Gamerch

【白猫】ハーブ(Brave The LionⅢ)・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
人形を連れた医師
ハーブ・セルフィーユ CV:小若和郁那
人体模型を操る医師。
瘴気に苦しむ患者の元に向かう。



~Brave The Lion 3 後日談~

思い出1



主人公、顔色が悪いわね。

熱があるんじゃない?

私が診るわ。

ハーブじゃないのよさ。

いつから具合が悪いの?……そう、昨日から?

口を開けなさい……気道に炎症あり。……風邪のようね。

大丈夫でしょうか。

これからの治療次第。風邪を甘く見ちゃだめよ。

お薬を出すから、それを呑んで安静にしていて。


 ***


さっすがお医者さんだわ~♪

お仕事だからね。

診察代、お支払いします。お薬代も。

踏み倒しゃしないわ。

サービスしておくわ。貴方たちには世話になってるし。

あららん良心的。

しばらくこのあたりにいるから、具合が悪くなったら診てあげる。

助かります!

<人形は、主人公に薬を渡した……>

ハーブ、一つだけ教えて。

何かしら。

こ、この子は……

見ての通り人形よ……かわいいでしょ?



TOP↑

思い出2



コッチを見てる気がする・・・・・・

イヤー!!

どうしたの?具合が悪いの?

ハーブ、どうしてこんな……個性的な人形を……持ち歩いているのっ!?

ミントちゃんのこと?

かわいい名前ですね!

どうしてといわれてもね……ずっとこの子と旅をしてるから。

え、えっと……用途は何なの?

<ハーブは、人形の首を外した。>

ぎにゃー!

この子は人体模型なの。患者さんに、悪いところを説明するのに使うわ。

よくできてますね……!

私の故郷、人間そっくりの義体を作る技術が発達してたから。その応用ね。

フェェ……!

練習や実験にも使ってるわ。

<人形が動き出した……!人形は苦しそうにのたうち回る!>

こうやってソウルを送ることで、症状を再現できるの。

……ヒッ!? のろいだわぁ!?

ためしに内蔵の疾患を再現してみたんだけど。

みんな、顔が青いわね。……もしかして、具合が悪いの?

ち、ちが……

私が診てあげるわ……じっくりとね……

ヒイイイイ!!

具合が悪いんですか!!早く診せてください!!

けがや病気を治すのが使命のメディカルアンドロイドことビートさんだわ!?

詳細な説明!

ビートくん?キャトラちゃんは健康だと思うわ。

知り合いだったの?

彼は、アスクレピオスの同僚。優秀で働きものよ。

あすくれぴおす?

死の運命に抗う蛇つかい。

冒険家の肩書をもつ医療関係者のグループよ。

立場を越えて病める人、苦しむ人を救う、それが私達。

私は……ビートくんのように純粋な気持ちで医者をやってるわけじゃないから。


TOP↑

思い出3


今日は、ミントちゃんといっしょに、体のことをお勉強しましょう。

動きが怖い!!

まずはこれ。胃袋。

えっ!?

<ハーブはミントの体から、胃袋の模型を取り出した。>

みんなもよく知ってる、胃袋さんね……

胃袋さんは消化液で食べ物をどろどろに溶かしちゃうの。

そうして熔けた食べ物が、栄養になるのよ……

ハーブお姉さん、どうして胃袋は溶けないの?

いい質問ねミントちゃん。

実は胃袋は消化繊を中和する粘液の膜に守られてるの。もし粘液が無くなったら……

フフフ、その時は消化液が胃袋を……ね。

た、ためになる内容……でも……

つづいて肝臓さん。物言わぬ臓器っていわれてるわね。

肝臓さんは小腸さんで吸収された栄養を蓄えて、成分を組み替えて血液に送って、体を元気にするの。

ハーブお姉さん。どうして肝臓さんは『物言わぬぞうき』なの?

それは、肝臓さんがとってもがんばりやさんだから――

多少調子が悪くても、肝臓さんは我慢して働き続けてくれるの。だから……

肝臓さんの具合が悪くなったその時は、もう……手遅れかもね。

ブルルルル……

はぁい。ここでお待ちかね、心臓さんの登場……

ぎにゃああ!!模型が!心臓の模型が脈打ってる!!

心臓の中には、こんな感じに四つのお部屋があります。

しんぞーがわれた!

どうして四つのお部屋があるのか、わかるかな……?

どうしてなの?おねえさん?

……なんだか、ハラハラする……!

心臓は呼吸をして酸素をふくんだ血を、体中に送るポンプになってるの。

心臓の左側は、血を送り出す。右側は、体を回ってきた血を肺に送り込むのよ……

肺で酸素を受け取った血液は、左の部屋に入って、再び体の中を巡っていくわ……

ガタガタ。

じゃあ、左右の部屋が二つにわかれているのはどうして?

血が逆流しないように、部屋の間が開閉できるようになっているの。

だから四つの部屋があるんだね!

わかったわ! アタシもう忘れない!忘れないから!

ほんとかなぁ……

ぎにゃー!!


TOP↑

思い出4



うう……くるしい……アタシもうだめかも……

キャトラ、あなたの症状は、ただの食べすきよ。

なんと!

キャトラったら……!

食べるってことは、体にとってはそれなりに大仕事なの。無理を重ねたら、壊れて当然。

アタシ気をつける!

ところでハーブ、お医者さんなのに、どうして旅をしてるの?

瘴気の研究のためよ。私はもともと瘴気による瘴気の専門医だからね。

瘴気ってよく聞くけど、何なの?ふんいきじゃないの?

生物にとって有害なソウルのこと。病めるソウルともいうわね。

病めるソウル……?

ソウルって、なんだと思う?

自然や、命に宿る力のことだと関いています。

一般的にはそうね。高等魔術による定義だと、<相互作用をもたらすもの>なんだけど。

そーごさよー……

アニムス理論によると、ソウルの相互作用がこの世界の最も基本的な力といわれてるわ。

このあたりは難しいわね。

とにかくソウルっていうのは、意志の力の影響を受けて性質を変えるものなの。

そーゆーヤーツなのね?

相手を大切にしたいと思ったり、元気にしたいという

気持ちがこめられたソウルは、生き物を瘤やすことができる。

逆に、相手への敵意や憎しみが込められたソウルは、生き物に害を与えるの。

それが瘴気なんですね。

魔物が瘴気を発するのは、そういうことよ。

じゃあ<闇>は――

<闇>と療気は切り難せない関係にあるわ。

<闇>は、世界に対して信じられないほどの悪意を抱いているものだから。

だから、ソウルが病んでしまう――

療気による疾患は、ソウルをつかった治療法でなければ、治療できない。

だから私は、ソウルを操る術を学んだわけ。

<人形が動き出した――>

ハーブさんのソウルで、動かしているんですね……

ソウルの糸でね――

呪いじゃなかったのね!わかってたけど!

ソウルを使えば、瘴気で病気になっても、治療ができるんですよね?

――できる、はずなのよ。

……ハーブ、さん……?ちょっと、顔色が悪いんじゃ……?


TOP↑

思い出5



癒やしのソウルを送り込めば、肉体の回復力を高めることはできる。

でも、その方法では瘴気を消すことはできない。

そうなんですね……

では問題。瘴気を治療するためには、どうすればいいと思う?

瘴気が敵意に満ちたソウルなら……敵意を弱めてやれば……グフッ……ゴホッゴホッ

ハーブ?どしたの?

……それも考え方の一つね。でも瘴気を無害化するのは、簡単なことじゃない。

どうすればいいわけ?

必要なのは患者自身の抵抗力。瘴気に対し、ソウルの抗体を作り出すの。

そんなソウルがあるんですか?

本来、人の体には、誰しも宿っているものよ。

だったら、どうして……

瘴気には様々な種類がある。風邪の原因となる病原体が無数にあるように。

抗体にも、瘴気に対する相性があるものなの。そして……

抗体となるソウルには、瘴気に対する敵意――

瘴気を排除したいという意志が宿っている。

それって、つまり……

そう、瘴気よ。

じゃあ生物は、瘴気で瘴気を食い止めていることに――

瘴気はこの世ならざるものでは決してあり得ない。

むしろ、生き物が生きるために不可欠な……ものなの。

<やっぱりおかしい――ハーブの体から――凄まじいまでの……>

瘴気に瘴気をぶつけるしか、ないってコトなのね……

立ち向かう意志のないものは、そもそも生きてはいけない。

赦すことが本当の強さというけど、受け入れることが愛というけど。

立ち向かい牙をむくことも、生き方であるとは思わない?

<そうだ――このソウルは――ハーブの体から感じるこれは――瘴気だ……!>

ハーブ、さん――

私の研究データーミントの中に隠してあるんだけど、ね。

アスクレピオスの……仲問たちに、私のデータを渡して……

貴方たちに託すわ。私の――生きた証を――



TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



――ソウルを私に――駄目っ……

君のソウルも、毒気に汚染されてしまう――

がんばってください、ハーブさん……!

立ち向かう意志があれば、きっと――!

意志の――力、ね……

はーっ!!

<ハーブは、ソウルの糸を、己の体に打ち込んだ!>

受け入れる――この瘴気を。この敵意を――

<ハーブの体で、瘴気が――膨れ上がっていく!>

ハーブ!

ふっ……はああああ……

<だが、激しくなった瘴気は、突然消え去り……

ハーブのソウルの中に溶け込んだ。>

ハーブさんのソウルが……

全く……医者の不養生ね。

アンタの体も、瘴気に……そんな体でアンタは……!

この瘴気は貴方たちには無害だから、安心して。

わかります――

だってこの瘴気を生み出したのは、ハーブさん自身だから……

正解。ソウルを使いこむうちに、本来私のもつ瘴気も強くなっていったわけね。

助かったわ――それに、参考になった。こんな治療のやり方があったなんてね。

本当に、よかった――

どうしてこんな無茶をしたのよ!

瘴気は、私の仇なの。

私の故郷は、アザレス島っていう小さな島。青い海と、一面のブドウ畑。

風よけの石垣が島中にあって、まるで迷路みたいだった。

あの日、島を覆った瘴気で……私は全てを失った。家族も、友人も、故郷も。

私は、瘴気で死ぬのが……一人だけ遅かった。だから私は、あの男に拾われた。

あの男……?

私の養父。瘴気治療の権威と、そう呼ばれた男よ……

立派な人だったんですね。

そう思いたかった。思っていたかった。

辛いなら――もう――

貴方たちこそ、私の話を聞いても、嫌な気分になるだけよ。

聞かせて――ください。

養父は世界中を飛び回っていた。瘴気の研究と治療のため。

私は養父を誇りに思った。彼の研究を手伝いたくて、医学を学んだ。

そして、知ってしまった。彼が研究で訪れた島に――きまって瘴気が蔓延していたことを。

偶然だと思った。でも……同じような事例は、一度や二度じゃなかった。

私は養父の実験を調べて……そして気づいてしまった。

養父は――瘴気をばらまいていた。症例を見るために……!

アザレス島を滅ぼしたのも――あの男だった……!

どうして、そんなことを……!

学者だから――あの人は狂っていた――瘴気の研究に。

養父のバックにいたのは、ルエル・サクラリッジ……瘴気の出どころもね。

そんな人は、早く止めないと……!

その必要はないわ。だって養父は……もう生きてはいないから。

死因はいうまでもないわね。私は問い詰めた――

どうして私を助けたのかって。

あいつは言ったわ。私が、最高のサンプルだったって。

だから私の研究は復讐。あの男への――瘴気への――

誰かを助けたかったから……?私は、そんな人間じゃない。

――いや、それも嘘ね――でも、誰の感謝も私には不要。

養父の残した研究で、誰かを救う。それこそが私の復讐だから。

――私は行くわ。次の患者のところへね。




瘴気専門医 ハーブ・セルフィーユ






TOP↑

その他



関連ストーリー
画像説明
ハーブ・セルフィーユ CV:小若和郁那
人体模型を操る医師。
瘴気に苦しむ患者の元に向かう。

人物紹介
画像詳細
ハーブ・セルフィーユ CV:小若和郁那
人体模型を操る医師。
瘴気に苦しむ患者の元に向かう。
ビート・パナーシア
治療を専門とするアンドロイド。
全ての存在を癒すという使命を担っている。
アゾート・ヘルメス CV:手塚ヒロミチ
あらゆる医術に通じた魔道医師。
生と死の堺目を見るべくメスを振るう。

コメント (ハーブ・思い出)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ