Gamerch

【キックフライト】最強キャラランキング

最終更新日時 :
1人が閲覧中

キックフライトのスクランブルルールにおける最強キャラランキングです。強力なキッカーや、スクランブルに向いているキャラクターを紹介しているので攻略の参考にしてください。

評価基準

初心者でも使いやすいかどうか

プレイ経験の少ないプレイヤーでも扱いやすいキャラは優先的に評価を高くしています。

スペシャルスキル、キッカースキルの性能

キッカーごとに使用できるスキルがスクランブルに向いているキッカーは上位に位置させるようにしています。

その為初心者には難しい面があるキャラでも、スキルが強力で慣れれば勝ちやすいキャラであれば上位に存在させています。

最強ランキング(スピードタイプ)

スピードタイプで強力なキッカーは次の通りです。

tierキャラ
Aアンナツバメ
Bジェイ

初心者はツバメがオススメ

ツバメ

ツバメは移動能力の高さに加えて、キッカースキルの「ソニックラッシュ」、スペシャルスキルのバーストグライド共に非常に扱いやすい性能である事が特徴です。

攻撃性能の高さがウリ

「バーストグライド」を使用してから逃げる事が出来れば近距離攻撃しか出来ないキッカーはツバメに触れませんし、加速するので遠距離攻撃する為にロックするのも難しくなります。


「ソニックラッシュ」は大量にクリスタルを保持している相手のスピードタイプを追うには充分な性能ですし、シールドブレイクも出来るので逃げるキャラに付与されたバリアを剥げるのが便利です。

逃げならアンナが強い

アンナ

アンナはスペシャルスキルがタイミングを誤ると負けに直結しかねない事、単騎ではキルが狙いづらい事が難点になりますが、それを差し引いても逃げる性能、味方をサポートする能力に関しては非常に高いです。


ミニマップを見ながら戦況を把握する能力、あらゆる操作を活かしてマップ内を逃げ回るプレイスキルこそ必要になりますが、一人でクリスタルを集めて一人で勝ちまで引き込める性能の高さは練習する価値があります。


詳しくはキャラページをご覧ください。

アンナ・スターリンの詳細はこちら

ジェイはスクランブル戦では難しい

ジェイ

ジェイは「ステルスペイント」による逃げ性能は評価に値しますが、それ以外のスキルがややスクランブル向きでは無い事が懸念点です。


アビリティ「プレゼント4U」による道連れはキルする側が全てクリスタルをガーディアンに預けていたらあまり意味がありませんし、そもそもクリスタルを多く持っている様なキッカーはわざわざジェイを追う様なプレイはしません。

使うならスペシャルスキルを活かそう

スペシャルスキル「ハルシネーション・グラフィティ」も押している時には相手にとって厄介なスキルになりますが、負けている状況で使ってもクリスタルを奪う事には繋がりません。


もし使うのであればハルシネーション・グラフィティを活かすために毎試合多くのクリスタルを集める事はほぼ必須になりますし、さらに味方のサポートを行う為にTRAP系のディスクを使用したりする様な工夫が必要になるでしょう。

最強ランキング(アタックタイプ)

アタックタイプで強力なキャラクターは次の通りです。

tierキャラ
Aユイエンピトフィ
A-カイト

接近戦の爆発力ではユイエンが随一

ユイエン

ユイエンの強さはキッカースキル「如意双節棍」によって強引に自分の得意範囲に持ち込める事、そしてスペシャルスキル「熊猫烈打」の圧倒的爆発力です。


そもそもユイエンは元からかなり火力が高く、接近戦にさえ持ち込めればかなりの勢いで相手の体力を奪う事が出来ます。接近して攻撃すればよいという使いやすさ、戦法の分かりやすさも相まって非常に強力です。

スペシャルスキルの小テク

熊猫烈打はロックした近くの相手をほぼ確実に撃破出来るのはもちろん、場合によっては追加のダッシュとしても使えます。


これを覚えておくと試合終盤、リスポーンしたクリスタルを集めてから逃げ切って勝利した、という事もあります。積極的に狙うプレイではありませんが、頭の片隅に置いておくと良いでしょう。


遠距離戦ではピトフィも変わらず強力

ピトフィ

ピトフィは遠距離から敵をロックして攻撃する必要があるのでやや使用にはコツが要りますが、慣れてしまえば強力なキャラの一人です。


通常攻撃の誘導性が高いので、敵キッカーを追いかけている状況になると圧倒的な強さを発揮します。


スペシャルスキル「ミサイルパーティ」も火力が非常に高いので、ほぼ確実にキルを取れるでしょう。ただし間に壁などがあると壁にぶつかってミサイルが消えてしまうので、なるべく開けた所で使用するのが無難です。

生存して連続撃破を狙おう

アビリティ「ダメージ・レイズ」を活かせるとより強力ですが、これを活かすには死なない事が前提になるので撃破されないプレイを目指さなければならない難しいキャラクターです。ですが、使いこなせれば極めて強力なアタッカーとして活躍出来ます。


距離を詰められて一対一で向き合って殴り合う様な事態はピトフィにとって最も避けたい状況です。


そんな時はキッカースキル「リバースジョーカー」で逃げる事が出来るので、上手く使いましょう。これだけでは足りない様ならもう一つMOVEスキルを装備してしまうと逃げが安定するかもしれません。

幻影の術を活かせるならカイトも強い

カイト

スキルが相手の動きをよく見て使用しないといけないので立ち回りが難しい、という点から一段評価を下げましたが、使いこなせるならカイトもAランク並みのポテンシャルはあります。


キッカースキル「幻影の術」は分身を生成しながら瞬間移動するスキルで、ロックを分身にしながら移動出来るので攻撃を回避する事が出来ます。


その上通常攻撃もジャスト回避出来れば、アビリティ「刹那の極意」によってクールタイムが解消されるのでさらに敵の攻撃を回避出来るのです。


ただしこの二つの能力はかなり練習しないと回避出来ないので、ユイエンやピトフィほど簡単に扱えるキャラではありません。


もしカイトを使いたいなら

カイトを試してみたいなら、まずはスペシャルスキル「風馬手裏剣」を絶対にガーディアンに当てる立ち回りから始めてみると良いかもしれません。


風馬手裏剣は当たった相手に999999ダメージを与える強力なスペシャルスキルですが、プレイヤーに当てるのは状況を選ぶ必要があって難しいです。ですが一切動かないガーディアンであればほぼ確実に当たる上に8つはクリスタルを吐かせる事が出来ます。


スペシャルスキルを使うには死なない事が重要なので、そのために相手の攻撃をよく見ながら幻影の術やジャスト回避を練習していくと、行動に指針が出来るのでプレイがブレづらくなります。


序盤は相手と幻影の術を活かして戦闘しクリスタルを奪いつつ、スペシャルスキルが溜まったタイミングでガーディアンに風馬手裏剣をぶつける。


これをするだけで勝てる試合も多いので、風馬手裏剣を軸に根気よく回避の練習をしてみましょう。


最強ランキング(サポートタイプ)

サポートタイプで強力なキャラクターは次の通りです。

tierキャラ
Aルリハ
A-アウルベルトグレンホーク

一番分かりやすいのはルリハ

ルリハ

そもそもサポートタイプのキャラクター自体が戦況を見ながら行動しなければならないので難しいのですが、この中でもルリハは味方の回復という分かりやすい役回りがあるのでプレイ方針は分かりやすいです。


スペシャルスキル「キュアライトステージ」は使った側が圧倒的に戦闘に強くなれます。1秒ごとに20%ずつ体力が回復するので、カイトの風馬手裏剣などよほど一発が重いスキルで無ければ体力を削り切れなくなります。

回復役の立ち回り

回復役という事で狙われる事もありますが、そうなってもキッカースキル「バックステップショット」で後退しながらシビレ(短時間のスタン)を与えられるので逃げやすいですし、シビレで味方のサポートも出来るのが強力です。


もしルリハを使いたいなら、画面右上の味方体力欄には常に気を配りましょう。味方がキルされる前にフェニーロラやキュパルーパーなど全体回復ディスクを使って支援するのがルリハの一番の仕事です。

アウルベルトはBランク以上になれば面白い

アウルベルト

アウルベルトは最初から強く扱うのは難しいですが、Bランク以上になってディスクカプセルにTRAP系のディスクが増えてくると大きく化けます。


アビリティ「トラップ・セオリー」によってTRAPタイプのディスクスキルを使うと効果時間が長くなるので、どんなTRAPを使う時でも最も向いたキャラはアウルベルトと言って間違いありません。


TRAP以外ではスペシャルスキル「フォーメーション・クラウド」が強力です。15秒間ターゲットに取れなくなってしまえば、それだけでほぼ相手から攻撃されなくなります。ゲーム後半で逃げ切りを仕掛けたい場合には非常に優秀です。

TRAP系ディスク一覧はこちら

グレンホークは戦闘のサポートがメイン

グレンホーク

グレンホークはキッカースキル「スロウショット」で敵の動きを遅くしたり、スペシャルスキル「オペレーション・ウィング」で移動速度と攻撃速度を上げたりと戦闘面のサポートが得意なキャラです。


戦況に応じて苦戦している味方のサポートに入り、場合によってはキルを狙い、時にはクリスタルも集めと、器用に立ち回る事が出来ます。

使うなら方針を決めよう

攻撃力、移動力、体力どれもバランスが良いので、割と何でもこなす事が出来ます。逆に言えば、何をするかあらかじめゲームプランを立てられないと器用貧乏に終わってしまう事も少なくありません。


立ち回りに大きく変化が生まれるのがディスク編成です。何をしたいかはディスク編成の時点である程度方針を決めると良いでしょう。


例えばスタンやシビレ系のディスクを多めに積めば戦闘補助がメインになりますし、TRAPも混ぜればより戦闘をサポートする働きがしやすくなります。フェニーロラなどの回復スキルを積めば回復でバックアップをする事も可能です。

最強ランキング(タンクタイプ)

タンクタイプで強力なキャラクターは次の通りです。

tierキャラ
Aココ・グアムレール
A-バジー・ビッグ
Bディアトリウス

ココのスペシャルスキルが雑に強い

ココ

タンク役で最も使いやすく、強いのがココです。ココが強い理由になっているのがスペシャルスキル「ココ・スイング・トルネード」で、かなりの遠距離からでも平気で敵を引き寄せて大ダメージを与えるのです。


それなりに離れていると思っていても無理やり吸い寄せられてしまい、吸い寄せられている間は行動すら出来ず、最後には最低でも体力の半分は持っていかれる大ダメージが待っているのだから相手からするとたまった物ではありません。


ここからレイジコングなどの球状範囲攻撃につなげるとあっという間に多数キルが発生してゲームが逆転してしまうので、本当に強力なキャラです。タンク役を使いたいならとりあえずココを選べば間違いないでしょう。

スペシャルスキルにつなげる立ち回りを目指そう

キッカースキルの「ショックダイブ」も下方に吹き飛ばせるので、行動を阻害するには充分なスキルです。


ディスクもシビレを付与できるタイダリオンなどと組み合わせると、ココのゆっくりした通常攻撃を当てやすくなります。


スペシャルスキルが使える様になるまではガーディアンや味方をサポートしつつ、スペシャルスキルが使えるタイミングになったら敵の密集しているタイミングで使用してゲーム展開をひっくり返したり自陣の有利を盤石な状態にするのが基本的なココの立ち回りになります。

サポートしつつ立ち回るならバジー・ビッグ

バジー・ビッグ

バジー・ビッグはタンクながら移動速度が速く、防御バフで味方をサポートしながら戦える正統派のタンクキャラです。


守りに関しては回転率の良い無敵付与であるスペシャルスキル「クルー・プロテクション」があり、キッカースキル「フロントバリア」で元より高い体力をさらに削りづらく出来るので、非常に硬いです。


その分攻撃力はどのキャラよりも低い事には注意が必要です。味方との連携あってこそのバジー・ビッグの強さなので、一人でドンドン突っ込みたい様なプレイスタイルにはやや合いません。


それよりは味方と共に動いてラインを押し上げる様な動きが出来ると、グッとバジー・ビッグで勝ちやすくなるはずです。

ディアトリウスは現状逆風要素が大きい

ディアトリウス

ディアトリウスは現状その足の遅さがスクランブルでは特に問題視されているのか、あまりランクマでは見かけないキャラクターになっています。


スペシャルスキル「メガグラビトン」は対戦相手全員を強制的に7秒間地面に叩き落とせるという強力な物ではあります。強制的に全画面に干渉出来るのはココやビックバジーには出来ない利点です。


ですがそれを差し引いても足が遅いのは大問題です。いざという時にクリスタルを集める速度が遅いので劣勢を覆しづらく、クリスタルを持っている相手を追うのも難しいというのは辛い場面が多くなってしまいます。


今後の研究によっては評価が変わる可能性がありますが、何も考えずに運用してもあまり強くは使えないという意味ではあまりお勧め出来ません。使うなら綿密なプラン構築が必須です。

注意事項

ルールはスクランブル

この最強ランキングはスクランブルルールにおけるランキングです。フラッグフライトやラピッドボールに関しての情報はもうしばらくお待ちください。

評価はロールごとに行う

キックフライトではアタック、スピード、サポート、タンクの4つのロールが存在しています。ランキングはこのロールごとに分けて制定しています。

下位キャラと上位キャラの差はプレイヤーの腕で補える

本ランキングはあくまでもキャラ性能のみで見た物です。プレイヤースキルによってはこのランキングで向いていないとされるキャラクターでも勝利出来ますし、上位のキャラクターでも敗北する事はあります。


どうしても勝利出来ない場合は使用するキャラを変えてみたり、ディスク編成を変えたり、立ち回りを見直したりする事をオススメします。

コメント (最強キャラランキング)

  • 総コメント数4
  • 最終投稿日時 2020/03/16 09:31
  • 表示設定

新着スレッド(キックフライト攻略Wiki【Kick-Flight】)

注目記事
ページトップへ