Gamerch

【白猫】ひだりの螺旋 Story

最終更新日時 :
1人が閲覧中
2016/09/20


目次


Story1 噂

Story2 弔い

Story3 左

Story4 鬼才

Story5 捻れ

最終話 骨


主な登場人物


クラニィ cv.能登麻美子
死した者たちの魂を導く、弔い師の少女。
その者たちの遺骨にも、大きな情を注ぐ。
ジョイス cv.新垣樽助
修理業の傍らネジを開発する職人。
ねじれた日々は今日も続く。
リュゼーヌ cv.小清水亜美
華麗な建物を設計する王女。
王女の企みは、真夜中に花開く。

story1 噂



 ――建設業の最先端、荒れ野の島。


クラニィ・スクレット

今の話、もう一度聞きたいのです。

あ、あぁ……いいけどよ。俺も詳しいワケじゃねえんだ。

最近、村の外れにある館に、貴族様が引っ越してきたんだがそれが昨日、おっ死んだって話だ。

はい。でも聞きたいのは、その後です。あなたは言いました。

あまりに異様だから誰も弔わずに、『そのままに』してあると。

……そうだ。館の使用人連中も、貴族様の死に方にビビッちまって、真っ青な顔で逃げてきたらしい。

わかりました。教えてくれてありがとうございます。

お、おい、アンタまさか、館に行くつもりか?

はい。この話を聞いたら、ほっておけないのです。

悪い事はいわねえ、やめときな……何かあるかわかんねえんだぞ。

だとしてもいきます。私は、弔い師ですので。


 ***


ゲンコツ。

どうだったクラニィ。先ほどの噂話は聞けたか?

はい。やはり、亡くなった方が、弔われずに放置されているみたいです。

そうか。ではやはり行くのだな……

もちろんです。でも、ゲンコツは……なにか気が進まないみたいですね。

うむ……なにかな……胸騒ぎがするのだ。

ゲンコツは骨なので、胸はないですけど。

わ、わかっておるわ! だが……嫌な予感がするのは本当だぞ?

……わかりました。できるだけ気をつけることにします。

そうするがいい。ではゆくか。

はい。場所は……この村の外れにある館です。







TOP↑

story2 弔い



……ふむ。ここだな……

<村を抜けたどり着いた館は、かなり大きく立派なものだった。>

ゲンコツは外で待っていてください。

たしかに我の体では、中に入るのは難しいか……しかし……

大丈夫です。中に人がいないなら、すぐに弔いを済ませ戻ってきます。

……わかった。気をつけて行ってくるがよい。


 ***


…………

<館の中は、荒らされた形跡もなく、ひっそりと静まり返っていた。>

……聞いた通り、誰もいませんね。でも、これは……

<言葉にならない『なにか』を感じ、周囲へと視線を走らせる……

しかし、クラニィには、その原因を見つけることは出来なかった。>

……早く弔いを済ませましょう。


…………

……


<館の奥でクラニィは豪華な造りの扉を見つけた。>

ぅ……!

<扉を開けた瞬間、ツンとした鉄の混じったような生臭さと、ヒトの汚物の臭いに顔をしかめる。

その異臭に構わず、クラニィは扉を潜って部屋の中へと足を踏み入れた。そこには――>

……ッ!!

<床にぶちまけられた赤と、その中に転がる異物と、『まわれ』という壁の赤い文字……>

……これは……ひどいですね……

<赤の中に転がるモノに、クラニィは眉をひそめる。

それは……固く固くしぼった雑巾のように、限界までねじれた――ヒトだった。>

なんて無惨な……骨が全部折れてしまってます。

<ヒトの体では不可能な形に、ねじれ曲がることから、骨が無事でないことは一目瞭然だった。>

誰の仕業かは知りませんが……どうやら、お仕置きが必要です。

でも、それより先に……

憤る心をおさえつつ、クラニィは静かに弔いの言葉を紡ぎ始めた。

……生の苦痛をひととき忘れ、あるべき場所へと還りなさい。どうか次の生は、良き人生を。




TOP↑

story3 左



「んん~! ここも、ねじれてるなあ。」


<背後からの声に振り返ると、上半身をひねったジョイスが、ドアノブを優しく撫でていた。>

……ジョイスさんですか。驚かせないで下さい。弔い中です。

ジョイス・ジネリ

弔い? ……ふむ。それが貴族の彼だったのか。これは失礼をしたね。

……あなたはなぜここへ?

この近くの村で、ねじれた話を聞いたからだ。

ねじれた話ですか。なるほど……でも、弔いの最中は静かに。

クラフトメ~ン。わかっているとも。

ならいいです。では――

……ん? んん?

<ジョイスは遺体の側までくると、しゃがみ込んだ。>

……邪魔です。そこをどいてください。

なんだこれは……このねじれ……左巻き? ……ッ!!?

聞きなさい、このねじれ男。無視するなら関節を外します。

いや、いやいや待つのだ。焦ってはいかん。よく考えねば……だが……これは……

……えい。

<クラニィがジョイスの腕をひねり、肩の骨を外した。>

ぬぁあああああんんん!! なにをするんだ、お嬢さん!!

話を聞かないからです。

それは悪かったっ! しかし、今とても重要なことを考えていたのだ! 見逃してほしかった!


「その重要なことですけれど、ぜひわたくしにも聞かせてほしいですわ。」

!!


リュゼーヌ・ロザリウム

そこまで驚かれずともよろしいのではなくて? 少し傷つきますわ。

……ごめんなさい。でも、なぜリュゼーヌさんがいるのです?

そこで死んでいるのが、わたくしの知人だからですわ。

そうですか……お悔やみを申し上げます。

お気遣い感謝いたしますわ。でもここへ来たのは、私用ではありませんの。

この<荒れ野の島>で貴族が死亡したのなら、王女として原因を知る必要があるのです。

そこでさきほどのお話ですわ。あなた……何を考えてらしたの?わたくしに教えてくださる?

……それなら、これのことだ。

わかりません。この遺体に、何か考えることがあるんです?

みたまえ! このねじれを。おかしいのだ! ねじれおかしい!

まだわからないのか? ねじれが左巻きなんだぞぉ?! ネジも普通は右巻きだ!

左巻き……なるほど、そうですか。わたくしの引っかかりが、ひとつ解けましたわ。

なにかわかったのですか?

ええ。今度はわたくしがお話しすることにしますわね。




TOP↑

「お話しますわ。」

「教えてもらおう!」

「……静かに……」



story4 鬼才



この建物に入ってから、ずっと引っかかっていたのですけど、ようやく思い出せましたわ。

ロスナー・ワート。建築の世界では<鬼才>と呼ばれた建築家で……たぶん、この館を建てた方ですわ。

……ロスナー・ワート? ロスナー……

わぁああとぉおおお!!?

!?

そ、それは<異端の反転>のことではないかぁああ!!

そう呼ばれてもいますわね。

……<鬼才>で<異端の反転>? どういう方ですか?

わたくしにとっては、尊敬する建築家のひとり。もう故人ですけれど。

彼は元ネジ職人ですわ。才能はありましたが、でも……ある団体への入団は叶わなかった。

当時のロスナーの思想は<煉獄の螺旋>に認められなかったのだ!

そうらしいですわね。

権威ある団体に否定されたことで、彼はネジ職人の道を断たれたのですわ。

ですが、彼には建築家の才があり、後に、ただの職人とは比べ物にならない名声を得たのですわ。

……私には建物のことも、ネジのこともわかりません。

でもお話を聞いて、とても苦労した方だということはわかりました。

一般の方なら、それが普通ですわ。

しかし……むふぅぅん……ここが彼の手がけた館だったのか……ぬふぅん……イイねじれだ。

わたくしも、この館はとても素晴らしいと思いますわ。

機能に優れた美しいデザイン。そうかと思えば、細やかな遊び心もみせる。……素敵ですわ。

それだけに……今回のことは残念でなりませんわ。

……この方と、この館、何か関係があるので――

クラニィさん?どうかいたしまして?

ふえてます……

なにが……ですの?

……文字が――

――

ふえてます。

――

ッ! 走りなさいっ!

<リュゼーヌの叫びに、ジョイスとクラニィも弾かれるように、部屋から飛び出した!>



TOP↑

「……あふれてます。」

「急ぎなさいっ!」

「なにがおこっているのだ?!」



story5 捻れ



<壁、床、天井にいたるまで、赤い文字が部屋の全てを塗りつぶしてゆく。

その光景を瞳に捉えると、三人はー斉に玄関へと駆け出した。>


ねじれているっっ!! 強烈にねじ切れている!

ええ。尋常ではありませんわ! なんなのです、アレは!

あれは――怨念。

誰かの……深くて絶望した、真っ黒な魂です。

だとすれば、状況からみて……今回のことは彼が原因ですわね。

<異端の反転>だな!

ええ。ですが今は脱出が先ですわ!

お嬢さんたち、そこを右にねじれば玄関だ!

<三人は廊下を曲がり、玄関ホールヘと飛び込むと、玄関の扉へと手を伸ばす――>

ッ!?

どうしたんですの?! 早く扉を――クラニィさん?

開かないのです。扉が……開きません。

修理なら、俺の仕事だ!

<クラニィと代わるようにジョイスが扉の取っ手を調べはじめる。>

……む? なんだこれはぁ? 鍵穴もなければ、継ぎ目すらないだとぉおお??

故障ですらないということね。――ッ!!

近づいてきています。

ええ。わたくしにも、なんとなく感じましたわ。

これは迷っている場合ではありませんわね……

どうやら、そのようだ。彼のねじれを、もっと見ておきたかったんだけどな……

わたくしも鬼才の手がけた館を、スケッチしておきたかったですわ。

仕方ないです。あれは素直に、私の弔いを受け入れるとは思えませんから。

では残念ですが……ここを破壊して外へと出ますわよ!




TOP↑


「私が弔います……」

「ねじ切れてる!!」

「なんてこと……」



最終話 骨



<大きな破壊音と共に、館が炎に包まれ燃え上がると、そこから三人が飛び出た。>


おぉぅぬふぅ……あのねじれは、俺にはあわない……

ああいったものは、相手にするのが大変ですわね。

……やっと出られました。

クラニィ?! な、なんだっ? この騒ぎは、どうなっておるのだ?

ゲンコツ。とりあえずブレスです。館に向けて。

いや、意味がわからんのだが? それにもう燃えておるようだぞ?

いいからやってください。

う、うむ。

<ゲンコツの放つブレスを受けると、館が崩れ始めた。>

手加減したが、いちおう撃ったぞ。……これでよいのか?

はい。十分です。あとは、私の仕事ですから。


<クラニィは燃える館の前に立ち、弔いの言葉を紡ぐ。>

……生の苦痛をひととき忘れ、あるべき場所へと還りなさい。どうか次の生は、良き人生を。

……これで、彼も逝けるといいのだけれどね。

誰の事かは知らぬが我には逝く魂が見えておる。心配はいらぬぞ、茨の姫よ。

……それはなによりね。教えてくださって感謝しますわ。

ですが、彼ほどの方が、なぜこんなことを……

――?

<炎を巻き上げる館から、何かがクラニィの足下へ、はじき出された。

それは汚れてはいるが、元は白い……一本のネジだった。>

ネジ……?

おおっぉお! 初めてみるネジだ! それも左巻き……これこそ<異端の反転>のネジだぁぁあ!!

そうなのですか?

ええ。――左巻きのネジ。これが彼のネジ職人として、大成できなかった証なのですわ。

……ほむぅん? しかしこのネジの素材は……なんなのだ?

大理石……ではありませんわね。石灰岩とも少し……

それはヒトの骨です。

!!

クラニィがいうなら間違いない。骨については、玄人であるからな。

……骨……そう。彼はネジ職人という仕事に、こればどの未練があったのね……

ヒトをねじり殺すほどの……未練……

こればどのネジ愛……ロスナーは最後までネジ職人だったのだな。

建築家としての栄光など、彼には意味のないものだったんですわね……

ネジとは、それほどまでに人を狂わすものなのか……まったく……人とは恐ろしい生き物だ。

……どうか次の生は……真っ直ぐに……ねじれる事のなき人生を……

…………

…………


<クラニィの弔いの言葉が響く中、炎の粉を巻き上げて、ねじれた建築家の館は崩れ落ちた。

その後――この場所には、左巻きのネジと薔薇をかたどった、小さな墓が建てられたのだった。>




ひだりの螺旋 -END-






コメント (ひだりの螺旋 Story)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ