わせるだけでカンベンしたる!

ちょっと待ってよ! その罠はアタシたちじゃないわよ!

言い逃れしょうってだか!

本当に違うんです!

っ!!

私たちはただ、エクルちゃんを助けてあげたいだけなんです。

だから、お願いします。今は私たちを信じて……

アイリス……

……ほんとにあんたらじゃないんか?

はい。誓って、私たちではありません。

さっきの声は、罠を外そうとしたらエクルが近づかれるのを嫌がったのよ。

そうだっただか……怒鳴って悪かっただな……

いいえ。それより、早くエクルさんを――


ガァアアアァァッ!!!


ちょっとぉ!? なんでこんな時に出てくるのよ!!

文句を言ってても仕方ないわ。主人公、お願い!


破滅級:飛び立つキズナ

TOP↑

最終話 吹き始めた『あいの風』


……なんて強さだべぇ……

アタシたちにかかれば、ざっとこんなもんよ!

キャトラ、それより早くエクルちゃんを助けてあげましょ。

そうだったわね。ほら、じっとしてなさいよ。

……すぐに外すから、もう少しだけ我慢してね……

うん……がまんする……


<主人公が罠を外すとアイリスがすかさず魔法でエクルの足を癒す。>


もう大丈夫ですよ、エクルちゃん。

ありがと……あとね、ごめんなさい!

なに謝ってんの?

みんなはエクルを助けてくれて……悪ものじゃなかった。

エクル、問違えてた。だから、ごめんなさいするの!

ふふ……わかりました。それじゃ、あらためて……よろしくね、エクルちゃん。

うん ♪いっぱいよろしくするの!


で、結局そっちのアンタたちはなに者なの?

ワシらは……<嵐の鳥>をまつる一族じゃ。

……エクルさんも、そう名乗ってましたけど……

……元はワシらのことですじゃ。先祖が欲に溺れてエクル様を裏切るまではの。

ああ、羽根を欲しがったのって、アンタたちの先祖だったのね。

それ以来、ワシらはもう一度、エクル様の信頼を取り戻すために、働いておるんじゃ。

取り戻すって、なにしてるのよ?

まずは毎日のお食事の用意じゃな。朝昼晩と森の中に用意しておる。

それに羽根を狙って集まる輩を、森から追い出したりして、影ながらお守りしておった。

そうなの?

知らないよ? ごはんは、いい匂いの方にいくとあるし、森の中はあたしだけだから!

しっかりお世話されてるわね……だけど陰から世話なんてするから、エクルが全然気づいてないわよ。

これじゃ、アンタたち、エクルの信頼を取り戻すなんて難しくない?

そ、そんな……なんてことじゃ……

……ちょっと可哀想ね……

もぉ~しかたないわねぇ……ちょっと、エクル。

わかってるの。次のごはんは、おさかながいいの。

ぜんぜんわかっとらーん!

ねえ……エクルちゃん。

ん? なに、アイリス?

……みんなのこと……もう一度信じてあげられない?

……ん~、でもぉ……

私はきっと、みんな仲良しになれるって思うの。

…………

……やっぱり、難しい?

……もし、イヤな事されたら、みんなが助けてくれる……?

ええ。もちろん!

じゃあ、いいよ。もう一回、信じる。

おぉ……! ありがとうございます、ありがとうございます!

あとはアンタたち次第よ、がんばんなさい。

もちろんですじゃ! 早速、食事に魚を用意します!

わ~い♪ おさかな~♪


……よかった。ね、キャトラ。

そうね。って、まだよくないから。アタシたちの目的が済んでないし!


……みんなも……はね、ほしいの?

アタシたちが島に来た理由が、アンタの羽根なのよ。

でも、安心しなさい。アンタから無理矢理、奪おうなんて思ってないから。

うん。でもね、みんなになら、あげてもいいよ!

……いいの? エクルちゃん、痛いのイヤじゃ……

だいじょうぶ! エクル、がまんできるもん。

そのかわりにね、またエクルのとこに、会いに来て!

そんなことでいいの?

うん!

わかったわ。絶対にまた、会いにくるわね!

ぜったいだよ! ぜったいぜったい、やくそくね♪





TOP↑




~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー



アイオロスシリーズ
大いなる風を纏いて、神速の世界へ!
2016-03-18


~ 2018



~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー
注目記事
ページトップへ