Gamerch

【白猫】マール(温泉)・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
2015/11/10

メインストーリー
飛行島の思い出 
その他関連ストーリー関連キャラ


ラッキーを呼び込む天使
マール・アスピシャス
報われない人に幸運を授ける天使。
マール自身も相当な幸運の持ち主。

思い出1



やっほ~みんな~♪ どう? ハッピーしてる~♪

ええ♪ アタシたちは、けっこういつもわりとハッピーよ♪

ひざこぞうとか、すりむいたりしてない?

どこのワルガキよ。

マール。やたらに幸運を与えようとするのはよせ。

だってあたし、ラッキーを届ける天使だもん。

努力したのに報われてなかったら……ラッキーあげなくちゃ!

それがあたしの仕事だもん! 間違ってないでしょ、ガレア?

間違ってはいない。が、いつも言っている通り、それには厳正な審査が必要だ。

う~……わかってるよぅ……

わかっている感じがあまりしない。

わかってるの! ガレアのおこりんぼ!

怒ってもいない。

まぁまぁまぁ。まぁまぁ。まぁ。

……ふふ。お二人は、仲が良いですよね♪

うん……いろいろあったけどさ……

いまのあたしは幸運の天使だから!

先輩のガレアに認められるよう、毎日がんばんなきゃね♪

毎日一緒なのね。なにか面白い話が聞けるかしら?

ガレアはねぇ、最近買った<バイク>がお気にいりなの。

ばいく?

ある島で作られている、二つの車輪で走る機械の馬のようなものだ。

おおっ!? すごそうっ!!

当然だとも……!

自動車もいいがな、風を体で感じられるバイクは、また爽快感が違う……!

うひゃ~♪ いいわね~♪ 乗せて乗せて~♪

それは出来ない。

えぇっ!? どーしてよ!?

自動車に比べると、乗る方にも少し技術を要求するからな……

キャトラは……サイズ的にも、無理があるだろう……

な~んだぁ……がっかり……

じゃあ、ぽっぽに乗せてあげよっか?

え? いいの?

ぽっぽは誰も嫌がらないよ~。 さあ、レッツゴー!

うひょ~い!

いっちゃった……

ブロウ。また世話になる。よろしく頼むゼ……!



TOP↑

思い出2



ぽっぽ~、ぽっぽはぽっぽっぽ~♪

ぽっぽ~、ぽっぽは豆が好き~♪

ごきげんね、マールさん♪

いまはガレアはいないのね。

おでかけだって~。あたしはぽっぽとお留守番~♪

うむうむ、ぽっぽぽっぽ……

じゃないわ!!!

うひゃあ!? 急に大きな声出してどうしたの?

言いたいことがあるからよ!

なぁ~にぃ~?

ぽっぽはね……

ハトじゃないわ!!

なーんだ、それは知ってるよー。霊鳥でしょー?

知っているのなら、そのハト扱いをおよしなさい!

なんで? ぽっぽはお豆が好きなんだもんねぇ?

…………

ほら。

たしかに、そうパクパク食べてる姿には、説得力もあるけれど……

もっといきものを大切に!

してるってばー。毎日ブラシもかけてあげてるし、一緒にお散歩にも行くし。

むむむむ……!

キャトラ……

あたしとぽっぽは仲良しだもんね~♪ ね? ぽっぽ?

…………

あれ~!? どこいくのよー! 待って~!

ふむ……この関係なら、いいのかもね。

どうしてそう思うの?

ぽっぽは自分とマールが対等だと思ってるみたいだからね。

それなら問題ないわ。

(そういうことなのかなぁ……?)



TOP↑

思い出3



……うーん……んぅ~……

あら、今日はぽっぽもいないのね。

うんうんうなって、どうしたの?

ガレアに宿題を出されちゃってさぁ……

宿題?

『あるところにとっても報われない二人がいました。

ですが…一人に幸運をあげると、もう一人が不幸になってしまいます。

どうしたらいいでしょう?』

……だって?

……うーん、それは……

問題がはたんしてるわね!

たとえ話過ぎるわ! この世に、まるっきりおんなじ人なんていないし!

もっと条件がなければ、答えなんて出せないわね! 無理なぞなぞよ!

キャトラ……

ガレアが言いたいのは、そういうことじゃないんじゃないかな~?

……まあね。アタシも本当はそう思うわよ。

……多すぎる幸運がさ……どんな事態を起こすかは、前のことで知ったよ……

……あのとき、あの子たち、食べ物は手に入れたけど、回りの人を不幸にしてしまったものね……

うん……必ずってわけじゃないけど、幸運は偏りやすいらしいから……

でも……だからって、二人とも報われないままなのも嫌だし……

マールさん……

……考えてみると、あたしってとっても偉そうだよね……

え? そんなことないと思うけど?

ううん……だって、あたしの行い一つで、誰かの運命が決まるかもしれないんだよ……

……そういえば、ガレアさんは……

(……選んだのよね。マールさんを。マールさんのお母さんじゃなくて……)

ガレアは……あたしのために、……本当に辛かったと思うけど、決断したんだよね……

もしも……前みたいに、何もわからずにやるんじゃなくってさ。

いまのあたしが……他に、どうしようもなくなったときには……

ガレアみたいに…………傷つく覚悟、あるかな……

……今日はずいぶん真剣なのね。

しっけいだなー! いつだって真剣だよー!

ほらほら。やっぱりマールは明るい方がいいわよ。

でも、宿題……

う~ん、まだ答えは出なそうだし、今考えるのはこのくらいにしとくよ~。

おお!? じゃああそぼ!

うん!

(でも……いつか……)



TOP↑

思い出4



ガレアはわかってないわ。

いきなりなんだ?

世の中ね、アンタみたいに考えるのが得意なひとばっかりじゃないの。

アタシやマールみたいに、おばかもいるんだからっ!

(キャトラ、自分で……!)

ふん……潔いことだな……たしかに、キャトラの言う通りだろう。

だが……必要なことだ。考えるのは、早ければ早いほどいい。

そうかしらねぇ~……?

失敗を繰り返してきた、先輩からの言葉だぞ?

むぅ……

ガレアー!

……どうした?

なんか、胸がチリチリするから、出かけてくるねー!

……ちりちり?

いくよ! ぽっぽ!

…………

相変わらず感覚で生きてるってカンジよね、マールってば。

……不運に気づいたのかもしれない。

へ?

忘れたのか。俺たちは、ある程度<運>の量を感じ取れる。

こう見えても<幸運の神>だからな。

そうだったわね。

……しかし……妙だな……

いや……まさかな……


…………

……


なんか……なんだろ……このカンジ……!

…………

……ぽっぽは、わかるんだね……行かなきゃいけないところが……

…………

うん……お願い……!


TOP↑

思い出5



<マールを乗せたぽっぽは、とある孤島に辿り着いた。>

!!

<そこには、一人の男が倒れていた――>

おじさん! 大丈夫!?

……? 誰だ……?

こんなところに一人で……遭難? 船が嵐にでも巻き込まれたの?

ああ……そうさ…………必死でかき集めた積荷も…………海の底だな……

そんな……! ……あたしのラッキーで、どうにかなるかなぁ……?

……? よくわからんが……船が沈んで、良かったのさ……

え?

運んでいたのは、武器だからな……

……!?

<――相手を選ばず、兵器を届ける<死の商人>――それが男の生業だった。>

……私など、ここで果てるならそれでもいいと思っていた。

……生きて帰れば……私は、人間同士に殺し合いをさせる。

それが私の仕事だ。家族や部下もいる。やめることは出来ない。

…………

私がいなくなっても、戦争がなくなるわけでないが……束の間、休戦は訪れるだろう。

だから……どちらでも良かったのだ。

……そんな……なんでそんなことが……

お嬢ちゃん。人間は、綺麗な仕事だけをするわけではない。

知れば反吐が出るような……そんな職業だって、決して少なくはないのさ……

なんで……どうして……?

さあてね……考えないことにしたよ……私は……

…………

……お行き、お嬢ちゃん。私のことは、見なかったことにして。

そんなこと……出来ないよ……!

……なら、どうする。私は、生きている限り、罪もない人々の暮らしを脅かすぞ!

……!

行け! 行くんだ!




TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



……この光は……?

――あたしは――

……?

みんなが――ハッピーがいい!

みんなみんな――ハッピーがいいの!

お嬢ちゃん……

おじさんは、間違ってないけど……

おじさんがいなきゃいけないこの世の中が間違ってるのッ!!

!!

み~~~んな……ラッキーに、なってよ……!!


…………

……


――ガレア~! はやくはやく~! 追いてっちゃうよ~!

そう急ぐな。物事には適正な速度がある。

だってこれがぽっぽの普通なんだも――!?

ひゃ~! ぽっぽ、そんなにとばさないでぇ~!

…………

……思った以上に、早いものだな……成長というのは……


…………

……


……わかった。国に戻ったら、働きかけてみよう。

他国の戦争で儲ける仕事より……それを減らすための仕事はないか……

……考えてみるとしよう。諦めずに、な……

うん! それがいいよ、おじさん!


よかったね、ぽっぽ! あたしって、ラッキ~♪

……ブロウに感謝しろよ、マール。

あ! ガレア! さっきの光だね! うん! おかげで助かったよ!

いや~、あたしが一番ラッキーだったみたいだね♪あはは、ラッキーラッキー♪


…………

……


「ぽっぽ~~~~! は~や~い~よ~!」

「…………

あの男は本来、考えを変えるような小者ではなかっただろう。

――それを曲げたのだ。マール自身が、幸福になることで――

それが、どれほど多くの人間に影響を与えたのか……

……本当に、とんでもないことなんだぞ、マール……

――幸運の女神、か――

そう呼ばれる日も、遠くないかもな……」

「ガレア―! ぽっぽに怒ってよー!

ぽっぽったら、あたしが嫌がることばっかりするんだよー!」

「……そうか、ぽっぽ。

空には制限速度がないと思いがちだが、実はそうでもなくてだな……」

「え~~~!? そういう怒り方なの~~~!?」

「冗談だ。……まだまだ子供だな、マール。」

「も~! いまに見てろよー!」

「……ああ。お前の成長を、楽しみにしているよ――」




幸せを発信する天使 マール・アスピシャス



TOP↑

その他



関連ストーリー
画像説明
マール・アスピシャス
努力した人間にラッキーを届ける幸運の使い。
言葉にはまだまだ幼さが残る。
マール(温泉)
報われない人に幸運を授ける天使。
マール自身も相当な幸運の持ち主。
マール(クリスマス)
マール(ハロウィン)
黒猫に仮装した幸運の天使。
おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうよ!
聖夜の奇跡・マール編

人物紹介
画像説明
マール(温泉)
報われない人に幸運を授ける天使。
マール自身も相当な幸運の持ち主。


~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (マール(温泉)・思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ