Gamerch

カスミ(茶熊)・思い出

最終更新日時 :

ストーリーまとめ


凛とした図書委員
カスミ・アサミヤ
図書委員長をつとめる黒髪の少女。
静かな図書室で、物語の世界に触れる。


思い出1



<黒髪の弓士。今は図書委員の

カスミは、本を読んでいた。>


何……?


――――。


…………これ?

歴史の本。

なかなか面白いわ。

ドラマがあるのよ。いろいろ。


本は……興味はあったけど、

今では触れる機会がなくてね。

たまたま家で見つけた一冊を、

ずっと読んでいたのよ。


――――?


短歌の本。おかげで内容を

だいたい覚えちゃった。


<カスミは短歌の一節をそらんじた。>


何の歌かって?

……恋の歌よ。

響きがいいから気に入っているの。

それだけ。


作者は紅御前。

鬼だって噂もあるわ。

そんな人なのかしらね?


――――。


何かおすすめの本?

そうねえ。冒険の本とか?


この本とかどうかしら。

内容? それは読んでからの

お楽しみでしょ?


……私の感想は……冒険って、

気にあった人とするべきって

ことらしかね……


読む方は、いろいろドラマが

あったほうが面白いけどね。


大丈夫よ。最後はちゃんと……

ハッピーエンドだから。


――――♪




ハッピーエンド、ね……


<カスミは、書棚にある一冊の

本に目を止めた。>


<タイトルは『桜の宮』――

カスミは何気なく本を手にする。>


……これって……この本って……!

TOP↑

思い出2

TOP↑

思い出3

TOP↑

思い出4

TOP↑

思い出5

TOP↑

思い出6 (友情覚醒)


ゆかしき桜の宮

TOP↑


その他

・メインイベント

・サブイベント

・他


・相関図



Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ