Gamerch

ヴィルフリート・テニスの思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
魂の審判
ヴィルフリート・オルクス CV:子安武人
未練抱く魂を裁可する不死者の帝王。
永遠の刻を生きるなか、生涯スポーツとしてテニスと出会う。


思い出1



 ――突然、冷たく鋭利な空気がコート上を包む。


 漂う黒い威圧感。

 何者かが、今まさに近づいてくる――!



……! この気配は……!?

この感じだけでもう、だれが来たかわかるわね。



……ククク。貴様らもここにいたか。熱心なことだな。

あっ、ヴィルフリートさんだったんですね。


いかにも。我は永遠を生きる〈吸血鬼〉。

 亡者どもを統べる不死者の王。ヴィルフリートである。


ヴィルフリートだー。おいっすー。

 ……で、ヴィルフリート。その手のラケット。アンタもテニスを始めたの?

その通りだ、キャトラよ。かねてより考えていたのだ。

 生涯スポーツとして何か嗜んでみようとな。


いや待って。吸血鬼で不死のアンタが生涯スポーツって……

 永遠にテニスするつもりー!?


TOP↑

思い出2 (LV20)



うーん……

 やっぱりなんとも不思議な光景だわー。



炎天下にスポーツで汗を流す帝王というのもまた一興であろう?


ヴィルフリートさん、〈吸血鬼〉なのに、お日様が平気なのよね。

そうそう。ひとの血も、どうしても必要ってわけじゃないっていうし。

 いちいち吸血鬼のイメージを壊してくれるわよねー。


キャトラよ。我を誰だと思っている。

 我は永遠の刻を生きる吸血鬼。

 未練抱く魂を裁可する不死者の王、ヴィルフリートである。


ちょっと爽やかな感じ出てるのが、微妙に腹立つわ。

未練抱き彷徨う亡者どもも、スポーツで健全な汗を流せば浮かばれるであろうにな。

アンタがそれ言うか!


(ヴィルフリートさん、スポーツしてちょっと気分がいいのかしら……?)


TOP↑

思い出3 (LV40)



テニスにおいて重要なのはまず、己の特性を知ることにある。

 球威で押し切るのか?スタミナ勝負に持ち込むのか?技術で相手を振り回すのか?


おっ?


基本はやはり相手を動かして意図的にコートに空間を作り、そこを狙うことだが……

 粘りの戦いを企図するならば、安全につなぐことを優先せねばならぬ。


おっ?おっ?

ヴィルフリートさんがテニスを語っている……!

テニス歴みんなと変わらないくせにね。


無念のまま命を失ったテニスプレイヤーの魂が、我の元へ来たのだ。

ヴィルフリートさんの元には、話を聞いてほしい死者の魂が訪ねて来るんですよね。

そうだ。未練抱く魂が列をなし、我に陳情をする。『蘇らせてくれ』とな。

 その陳情に耳を傾け、厳正に裁可する。それが我の務め。


それにしても、テニスプレイヤーの魂って……いろんなのが来るのね。

その引見の折、最近テニスを始めたと言ったら、ことのほか話が盛り上がってな。

盛り上がった結果、いろいろ教わってテニスにも詳しくなったわけね。

趣味が仕事に活きた出来事であった。

うれしいんだ。


TOP↑

思い出4 (LV60)



ヴィルフリートさん、すごく力の入った練習をしてる……!

何かあったのかしらね。……ねぇねぇヴィルフリート!



貴様らか。

気合入れてどうしたのー?

我が務めのためだ。

どーゆーこと?

以前話したであろう。未練抱いたテニスプレイヤーの魂が、我の元に来たことを。

はい、テニスの話で盛り上がったって。


我に謁見を求める魂は皆、不死者となり蘇ることを望む。己が未練を晴らすために。

 その訴え一つ一つに我は耳を傾けよくよく吟味し、裁可する。

 件のテニスプレイヤーの魂も同じ。だが執着の強さのみで力を貸しはせぬ。

 裁きは厳正でなければならぬ。


では、どうするんですか?

ならば、せめてその嘆きを聞く……と、本来ならばなるところだが。

あ、もしかして……話を聞くだけじゃなくて試合の相手をしてあげるとか?

なるほど……!そのための練習、だったんですね!


あれ、でも……試合って、どうやって!?


TOP↑

思い出5 (LV80)



ククク……刻は、満ちた……!


ヴィルフリートさん……!

いよいよ、準備が整ったのね!

 あのテニスプレイヤーの魂と試合する準備が!


さあ、未練を抱いた魂よ、今こそコートに降り立て!



?なにも起こらないけど……?

魂だから見えない、ということかしら……?



……来たか。

待たせたな、亡者よ。


あ、やっぱりいるんだ!

 アタシたちには見えないのね?


我との真剣勝負をもって、その悔根を晴らすがいい!


とにかくいけいけー!ヴィルフリートー!!

えっと……どっちもがんばって!


全身全霊をもって、相手をしてくれる!


TOP↑

思い出6 (覚醒進化) (LV100)



ふう……壮絶な試合であった……


…………えっと……どうなったの……?

……魂は無事、地に還ったようだ。


全力で試合して、満足できたんですね!見えなかったけど!

……うむ。帝王たる我の挑戦にも怯まぬ、気高く強い相手であった。


そーぜつな試合だったのね。よくやりきったわね、ヴィルフリート!

無論だ。これも帝王の責務ゆえな。


ふふふ。

前にアンタも言ってたし、未練抱く魂がやってきたら、次からテニスを勧めてみれば?


…………それでうまくいけばな。

 亡者どもの未練にはそれぞれの事情がある。ひとまとめに出来るような解決策はない。

 一人一人、陳情に耳を傾け、真撃に向き合わなければならないのだ。

 今回は、それがたまたまテニスだっただけ……

……そっか。そうだよね。ごめん……


テニスばかりを”あテニスる”わけにはいかぬ、ということだな。

へ!?




コート上の裁定者

TOP↑




~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (ヴィルフリート・テニスの思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ