Gamerch

【白猫】ルネッタ・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
駆け出しのダンサー
ルネッタ・ラークスパー cv.河井晴菜
ジョカのステージに立つことを夢見る少女。
踊りは得意だが、歌うのはちょっと苦手。

フォースター☆プロジェクト MUGEN Story
飛行島の思い出 
その他関連ストーリー関連キャラ



思い出1



<――深夜の飛行島に一人の少女が舞い降りた。>

明けない夜に、酔いしれて♪

だ、誰よ!? こんな夜中に……

ミュージック・スタート!

えっ?この音楽はどこから……?

<煌びやかな衣装を着た少女が突如、華麗に踊りはじめた。>

いったいなんなの……

ラスト!ターン!

おっととと――

きゃっ!?

<少女は足を滑らせ、転倒した。>

あいたたた……くうぅ、練習不足だわ……

はあ……<あの人>みたいに上手くはいかないか……

大丈夫ですか?なにか落としたみたいですけど……

あ……拾ってくれてありがとう。

なにそれ?

<ルーン内臓小型スピーカー>よ。これがあれば、好さなとさに音楽を流せるの。

なるほど。じゃあさっきのは……

それはともかく、アンタなにものよ?

私はルネッタ。いちおうダンサーとは名乗っているものの、まだ駆け出しの身で……

そのわりにはけつこう踊れてたみたいだけど?

ううん、全然。キレがなかったし、決めポーズも失敗しちゃったし……

こんなんじゃ、次のオーディションは絶望的……

大変そうな世界ね。

まあ……そう。知名度をあげるためには、仕事も選んでいられないし……

どんなことをやってきたんですか?

最近だとサーカスショーの前座や、ロック歌手のバックダンサーをやったかな。

一番辛かったのは雪山でのイベントね。寒さで体は動かないし、お客さんほとんどいないし……

けど……<あの人>に近づくためなら、こんなのなんてことないわ。

あのひとって?

娯楽の島<ジョカ>で歌姫をやっている人よ。私の憧れなんだ。

いつかあの人と同じようにジョカのステージに立ちたい……

それが私の夢よ。


TOP↑

思い出2



私は小さな田舎町で育った。ごく普通の女の子。

馬の世話に犬の散歩。それが私の日常。

趣味は知恵の輪、靴磨き。そんな私の日常。

初めての家族旅行。夜の街は右も左もカラフルで。

地味だった私の背中をネオンライトが眩しく照らす。

――私に夢を見せてくれる。


ステージを舞う夜の蝶。私の心は晴れ模様。

いつか立ちたいあの場所へ。私の心はあなたのもとへ。


それから私はウェイトレス。生活費を稼いで一人で暮らす。

「お姉ちゃん、テキーラ!」

「はい!」

「こっちもテキーラ!」

「はい!」

チャンスはいつかやってくる。そう信じて……


踊り続けるの~♪

――とまあ。私のこれまでの人生を踊りで表現してみたんだけど……

なんというか……恥ずかしいよね……やるんじゃなかった……

そんなことないですよ。とってもよかったです。

ほんと!

う~ん、でも欲をいえば踊りだけじゃなくて歌ってほしかったわね。

う、歌は苦手で……練習してるんだけどなかなか……

それにしても……ねえ。

なに?

アンタってば、いろいろと苦労してきたのね……

もしかしてその格好、無理してる?

い、言わないで~!



TOP↑

思い出3



――ご声援、ありがとうございました♪

…………

…………

<遊園地のステージに、まばらな拍手が送られた。>

…………

夜の部も、お楽しみに♪


あ、みんな来てくれたんだ。私の踊りどうだった?

前半キレてたわね。とってもキレてたわ。

う、うん。前半はバラード調だったけどね……

それにしても、お客さんが少ないわね……

ここの遊園地っていつもこうなのかしら?

そんなはず……

さあ!ダンスのあとはお待ちかね!星たぬきショーのはじまりだ!

キュッキュッキュー!

わーい!!!

よっ!待ってました!

すごい人気ね……

あっという間に、観客席が埋まったわ。

…………

あ、ごめんルネッタ。

ううん、いいの、これが現実……

キュキュキュー!

かわいいー!

…………

さてと。夜までやることないし、どこかで時間潰しましょうか。

それはいいけど、お金あんまりないから乗り物は……

…………

みんなは帰ってもいいんだよ。夜の部は昼と同じ踊りだから退屈するだろうし……

そんなこと……

あはは……向こうのベンチでストレッチでもやってようかな……

待って、お姉ちゃん!

えっ?

踊り……よかったよ!なんかその……蝶々みたいでその……

とにかく素敵だった!

ほ、ほんと……?

ねえ、お姉ちゃん。サインちょうだい!

えっ、サイン?えっと……どうしよう……

なにもったいつけてんのよ。

だって……初めてなんだもん!

ねえねえ。

と、とりあえず……名前書けばいいんだよね……

ま、がんばんなさい。



TOP↑

思い出4



みんなみんなー!大事件ー!

<ルネッタが全速力で走ってきた。>

どうしたのよ!?

私ー!ジョカのステージで踊ることになったのー!

はあはあ……今朝……連絡があってね……

はい、深呼吸。落ち着いて、わけを聞かせてもらおうじゃない。

すーはー……すーはー……

…………

実は――


…………

……


<――とある酒場。>


ちょっとー!4曲目の衣装はどこよー!スパンコールのやつー!

まったく、本番まで時間ねーっつうのに……

あ、あの~……こんばんは~……

ひえっ!?な、なにこの子……ドロボウ?

い、いえ!?私は先日、オーディションを受けたもので……

オーディション?あ、もしかしてあの子の……

そっ。私の代役。

あんた……右足の調子はどうなの?医者はなんて?

あと1週間は安静に、だってさ。

こんなもん踊ってるうちに治るっていうのに。

無茶しないでよ。あんたはうちの貴重な戦力なんだから。

(なんか……空気が重いな……)

それで、この子の実力はどうなのよ?

さあ、どうかしら。ただ、熱意だけは誰よりもあったわ。

そんな適当な……熱意だけでなんとかなるほど、うちのショーは甘くないのよ。

私……精一杯がんばりますので!

大変だ!バックバンドが遅れるそうだ!

あーもう、次から次へと……

ピアノは?彼だけはリハのときに見かけた気がするけど。

ええでも、リズム隊がいないんじゃ……

オープニングの曲は厳しいか……

あ、あの~……

なに?

私に考えがあるんですけど……


…………

……


<ルネッタがピアノの演奏に合わせてタップダンスを踊っている。>

驚いたわね……ただ踊るだけでなく、ステップでリズムを……

あの子はいったい何者なんだ……

ありがとうございました!


…………

……


――ということがあってね。

それで関係者の目に運よくとまって、ジョカのステージ出演が決まったの。

といっても、2曲程度の前座だけど……

それでもいいじゃない。地道な活動のかいがあったわね。

公演日はいつなんですか?

3週間後だよ。それまでに、しっかり体力つけないと!

トレーニングもいいけど、ケガしないようにね。

ええ、もちろん!

ミュージック・スタート!


TOP↑

思い出5



はあ……私、もうダメかも……

どうしたのよルネッタ?

実は……ショーの出演をキャンセルされちゃって……

うそっ……だって本番は明日だって……

なんかね……世界的に有名なベリーダンサーのツアーが決まったらしくてね……

その人、ジョカとは昔から付き合いがあって、ツアー初日は絶対ここで公演するんだって頼んだらしいの……

それで断れなくて……私は必要ないって……

ひどいはなしね……

あんなに練習したのに……


…………

……


<――本番当日。>

ジョカの街並みはいつ見ても綺麗ね……

アンタ……

ごめんねみんな……わざわざ呼び出して……

今日は一人でいられそうにないから……

ほら、あそこに紫の看板が見えるでしょ? そのすぐ横にね、会場があるんだ……

本当なら今頃……私はあそこで……

…………

わあああああああーーーーっ!!!

…………

あはは、叫んだってすっきりしないね……

ううっ……

ルネッタ……

悔しいよ……ここまで来るのにどれだけ苦労したか……

あと一歩のところで……夢の光が目の前で……消えた……

こんなに苦しい思いをするなら……はじめから夢なんて、みるんじゃなかった……


TOP↑

思い出6



えっ?この光は……

スポット……ライト……

踊れっていうの?

でも……私はもう……

あ、あのときのお姉ちゃんだ!

こら!いきなり指さしたら失礼でしょ!

お姉ちゃんの踊り、すごいんだよ!蝶々みたいで!

…………

お姉ちゃん、私ね!お姉ちゃんみたいな踊り子さんになるって決めたの!

それが私の夢!

…………

ずるいよ……そんなこと言われたら……もう……

踊るしか、ないじゃん!

…………

ミュージック・スタート!


<ネオンのバックライトに照らされて、ルネッタは華麗に踊りはじめた。>


おい、なんだあれ……

セクシーな衣装を着た姉ちゃんが踊ってらあ。

なにこれ……歩いてるひとたちがどんどん立ちどなにこれ……歩いてるひとたちがどんどん立ちどまって……

人だかりに……

いいぞ!もっとやれ!

あの子……どこかで……

(みんなの手拍子が力をくれる……体が勝手に踊りだす……)

やるじゃない。

ヒューヒュー!いいぞいいぞ!

お、おい!押すなって!

もう!一体これはなんの騒ぎ!通行の邪魔よ!

…………

<ルネッタは踊るのをやめた。>

なんでえ?もう終わりかい?

みんな……私の踊りに付き合ってくれてありかみんな……私の踊りに付き合ってくれてありがとう……

だけど、私はまだ半人前で……踊れる曲も少ないし、歌だって下手くそだし……

今のままじゃ、みんなを満足させることはできない……だから、もっと上手くなって……

ジョカのステージの上で、待ってるから♪

はっ、生意気なこと言ってくれるじゃないの。

チケットは安くしとけよ。家族みんなで観に行くからな。

私……もう一度夢を、追いかけてみるよ……


…………

……


アイリスー!はやくはやくー!

待って、まだ支度が……

今日はあの子の晴れ舞台よ~!



――夜の数だけ夢があり――

――夢の数だけ恋がある……

潤んだ視線を私に頂戴。代わりに震わせてあげる。あなたの耳柔を、そして、胸を――

永遠の愛を一曲の歌へと替えて――

――明けない夜に、酔いしれて♪




夢に舞う夜の蝶 ルネッタ・ラークスパー



TOP↑

その他


フォースター☆プロジェクト MUGEN Story

関連ストーリー
画像説明
ルネッタ・ラークスパー cv.河井晴菜
ジョカのステージに立つことを夢見る少女。
踊りは得意だが、歌うのはちょっと苦手。

コメント (ルネッタ・思い出)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ