Gamerch

バトルについて

最終更新日時 :
1人が閲覧中

細々とした情報を掲載しています。

ゲームの目的

一対一で対戦をし先に相手の基地のストレングスを0にし破壊した方が勝利です。


ターンの流れ

  1. 「ターン開始時」の効果発動(建造物等)
  2. 味方ユニットが1タイル前進する→前進先に敵ユニットがいる場合は攻撃
  3. 行動
  4. カードプレイ
  5. カードのリプレース
  6. ターンエンドボタンを押す
  7. 相手のターンへ

また、コンシード(投了)やプレイ履歴の閲覧、エモートなどはどのタイミングでも出来る


マナなどについて

先手後手

ゲーム開始時に先手後手が決まる

先手は初期マナが3、後手は初期マナが4


マナの増減

ゲーム中、ターンが進むごとに使用できるマナの数は1づつ増えていく。

後半になればなるほど、大型のカードや小型のカード複数を出しやすくなってくる


マナが増えるのに限界は無い模様

おそらくあったとしても対戦中に目の当たりにすることは無い


カード

カードの種類

ユニット

 タイルに配置し、移動し攻撃したりするこのゲームで最も基本的なカードです。


建物

 タイルに配置することで防御したり、毎ターンの効果を得ることが出来るカードです。

 ユニットと同じようにストレングスを持ちますが、スピードは持たず、移動もしません。


スペル

 プレイすることで何かしらの効果を発揮するカードです。

 

 ターゲットを選択するモノとしないモノがあり、選択する場合はそのターゲットにプレイします。


カードの表記

マナコスト(カード上部の数字)

カードをプレイするために必要なマナの数です。

マナがこれに満たない場合はそのカードをプレイ出来ません


ストレングス(カード左下の数字)

ユニットと建物が持つ、体力兼攻撃力です。

戦闘するときに、敵味方で引き算し、0になった方は破壊され、残った方は引かれたストレングスでボードに残ります。


スピード

ユニットが持つ数値で、そのカードをプレイした時にタイルを移動する数です。

0であれば移動せず、2であれば2マスのタイルを進むことが出来ます。


ユニットは自分の開始ターンでも動きますがその場合はスピードにかかわらず”前方に1タイル進みます”


能力

カードには能力を持つモノがほとんどです

多彩な能力があるので確認しましょう


プレイ時のユニット移動のルール

スピード値に基づく移動可能範囲に敵ユニットがいない場合、前方へ進む。


移動可能範囲内に敵がいる場合、攻撃を仕掛けにそちらへ向かう。

攻撃の優先順位は「上→右→左」の順。*1


移動途中で死亡し破壊されればそれ以上動く事はなく、攻撃し死亡する前のタイルまでしか移動できない(相打ちの場合でも同じ)


スピードが2以上の場合も上記のルールで動く。

また、死亡時の効果などで移動中のユニットの隣に敵ユニットが現れても、引き寄せられず当初の動き(プレイした時のアイコン)でユニットは動く


「攻撃」とは

「そのユニットが動いて敵ユニットと重なった時」を指す。

なので馬上槍試合のチャンピオンのような「攻撃する前に」という効果は、敵ユニットが移動して来て重なった時には発動しない。


前線

前線とはユニット、建物をプレイできる範囲です。

一番先頭のユニット、建物の居る列が前線になります。


カードプレイの影響

ユニットをプレイするとき、前線を超えてユニット、基地をプレイすることができません

また、敵基地に隣接したマス(自分=最上段、敵=最下段)にはユニット、基地をプレイできません。

また、ユニット居ない場合でも自軍の基地に隣接したマス(自分=最下段、敵=最上段)にはユニット、基地カードをプレイすることができます。


前線を上げる

自ターンの場合、最前線のユニットの移動に伴ってリアルタイムで上がる。

なので前線が一番下の場合でも、スピード2→スピード1→スピード2と3体のユニットで無理矢理前線を押し上げて敵基地に突撃することができる。


前線が下がるタイミング

「相手ターンの間」リアルタイムで下がる。

逆を言うと、ターン開始時の移動により最前線ユニットがいなくなっても前線は下がらない。

相手の前線を叩きたい場合は自ターンの内に行おう。


手札

手札は最大4枚で基本1ターン4枚までカードをプレイ出来る

ターン終了時に4枚になるように手札が補充される。


デッキ切れは存在せず、同じカードは他のカードを使っていく内に手札に再び戻ってくる。


リプレース

自分のターン中、好きなタイミングで1ターンに1回、手札のカード1枚をデッキに戻し1ドローが出来る。


次のターンに使わなさそうなカードはどんどんチェンジしよう。

ドロー能力

略奪者などのドローの効果を使えば5枚以上のカードを使用することが可能だが。

手札が最大4枚なのでそれ以上はドローしないことに気をつけたい。


「周辺」「隣接」などの範囲の用語

「移動する前のタイル」が基準になっている。

 いずれの場合でも効果の中心は範囲に含まれない。

隣接

 隣接はその効果を使うユニットから上下左右に繋がった最大4マスのタイル

 基地の隣接はプレイヤーは最下段、敵は最上段のタイル

周囲

 周囲はその効果を使うユニットから上下左右、斜めに繋がった最大8マスのタイル

隣接、周囲のその他

 一部ユニットは"攻撃した敵に隣接するタイルに..."と言う効果を持つ者も居ますが基本的なルールは前述と同じです

ボード

 ゲームのボード4x5タイル全ての範囲です。

 一部のカードがこの範囲で効果を発動することがあります。


能力の発動タイミング

プレイした時

 最も多いタイミングで、手札からユニットをプレイする、群れの女王でサテュロスを出した場合に発動します。

 一度きりの効果のため、プレイ後は実質能力無しと同じ扱いになります。


攻撃した時

 敵ユニットにこちらから攻撃した場合に発動する能力です。

 ターン開始時の移動で攻撃しても発動しますが、敵から攻撃してきた場合は発動しません。

 赤い剣のアイコンで判別できます。


ダメージを生き延びたとき

 この能力を持つユニットがダメージを受け、生き残るるたびに発動する能力です。

 盾のアイコンで判別できます。


死亡した時

 この能力を持つユニットが死亡したときに発動する能力です。

 ドクロのアイコンで判別できます。


自分のターン開始時

 自分のターンが開始した時に発動する能力です。

 この能力はイーボンロックの砦以外の建物が持つ能力です。

 またドクターミアを使用することでもこの能力は起動します。


対戦中の制限時間

1ターンは80秒。ターンエンドを押さずに制限時間が来ると強制的にターンが終了し、次のターンは時間制限が短い状態で始まる


エモート

画面左の吹き出しアイコンから対戦相手に向かってアイコンを飛ばすことが出来ます


カード履歴

プレイしたカードの履歴を見ることが出来ます。

敵味方共同で新しい順5枚記録されます


投了(自分で敗北)の方法

画面右上の旗ボタン→投了 を選択。

その場で自分の負けとなり、バトルが終了する。


脚注
  • *1 敵は下→左→右

コメント (バトルについて)

新着スレッド(Stormbound: KingdomWars 日本語Wiki)

注目記事
ページトップへ