Gamerch

ガルガ・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ガルガ・ドラグ CV:興津和幸
命滅獣を狩る討滅士。豪胆にして不屈。
憎悪を討つは憎悪にあらず。
2019/01/31


メインストーリー
飛行島の思い出 
その他関連ストーリー関連キャラ


思い出1



遠く彼方にあるという、瘴気に覆われた海。

そこに人々を守り戦う、討滅士なる生業があった。

本来ならば、出会うことなどあり得なかった、遥か彼方の戦士が……

奇しき縁に導かれ、今、飛行島に降り立った。



ガルガ・ドラグ。……推参した!

ものすごい気合!!

こんにちは、ガルガさん。

そんな怖い顔しないで、くつろぎなさいな。

この顔は元からだ。

だったわね……

いらっしゃい、ガルガさん。御用はなんですか?

顔を見に来ただけだ。

嬉しいです♪

変わりは無いか。

みんな元気にしてるわ。

何よりだ。

アンタは大丈夫なの?瘴気を取り込まないと調子悪くなるんじゃ。

問題ない。こちらの海の澄み切ったソウルにも、徐々に体を慣らしている。

イカンわ。

何がだ。

もっとリラックスしないと、ソウルに体を慣らすとか、不可能だわ!

ふむ……そうなのか。

さあ全身の力を抜いて!リラックスよ!

力を……抜く……!?

そんなに疑問かしら。

むう……!!

逆に力んでる!!



TOP↑

思い出2



力を抜くか……難しいものだな……

力を抜こうとして、逆に力むとは……

すまん。

いいんです。

俺は昔からそうらしい。気を張ってないと、逆に疲れる。

なんぎな性格だわね。

そういう質だ。

ところでアンタ、冒険家を続けてるんだって?

<ガルガは、冒険家ギルドにも縁があった。>

ギルドの者たちが立て続けに依頼をくれてな。

おかげで生活の足しになっている。

そうだったんですね……

だが、依頼ばかり片付けているわけにもいかん。

アンタの故郷の瘴気を浄化する方法、探してるんでしょ?

まだ決め手になるものは、特定できていない。

だがこちらの海には、ルーンを使った様々な技術がある。

きっと、いい方法が見つかりますよ。

そう思いたいがな……

責任感強いのね。

俺の命は、多くのものたちによって救われた。

ならば報いを返したいと思うのは、当然だろう。

誰かが誰かに借りを作るのは当然だわ。

借りたものが、大きすぎる。

数多くの討滅士が、若くして死ぬ。

永らえた者も、討滅の器になるか、それとも獣になるかだ。

俺は宿命を先延ばしにした。

だからこそ戦う義務がある。

アンタ……!

何だ。

やっぱり考え方が重い!



TOP↑

思い出3



ごはんよ!!

……いただこう。

どうぞ、ガルガさん。サンドウィッチです。

ほう、いいものだな。

アイリスか作ったのよ。

<ガルガは静かにサンドウィッチを頬張った。>

どうかしら。

美味いものだ。

アンタの故郷の食べ物とはだいぶ違うのかしら。

そうだな……階級によって、食事はだいぶ違うが……

討滅士は、命滅獣の肉を食っていた。

美味しいの……!?っちゅうか、食べられるの!?

命滅獣の姿形は様々だ。昧もそれぞれ違うか、それぞれ不昧い。

想像どおりだわね。

食料が不足しているので、干し肉にして食うか……

それでも筋張っていて、異様に生臭い。しかも瘴気に汚染されている。

いいとこなしだわ。

腹持ちはいいぞ。腹を壊すこともあるがな。

美味しくないご飯しか食べてないんじゃ、やる気出ないんじゃない?

討滅士は、瘴気を取り込めば腹を満たせる。

……肉を食うのは、体を育てるためだ。俺も相当食わされた。

サンドウィッチ、もっといかかですか?

いただこう。



TOP↑

思い出4



<ガルガは、空を見ていた。>


空が青く、海も青い。

地面には草木があり、森がある。

森には無数の生き物かいる。

なによりこの風だ。

俺たちの国では、瘴気を運ぶ風は忌むべきものだ。

討滅士でさえ、荒れ狂う風には恐怖を覚える。

それがどうだ。この風は。吸い込んで肺にいれても痛みがない。まるで命の息吹だ。

かつては俺たちの国にも、当たり前に青い空と海があったのかもしれん。

それが取り戻せるかはわからんが……

いつかはそんな日が来ると、望みを抱くのは悪くない。


……………………

…………


それでアンタ、結局一日中空を見てたのね……

ああ。

よかったです。

そういう日も必要ってもんよ。

今日は星がよく見えるな。

あれがカニカマ座よ。

変わった星座だな。

ガルガさん、今のは……適当です……!

いや、気に入った。適当も面白い。

でしょでしょ!

<流れ星が、夜空を横切る……>

何事もきめつけず、心を解さ放てば……

夜空の星も、何かを表しているように見えるのかもしれないな……


ガルガさん!?

――来るな。



TOP↑

思い出5



ううっ……

<ガルガは、半ば異形となった己の腕をしっと見つめた……>

ゆるやかになっているが……獣化は止まっていない。

昨日は心地よく感じた風が、今は疎ましい。

青い空を見上げると――憎しみがもたげてくる。

……俺を求めるか。いや――これは違う。

俺を……討つべき獣と認識しているのか。

ガルガさん、体は大丈夫ですか?

――俺の心配ならいらない。むしろ、自分たちの心配をしたほうかいい。

まさかアンタ……!

俺たち討滅士の力の源は、体に移植された命滅獣の体内組織だ。

瘴気を吸う事によって、それは成長していき――

成長の極限で、討滅士を獣へと変化させる。

そんな……!

その前に――討滅の器となるのか、俺たちの使命だ。

この討城器と融合し、兵器そのものになる。

でも、ガルガさんをとりこんだその剣は……

いずれ、他の誰かの人生も終わらせてしまう……!

呪われた繰り返したな……

瘴気を武器とする討滅の器は、あらゆる生物を滅ぼす最低の兵器だ。

青い空の下には、ふさわしくないだろう。

ガルガ、まさか……!!

俺が最後に狩る獣は、俺だ。



TOP↑

思い出6 (友情覚醒)




……なんだこれは。

激しい光が渦巻いている。今にも弾け飛びそうだ。

この光を輝かせてるのは、ガルガさんです。

アンタの中身って、予想通りだわね……

俺はこんなに落ち着きが無い人間だったのか……

そこちょっと違うから。

むっ……

――止まった。

<ガルガは異形となった腕を振り上げた。>

瘴気の発生か止まっている。主人公。俺の獣化を抑えたのか。

ガルガさんには、やるべきことがあるんですよね。

だったら、生きてその使命を全うしてください。

アンタがしたいことをすんのよ!

――戦い続けるしかなかったこの俺ではあるが――

今は己の意志で、この場に立っている。

ならば、戦い抜かねばなるまい!

<ガルガは己の討滅器を手に取った――>

瘴気の器となった、強き者たちよ――

お前たちの憎しみを、この俺に預けるがいい。

討滅の激情をぶつける相手は、我らを縛るこの連鎖だ。

討滅器か、ガルガさんに応えた……!

そしていつか、お前たちの魂も解き放とう。

青き空の下に……!





覚醒絵・覚醒画像


豪胆なる討滅士


TOP↑

その他


 


関連ストーリー
画像説明
ガルガ・ドラグ CV:興津和幸
命滅獣を狩る討滅士。豪胆にして不屈。
憎悪を討つは憎悪にあらず。
ガルガ(王冠)
故郷を救う道を探す討滅士。
恐怖を乗り越え、改めて己の器を知る。

人物紹介
画像説明
ガルガ・ドラグ CV:興津和幸
命滅獣を狩る討滅士。豪胆にして不屈。
憎悪を討つは憎悪にあらず。
フェイ・エルデ CV:中原麻衣
過酷な使命を託された封命士の少女。
赤きカガチは贄を求める。


~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (ガルガ・思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ