Gamerch

【ドッカン】LRパン(ハニー)の評価と相性の良いキャラ

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ドッカンバトルの「【大宇宙での羽ばたき】パン(GT)(ハニー)」の評価と相性の良いキャラをまとめています。ステータス詳細や強い点、技上げ方法なども掲載しています。

LRパン

LRパン(ハニー)の性能

Z覚醒ドッカン覚醒LRドッカン覚醒
ステータス
HP:16,788 / ATK:10,733 / DEF:8,239
リーダースキル
自属性の気の玉1つ取得毎にHP3333回復
パッシブスキル
与えたダメージの33%回復する&高確率で受けるダメージ55%軽減
アクティブスキル
1ターンの間、味方のATKを33%UP(バトル開始から3ターン目以降)
必殺技
相手に極大ダメージを与え、ときどき気絶させる
超必殺技
相手に極大ダメージを与え、中確率で気絶させる
カテゴリ
混血サイヤ人、孫悟空の系譜、ドラゴンボールを求めし者

LRパン(ハニー)の総合評価と解説

  • LRパンの総合評価:SSランク

【リーダー評価:2点】

  • 回復リーダースキル

【サブ評価:8.5点】

  • 1ターン味方のATKをUP
  • 高い回復性能
  • ダメージ軽減

アクティブで味方のATKを上昇

LRパン(ハニー)は、新システムのアクティブを持つキャラクターで、1ターン味方のATKを33%UPさせることができます。


このアクティブスキルは現状どんなスキルとも乗算されるため、非常に高いダメージを狙える強力なスキルです。


発動条件も3ターン経過後と非常に緩く。使いやすいアクティブスキルです。パーティー内のメインアタッカーと並んだ際に発動して大ダメージを狙いましょう。

高確率で敵の攻撃を軽減

LRパン(ハニー)は、高確率で敵からのダメージを55%軽減することが出来ます。


LRキャラ故のステータスの高さに加えてのダメージ軽減なので、ダメージを非常に抑えることができる優秀な壁キャラクターです。

ダメージを与えつつ回復

LRパン(ハニー)は、優秀な壁キャラクターでありながらも、高倍率の回復スキルも持っています。


LRドッカン覚醒したことによって以前よりも大きなダメージを出せるようになったので、回復量にも非常に期待できます。

LRパンの入手方法

LRパンはイベント「パンの秘密の冒険」でドロップするキャラをドッカン覚醒させていくことで入手できます。

おすすめリーダーキャラ

LRパンがサブとして活躍できるパーティーを紹介します。


  • おすすめパーティー
リーダーキャラリーダースキル役割

アル孫悟飯
「混血のサイヤ人」カテゴリの気力+3、HPとDEF170%UP、ATK130%UPサポート役

極限悟空Jr.
「ドラゴンボールを求めし者」カテゴリの 気力+3、HPとATKとDEF77%UP、 または知属性の気力+2、HPとATKとDEF30%UPアタッカー役

パン(ハニー)と相性の良いキャラ

パン(ハニー)と相性の良いキャラクター達です。


フェス限おすすめポイント

新アル悟飯
・「混血サイヤ人」カテゴリリーダー

・DEF上昇でダメージをさらに軽減
通常ガチャおすすめポイント

パン(GT)
・リンクスキルの相性が良い
ガチャ限おすすめポイント

超キャベ
・力属性の気力+3&超力属性は更にATKとDEF40%UP

リンクスキル説明と相性の良いキャラ

パン(ハニー)のリンクスキルと、相性の良いキャラクターを紹介しています!


リンクスキル1孫一族
DEF15%UP
リンクスキル2サイヤ人の血
気力+1
リンクスキル3女戦士
気力+2
リンクスキル4GT
気力+2
リンクスキル5無邪気
ATK10%UP
リンクスキル6限界突破
気力+2
リンクスキル伝説の力
必殺技発動時にATK5000UP

リンクスキルの相性が良いキャラ


パン(GT)
孫一族、サイヤ人の血、GT、無邪気、限界突破、女戦士のリンクスキルを発動させることが出来るキャラクターです。気力が+7されるので超必殺技を放ちやすくなるでしょう。

リンクスキルページへのジャンプリンク
無邪気見た目と違って
孫一族サイヤ人の血
女戦士GT
限界突破

対象の覚醒イベント

LRパンをドッカン覚醒、極限Z覚醒させるために挑戦させなければいけないイベントを紹介します。

ドッカン覚醒

  • パンの秘密の冒険


LRパンの技上げ方法

LRパンはイベント「パンの秘密の冒険」をクリアすることで一定確率でドロップする【大宇宙での道草】パン(GT)で上げることが可能です。


その他おすすめ評価ページ


▼イベント産LR

コメント (【ドッカン】パン(ハニー)の評価とパーティー考察)

新着スレッド(ドッカンバトル攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ