Gamerch
レッド:プライドオブエデン 7月9日(木)配信開始 「新感覚」ケモガールRPG 7月9日(木)配信開始

【白猫】ゼロ・クロニクル Story3

最終更新日時 :
1人が閲覧中

開催日:2017/07/14



目次


Story15 いつかあの子が

Story16 気高き白猫

Story17 泥にまみれた黒猫

Story18 <約束>

Story19 剣士の心

Story20 日常の終わり

Story21 宝冠と賢者

Story22 黒の王子

Story23 後継者

Story24 導き



TOP↑

story15 いつかあの子が



TOP↑

story16 気高き白猫





TOP↑

story17 泥にまみれた黒猫



……っ……

<捕縛され、投獄されたときに転がったのだろうか。衣服や髪は泥にまみれていた。>

…………

どうして、あの時……

<光の王を――守ったのか。

白との親交を深める。そのために来たのだから、当然とも、言えた。

だが……自分が知らぬうちに。白を討つ密命を、仲間が受けていたのならば……

……遂行させることが、黒の王国のためには……よかったのだろうか……>

……わからない…あのとき、自分は……

何を、選んだ……?

<泥で汚れた、自分のてのひらを見つめていた、その時――>

っ!?

……白い……猫……?

…………

どこから……?

! 鍵が……!?

<牢獄が、夢の中の出来事ように音もなく間いていく――>

呼んでいるのか……?だけど……

…………

<一瞬の逡巡ののちに、表情はすぐに決意に変わる。>

……行ってみよう。



TOP↑

story18 <約束>



…………

見張りの一人もいない…………まさか……?

…………

逃がしてくれようとしているのか……?

<共に来たアデルの行いは、同じ特使の罪。

このままでは自分は、処刑を待つだけの身だった。それを解放してくれるのなら……>

……ここで終わるわけにはいかない……

牢番たちには悪いけど……


…………

<不思議な白猫は、人目をかいくぐり、静かなところへ導いていく。>

…………

!?白の……!?

……ここは……?

!!

<白猫から変じた少女は、力を使い果たしたように、膝から崩折れた。

思わず手を差し伸べ、それを抱き止める。>

……っ……!

…………こうして、手を取り合えば――

……?

支え合える、のに……

…………

<謁見で見たときの、神々しい<光の王>は、そこにはなく――>

…………

光だけでは、ない……

世界には闇もあり……

安らぎを与えるのは、どちらも同じ……

……なのに……

<控え目に支えた肩は、小さく震えていた。

自然と、ポツりと言葉が漏れる。>

――守る――――

え……?

<聞き取られなかったことに、彼は感謝して、続けた。>

自分の願いも、同じ……

黒も白も……みんなが、幸せになるなら――

――泥の中からでも。あなたを……支えるから――

その道を……進ませて欲しい……!

…………

<少女の肩に手を置いたまま、自然と見つめ合う距離に、そっと体を離す――>

――自分は<闇の王>の後継者。……黒の王子です。

ええ……感じていました……

必ずや、王の座を継ぎます。

二人で、この世界に、平和をもたらしましょう。

<約束>します。

……ありがとう……

……いいえ……

白は光、黒は闇……

天と地……己のいるべき場所で、互いに支えあいましょう。

――<約束>です――

……ええ。それまでは――

決して――

<強い意志の込められた瞳。

それはほんの少しだけ、微妙に絡まり、そして……

避けていた――>

……向こう……影が……

<しかし、それ以上に言葉を足す間は、無く――

……行かなければ。感謝します。自分のために。

私のことなら、大丈夫ですから。

……待っていてください。その時まで。

……はい。

…………

(君は…………一人ではないから……)

白と黒は、交わらず……両端で釣り合い、<均衡>をもたらす……

……きっと、守ります。あなたとの――<約束>を――




TOP↑

story19 剣士の心



<――黒の王子が白の王国から戻り――

<闇の王>は、その『特異性』を明確に示した。

際限のない<膨張>は、王の代替わりなどを感じさせない。

まるで<循環>を、拒むかのように――>


――それまで。

……っふ~……!

特使の任から戻られてから……

決意が新たになりましたかな。

ヴァルアス。

なんでしょう。

……正しいのだろうか。

……なにがです?

最も濃い、黒の者が、王となり、国を尋く……

…………

この国において、<王>とは、闇なる力の根源でありますれば。

その意思に従うは、古来よりのならいでごさいます。

それが<理>、か……

……滅多なことをお考えになられてはなりません。

<闇>か包み込むのは、存在そのもの。善も悪も全て。

<闇>とは、決して晴れてはならぬもの。場のある限り、広がり続けてゆくもの。

それがこの世が生まれてよりの、真理でございます。

それに問うた者はいないのだろうか。

と、言いますと……?

黒と白……光と闇の在り方は……

いまのままが正しいと、誰が言い切ることか出来るのだろう。

陛下もまた、それをお考えになられているのかもしれません。

……そうだろうか……滅ぼし、征服することは、それよりも悪い形ではないのか。

…………

全てが黒く染まれぱ、世界中に安寧がもたらされる……

そんなもの……まやかしじゃないのか……?

…………

そこから先を考え、尋き、結果を示すのが王の役目。

予測で未来を批判することは、私の職分ではありません。

わかっている。

ならば今はまだ、己を鍛えることに注力すべきかと。

あなた様の世が来ましたら……自分の信する道のために、私をお使いくださいませ。

ありがとう、ヴァルアス。

さあ、感謝するには早いですぞ。剣の腕でも、私を越えて頂きませんと。

ああ……


<――それよりほどなくして――

――暗黒騎士ヴァルアスは、弟子に別れを告げ、戦地へと旅立っていく――>




TOP↑

story20 日常の終わり



一瞬の共闘により、バールを討ったのち――

予想通り、白の王国は<闇>からの激しい侵攻に晒された。


回数を増すごとに、<闇の王>は更なる膨張を遂げていく――

――討たれるのは、白か、それとも黒か――

――次が最後の決戦になるであろうことを、多くの者が予感していた――


<光の王>アイリスは、胸中の不安を押し隠しながら皆を鼓舞する――

白の民は、自分たちの勝利を疑わない。

なぜなら<始祖のルーン>の加護が、自分たちにはある――

――自分たちには<光の王>がついているのだから、と……


だが……<均衡>は、徐々に崩れ、傾き始めていた――

わずかずつ……黒の側へ……


…………

……


大事な物はまとめたか?

うん!鉢植えは……断念したけど……種を持ってくよ!

そう。今度はどこで育つかしらね。

何言ってんのさ!もう一度白の王国で咲かせてみせるよ!

あら、ごめんなさい。それが一番よね。

……テオ。次の戦は、白の王国全体が戦場になる可能性がある。

そうなったら……

逃げる!

どこへ?

海へ?

どうやって?

距離は相当あるけど、魔法があれば……

それは最後の最後だ。安全な場所に、隠れているんだ。

安全な場所なんか、どこにあるってのさ!

――とか言って、兄ちゃんと姉ちゃんを困らせるようなことはしないよ!

いい子よ……

うん!兄ちゃんたちも、負けそうになったら、逃げなよ!

兄ちゃんは負けないさ。

負けないとさ、逆にいつまでも一人で戦っちゃうでしょ?だから、そうなったら!

……うーん。賢くなったなぁ……

ヘヘっ、こんなときに、よせやいっ。

わざとらしく鼻を人差し指でこするな。褒めたと思ったらこれだ。

ちぇっ、なんだよなんだよ!褒めたり叱ったり忙しいなぁ!

だからさあ。

ヘヘヘ……!大丈夫だよ!白の王国は、絶対負けないもん!

なんたって、<光の王>アイリス様がいるもんね!

ああ……そうだ。

アイリス様を信じる限り、白は……負けないさ……!

うん!

ええ……きっと……!!


(信じているぞ――アイリス。

誓おう。この命、最後の一欠けらが燃え尽きる、その瞬間まで――

俺は一歩も引かず!お前のことを、守り続けてみせる!)


信ずるのは<白>の司る<光>、そしてその王――アイリス――

決戦を前にして、兄弟たちの絆は深まる――



TOP↑

story21 宝冠と賢者




――あまねし精霊と妖精の力を束ね――

――宝冠へと紡がれし物よ。ここに<在れ>――

祝福をありがとうごさいます、<智の賢者>殿。

T礼なんて。僕はそれを<識る>プロセスを認めただけに過ぎない。作ったのはあなたたちだよ。

はい。……この宝冠さえあれば、<闇の王>にも……

Tフム。忘れてた。

え?

T名をつけなければ。

名を与えれば、どうなります?

T一般的に考えれば、人格が宿るだろうね。

なんでもいいかな?いいよね?じゃあ僕がパパっと――

お、お待ちください!それを織りなす精霊たちも、もとは人格を得ておりました。

名は、その中から代表を選び、つける……ということでは?

Tフム。その方が理に叶ってるかもね。

(……ほっ……)

Tそうそう、あとね。宝冠がその真価を発揮するために、条件を課しといたよ。

その条件とは?

T王が授けることさ。

王が……?

Tそんな制約でもなければ、奪われちゃってもコトだろう?

……お気遣い、感謝します……

(智の賢者の深慮遠謀…………と、いうことだろう……)

Tまあ他にもあるんだけど。

え?

Tいやなんでもない。では、僕はこれで。

どちらへ?

T片方に加担しすぎるのも、僕にはあまりよろしくなくてね。

<認識>には善も悪もない。今度はあちら側へ。

!!おやめください!<闇の王>は、あなたを血眼になって探しております!

Tおやおや。そんな大層なモノじゃないんだけどなあ。

T捕えられれば、ただでは済みませんぞ!

それはわかるのだけどね。まあ、なんというかな。

倫理観も価値観も、僕と君たちとは違うんじゃないかなあ。

まあ、ソウルの結晶である、妖精族や精霊族とは比較的近いのかもしれないけど……

それでもやっぱり、根本的に違うんだと思うよ。

ワケのわからぬことをおっしゃらずに!このまま、白の王国に留まり、我らをお尋きください。

Tじゃあなおのこと、ここにはいられないね。

なぜです!?

T導くとかは、ね。僕の存在意義としては、多分真っ向から反するから。

い、如何なる理由で!?

T話せば長くなる。でも一言で終わらせよう。

僕はただの、<認識>だから。

……!?!?

Tフム。わかってくれとは言わないさ。では、失礼。

ち、智の賢者様……!


 …………

 ……


T……なんて。偉そうに言ってたのに、やっぱり投獄されちゃったねえ。

まあ、そこからは、こうしてさっさと抜け出したわけだけども。

でもまあ、これで、トントン、かなあ。

白にも黒にも、言い分はあるんだよね。僕が一方に加担するのは……

してもいいんだけど、まだ今じゃないものなあ。

さて……

…………

退屈になってしまったなぁ。


うーん。

では、こういうのはどうだろう。元の世界の、事象を、一つ一つたぐって紐にして……

そうだな……その紐で……

靴を履こう!やあ、これは名案だ!







全面戦争


story22 黒の王子



――この一戦で――決する――!

……<始祖のルーン>よ!白の王国に生きる者、全てに、力を――

<闇>を払う光を与えたまえ!


――行くぞ!これが最後だっ!

はい、お兄様!


<空が重たくなったかと錯覚するほど――埋め尽くす、魔物と、<闇>――

白の王国と<均衡>の存亡を賭けた最後の一戦の、火蓋が切って落とされた――!>


 …………

 ……


<一方一その頃、黒の王国――>


さあさあ見てって!白との決戦はさておき!

そのあとの時代を生きぬくにゃあ、食うもの食わなきゃ始まらない!

小麦が無理でも芋ならどうだい?ヨソではまず手に入らないよ!さあさあ見てって見てって!

…………

どうだいぞこのお兄さ……!?……って、あんた!?

黒の王子様じゃないのかい!?どうしてこんなとこに!?

自分でも不思議……いや、不審なんだ。

グローザ様といい、王子様まで戦力から外すってのは……

……王子様!まさか、叛逆でも!?

はは、そんなことは……

……いや、どうだろうな……

おだやかじゃないですな!もし王子様の世になったら、税をもう少し軽くお願いしますよ!

ははは、覚えておくよ。

しかし、供の者もつけずに、市場を散策ですかい?こりゃまたどういったワケで?

特には……ただ、民の暮らしを、この目で見たくて。

どうぞどうぞ!ムサくるしいトコですが、こんなもんならいくらでも!

やはり、生活は厳しいのか?

まあ、兵隊さんたちはもっと大変でしょうからね。

いや、本当に辛いのは、それを支える人たちだよ。

もったいないお言葉で。ですが存外、あたしらは普段と変わりもしないですよ。

勝てば、楽になるんでしょう?だったらそれまでの辛抱ってだけでさぁね!

そうだな……楽になればね……

なるでしょう?天にも領土が増えるってことだ。

そんな簡単なことではないと思うけど……

それもそうか。白の王国の名産物なんか、聞いたこともないものなあ。

連中、何食ってんですかね?味がしねぇ草とか?

普通だよ。……まあ、ちょっと薄味だった気はするけど。

そりゃあいけねえ!塩ですよ、塩!塩のあるなしが戦争の要!

こりゃもう勝ったも同然ですなぁ!

ははは……


あーっ!あのひと、知ってるー!

知ってるー!おうじさまだー!

おうじさま!こんにちはー!

こんにちは。

こらこら、まとわりつくなって。王子様、お忙しいんだぞ?

そんなことはないよ。おいで。

わーい!

ねえねえ!戦争、勝つー!?

こら、そんな言葉づかいは!

別にいいって。というか、人のこと言えたっけ?

これは失敬……

ぜったい勝ってねー!

お母さん言ってたよ!そらのしま、おせんたくのじゃまだって!

勝ったらお母さん、よろこぶよね!きっと勝ってねー!

……ああ、きっと勝つよ……

王子。よろしいでしょうか。

なんだいあんたたちは?人の店の前で、何も買いもしないで?

りんごを三つだ。これでいいな?

へい、まいど!お代は……

王宮にツケておけ。

な、それはないって!

この兵士さんたち……怖い……

やるかー!?

やらん。用があるのは王子だ。

ご足労、願えますな?

用件は?

ただ、お呼びせよとだけ。

…………

……なんで、こんな、殺気立ってるんです……?

……さあな……

ごめんよ、もっと遊びたかったんだけど、もう行かなくちゃ。

えー!?

……大丈夫なんですかい?

どうしておうじさまを!?やるかー、こらー!

やらん。が、あと一度言ったら、やるぞ。

!!

……行くしかないさ。

……ご無事で……

ありがとう。

行こう。

恐れ入ります。

<丁寧な言葉とは裏腹に、物々しい武装の兵士たちが周囲を何重にも囲む……>

王子をお連れしろ!

…………


TOP↑

story23 後継者



!?お前はっ……!?

ひでぇじゃねえか。何もぶった斬るこたねぇだろ。

仲間だと思ってたんだがなぁ?

……呆気なさすぎるとは思っていた……!

たりめぇだろ。俺だって後継者の一人だ。それも――

おめぇよりも遥かに、<魔>に寄った、な……!

……どういうつもりだった……

あ?

なぜ、<光の王>を狙った!?

それが王の望み、ひいては黒の王国の意思だろ?何言ってやがんだ?

むしろてめぇがなんで止めたんだよ?

――と、言いてぇとこだが、実はあれで良かったんだよ。

なに……?

<光の王>ったって、実態はタダの小娘さ。

ああやって揺さぶってきゃあ、すぐに迷いが生まれる。

そしたら屁でもねぇ。同じくらいの力を持つ者同士がやりあえば、折れねえ方が勝つのか道理さ。

……それも、王の策略か……!

馬鹿にしすぎなんだよ、どいつもこいつも、陛下を。

より大きく生きようってする本能があるからこそ、智恵が生まれたんだろうが。

馬鹿なのは、馬鹿にしてるおめーらさ。

……よくわかった……!

だからこの場で粛清しようと!

この状況でまだわかんねえアホがいるか。イキがんなや。

ま、でも……アレだな。暗黒騎士のアホなんかも、このことは知らねえがな。

なんだと……!?

俺は王の思考がよくわかる。<闇>にどっぷりだからな。

もしかすると、俺を生んだのがそもそも王かもしれねぇ。まあんなこたどうでもいい。

おめえやグローザを遠ざけたのも、白に転ぶ危険性があったからよ。

白に……?

比喩表現だ、本気にすんなバーカ。ちょっと使い辛ぇってだけの話だろーが。

つっても、誤解すんなよ。<闇の王>が本気になりゃあ、てめえなんぞただの小石だ。

――聡明なあの方は、それにも油断しねえってだけのことなんだよ!

!!

もういいだろ!?やんぞぉ!

……思い通りにさせるか……!

お前らのやり方は、間違っているっ――!



TOP↑

story24 導き



うぉおおおおおおおっーー!

っ!!

<裂帛の気合とともに振り下ろした刃が、アデルを頭頂から一直線に斬り下げる!>

……悪く思うな…………もう、こうするしか……

……く……くくくく……!

……?

こんなわかりやすく、逆転出来るわけねぇだろ……

なに……?

なんで俺が一人なんだよ、明らか時間稼きじゃねーか。

!!

戦力の大部分は空にある。当然、<闇の王>も。

光が揺らいだ白の王国なんざ、いつまでもつ?いや、いつまでだってもたねーね。

王が始祖のルーンを取り込めば、全ての空間が黒く染まる……!

<均衡>が崩れる……となりゃあ、この世はオシマイさ。誰一人、生き残りゃしねーよ。白も、黒も、ぜーんぶ、な……

なんだと……!?<闇の王>は、天を征服し、全てを安息の闇に包もうとしていたんじゃないのか!?

その説得力について、考えたことねー奴を、本当のウスラ馬鹿野郎と呼ぶ。

じゃ……一足先に、行ってるぜ……アンソクの、闇の中にな……

<皮肉めいた笑顔を残し、アデルは消滅した……>

……くっ……!

遠ざけたのは、こういうことか……

<天は高く、白の王国は、遠い。>

白だけじゃなく、黒も……!全てを滅ぼそうだなんて……!

じゃあ、信じていた民たちは一体なんだったんだよ!?

王だからって!たった一人に、そんな権利が有るわけないだろ!

<……対策は打たれていた。声を届けようとしても、もはや決して間に合わない。

ヴァルアスをはじめとする、同じ黒の民たちにも――

――いつか並び立とうと誓った、<光の王>アイリスにも――>

……<闇の王>め……!

誰も手の届かない空の上で……

全ての命のこれからを!勝手に決める気なのかよ!!!!

<いくら叫ぼうとも、この時この場で、打つ手は消えた。>

……くそっ……!

こんな地の底からは、届かない、間に合わないっ……!

<がっくりと、膝を突いた――

――その時――>

!!

力が――!?

一体、どこから……?

<それはまるで……虚空に突如、扉が開き――

そこから流れ込んでくるような、『ここ』には『無い』力――

――それと――>


…………(ちがう)

……!?

誰……?

…………

……?

いや……今は、それより……!

<――力が発現する――>

この力が……あれば……!

<誰よりも、何よりも速く、彼女の元へと、駆けつけるための――

その力は――>

間に合ってくれ……!

――アイリス――!

<黒の王子としてのものか……主人公自身のものか……

それとも、また別の何かの――>





back top next



コメント (ゼロ・クロニクル Story3)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ