Gamerch

花言葉を伝えて Story【白猫プロジェクト】

最終更新日時 :

ストーリーまとめ


清純と可憐、二輪の花が悲しき運命に挑む――!
2015/05/22


目次


Story1 二人の少女

Story2 スイレンの香り

Story3 まがことを祓う

Story4 誰かのために

Story5 乙女の誇り

最終話 咲き誇れ、この想い


story1 二人の少女


町はずれの路地で、カスミは一人、祝詞をささげていた。

弓士カスミは、神の声を聞く少女である。

凶事<まがごと>のおとずれを神に伝えられ、一人それを祓うため旅を続けているのだ。



かしこみかしこみもうす……

……<まがごと>が近づいてる。それも、とてつもない力の……


「…………これは、ヒガンザクラの香りですね。」


誰ッ!?


…………すみません。街中でお花の香りがしたのでついお声を。

私は フローリア。庭師をしております。


<……少女の目は固く閉ざされていた。>


お花……? あんた、氏神様の神気を感じたの?

私には……草花の声が聞こえるのです。信じてはいただけないでしょうけど。

……声、ね確かに氏神様は桜の神様だけど。

桜の神様ですか……たしかに、長い時の流れを感じる香りでした……

…………わかるの?

ええ。


 ***


……へえ、そんなことがあってなかよくなったのね。

はい……

……いいでしょ、そんな話。

ふふ~ん、スナオじゃないんだから。

それであんた、こんなさびれた島に何の用があるの?

昔、この島に立ち寄ったとき、一人でいたところを魔物に襲われてしまって……

危ないところを、親切な人に助けてもらったの。でもその人。

すぐに行ってしまったから、お礼が言えなくて。

私はその人に、どうしてもお礼がいいたいの。


<フローリアは、美しい花束を手にしていた。>


……いい香りだわ。それに、すごくきれい。

お礼なんて律儀なもんね。

……でも、あんたらしいか。よし、探しましょう。

私たちも協力します。

みなさん……ありがとうございます。

じゃあ、さっさと行きましょ。

カスミったら、ちょっとうれしそうね?


TOP↑

story2 スイレンの香り



……でさ。その人、どんな人なの?

その人からは、やさしいスイレンの香りがしました。

……えーっと……どんな匂いなんだろう……

香水でもつけていたの?

声はどんな感じだった?

……話してはおりません。

私はその人の叫び声と息をする音を聞いたのです。

声が出せなかったの?

そのようでした。声が出せなかったのか、出せない理由があったのか……

それで優しい人だってわかるの?

私のことを、魔物からかばってくれたのです。たった一人で。

それほど強くない魔物でも、群れを相手にするのはキケンだわ。それを一人で……

よっぽど強い人だったんだね。

その人は、私のことを村まで案内してくれたのですが……

何も言わずに、行ってしまったのです。

……いずれにせよ、ワケありってわけね。

そうかもしれない……

確かに、彼の呼吸には憤りと恐れが感じられた。

誰かに追われてたのかも。人に言えない罪を背負っていたのかも。

でも私には、あの人が――悪い人には思えなかったのです。


 ***


人里離れた山野。その中腹に――蠢くものがあった。


それは人ならざる異形の群れ。

耐え難き恐怖と狂気に敗れ、光無き夜にその身をささげしものたち。

蛇の目覚めと共に、彼らもまた……


  ???  

贄ヲ、贄ヲ、贄ヲ……贄ヲササゲヨ!

聖ナル花ノ乙女ヲ……!



乙女を贄と捧げれば、<餓えし太陽>は怒りを鎮めてくださるであろう。

彼らはそのように信じていた。


  ???  

ソノ血ヲササゲヨ……!

オオイナル闇ニ……!


TOP↑

story3 まがことを祓う



<アイリスは、立ち止まった。>


どうしたの、アイリス?

……この感じ……もしかしたら……

……そうね。何かよくないものがこの島にはいるみたい。


<カスミは弓を構え、目を閉じてその弦を鳴らした。>


…………間違いない……この島には<まがごと>をなすものがいる。

まがごと>……<>……が、この島に……

<闇>……みなさんのおっしゃっていた、この世に仇なす存在……

そんな顔しないで、フローリア。

カスミ……

私にとっちゃ好都合よ。

だって私は、<まがごと>を祓うために旅してるんだもの。

当然、この島の<まがごと>も見過ごすつもりはない。

ついでに、フローリアの探し人が見つかるなら、一石二鳥でしょ。

そうよ。その人が危ない目にあってるかもしれないしね。

ありがとう。みんな……

じゃあ、とっととこの島の<闇>を祓っちゃいましょ。


 ***


 イシュプール  

やれやれ……こんなに<>に近いところを、うろつきたくはないんだけど……

でもまあ仕方ないかな?……見逃すことは、できないようだし。


フヒー! ダイチヲケガス<ヤミ>ユルサナイ!


 イシュプール  

わかってるよ。これも神様の役目ってもんだねぇ。

フヒー! メチャクチャハジケル!


TOP↑

story4 誰かのために



冒険家たちは、しばしの急速をとっている。

主人公とアイリス、キャトラは水を汲みに川へ向かった。

カスミとフローリアは、二人で木の根元に座っている。


ねえ、フローリア。探している人に会えたら、何話すの?

えっ……? 私は……お礼をしたいだけ。

花のことを好きな人なら、嬉しいけど……ね……

ね、この花束って、なんの花なわけ?

ホワイトジンジャーなの。

いい香りの花ね。

そうでしょう? 大好きなんだ。

この香りに包まれていると、すごくうれしい気分になるの。

……私には、花の色はわからないから。

そうだったわね。……すごく、綺麗なはな。まるで……

……本当? カスミがそういうんだったら、間違いないね。

……フローリア。ぜったい、その人……探し出そう。

……カスミ、…………ありがとう。


<水筒に水を汲んだ主人公は、川辺から二人を見る。>


カスミったら、フローリアと仲良しなのね。

フローリアさんのために、一生懸命になって……

あの子たちのためにも……ね。

でも、この島の闇は……

確かにそれも気がかりだわ。急いだほうがいいかもね。


 ***


闇の中をうごめくものたちが、奇妙な二人連れを取り囲んでいた。


  ???  

贄ヲ……贄ヲササゲヨ……


 イシュプール  

わかっているよ。心弱きもののなれの果て、なんだね。

フヒー!b<ヤミ>ニ トリコマレル コトヲ ノゾンダ モノタチ!


 イシュプール  

ここは主人公たちに協力するべきだろうかねえ?

…………マテ、イシュプール! コノ<ケハイ>は!


 イシュプール  

――おっとこれは。じゃあ、君もこの島にいるんだね。

地べたを這いずる蛇>。

……いや、君はもう、一皮むけているのかい?

イソイデ<ヘビ>ノモトニ!


 イシュプール  

わかっている。さあ、行こうか。大地の女神の子よ。


TOP↑

story5 乙女の誇り



小さな飛行艇より降り立った男は、花束を手にしている。


  クロー  

……ここにいるのか、アンタは……

……けっ、なんともなあ、手が震えてるぜ。


歌舞伎役者は、白いユリの花束を手にしている。


やっぱりここは……赤いバラにしとくべきだたかねぇ。

だが、なんなんだ。島を覆うこの気配はよ……!


 ***


……この穢れ……この気配……<まがごと>の具現……


  ???  

ミツケタゾ……贄ニ フサワシキ 乙女タチ。

オマエタチノ 命ニヨリ、<餓エシ太陽>ハ サラニ輝キヲ マスデアロウ。


……この気配、これが闇……!

あの時私を襲った気配と同じものです……!

イケニエにささげるですって。

いかにも悪役がいいそうなことね!

……闇……この人たちは……闇に魂を……

……じゃあこいつら、元人間ってことね……!

教えて! なぜあなた達は、闇に……!


  ???  

ワレラハ カツテ トアル神ヲ アガメシモノ。

ダガ 我ラノ カミハ 偽リデ アッタ。

コノ世ニ 神ハ タダヒトツ、ソレハ<黒キ太陽>!

サア 黒キ太陽ニ……ソノ命ヲ ササゲルノダ!


ひめかみ>様、ご照覧あれ。

……これなる<まがごと>は、この私が祓います。

…………私の存在は、貴方方のためにあるのではありません。

花と木と草と……それを愛する人のためにこそ、この命はあるのです。


行こう、主人公!


<……その時、闇の中に……気配が走った。

ひときわ暗く……凄まじい力の奔流が!>



TOP↑

story6 咲き誇れ、この想い



*×○■!&%$…………>


<アイリスは、呪文を詠唱した。光の粒子がうずまき、闇を掻き消していく>


  ???  

オオオオッ……!

ダガ、コノテイドノ 光ナド……


一度は消えた闇は……再び濃さを増していく。

そして闇の中より、おびただしい気配が立ち上る。


……魔物が、蘇っていく……!

ごめんなさい。みなさん……巻き込んでしまって。

いまさら、そんなこと言わないで。

――私たちは友達でしょ。


  ???  

贄ヲ、ササゲヨッ!


も、もうだめーっ!



わずか一瞬……魔物たちは突如現れた影の一撃で、再び暗い霧と化す。


*×○■!&%$…………>



再び、詠唱が鳴り響いた。暗い霧は今度こそ光の中に消えていく。


  ???  

……グオオオオッ!


な、なんなのよこの魔物……

さっきの魔物を食ったの……? なんていう力……!


<その場に、一人の男が駆けつける。>


  クロー  

暫く、暫くゥ!


く、クロー!?


  クロー  

そこのお嬢さん方に手を出すのは、この俺が許さんぜえ!


  ???  

ウ……ウオオオオ……

ウオオオオオオオオ!!


怪物が吠え声をあげると、すさまじい瘴気が発せられる!


私の友達に、手出しはさせない!

…………スイレンの、香り……

ええっ!? ふ、フローリア!?



フローリアは、奇怪なる存在の前に歩み寄り、そのおぞましい異形に触れた。

その身には、幾百もの蛇が蠢いている……



だめっ!フローリア!


  クロー  

はなれろ、お嬢ちゃん!


フローリアさん!

…………あなたがいなければ、私は……

やめて……そいつは……そいつは!!

……カスミ……みなさん……お願いです、私を信じて…………!

フローリア……!!


<フローリアは……ゆっくりと怪物に向けて歩いいく。>


  ???  

グオオオオオ……

グオオオオオオオッ!!


<フローリアは、手にした花束を怪物に渡す。

怪物は……ホワイトジンジャーの花束をつかみ取る。>


  ???  

グォガ……グ……グオオオ……


<怪物は、その身をひるがえし、去って行った。>


いっちゃった!?


…………あの人は……一人で戦っている……おのれの闇と……

なんて……悲しいさだめ。


フローリアは、一人、涙を流す。

カスミはその体を、そっと抱きしめた。





 イシュプール  

……一足遅かったようだねぇ。

フヒー!


ヘンな二人組ね。アンタたち、なにしてたの?


 イシュプール  

ちょっと人を探していたのさ。逃げられちゃったけどね。


そういえば、ヘンなのにあったけど……


 イシュプール  

……闇に破れ、未だ彷徨い続ける地べた這いずりのたうつ蛇。

……君たちが見たのはそんな悲しい存在だったのかもねぇ。


>に呑まれてしまった人……

ということですか。



ごめんね。フローリアのことだけはずっと信じるって決めてたのに。

いいの。……心配してくれて、うれしかった。

……あの人とも、またどこかできっと……

私はあの人に、気持ちを伝えられたから、今はそれで十分。



  クロー  

ホワイトジンジャーの花言葉は……

あなたを信じます』だったか。


ステキな意味ですね。

そんなの知ってたのね。

……ところでアンタその花束は……


  クロー  

あとで教えてやるぜ。今はカンベンしてくんな。



……さようなら。スイレンの人……

私はあなたのことを……信じています。


TOP↑

その他



相関図



ストーリーまとめに戻る

注目記事
ページトップへ