Gamerch

【黒ウィズ】ルナリィ・ヘレラ

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ルナリィ・ヘレラ






ウィズセレ



……どこまでも続く、深く、広く、そして重たい――「黒」。

ルナリイ・ヘレラは今、そんな空間にいる。

自分が止まっているのか、前へと進んでいるのか……それすらもわからない。

彼女は自分の体を見ようとするが、闇よりも暗い光なき『黒』の中で、それは叶うべくもない。

……そもそも私は立っているのだろうか? 座っているのだろうか?

どうやら体の感覚まで、この『黒』は私から奪ってしまうらしい。

――遠くの方で何かが光った。

「……あっ! 母さんのマフラー!?」

彼女は反射的に手を首にやる――。

柔くて、暖かくて、優しい匂いのするマフラーの感触を、しかし彼女は感じることが出来ない。

「待って!」

泳ぐ様に、あがくように、彼女は感覚のない足を必死に前へ動かした――。

次の瞬間、彼女の体が落下する――。

「……っ!」


彼女は長い、長い落下の中で、視界が血の色に染まっていくの感じる。

そして彼女は目覚める。仄暗い森の中で。


「……また……同じ夢……。

大丈夫……。体も、母さんのマフラーも、ちゃんと……ここに、ある。それに……これも……。」

と、彼女は傍らに置かれた魔剣を手にとって立ち上がる。

「……先に、進もう。」



TOP↑

story2



暗く深い森をひとり、ルナリイは行く。

幼い頃に、母を魔物によって奪われた彼女は、その仇を追って旅をしている。

母親だけではない。魔物はルナリイの住んでいた村ごと焼き払い、彼女から全てを奪った。

『……オマエに私を使うだけの決意があるの?』

初めてその魔剣に出会った時、封じられていた“彼女”はルナリイの心にそう問いかけた。

「……私にはもう何もない。ただ、母さんの仇を討つことが出来れば……それでいい……。」

『……私の力を使えば、オマエの願いは叶うだろう。ただし、それには代償が伴う……。

……私を使う度に、オマエは少しづつ人ではなくなっていく……。魔に近づいていく……。

……仇を討つ頃には、オマエ自身がすっかり魔物になっているかもしれない……。

「……構わないわ。」

『……分かった。私がオマエの剣となろう。』

そして彼女は、躊躇なくその魔剣を手にした。

以来、ルナリイは数え切れないほどの魔をその剣で斬ってきた。

そして今夜も――。



TOP↑

story3



「……また、違ったか……。あの魔物は……母さんを奪ったアレは、こんなに弱くない……。」

魔物を切り伏せたルナリイは、そう言って魔剣についた血を払った。

「うぐっ……!」

瞬間、剣を振るった右の腕が疼いた。

魔剣がまた少し、彼女を魔物へ近づけたのだ。

疼きは、彼女の中の『人』と『魔』がせめぎ合う結果として顕れる。

ここまで戦ってこられたのは、間違いなく魔剣のおかげだ。

魔剣の力は圧倒的で、年端もいかぬルナリイは、魔物狩りの名手として名を知られる様になった。

しかし同時に、彼女の中の『魔』は、確実に大きくなり始めていた。

「……次の魔物を……探そう……。」

右腕の疼きを振りきって、ルナリイは歩き出す。

魔剣を携えた彼女の孤独な旅は続く。

母を奪った魔物を討つその日まで……。

あるいは――彼女が魔物と成り果ててしまうその日まで……。





人物紹介
画像説明
ルナリィ・ヘレラ
クラヴィル・スティ cv.石川界人


~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (ルナリィ・ヘレラ)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ