Gamerch

The Shining Shadow 7章 ~黒き彼我見の双刃~ Story

最終更新日時 :



――気が遠くなるほどの昔。

空には四つの太陽があったという。


太陽はそれそれ役割を持ち、補い合いながら輝いていた。


――しかし――


一匹の蛇が生まれた。


それは<四対の翼持つ大蛇>……

太陽たちは蛇を恐れ、姿を隠してしまった。



地上に長い夜が訪れた。


その<闇>の中、他の太陽を出し抜き、中天に昇りたるは、黒き<贋作の太陽>……

<四対の翼持つ大蛇>の虚を突き、追い落とすと、そのまま天頂に居座った。そして要求した。


『再び光をもたらした我を、心臓をもって崇めよ』


人々はそれを拒めなかった。

しかし、太陽は知らない。

人々は夜を――厭わなかった。


蛇舞う夜空こそ、安楽と幸福の象徴だったのだ――!



……という、ね。


おとぎばなしね!?


きゃ、キャトラ……


うんうん。キャトラくんはわかってるね。そう、これは昔々の話さ。

だけれど今にもつながっている、ね……


……蛇のような姿の、あの、悲しい人のことですね……


そう。<シバルバーの魔神具>は、闇と瘴気に侵されし武器。彼を縛りつけるクサビだ。

だがその穢れを祓い、かの大戦士の、七枚の光の翼とすれば――


…………?


彼は、成る。

<贋作の太陽>を滅ぼすという、<落陽を呑む忘我の毒蛇>に……!


……う~ん……?


じゃ、行こうか。

ここで手に入る武器が、最後だよ~ん。


……むぅ~……


キャトラ? どうしたの?


なんか、ひっかかるのよね……

<落陽を呑む忘我の毒蛇>になるための、七枚の翼……

でも、神話の始まりにいたのは、よんついの――


はやくおいでよ~ん。


あ、は~い! イシュプールさん!


あれ??? ん??????

もー! なに考えてたのか忘れちゃったじゃないの!

もう! こうなったらさっさと武器取りにいきましょ!


う、うん、そうだね……



 ***



これが最後の<シバルバーの魔神具>……


第一の魔神具。

心臓を握り潰すウェイマク。


第二の魔神具。

黒煙を穿ちしアトラトル。


第三の魔神具。

頭頂突き立てしマカナ。


第四の魔神具。

白蛇の現し身ククルカン。


第五の魔神具。

弾かれし牙ホルカンカ。


第六の庭神具。

嘆きの斧ポストリ。


そして――最後の魔神具。

同一であり異なる我インラケチ。


それってイシュプールさんがよく唱えていた……!


空と大地の子蛇の大戦士よ。


その究極なまでに純粋なサガ


敗れれば<闇>にすら忠誠を誓うという……


……アシャクァトルよ。いるのだろう?

さあ君の翼を受け取るかいい。


…………


あなたのお名前なんですね……

アシャクァトルさん……


七枚の光の翼で舞い上がり……!

そして呑み込むのだ!

あの忌まわしき<贋作の太陽>を!

<落陽を呑む忘我の毒蛇>よ!!!


…………


……どうしたんだ?

神をも超える人の子大戦士アシャクァトルよ。



……蛇ヨ……

……太陽ハ…………生マレ変ワル……

マダ……空ハ遠イ……!


……なんだって……?



――我は太陽――

――中天に座す黒き太陽――


クローさん……!


彼は……!

なんてことだ依り代を変えたのか……!?


まずい黒き太陽の化身はいずれ――!!


杞憂だな蛇よ。


なに?


この世はすぐに染まる。

<闇>の大地を我が照らしてやろう――

――我が花嬢とともにな。


…………


フローリアさん!?


聖なる花の乙女!? ……貴様ァ……!!


グゥガァァアアア!!!


クェーッ!!


忘れたか? 我は煙。我は――


グゥ!?


かはっ……!


――鏡……!


だ、大丈夫ですか!


さて――祝言だ。聖なる花の乙女よ。


…………


久しいあの<里>でふさわしい式を挙げねぱな。


待てっ……


這いつくばっていろ、蛇ども。


この依り代ならば……いかに<落陽を呑む忘我の毒蛇>であろうとも!


ハハハハハハ……!


クソ、<贋作の太陽>め……!

あれほどとは……!


その上さらに力を欲するか……!


……太陽ゥ……!


――ガァアアアア!!!


あっ、アシャクァトルさん!


残された時間は少ない……!

<里>へ向かわねば……!


…………


アタシたちも行きましょう。


……キャトラ?


神話の通りなら――――まだ手はあるわ!


キャトラ……!?


<闇>と手を組みし悪しき神、<贋作の太陽>よ……!

貴様の好きにはさせん……!


束の間中天に座しているがいい!

蛇の牙が、貴様を台座ごと噛み砕くであろう!!!

注目記事
ページトップへ