Gamerch
白黒wiki

【白猫】ガレア(ラッキー2)・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中


ガレア・アリスイ cv.津田健次郎
黒い翼で不運を奪う、幸運の神。
マールの成長を見守る。

2020/09/30


飛行島の思い出 
その他関連ストーリー関連キャラ

Lucky Chance Again ~幸運の在処~

TOP↑

思い出1



じゃまするぞ。

ガレアさん、いらっしゃ――

うおっ。

<唐突に足元を横切ったウリ坊に、ガレアはつまづいた。>

だ、大丈夫ですか……

そんなことより、どうして子供のイノシシが!

これは、ありえないような現象……つまり……

俺の<不運>が招いたものだ。

それって……

<奇跡の御所>でのー件で、俺はマールに<幸運>を分け与えた。

その反動がこれだ。

心配するな、ブロウ。運には流れというものがある。

確率は収束する。この<不運>も、いずれは平らかになる。

今を耐え抜けば、必ず<幸運>は訪れる。つまり、当たり前の状態だ。

ならいいけど……

ところで、あれは?

俺のバイクだ。ここに来る前に故障してな。

これがー番の<不運>かもしれん。

こんなときくらい、じっとしてなさいよ。事故ったらどうすんの?

急ぎの用があったんだ。結果、遅れてしまったが……

そんなに大事な用が……?

ああ、限定のお菓子を買う。というな。

はい?

マールはあのとき、死の淵を彷徨ったんだ。

すっかり回復はしたが、念には念だ。もうしばらくは、家で大人しくするように言ってある。

あの自由奔放な子が、そんな約束を守れるの?

もちろんそこは、ギブアンドテイク。俺はある条件をのんだ。

なるほど、それがお菓子。

……そういうわけで、俺はこれから街に行く。

すまんが、バイクはここに置かせてくれ。

待ってください!私たちもついていきます!

どんな<不運>が待ってるか、わからないものね。

……巻き込まれても知らんぞ。


TOP↑

思い出2



それで、限定のお菓子を売ってる店はどこよ?

わからない。

はあ!?

地図を落とした。まさか、ポケットに穴が空いていたとは……

<不運>だわ……

これからどうするのよ?

人に聞く。


ヘイ、そこのマダム。ちょっといいかい?

ノリ軽っ……

wなんザマス?

ひとつ、お尋ねしたいことが……ん?

服にトンボが止まっている。

 この展開は、もしや……!

wきゃっ!?なにするザマス!

トンボが逃げた。

wあなた今、わたくしを触ろうとしたザマスね!

この痴漢!

誤解だ。トンボが……

 ガレアさん、こっちに!

 逃げるわよ!

wキィ――!待つザマスー!


ハアハア……ここまでくれば……

まったくもって<不運>だわ……

これが冤罪か。

なんで、うれしそうなのよ!?

けっきょく、何も聞けずじまいだったな。

女性ではなく、男性に話しかけるのはどうでしょう?

たしかにそれは安全そうね。

よし、行ってくる。


w……はて?わしになにかようかね?

実は、お菓子屋を探してて……

wおお、さてはお前さん、噂のスイーツ女子ってやつかの。

女子ではない。

wその長い髪でか?

長髪の男もいるだろ。そもそも声だって低い。

wハスキーな声の女子もおるじゃろ。

……そうだが。そんな話はどうでもいい。

wおおそうじゃ。わしとー緒に、スイーツを食べにいくんじゃったな。

なぜそうなる。

 よりにもよって変なおじいさんに……

wこれこれ、どこいくんじゃー逃がさんよ!

は、放せ!

wお、あっちの娘のほうが可愛いの~。

wま、待て……僕は男だ!

来るな――ーッ!!!

あっちの<不運>のほうが上だったみたいね……

<不運>には変わりないよ……

そうでもない。これを拾った。

チラシ?

探してる店はこの先にあるようだ。



TOP↑

思い出3



お菓子屋はもうすぐだ。

みんな、俺の周りを囲んでどうした?

<不運>は必ずおとずれる。だったら、常に警戒していれば……

それを回避できるはず。

無理だ。

なぬぅ!?

目先の<不運>を回避しても、また別の<不運>に見舞われる。

説明するより、見たほうが早いだろう。

どういうことよ!?そして、どこいくのよ!?

あの二階建ての家から、おそらく……

 w_Bさて、洗濯物を取り込んで……あっ。

<おばさんの肘がぶつかり、植木鉢が落下した。>

やはりな。だが――

ぎにゃー!?ガレアにぶつかるー!

ほっ。

かわした!?

そして、ここから――

ガレアの頭上にカラスが!あ、アレを落としてくるわ!

フン!

これも、かわした!?

おっと、バランスが……

ダメダメ!そっちは――


ドブっといったぜ。

カッコつけても、ドブに足を突つ込んでる事実は変わらないわよ!

……というわけだ。

まあ、この程度の<不運>なら命に別状はないがな。

それより、マールのお菓子を買いに行くぞ。


あ、あそこ!行列ができてる!

例の店だ。並ぼう。

ん?俺がどう……

蜘蛛の子を散らすように……

たぶん、その靴が原因ですね……

悪いことをしたな。長時間並んでいただろうに……

でもこれで、並んでるのはアタシたちだけね。ある意味ラッキー?

てことはもしかして、運が収束を……?

限定のお菓子をください。

すいません、先ほど売り切れまして……

なんてこった。

なわけないか……

こ、こちらのお菓子はどうでしょう?当店の人気商品ですけど……

…………

ありったけを箱に詰めてくれ。金に糸目はつけない。

量でごまかす気ね……



TOP↑

思い出4



前が見えん。

箱がでかすぎるのよ。

そんな大量のお菓子、マールさん食べられるのかな……

ー日でペロリだ。

カラダ壊すわ!

そうなる前に、俺が食べてやるさ。

帰り道は、このまま真っ直ぐでいいのか?

そうね。とくに障害物もなく……

 w

犬っ!?

 w_u1オラオラ、どいたどいたー!

その後ろから、バイクに乗った人が!?

なんてスピードよ!このままじゃ犬をはねちゃうわ!

まずい!

<ガレアは箱を投げ捨て、犬に駆け寄る!>

w!?

なにっ?

ガレアにびっくりして犬が逃げたわ!

w_u1な、なんだお前!?そこをどけー!

そのままバイクがガレアさんに――


……あばらがブロークンしたぜ。

大丈夫ですか!?今すぐ治療を……!

俺は平気だ。それより運転手は……?


w_u1急いでんだよ!道を開けろー!アクセル全開だコラーッ!

ん?なんか踏んだ?箱か?

それがどうした!飛ばせ飛ばせー!


運転手なら、ピンピンしてたわ……

そうか。それはよかった。

けど、おかげでマールヘのプレゼントが……

ぐちゃぐちゃに……

起こってしまったことは仕方ない。

無事なお菓子がないか確かめよう。

そうね!あきらめるのはまだ早いわ!



TOP↑

思い出5



困った。

けっきょく、お菓子は全滅だったものね……

そろそろ家に帰らないと、さすがにまずい。

だが、手ぶらでは……

事情を説明すれば、マールさんも許してくれるんじゃ……

それだと、別の問題が生じる。

べつの?

俺が<不運>になったことをマールが知れば、責任を感じるはずだ。

そうなれば、俺のために何をしでかすかわからん。

それでは療養させている意味がない。

ならウソでごまかすしか……

下手な嘘は、かえってマールを怒らせる。

じゃあ、どうすんのよ?

お菓子を作る。限定っぽいのを。

つ、作れるんですか?

作ったことはないが、自信はある。

なんだっていいけど、時間もないし、アタシたちも手伝うわ!

センキュー。


…………

……


ケホッ……

まさか大爆発を引き起こすとは……

私たち、クッキーを作ってたはずよね……?

まぎれもなく、ガレアの<不運>のせいよ!

料理の腕前を運のせいにするな。

運じゃないとしたら、料理の才能ゼロよ!

そんなはずはない。作り直すぞ。

いいけど、もう……

木の陰に隠れてるの、マールさんよね……

帰りが遅いから、探しに来たんだわ……

あ、こっちに気づいた。

でも、ガレアさんは……

まだ焼いてないのがある。型を整えれば……

お菓子作りに夢中で、気づいてないわ……

ヘイ、ブロウ。例のやつを頼む。

今度こそ、クッキーを完成させる。

マールのために。



TOP↑

思い出6



いいぞ、その光をこっちに……

……おい、そっちじゃない。

うへぇ!?なにこれ、まぶしいよ~。

マール!?

主人公、これはどういう……

マール……家にいろと……

ガ、ガレアがわるいんだよ!なかなか帰ってこないから!ふつう心配するじゃん……

……すまない。お菓子が買えなかったものでな。

だからせめて、手作りクッキーを……

いいよもうそんなの……ガレアのその気持ちだけでハッピーだよ。

…………

おかえしに、あたしもラッキーをプレゼントするね。

待て、力は……

まったく……

今のガレアにとっての、<幸運>ってなにかしら……

ん?このエンジン音は……

ガレアのバイクが直ってる!?

故障の原因は、なんらかの接触不良だったのか……?

……それより、これでバイクに乗れる。風になれるぞ……!

すごくうれしそう……

よっほど乗りたかったのね。

ありがとな、マール。

さて、そろそろいい時間よ。

バイクも直ったし、途中までこれで帰るか。

あたしものる~!ふたりのり~!

ダメだ。俺は今、<不運>だ。事故にでもあったら……

なにそれ?だったら、あたしとー緒にいたほうが、なおさらいいじゃん。

あたしといれば、ガレアもラッキー♪

<不運>と<幸運>が、打ち消し合うとは限らないぞ。

もしも、俺の<不運>のほうが勝ってしまったら……

あたしは負けないよ!ガレアをぜーったい不幸になんかさせないもん!

……フン、以前はそういうセリフは俺のものだったのにな……

<ガレアとマールがバイクに乗った。>

いつもー緒だよ、ガレア。

しっかり、つかまってろよ。マール。

 気をつけて帰るのよ~!

グッドラック。






覚醒絵・覚醒画像


幸運の行方を見守る神 ガレア・アリスイ


m






TOP↑

その他



関連ストーリー
画像説明
ガレア・アリスイ cv.津田健次郎
けだるげな幸運の管理者。
ぶっきらぼうだが、根は話せる男。
ガレア(茶熊)
ひとりの学生として入学した幸運の神。
今日も相棒のバイクと共に学園の門をくぐる。
ガレア(ラッキー2)
黒い翼で不運を奪う、幸運の神。
マールの成長を見守る。


コメント (ガレア(ラッキー2)・思い出)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ