Gamerch
ポケモンカード攻略Wiki

【ポケカ】サーナイトexのデッキレシピと回し方【ポケモンカード】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ポケモンカード(ポケカ)の「サーナイトex」のデッキレシピと回し方について解説しています。サーナイトexデッキの値段や対策などについてもまとめています。

サーナイトexのデッキレシピと回し方

サーナイトexデッキの基本情報

TierTier1~2
価格約6,000円
デッキ難易度★★☆☆☆
サーナイトexデッキの簡易評価
・サーナイトexの特性で中盤以降の安定感が高い
・ミュウツーやこくば等強力なアタッカーの相方が存在する
・アヤシシVやガラルフリーザーなどの詰め性能や対応力
・霧の水晶やいにしえの墓地など超タイプならではの強み
・サーナイトex準備までの間が不安要素

エネルギー加速によるサポートが強力

ミュウツーこくば

サーナイトは特性によってトラッシュの超エネルギーを好きな回数自分の超ポケモンに加速できます。

自身の他にもミュウツーや黒馬など、優秀なアタッカーに加速して火力を出せるほか、サーナイトのHPが高く簡単に倒されないため、サーナイトまで辿り着ければほぼ永久的にエネルギーに困らないのが大きな強みです。

エネルギーをトラッシュできるカードを採用

キルリアゲッコウガブロロローム

サーナイトの特性でエネをトラッシュした分加速できるため、エネをトラッシュする手段も重要になります。

自身の進化元である「キルリア(リファイン)」や、かがやくゲッコウガ、ブロロロームなどデッキの動きを補強しながらエネをトラッシュできるカードが高相性です。

サーナイトexのデッキレシピ

※発売前のため、環境を想定した仮リストを掲載しています。
 発売後、大会結果などを元にリストは更新する予定です。

サーナイト単(サーナイトバレット)

デッキコードSMyXUp-8IVBRX-yyMEXy
リスト表示
ポケモングッズ
サーナイトex×2霧の水晶×4
サーナイト
(アルカナシャイン)×2
レベルボール×4
エルレイド
(バディキャッチ)×1
ネストボール×3
キルリア
(リファイン)×3
ハイパーボール×2
キルリア
(ミラージュステップ)×1
ふしぎなアメ×2
ラルトス
(テレポートブレイク)×4
まけんきハチマキ×1
クレッフィ×2
ガラルフリーザー×2
ディアンシー×1
アヤシシV×1
かがやくゲッコウガ×1
サポートスタジアム
ボスの指令×3いにしえの墓地×2
博士の研究×4エネルギー
クララ×2基本超エネルギー×11
モミ×1
ツツジ×1
安定感爆発力対応力使いやすさ
◆各カテゴリーの評価基準 [×<△<〇<◎の4段階評価]
☆安定感...強い動きの再現性の高さ。事故率の低さ。
☆爆発力...ゲームを左右する1撃の強さ。後半の捲り性能など。
☆対応力...メタ性能やメタ対策。多種多様な攻撃手段を持つなど。
☆使いやすさ...デッキの回しやすさ。扱う難易度の高さ。
  • 多種多様なラルトスラインで高い安定感

サーナイトexを含むラルトスラインを厚く採用したデッキタイプです。ミラージュステップキルリアからリファインキルリアの展開や、アルカナシャインサーナイトでも火力が出せるため、ラルトスの進化ラインだけでもデッキとしての安定感があります。


  • アヤシシVによる瞬間火力

後半でトラッシュにエネが溜まってきたら、適当な超ポケモンにエネを加速し、アヤシシVをベンチから出すことでアヤシシにつけるエネ×40点で超火力を出せます。

7枚でVSTARワンパンライン、8枚でVMAXワンパンラインになるため、後半の詰めとして有効です。

サーナイト+ミュウツーVSTAR

デッキコードnLNLLn-HdPAY3-gQPnn6
リスト表示
ポケモングッズ
ミュウツーVSTAR×3霧の水晶×4
ミュウツーV×3ハイパーボール×4
サーナイトex×2レベルボール×4
エルレイド
(バディキャッチ)×1
こだわりベルト×2
キルリア×3空の封印石×1
ラルトス×3エネルギー回収×1
ブロロローム×2
ブロロン×2
ガラルフリーザー×1
ザシアンV×1
かがやくアマージョ×1
サポートスタジアム
ボスの指令×3いにしえの墓地×3
博士の研究×3エネルギー
キバナ×1基本超エネルギー×11
安定感爆発力対応力使いやすさ
  • サーナイトの特性でミュウツーをサポート

アタッカー枠に「ミュウツーVSTAR」を採用したデッキです。ミュウツーは最大3エネで270点の火力を出せる代わりにエネをトラッシュする必要があったため、技を撃ち続けるのが難点でしたが、サーナイトと組み合わせることで、息切れを気にせずに攻撃し続けられます。


  • ブロロロームでエネトラッシュ+デッキ回し

ブロロロームを採用することで、エネルギーをトラッシュに溜めやすくしながらドローでデッキを回せます。

非エクで雪道の影響を受けないため、回答になる張替え用のスタジアムを持ってきやすい強みもあります。

デッキコードkFffVd-gEGfhl-vVVd1f
リスト表示
ポケモングッズ
ミュウツーVSTAR×3霧の水晶×4
ミュウツーV×3ハイパーボール×4
サーナイトex×2ネストボール×2
エルレイド
(バディキャッチ)×2
レベルボール×3
キルリア×3ツールジャマー×1
ラルトス×3こだわりベルト×1
アンノーンV×1エネルギー回収×1
ガラルフリーザー×1
バケッチャ×1
かがやくゲッコウガ×1
サポートスタジアム
ボスの指令×3いにしえの墓地×3
博士の研究×4エネルギー
ツツジ×1基本超エネルギー×11
モミ×1
安定感爆発力対応力使いやすさ
  • かがやくゲッコウガでエネトラッシュ

かがやく枠にかがやくゲッコウガを採用することで、エネルギーをトラッシュに溜めやすくしています。

ブロロロームに比べてデッキスロットが1枠で済むのが大きいですが、他のかがやくを採用できない点や、雪道でサーナイトと一緒に止まってしまう難点があります。


  • エルレイドでサポートコントロール

サーナイトと同じ進化ラインを共有できる「エルレイド(バディキャッチ)」を採用することで、好きなタイミングで好きなサポートを持ってこれるようになります。

博士の研究やボスの指令はもちろんのこと、後半にツツジでのコントロールや、モミ+ツールジャマーで耐久などといった運用も可能です。

各カードの採用理由

カード採用理由/特徴

サーナイト
・特性で2ドロー&エネがあれば加速
・自身にエネを集中させて火力を出せる

エルレイド
・サーナイトexと進化元を共有できる
・サポートサーチでピン刺しのサポートなどを状況に応じて使用できるようになる

キルリア
・1エネの技でキルリアを直接3体出せる
┗リファインを展開して次ターン大量ドロー
・逃げエネが1なのも優秀

キルリア
・現状サーナイトexの進化元一択
・動きのサポートをしつつ、エネを落とせる

ラルトス
・ヤミラミで2体処理されないHP70
・エネを切らずに技で入れ替えられる

クレッフィ
・サーナイトラインは進化後から特性がつくため、自分は影響を受けにくい
・ロスト系へのメタ
・後半出してツツジとの合わせも強い

ミュウツー
VSTAR
・3エネトラッシュで270点
・トラッシュしたエネをサーナイトで再利用
・引き続きVが多いならVSTARパワーも強力

ガラルフリーザー
・120点でベンチにもダメージを出せる
・ミュウツーのVSTARパワーと組み合わせたり、ビーダルを倒して妨害なども可能

バケッチャ
・サーナイトへの雪道対策
・ポケモンのためボール系で持ってきやすい

ディアンシー
・霧水やレベボ対応
・先2でミュウツー等を落とされるのを回避

ブロロローム
・エネ落とし+ドロー
・超は霧水採用でエネを持ってきやすいため、他タイプより特性を起動しやすい
・非エクのため、雪道下でも張替え用のスタジアムなどを持ってこれる可能性がある

アヤシシV
・トラッシュにエネが溜まった後半に一気にエネを集中させて火力を出す
・ザシアンV等より少ない枚数で高火力

ザシアンV
・トラッシュにエネが溜まった後半に一気にエネを集中させて火力を出す
・最悪スタートしても特性が優秀

かがやく
ゲッコウガ
・かがやく枠候補1
・エネ落とし+デッキ回しをサポート

かがやく
アマージョ
・かがやく枠候補2
・サーナイトの自傷ダメージを回復できる
カード採用理由/特徴



基本サーチ系
・基本的な優先度は霧水>ネスト=ハイボ
・ほかの進化ライン採用ならハイボ優先
・霧水のエネサーチの補強としてネストを数枚採用するのがよさそう

レベルボール
・1枚でラルトス&キルリアやバケッチャなどを持ってこれる
・非エク重視の型なら他のボールより優先

エネルギー回収
・手貼り分を回収したり、ブロロロームやゲッコウガの特性起動を狙える

こだわりベルト
・ワンパンラインを上げる
・ミュウツーの打点が270点のため、ギリギリアルセウス等のVSTARをワンパンするのに届かない火力を補強

ツールジャマー
・相手のベルトを無効化してワンパン回避

まけんき
ハチマキ
・序盤にラルトスやキルリアでサイド優勢を取られやすいため高相性

空の封印石
・ザシアンVでワンパン火力を簡単に出せるサーナイトデッキと高相性

いにしえの墓地
・ミラー以外で相手にだけダメージを蓄積
・雪道対策でスタジアムは何枚か採用したい
・ミュウツーの打点を補強
カード採用理由/特徴

博士の研究
・汎用ドロソ
・まとめてエネを落とせるのも高相性

ボスの指令
・フィニッシュ兼テンポ取り

キバナ
・ルール変更で持ってき辛くなったポケモンの道具などをサーチできる

ツツジ
・妨害+捲り
・エルレイド採用型なら必要な時に持ってきやすい

モミ
・サーナイトの特性でトラッシュがデメリットになりにくい
・最大HP-20~60ですぐに復帰できる

採用候補のカード

カード特徴

こくばバドレックスVMAX
・特性が強力な代わりにミュウツーより要求エネが多い+サイドを3枚取られる
・HPが高いのを生かし、エルレイドモミギミックでミュウツーと差別化できそう

ジュペッタex
・サーナイト準備までのターンをグッズロックで稼ぐことができる

ブリムオンVMAX
・サーナイトの自傷ダメを毎ターンブリムオンの数×20点、相手のポケモンに乗せられる
・自身の火力が低い+サイドを3枚取られる

こくばバドレックスV
・相手2匹にダメカン5個ずつ乗せる技で取りこぼし撃破や、ミュウツーのVSTARパワーと組み合わせ

ラルトス
・逃げられなければ技で時間稼ぎ

チルタリス
・自傷ダメージを蓄積して一気に相手のバトルポケモンに乗せ換えられる
・エネをトラッシュに溜める必要がある

アンノーンV
・サイドが一枚になれば実質勝ち
・スタートで出してしまうリスクがある

かがやく
サーナイト
・かがやく枠候補3
・特性はもちろん、サーナイトexから加速して自身も火力を出せる
カード特徴


入れ替え系
・自傷はあるものの、サーナイトの特性で逃げエネを用意できるため重要度は低め
・ブロロローム採用型なら数枚採用したい

VIPパス
・ラルトスやブロロンなどをまとめて展開できる

ロストスイーパー
・雪道対策

未開の祭壇
・トップ確認&ワンチャンエネトラッシュ

ポケストップ
・道具回収&ワンチャンエネトラッシュ
・ポケモントラッシュが怖い
カード特徴

セレナ
・フィニッシュ兼デッキ回し
・環境を見てボスと枚数調整

クララ
・手貼り分を回収したり、ブロロロームやゲッコウガの特性起動を狙える
・ザシアンVなど途中で落ちたフィニッシャーを回収

ジニア
・特にブロロローム採用型の場合は進化ラインが増えるので採用価値あり

ピオニー
・ブロロローム採用型なら手札のエネトラッシュしながら霧水サーチ→超エネサーチからブロロロームでエネ落としの動きが可能

ジャッジマン
・妨害+必要カードキープ

サーナイトexデッキの回し方

サーナイトex(+ミュウツー)の主な流れ

主な立ち回り
ミュウツーVでスタート
重要エネをトラッシュしながらデッキを回す
サーナイトの特性とミュウツーで火力を出す
ザシアンVなどのサブアタッカーで詰める

スタートポケモンについて

先行ならミュウツーVスタートがおすすめです。

VSTARが2エネで火力を出せるため、サーナイトに頼れない1~2ターンの間でも手貼りで火力を出せます。

自分が後攻で相手が2ターン目に220点出せるデッキならミュウツーを倒されたくないため、ラルトスなどを前に置いてテンポを取られないようにするのも重要です。

ディアンシー活用で相手の先2対策

ディアンシーを採用しているなら、準備ができるまでバトル場に出しておくことでボスの指令対策も可能です。

レベルボールや霧水で持ってこれる点や、逃げエネをサーナイトで即再利用できる点もかみ合っています。

ベンチを展開をしながらデッキを回す

先行1ターン目展開例

3ターン目にサーナイトを用意できるように、ベンチにラルトスやブロロンなどの進化元を展開していきます。

サーナイトの準備までにラルトスやキルリアを倒されてしまうのが弱点のため、2体以上はベンチに進化ラインを用意しながら立ち回りましょう。

エネルギーをトラッシュしながら準備

先行2ターン目展開例

2ターン目にキルリアやブロロロームを進化させてデッキを回しながら、手貼りでミュウツーを動かしていくのが理想です。この動きでは最大でも180点しか出せないため、進化前にダメージを与えておくか、相手の動きになるビッパなどを倒してテンポを取りましょう。

手貼り用をキープしつつエネをトラッシュ

ハイパーボールキルリアブロロローム

手札トラッシュがコストのカードは、エネを優先してトラッシュしてサーナイトの特性を利用しましょう。

ただし、サーナイトを用意できるまでは手貼りでエネを貼っていくしか攻撃手段が無いため、序盤は手貼り用のエネをキープするのも重要です。

サーナイトでエネルギーを供給しながら攻撃

3ターン目以降の盤面例

3ターン目以降からはサーナイトの特性でエネ供給には困らなくなります。ただし、エネ加速をサーナイトに頼りきってしまうと自傷ダメージ分で倒されやすくなるため、相手の打点を見つつ、手貼り+サーナイトの特性+(アマージョ特性)などの組み合わせでできる限り攻撃を耐えれるようにするエネ加速も必要になります。

エネ加速対象はバトル場のミュウツー以外でOK

ミュウツーの技で捨てるエネは、場のポケモンの誰でもいいため、ベンチのサーナイトやキルリアなどに貼ることでミュウツーに自傷ダメを乗せずに火力が出せます。

ミュウツーにはできる限り手貼りで技使用分の2エネを貼り、サーナイトの特性で加速するのはベンチのポケモンにする立ち回りがおすすめです。

サブアタッカーに加速で勝負を決める

サーナイトを出した後は、トラッシュにあるエネルギーをほぼ無制限で加速できるようになるため、サブアタッカーも動かしやすくなります。

トラッシュにエネルギーが溜まっているほど高火力を出せるザシアンVや、ベンチ狙撃もできるガラルフリーザー、サイドが残り一枚なら直接勝ちになるアンノーンVなどを活用して勝負を決めに行きましょう。

アヤシシVorザシアンV+空の封印石でサイドを獲得

  • アヤシシVのワンパンライン
エネルギー状況ダメージ
超エネ7枚40×7=280ダメージ
超エネ8枚40×8=320ダメージ
超エネ9枚40×9=360ダメージ
  • ザシアンVのワンパンライン
エネルギー状況ダメージ
超エネ7枚60+30×7=270ダメージ
超エネ8枚60+30×8=300ダメージ
超エネ9枚60+30×9=330ダメージ

空の封印石でVSTARパワーを使用し、アヤシシVやザシアンVに一気に加速して相手のVSTAR、VMAXを倒すことでサイドを+1枚多く取得することができます。

空の封印石は他のVに貼り、アヤシシやザシアンにはこだわりベルトを付けて火力を伸ばすこともできます。

サーナイトexの対策方法

悪技でワンパンする

サーナイトは悪弱点のため、悪タイプの技で160点以上出せばワンパンすることができます。

サーナイトは1度倒されると2進化のため、再度用意するのが困難なので相手の動きを止めやすいです。

進化前のラルトスやキルリアを倒す

サーナイトに進化される前のキルリアやラルトスであれば、ベンチ狙撃系の技でも簡単にワンパンできます。

サーナイトの進化ラインが1体しか展開されていなければ、ボスなどで呼んで倒すのも有効です。

雪道でサーナイトの特性を止める

頂への雪道でサーナイトの特性を止めることで、トラッシュからエネ加速が行えなくすることができます。

ただし、ブロロローム採用型であれば、特性からスタジアムを引いてきたり、バケッチャで破壊される可能性があるため、複数枚の雪道を採用していないと完璧な対策手段にはなりにくいです。


コメント (サーナイトexのデッキレシピと回し方)

新着スレッド(ポケモンカード攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる