Gamerch

ソフィ・ハーネット

最終更新日時 : コメント(0)
ソフィ・ハーネット CV:山崎はるか
2017/00/00

形容


田舎で代々続く魔道士一家の出身。修行のために王都にやってきて暮らしていたが、お祭りの出し物でリルムと対決した際に、街を破壊し多額の借金を抱えてしまったことがある。現在は完済し、魔法の研究で作った新薬が大ヒット。ハーネット商会を作り、新薬を世界展開しているため、最近は非常に忙しい。魔道士協会の後ろ盾を得て、魔道士のための薬の作成に取り掛かっている。



『ソフィ』は魔女見習いの女の子。

今日も元気いっぱいに魔道の修行中。


魔道の修行は厳しいけれど、みんながいっしょなら、

『ソフィ』はぜったいくじけません。


王国一の立派な魔女になるため、今日も明日もがんばります!



――魔道を追及し、魔道を極める異界。


その王都で、年に一度のハロウィンの日にだけ開催される最大の魔道対決〈トリック・オア・トリート〉。

王都の大通りには、その様子を位置目見ようと、人々が詰めかけ、通りに面する家々の全ての窓には、身を乗り出して特等席から見物する人々の姿があった。

そして司会者は魔道で大気を震わせて、全ての見物者にその声を届ける。

「続いての戦いは……この二人だ!!」


「名門ロロット家からの飛び入り参戦! 戦いの始まりはいつも杖を投げる。今日も絶対に投げてやる。丸腰になってからが私の戦いだ! ロロット家の血はどうしたッ!! リルム・ロロットッ!!」

歓声が、禍々しい光を放つ杖を携えた少女を迎え入れた。

あ、あれを投げるのか……

見物客の誰もがそう思った。

続いて、その対戦相手が呼び込まれる。すでに見物客の歓声は最高潮を迎えていた。誰もが彼女の名を連呼していた。

「王都の名物娘の登場だ! 相手が飛び湯具なら、こっちだって飛び湯具だ。私はホウキで王都の空を飛ぶ! ソフィッッッッ!! ハーネットッッッ!!」


ソフィが王都に来た頃の、最初のハロウィンの時。ソフィは〈トリック・オア・トリート〉の光景に圧倒された。そして猛烈に憧れた。私もあの舞台に立ちたい、と。

あの時、憧れた光景が、いまこの場に実現している。王都に来たばかりの頃には、冷たい眼をしていると思っていた王都の人たちが、まるで身内のように声援を送ってくれている。

田舎から古臭いホウキを一本持って、やってきた魔女見習いの少女は、いつしか“王都の娘”として愛されるようになっていた。

だから、必ず王国一の魔女になる!

ソフィはそう決意してこの〈トリック・オア・トリート〉に臨んでいた。

だが、この年の〈トリック・オア・トリート〉は誰もが予想だにしない方向へ展開した。


ソフィとリルムの戦いの最中、突如現れた巨大ジャック・オー・ランタン。

〈トリック・オア・トリート〉の戦いに敗れた魔女か怒りにのまれ、禁呪に手を出し、暴走させたのだ。

愛する街、愛する人々を傷つける怪物を、ソフィは決して許さない、いや許したくなかった。

だが、強大な敵に立ち向かうには、まだソフィの力が足りなかった。そんな時――

『ソフィ……』

『ソフィ……』

と彼女を呼ぶ野太い声が聞こえた。声のする方にはリルムの杖が落ちていた.

『我は〈魔杖エターナル・ロア〉だ。我を使え。さすればお前の望みは叶う。ただし、その代償としてお前の精神と肉体は奪わせてもらうぞ。さあ、選択せよ。そして我を手に取れ』

ソフィは迷わず杖を手に取った。望みは叶う。その言葉しか聞こえなかった。

「待って、ソフィちゃん。私も手伝うよ」

「リルムちゃん……」ソフィは巨大な敵を見すえて、言った。「〈トリック・オア・トリート〉は大切なモノを一つ賭けて勝負に挑む。ソフィは、ソフィの大切なモノのために、絶対に負けたくない!」

「ソフィちゃん。二人の力を一つに。さあ、私にも杖をかして」

『小娘。まさかとは思うが……』

「うん。行くよ、リルムちゃん! 行っけー! グレェェーートザッパァァァーーッ」

『だから投げるなと言っているだろうに!!』



TOP↑

コメント (ソフィ・ハーネットに対して)

注目記事
ページトップへ