Gamerch

【黒ウィズ】ウルーリカ・モレノ

最終更新日時 :
1人が閲覧中
ウルーリカ・モレノ CV:
2017/00/00

――「うたかたの海」のある異界。

淡い幻を見せるというその海の底には、多くの人魚が暮らしている。


その1人、ウルーリカには特別な才能があった。

「うたかたの海」を通じて「未来の幻」を見ることができたのだ。

ゆえに人魚たちは、何かが起こると彼女に予言をせがむのだった。


……そして今。ウルーリカは深い海の底で、目を閉じ、眠りについている。

「うたかたの海」が見せる未来を、夢として見ているのだ。

海底に謎の怪物が現れる事件、その解決の糸口を求めて。


――夢のなか、ウルーリカは地上に赴き、1人の少年と出合う。

清廉にして利発なる若き王子。

地上にもまた怪物が現れており、彼はその調査を進めていた。


目的を同じくするふたりは、世界を巡る旅に出る。

神秘の術を修めた魔道士、主君を持たぬ流浪の騎士、金に目がないお調子者の盗賊……

頼もしい仲闇たちと出合い、旅を続けるうちに、いつしかウルーリカは、王子の姿を目で追う自分に気づく。

王子の優しい微笑みが、凛とした眼差しが、彼女の胸を高鳴らせる。

彼と交わした言棄のすべてを、胸の宝箱にそっとしまっておきたくなる……


ああ。けれど。旅の果て、魔物を生み出す城の奥、王子は裏切りの刃に倒れる。

魔の手先であった魔道士から、ウルーリカをかばって。

最後に、あの優しい微笑みをこぼしながら……


――そこで、ウルーリカは夢から目覚めた。


予言を聞きたがる人魚たちをあしらって――そして、まっすぐ地上に向かった。


時は夜。おぼろの月が照らす浜辺で、彼女は若き王子の前に現れる。

人魚の登場に驚く王子に、そっと優しく微芙みかける。

――あなたは知らない。夢幻の未来で、私とあなたがどんな言葉を交わしたか。何ひとつ。

けれど、私は知っている。あなたのくれた言葉はすべて、この胸のなかにしまってあるから。


あれはうたかた。あれは夢。海の泡が見せた未来の幻影。

だから。

今ここにいる、うつつのあなたは……私が必ず救ってみせる――




TOP↑

コメント (ウルーリカ・モレノ)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ