Gamerch

Revolve Act -S-【リボルヴ】最初の進め方まとめ

最終更新日時 : コメント(0)

他のTCG・DCGとの違いを知ろう!

Revolve Act -S- (以下リボルヴ) は「ハースストーン」や「シャドウバース」を始めとした多くのデジタルカードゲーム(以下DCG)とは大きく異なる点が多い。

以下のページにリボルヴの特徴をまとめたので一通り目を通してみよう。

Revolve Act -S-【リボルヴ】の特徴


リセマラをしよう!

リボルヴにはカード毎にレアリティが設定されており、レアリティはN、R、VR、LEの4種類がある。

レアリティの高いカードほど強力な効果を持っているため、できるなら始める段階でLEカードを1枚は持っておきたい。

ただLEの出現率はわずか1~4%ととなっており普通にやっていては手に入らないこともある。

そのためゲームを本格的にプレイする前にリセマラを行うことを推奨する。

効率的なリセマラ方法やおすすめのカードはこちらのページにまとめてあるためこちらを参考にしつつリセマラをしてみよう。


デッキを組んでみよう

リボルヴにおいてデフォルトで用意されているデッキはさほど強くない。

ストーリーモードでの勝利を盤石にしたり、ランクマッチでの勝利を目指すために自分だけのオリジナルのデッキを構築してみよう。

デッキ構築のやり方にはいる前にリボルヴのデッキの基本を説明していく。

1デッキは20枚

1つのデッキに投入できるカードの枚数は20枚ちょうどである。

20枚に満たなくても20枚を超えてもそれはデッキとして対戦に利用することができない。

また同名カードはレアリティによらず各3枚までとなっている。

そのためデッキを組むときはただ強いカードを投入するのではなく、なんらかのコンセプトを考えそのコンセプトに沿ったカードを入れていくとよいだろう

パートナー別のスキルや特殊能力、構築制限は存在しない

多くのDCGに存在しているパートナー別の特殊な効果やデッキにいれることのできるカードの制限等は存在しない。

そのためパートナーは見た目やボイスの好みで決めてよいだろう。

カードの2面性

これはデッキ構築の話から少しそれたリボルヴの特徴になる。

リボルヴの特徴ページで説明しているようにリボルヴのカードは状況に応じてアニマとしてもアシストとしても利用ができる。

だからといってアニマ、アシストいずれでもそこそこな性能を持つカードだけを投入してもなかなか勝つことができない。

デッキを組む際には各カードをアニマとして使うのか、アシストとして使うのかをおおまかに決めておくと運用がスムーズに進むだろう。


リボルヴにおけるデッキ構築の基本的なルールを説明したところで実際にデッキを組んでみよう。

まず初めてのデッキを組む際にはリセマラで手に入れたLEカードを主体、エースとしたデッキを組むのがよいだろう。

例えば最初のLEカードとして煉獄王イフリートを手に入れたのなら火属性の低レアでイフリートにバフをかけることのできるマッチ売りの少女ブーストパンダジャックランタン等と組み合わせてみるとよいかもしれない。

このように引いたLEカードをエースに、相性のよい低レアカードを補助に組み合わせていくとランクマッチで通用するデッキが完成する。

低レアリティでもかなり使いやすいカードや強力なカードは多いので探してみるとよいかもしれない。


リボルヴのコンテンツ

リボルヴのコンテンツとしてはソロプレイの「メインストーリー」・「パートナーストーリー」、マルチプレイの「ランクマッチ」・「ルームマッチ」などがある。

マルチプレイをするためには探偵団レベルといういわゆるランクを3まで上げる必要がある。

ソロプレイの「メインストーリー」ではNPCとの対戦となり、クリアするとパックの購入に使える「夜光石」や「ガチャチケット」を手に入れることができるためリボルヴを始めて最初は「ストーリー」をプレイしてみるとよいだろう。

以下では各モードについての説明を行っていく。


メインストーリー

ソロプレイのメインコンテンツ。

リボルヴの主人公、三舟ミナトとして少年探偵団の仲間とともにカラス男の謎を追っていく。

ストーリー毎にNPCとの対戦が用意されていて初めてクリアする際にカードパックの購入に利用できるアイテム「夜光石」や「ガチャチケット」が手に入る。

序盤はNPCも強くないためリボルヴをはじめて最初はこのモードをプレイしつつリボルヴの基本的な動きやシステムを覚え、カードプールを増やしていくことになるだろう。


ランクマッチ

リボルヴに限らず多くのDCGのメインコンテンツであるモード。

リボルヴではランクが以下のように分かれている。


GOD

MASTER帯

VETERAN帯

ACE帯

HOPE帯

ROOKIE帯


GOD以外の各ランク帯はそれぞれS~Dの5段階(MASTER帯のみA~Dの4段階)に分けられており、プレイヤーは計25ランクの中の最高位であるGODを、そしてそのGODランクの中でポイントを最も稼ぐことで到達するGOD1位を目指していくことになる。

ランクマッチではリアルタイムでオンライン上にいるランク帯が近い他のプレイヤーとマッチングして対戦していくことになる。

対戦に勝利するとランクポイントが手に入り、ポイントに応じて自身のランクが上昇したり、ゲーム内アイテムを手に入れることができる。

ランクマッチの連勝数が増えると一回の対戦で手に入るポイントも増え、負けてもポイントの減少はない。

もし負けが続いたとしてもランクが下がることはないため安心してランクマッチに挑もう。

ランクマッチには通常1ヶ月程度の開催期間が設定されており、その期間が終了すると期間中に手に入れたポイントがリセットされる。

ただしランクは完全にはリセットされず、直前の開催期間のランクに応じてスタートするランクが決まる。

直前の開催期間の最終ランク開始時のランク
GOD ~ MASTER CMASTER D
MASTER D ~ VETERAN CVETERAN D
VETERAN D ~ ACE CACE D
ACE D ~ HOPE CHOPE D
HOPE D ~ ROOKIE DROOKIE D

パートナーストーリー

個性豊かなキャラクターを深く知ることができるストーリーとともにNPCとの対戦が設定されており、勝利すると「夜光石」やカードなどの報酬を得ることができる。

また最初から利用のできるミナトを除くキャラクターをパートナーとして使用するためには各パートナーストーリーの一つ目をクリアする必要がある。

ジュンさんレッスン

リボルヴの基本的なルールを教えてくれるモード。

課題をクリアするごとに夜光石がもらえるため積極的に挑戦しておくとよいだろう。

AIバトル

自分のデッキが実戦で使用できるかを確認するためにAIと対戦ができるモード。

マニアック・ハード・ノーマルの3段階があり、マニアックはとても強い。

ルームマッチ・フレンドマッチ

ルーム番号やフレンド機能を利用して友達と対戦できるモード。

ここでの対戦はランクマッチにカウントされないため心ゆくまで友達との対戦を楽しむことができる。

コメント (Revolve Act -S-【リボルヴ】最初の進め方まとめに対して)

Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ