Gamerch

【FGO】ギルガメッシュの評価とステータス

最終更新日時 :
1人が閲覧中

FGOのアーチャークラス、ギルガメッシュのキャラページになります。相性の良いサーヴァント・概念礼装やステータス、最終再臨絵など掲載していますのでぜひご覧ください。

ギルガメッシュ

ギルガメッシュのステータス

ギルガメッシュ

サーヴァント名ギルガメッシュ
クラスアーチャー
評価
初期HP1,920
初期ATK1,897
最大HP13,097
最大ATK12,280
カード構成スキル:Q/A/A/B/B
宝具 :B

ギルガメッシュのスキル

保有スキル

スキル1カリスマ A+
味方全体の攻撃力をアップ(3ターン)
スキル2黄金率 A
自身のNP獲得量をアップ(3ターン)
スキル3コレクター EX
自身にスター集中状態大を付与(3ターン)

【強化後】
バビロンの蔵 EX
自身にスター集中状態大を付与(3ターン)
&NPを増やす

宝具

対界宝具エヌマ・エリシュ

天地乖離す開闢の星

敵全体に強力な[サーヴァント]特攻攻撃
[特別な星の力を持つサーヴァントには特攻無効]<オーバーチャージで特攻威力UP>

【強化後】
自身に宝具威力アップ状態を付与(1ターン)
&敵全体に強力な[サーヴァント]特攻攻撃▲
[特別な星の力を持つサーヴァントには特攻無効]<オーバーチャージで特攻威力UP>

クラススキル

スキル1
対魔力 E
自身の弱体耐性を少しアップ(10%)
スキル2
単独行動 A+
自身のクリティカル威力をアップ(11%)
スキル3
神性 B
自身に与ダメージプラス状態を付与(175)

ギルガメッシュの強い点/弱い点

  • 強い点
  • 弱い点

ギルガメッシュの運用方法


再臨/スキル強化に必要な素材

  • 再臨に必要な素材
段階必要な素材QP
1段階・アーチャーピース×510万
2段階・アーチャーピース×12
・蛇の宝玉×6
30万
3段階・アーチャーモニュメント×5
英雄の証×29
・竜の逆鱗×2
100万
4段階・アーチャーモニュメント×12
・竜の逆鱗×4
・蛮神の心臓×5
300万
  • スキル強化に必要な素材
Lv強化素材Lv強化素材
2・弓の輝石×5
・QP×20万
7・弓の秘石×12
・蛇の宝玉×4
・QP×500万
3・弓の輝石×12
・QP×40万
8・蛇の宝玉×8
虚影の塵×12
・QP×1000万
4・弓の魔石×5
・QP×120万
9虚影の塵×36
・蛮神の心臓×10
・QP×1200万
5・弓の魔石×12
英雄の証×15
・QP×160万
10・伝承結晶×1
・QP×2000万
6・弓の秘石×5
英雄の証×29
・QP×400万

相性の良いサーヴァント/概念礼装

  • 相性の良いサーヴァント

再臨画像

ネタバレがあります。
タップで画像が開きます。

初期第2段階
初期第2段階
第3段階最終再臨
第3段階最終再臨

プロフィール

声優(CV)関智一
ILLUST武内崇
性別男性
属性混沌・善
出典シュメール文明、 ギルガメシュ叙事詩
地域バビロニア、ウルク
  • パラメーター
筋力B耐久C
俊敏C魔力B
幸運A宝具EX

マテリアル

以下ネタバレがあります。


紀元前、シュメールの都市国家ウルクを治めていた半神半人の王。

伝説だけでなく実在したとされる、人類最古の叙事詩『ギルガメッシュ叙事詩』に記された王。


  • 絆Lv.1で解放

身長/体重:182cm・68kg

出典:シュメール文明、ギルガメシュ叙事詩

地域:バビロニア、ウルク

属性:混沌・善  性別:男性


  • 絆Lv.2で解放

性酷薄にして無情。

人の意見を聞き届けず、己の基準のみを絶対とする暴君。

華美きわまりない黄金の甲冑を誇示し、ありあまる財宝を湯水のように放出する破格の英霊。

一人称は『我』と書いて『オレ』と読む。


  • 絆Lv.3で解放

○神性:B(A+)

最大の神性適正を持つのだが、本人が神を嫌っているのでランクダウンしている。

三分の二が神、三分の一が人という高い神格を持ち、この世で彼に敵う存在はなく、この世のすべてを手に入れた超越者として完成している。


  • 絆Lv.4で解放

『王の財宝』

ランク:E~A++ 種別:対人宝具

ゲート・オブ・バビロン

黄金の都へ繋がる鍵剣。空間を繋げ、宝物庫の中にある道具を自由に取り出せるようになる。

使用者の財があればあるほど強力な攻撃となる。

今作では通常攻撃の一つとして使用する。


  • 絆Lv.5で解放

『天地乖離す開闢の星』

ランク:EX 種別:対界宝具

エヌマ・エリシュ

メソポタミア神話における神の名を冠した剣、乖離剣エアによる空間切断。

数ある宝具の中でも頂点の一つとされる、“世界を切り裂いた”剣である。


  • 「値するもの」をクリアすると解放

ギルガメッシュは財宝のコレクターでもある。

“地上の宝はすべて集めた”彼の口癖だが、それは比喩でも何でもない。

彼は彼の時代において発生した、あらゆる技術の雛形を集め、納め、これを封印した。

『人間は愚かだが人間が生み出す道具、文明には価値がある』とは本人の弁。


  • マイルーム特殊ボイス発生

絆礼装/バレンタイン礼装

  • 絆礼装

,150,絆礼装)


  • バレンタイン礼装

,150,バレンタイン礼装)

ギルガメッシュの幕間の物語

値するもの

ギルガメッシュ「これが大聖杯とやらの末路か。

        ―――フン。酷い結末を迎えたものよ。」

       「話を聞いたかぎり、首尾良くいけば

        多少なり成果の残る儀式であったろうに。」

マシュ「……あの。

    ギルガメッシュさんは、大聖杯をご存じなんですか?」

ギルガメッシュ「――――――。」

マシュ「す、すみません……

    わたしなんかが話しかけるのは不遜、でした……」

ギルガメッシュ「よい。貴様はデミ・サーヴァントであろう。

        ならば許す。だが次からは王と呼べ。」

マシュ「は、はい!

    でで、では、今後は英雄王と呼称します!」

Dr.ロマン「おやおや。おっかない古代ウルクの王が、

      マシュには優しいんだね。」

     「あれかな。なにか思うところがあるのかい?」

ギルガメッシュ「魔術師。いや、ドクターを名乗っていたな。

        では医師とだけ呼ぼう。」

       「未来の医師よ。

        貴様らカルデアとは何だ。」

       「デミ・サーヴァントだけではない。

        そこな未熟者も無理がすぎる。」

       「未完成の戦士と

        半人前にすらなっていないマスター。」

       「このような組み合わせで、

        本当に人理を保障する気があったのか?」

Dr.ロマン「これは手厳しい。けどボクだって断腸の思いなんだ。

      そうだよね、プレイヤー君/ちゃん?」


選択肢「1:他にマスターがいないんだ

    2:半人前でも戦うしかないんだ」


共通

マシュ「センパ……いえ、マスターの言う通りです。

    わたしたちに不満があるのはわかります。」

   「ですがカルデアにはもう他に戦える人がいません。」

   「わたしたちはこの戦いで

    成長するしかないのです、英雄王。」

ギルガメッシュ「やむを得ず戦う、か。ものは言いようだが、

        その覚悟があるのならこれ以上は問えぬな。」

       「人間とは自分に益がある事にのみ

        才覚を発揮する生き物だ。」

       「プレイヤー。マシュ。この戦いのどこに

        己の益があるのか、せいぜい見極めるがいい。」

       「だがその前に、我(オレ)の益を保障してもらおうか。

        そうでなければ我は貴様らの敵に回るぞ。」

マシュ「て、敵ですか!?

    せせ先輩、英雄王さんの益って何でしょう!?」

   「財宝? やっぱり財宝でしょうか?

    でも、わたしたちに彼を満足させられる財宝なんて……!」


選択肢「1:うん、こっちが欲しいぐらいだ!

    2:助けて、ドクター!」


共通

ギルガメッシュ「そう取り乱すな。貴様らに財など求めぬ。

        貴様らに求めるのは、アレだ。」

魔物「FUUUUuuuuuuu―――」

マシュ影のサーヴァント……!?

    囲まれています、マスター!」

ギルガメッシュ「我(オレ)が呼び寄せた亡者どもだ。

        プレイヤー。こやつらで貴様の真価を計る。」

       「勝利は当然だが、圧倒的に勝てとは言わん。

        せめて面白く勝て。それが貴様に求めるものだ。」

Dr.ロマン「なんだ、ようはマスターの腕試しか。

      そういう事なら遠慮はいらないな。」

     「プレイヤー君、マシュ

      キミたちの力をそこの王様に見せつけてあげなさい。」

     「ああ、もちろん英雄王への指示も忘れずにね。

      キミは今、彼のマスターなんだから。」


選択肢「1:は、はい……!

    2:もちろん、バリバリ命令します!」


共通

ギルガメッシュ「まったく、口の減らぬ医師よ。

        アレが上司では気苦労が多かろう、プレイヤー。」

       「だが真実を口にする。

        いかに未熟であろうと貴様は我と契約した(男/女)。」

       「我(オレ)を畏(おそ)れ、敬(うやま)いながら、

        契約者としての責務を果たすがいい!」


戦闘開始/終了


ギルガメッシュ「こんなところか。いつか在ったかもしれぬ

        聖杯戦争を生き抜いた気分はどうだ?」


選択肢「1:今のが聖杯戦争……?

    2:十分に堪能しました……」


共通

ギルガメッシュ「よしよし。我(オレ)も少しは愉しめた。

        貴様らの足掻(あが)く様はよい暇潰しになる。」

       「それこそが我(オレ)の益と知っておけ。

        あくまで、今のところはだがな。」

Dr.ロマン「ふーん。英雄王は人間嫌いなのかい?」

     「プレイヤー君/ちゃんもそうだけど、

      人間には守るべき価値はないと?」

ギルガメッシュ「阿呆か貴様。好きも嫌いもないわ。

        単に、人間には価値がないだけの話だからな。」

マシュ「はい……?」

ギルガメッシュ「貴様らも覚えておけ。人間に価値はない。

        だが、人間が作るものには価値がある。」

       「我(オレ)が愛するのは成果だけだ。

        それをゆめ忘れず、考える事だな。」

Dr.ロマン「……なるほど、そういう王のワケか。

      コイツはまた付き合い辛い英霊だなあ。」

     「でも強力なサーヴァントである事は確かだ。

      彼の力は最後まで頼りになる。」

     「大変だろうけど、がんばってねプレイヤー君/ちゃん。

      英雄王の手綱は任せたよ。」


選択肢「1:は、はあ……

    2:自信ないなあ……」


共通

マシュ「ファ、ファイトです、先輩!

    わたしも及ばずながらフォローしますね!」

フォウ「フォウ、フォウ。」


コメント (ギルガメッシュ)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ