Gamerch

【白猫】ガールミーツSHARK Story1

最終更新日時 :
1人が閲覧中


2019/08/13


目次


Story1 <鮫宮>へご案内

Story2 ようこそ!

Story3 シャークなバカンス

Story4 おばあちゃん

Story5 KANIKAMA


TOP↑

story1 <鮫宮>へご案内




あるところに、『泳ぐ古代遺跡』の調査にやってきた、ひとりの探検家がいました。

「月刊ミューの編集長もびっくりね!」

バカンスで遊びに来ていた少年少女たちもいました。

「バナナボート! トロピカルドリンク! そしてビーフ!」

みんなでわいわい騒いでいると、遠くのほうから声が聞こえてきました。

「しゃう~~~~~!」

見ると、サメの子どもがいじめられているではありませんか。

一行は、すかさず助けに行きました。

サメの子どもは、なにかお礼がしたいといい――

一行を<鮫宮>へと招待したのでした。


「まさか……メッサーくんのお家って……」

「フィオナさんがいってた……泳ぐ古代遺跡?」

「ぎにゃーーー! 食べられるーーー!」



ガールミーツSHARK



とうちゃく~!

超たのしかったな!

超こわかったわよ!

未知の遺跡、未知の歴史!サメ酔いも一気に吹き飛んだわ!

メッサーくん、一体どういうことなの?

なにが?

あなたのお家が、泳ぐ遺跡だなんて!

なによこれ、どうなってるの? 海水はどこへいったの? どうして空気があるの?

ふふっ……ふふふふふ! 何もかもわからないわー!

あのね、<鮫宮>はね、この世の楽園なんだ。

さ、ぼくのヒレについてきて!

……楽園、ね。

……どこが……?

ホントに楽園なら、バアさんになっても居座ってやるっつの!



サメ遺跡を進む

まって、メッサーくん!

みんな、いくわよー!

へいへーい。


ここが鮫宮ね……

美術品、ないかな……?

どこからどう見ても……

普通の遺跡ですね。

ふむふむ……なるほど……

……ふふっ……




TOP↑

story2 ようこそ!


この建築様式……ふふっ、なるほど……

まったく見当がつかないわ。

美術品を発見できれば、なにかわかるかもですが……ガレキばっかりですね。

ついた! ここからさきが<鮫宮>だよ! みんな、心のじゅんびはいい?

いつでも。

ひらけ、サメー!


なっ……

ようこそ、<鮫宮>へ!

「「「なにこれー!?」」」

よくぞおいでくださいました!

ど、どうも……

メッサーを助けてくださいまして、まことにありがとうございます。

お礼に、是非ともみなさまをおもてなしさせてください。

ちょ、ちょっと待ってください!なんですか、ここは!?

メッサーから聞いておりませんか?

この世の楽園……<鮫宮>でございます。

これ……マジで古代遺跡か……?

違う世界に来たみたい……

私どもオトサメ族の夢の結晶でございます。

オトサメ族……? 聞いたことないわね。

このような見た目ですが、恐がらないでいただけますと幸いです。 

(……半獣と似たようなものでしょうか?)

(こんなにかわいい子が、将来はサメ人間に?)

(生命の神秘ですね……)

じゃあ、この泳ぐサメ遺跡も、オトサメ族の……?

ええ……先祖は偉大でございました。


<フードシャークコート>では、得もいわれぬごちそうをご賞味いただけます。

お……おい……見ろよ、あれ……

霜降りのお肉が、山のように積まれてます……!

ご希望の料理などございましたら、なんなりと申しつけください。


こちらは<シャークリゾート>でございます。

<シャークビッグブール>に<ギガシャークスライダー>、<マウンテンシャークスパ>に<鮫宮の湯>など、様々なプールや温泉をお楽しみいただけます。

た……楽しそう……!

煌びやかな光と音による、<ナイトシャークショー>も見ものでございますよ。

…………


いかがでしょう? 私どもの街は。

争いもシャクレもなく、平和で満ち足りた生活を送ることのできる世界。それが<鮫宮>なのでございます。

シャクレってなによ。

まさに楽園! パラダイス! あたし、超気に入った!

でも、食べものとかすごく高そうだわよ。おかね、たりるかしら……

みなさまからお金をいただくなど、とんでもございません!

え、じゃあ……ぜんぶタダってことですか!?

もちろんでございます。<鮫宮>の食と娯楽を、心ゆくまでお楽しみください。

うっひょーーーーー! ビーフ! ビーフ! 霜降りビーフゥ~~~!

ねえ……どう思う?

ギガシャークスライダーは乗っておきたいですね……!

いや、そういうことじゃなくて……

(ちょっと、おかしくない? いくらなんでも――)

リルテット。アンタを誘ったとき、教えたわよね。

社会人たるもの、バカンス中はバカになるべし――

あっ……

フゥ~~~~~~!

ほらほら、みんなも!

じゃ、じゃあ……お言葉に甘えまして……

遊びましょうか!



魅惑の楽園

私はさっそく調査をするわ!

フィオナさん、おともします!

ほら、ビーフ食いにいくぞ!

もう……

メッサーくん一緒に遊ぼ?


見どころがいっぱいね!

ビーフ! ビーフ! ビーフ!

そんなに急がなくても……

まずはどこに行こうかな?



TOP↑

story3 シャークなバカンス




フィオナさん!美術品を発見しました!……サメの形をした陶器です!

見事な縞模様ね。

ふむふむ……釉薬(ゆうやく)の表情が実にソフトです。おそらく灰釉(かいゆう)でしょうか。

……飴釉(あめゆう)のようにも見えるけど?

あれ……というか、見る角度によってぜんぜん違ってきません?

……本当だわ。なにこれ、まるで統一性がないわね……

うーん、これは難問ですね。有機物を詳しく分析できればいいのですが。

専門の機関に持ち込まない限り、それは無理な話ね……

…………

……


あ~!マジでうまかったな、ビーフ!

はぁ……

おーい、リル。いいかげん、テンションあげてけって。

リル……

あたしのこともシャルって呼んでいーんだかんな♪

じゃあ……シャル。あんまり、サメ人間に心を許さないほうがいいと思う。

おっ!<マッサージサロン・ミス鮫宮>だってよ!いってみようぜ、リル~♪

ちょっと……


では、施術を始めますね~♪

わ、私はいいって……

いーからいーから♪

あっ……

あぁ~……


…………

……


ひゃっほーー!<ギガシャークスライダー>、さいっこー!

シャルロットさん!スピード出しすぎでは~~

スリルがあっていいだろー!

ありすぎです~!

き、気をつけてくださいねー!

あんなに飛んだの、はじめてじゃないかな……

……でも、とっても楽しそう!

……私も、乗ってみようかな。

ふふ。リルテットも、なんだかんだいって楽しんでるじゃない。

フィオナ、いつの間に。……調査は?

小休止よ。……ん~!このトロピカルドリンク、信じられないほどおいしいわ!

あー、楽しかった!もっかい行こうぜ!

わ、私は遠慮しておきます~。

……じゃあ、私が。

メッサーくん、私たちも乗ろっか♪

いってらっしゃーい。


…………

……


<ナイトシャークショー>、すごかったですね!

目がチカチカする……

……地上はもう夜なんですよね?

ここにいると、時間の感覚がわからなくなってくるわね……


今度はダンスショーが始まったわ!

シャワイアンダンスっていうらしいわよ……もぐもぐ……

おーーーい!あっちでマグロの解体ショーがはじまったぞー!

なんですって!?見にいくわよ、 主人公!

あの……みんな。なあに?

ぼくといっしょに遊んでくれて、ありがとう。

お礼なんていいんだよ。お友だちなんだから。

お……おともだち……

<メッサーはサメザメと泣いた。>


泣くことないでしょ……

……いままで、たくさんのにんげんを連れてきたけど……

みんなが、いちばんやさしいよ……

ちょっと待ってメッサー。……私たちが初めてじゃないの?

ぼく、すぐにいじめられちゃうから……

助けてくれた人を、そのたびに?

…………

あ、あのね、みんな――

メッサー。

……ちょっと、いいかな?

う、うん……みんな、またあしたね……

……?


鮫宮で遊ぼう

マグロを食うべー♪

ほんと、よく食べるわね……

まだまだ調べ足りないわ!

私は温泉にいってきま~す。

あ、それなら私も!


マグロ、うみゃー♪

うみゃー♪

リルテットさんも、温泉いきます?

……いこっかな。

いざ<鮫宮の湯>へ!



TOP↑

story4 おばあちゃん



おはようございます。ゆっくりお休みいただけましたか?

ベッドがふかふかすぎて、溶けるかと思いました。

よーし、今日も食べて飲んで遊ぴまくるぞーっ!

ねえ、そろそろ帰らない?

なぬ!?

もう、じゅうぶんもてなしてもらったでしょ。

そうですね……あんまり長居するのも、ご迷惑になりますし。

迷惑などでは決してございません!みなさまは、メッサーの恩人でございますから。

ほら、サメたちもこういってるし、もうすこし遊んでいきましょうよ。

……アタシ、まだ<スペースシャーキット>に乗ってないもの!

だよなー! じゃ、朝メシお先ーっ!

私は先に帰る。日の光を浴びたいし、友だちに手紙も出したいから。

……そういえば、フィオナはどこにいったの?

一睡もせずに、あちこち調査してるみたいです。

……外の世界は、苦しみや悲しみに満ちております。

……?

そのような世界に戻る必要などないのでは?

あなた方には。この世の楽園<鮫宮>で、何にも煩わされることなく、末永く幸せに過ごしてほしい……

私どもはそう考えております。

ちょっと極端じゃない?

メッサーも、みな様とずっと一緒にいることを望んでいますよ。

…………

ねえ、メッサーくん。また戻ってくるから。ね?

みんな、あのね……

……?

<鮫宮>はね――!

メッサー、ちょっとこっちに来てくれるかい?

外の空気を吸ったせいか、昨日から調子が悪いようで。

なにかいいかけてたけど……

<鮫宮>はいいところ、帰る必要なんてない。……そんなところでしょう。

ほんとうにそうかしら?なんだかシャク然としないわ。

シャハッ!

……

失礼しました。

どうしても出ていかれるというなら、止めはいたしません。

……ですがひとつ、問題がございます。

みなさまは、こちらでお食事をなさいましたね?

はい、お腹いっぱいいただきました。ごちそうさまでした。

実は、<鮫宮>の食べものを口にしたまま地上に出てしまうと、肉体と精神が急激に老化していってしまうのです。

……はい?

得も言われぬ極上の昧を追求した結果でございまして……まことに申し訳ございません。

えっと……なにいってるの?

外に出た途端、あっという間に年老いてしまうということです。

はぁっ!?ふ、ふざけないでよ!


一応、回避する手段はございます。

もう一度、外界の食べものを摂取すればよいのです。

ごめん、全然わかんない。だいたい、ここの肉とか果物とか、地上から持ってきたものじゃないの?

いいえ、すべて<鮫宮>で生産されたものです。

それはすごい……って、すごくない!どう考えても不可能では!?

と、とにかく、何かないのですか!?

外の食べものは一切ございません。

じゃあ、出られないじゃないですか!

ですから、ずっと<鮫宮>にいてくだされば良いのですよ。

外に出たら……おばあちゃんに……

…………


「リルテットさーーーん! おかえりなさ――」

「ただいま、じゃ……」

「…………」

「……わからんか? わたしじゃ、わたし……フェネット……リルテッカ? どっちじゃったかの……?」


無理。

どなたか、外の食べものを持っていればいいのですが……

ごめん、私はなにも……

同じく……

……シャルロットさんとフィオナさんにも、聞いてきます!

……あっ!




二人はどこかな

えーと、確かお二人は……


……鮫宮は本当に広いなあ……

……迷子になりませんように。



TOP↑

story5 KANIKAMA



フィオナさん、ちょっとお聞きしたいことが――

ちょうどいいところに来たわね。これを見なさい。

……あらっ!なんて美しい宝石なんでしょう!

ふふっ……私の見解だとね……


……シャルロットさん、ちょっとお聞きしたいことが――

ちょうどいいところに来たな! 朝風呂いくぞ!

えっ?

温泉入って、牛乳飲む! ビアにも至福の時間ってやつを教えてやんよ!


遅くなってすみません! 二人とも、なにも持ってないそうです!

ずいぶんとホカホカじゃないの。

宝石にもくわしくなりました!

食べもの、アイリスさんたちが持ってるみたいですよ。

……そうなんですか?

キャトラのカニカマ好きが幸いしました。

<アイリスは、ポケットから小さな容器を取り出した。>

食べたいというので、持ってきてたんです。

主人公のポッケにも入ってるわよ。

はあ……よかったです!

……あの、少々よろしいですか?

その……実は私ども、カニカマを食したことが一度もなく……

……ははーん。なんだかんだいって、興味があるのね?

一切れぐらいなら、あげてもいいわよ!

ありがとうございます!ただ、他の住人の目もございますので……場所を移動してもよろしいでしょうか?

こっそり食べたいわけ? おぬしもワルよのー。

では、こちらへ……


…………

……


歳を取る、ね……楽園に住む代償といったところかしら。

この<鮫宮>……楽しいは楽しいけど、うさんくさくない?

何か裏があるでしょうね。一族の住処というよりただのリゾート地だし。

住人たちもどこかヘン。ひとり残らず全力でもてなしてくるんだもの。

思えば私たち、ちょっと歓迎されすぎですよね……

閉鎖的な街なのに、何でもありすぎるのもおかしい。

冷静になってみると、おかしなところだらけですね……

……早いとこ、ここから出たほうがいいかもね。

なら、まずはカニカマよ。……キャトラたちは?

住人の方と、どこか別の場所に……



出しなさーーーい!

……強力な魔術がかけられているみたい。

ちょっとサメたち!どういうことなのよ、これは!

…………

……ちょっと? ちょっとーーーーーー!



これじゃ興ザメ

ぎにゃー! 閉じ込められたー!

どうしましょう……







back next





~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー全話

コメント (ガールミーツSHARK Story1)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ