Gamerch

【黒ウィズ】続 超魔道外伝 Story

最終更新日時 :
1人が閲覧中
続 超魔道外伝



アリエッタ編



「アリエッタがいるにゃ。」

ウィズの言葉に振り返ると、そこには確かにアリエッタがいた。

彼女は、荷車みたいなものを引いていて、どこかへ行く途中のようだった。

アリエッタ――せっかくなので、君はそう声をかけた。

「……はい?」

「……別人にゃ。」

顔はそっくりだけど、アリエッタよりも身長が高く、髪色も少し違うような……。

間違えました、と謝罪して、君は歩き出す。

「キミ、人間違いなんて恥ずかしいにゃ。」

恥ずかしいことは間違いないけど、でもアリエッタだと最初に言ったのはウィズだ。

だけど世の中には似た人がいるつて聞くし、別段おかしなことではない。


「……というようなことがあったにや。」

「へえ……ああ、でも最近、私も似たようなことがあったわね。

アリエッタに似てる人がいて、野菜をのせた荷車を引いていたの。」

もしかしたら同じ人かも、と君は呟く。

「珍しいこともあるものね。」

「ごめんください。」

「……にゃ!?」

ついさっき町中で見かけた女性が、君たちの前に現れた。

「……アリエッタ、じゃないわね。」

「うちの妹をご存知のようだったので、今、どこにいるか聞こうと思って……。」

「……い、妹?」

「失礼しました。私、ミリエッタ・トワと申します。妹のアリエッタがいるような気がしたので、この町に来てみたのです。」

「そ、そういえばアリエッタが、お姉ちゃんがいる! って言ってたわ。」

君とエリスは慌てて挨拶をする。

「エリスさん。存じあげております。よく妹が手紙であなたのことを盲いているので。」

「そ、そうでしたか……。」

エリスもどう接すればいいのかわからない、そんな表情を浮かべていた。

いや、警戒しているのだろうか?

だってアリエッタの姉である。

アリエッタの、姉である!

「地方で両親と農業を営んでおりまして、お野菜がとれたのでアリエッタのために持ってきたのです。」

「……なるほど。

あの子、たまに大量の生野菜を一気に食べるから、あれ?頭がおかしくなったのかな?と思っていたけれど、理由があったのね……。

「お近づきの印に、はい、どうぞ。トワ農業のお野菜は、甘くて美味しいですよ。

トワ農業……。

「アリエッタとは全く違うにゃ。

「トワ農業の販路拡大のためにハーネット商会と提携しまして、最近では全世界に展開しているんです。

ソフィ・ハーネットさんはご存じですか?

「アリエッタもソフィも、今はいないにゃ。」

「……うーん、そうですか。残念ですね。」

アリエッタの姉――失礼ながら、話をしてみるとそうは思えなかった。

物腰は柔らかく、落ち着いている。

「アリエッタは、皆さんに迷惑をおかけしておりませんか?」

「あ、ええっと……まあ、うーん……そんなことは、な、ない、ないですよ……。」

目が泳いでいるどころか、今まで味わわされたことを思い出して、顔が青ざめている。

エリスは絶望的に、嘘をつくのが下手だった。

「仕方ありませんね。妹が戻るまで少し待つことにします。

私が来るというのに、待つこともできないなんて、あの子はまだまだ子どもですね。」

「あらかじめ行くって言ってたのかにゃ?」

「姉妹なら言わずともわかるでしょう? 私はアリエッタのいる場所が感覚でわかりますよ。」

「……ん、何かおかしな展開になってきたわね。」

君も全く同じことを思った。

「……失礼ですが、魔法でこちらまで?

「生活に必要な魔力はありますが、トワ家は、なにぶん魔法がからっきしで。

魔法をあんなに使いこなせるのは、アリエッタだけですね。

「……アリエッタの田舎って、海を2つ越えて、山を10も越えた、そのさらに奥って聞いてたわ。

「じゃあ、どうやってここまで来たにゃ?

あの子にお野菜を届けるのが、私の趣味なのです。そのためなら、海も山も一一歩いて越えますよ。

「超人……。」

魔法を使えなくとも、アリエッタに似た、スケールの大きさを感じさせる部分があった。

もしかしてアリエッタのご両親も……。

いや、考えるのはよそう。

何もかもを超越した人のことを理解するのは、きっと無理だろうから……。

「魔道士さんには、とても憧れますね。あの子の話、聞かせていただいてもいいですか?」

「……ええ。アリエッタならお昼すぎには戻るでしょうから。」

そう言って、アリエッタの姉とともに、エリスが歩き出した。

アリエッタの持つ謎が、また増えてしまったようだった……。




TOP↑

エリス編



TOP↑

story3



TOP↑

story4



TOP↑

story5



TOP↑

story6



TOP↑

story7


コメント (続 超魔道外伝 Story)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ