Gamerch
恋と深空攻略Wiki

【恋と深空】スタンプ返信内容一覧・セイヤ

最終更新日時 :
1人が閲覧中
最終更新者:ねこざき
レイの返信はこちら ホムラの返信はこちら

スタンプ返信内容一覧・セイヤ

スタンプ内容

「あんた、俺を騙そうとしてるだろ。」
「「驚き!」っていう見出しのニュースみたいに。」
「そういうのは実際見てみると、ただ2羽の小鳥がけんかしてるだけだったりする。」
「?」
「俺がまだ地球にいることが、」
「そんなに驚くべきことなのか?」
「あぁ......俺も少し驚いた。」
「最近、偶然出くわすことが増えたな。
「ずっと黙ってると思ったら、いきなり出てきたな。」
「俺が驚くとでも思ったか?」
じ~
「何か変な夢でも見たのか?」
「俺もおとといの夜、不思議な夢を見た。」
「眠れない夢だ。」
「おかしいよな............」
音声返信(12秒)」

「この宇宙人がぽかんとしているのは、うっかり知らない星に着陸してしまったからだろうな。」
「あんたは?どう思う?」
[じゃあ、宇宙人はこれからどうすればいいの?]
「まずは宇宙船を修理することが先決だ。」
「修理の間はしばらく地球に滞在して、」
「終わったらまた出発すればいい。」
「けどもし地球での生活が気に入ったら、そのまま残るかもしれない。」
「そうなる可能性は大きいと思う。」
[この宇宙人、あなたに似てると思わない?]

「そうか?」
「むしろ、寝起きのあんたの方が似てると思う。」
「「ここはどこ?私は誰?」って顔してるからな。」
[それは自分の方でしょ。]
「ああ......そうかもしれない。」
「長く寝すぎると、」
「目を覚ましても、魂がまだ目覚めてない感じがするんだ。」
「だから、魂を取り戻すのにしばらく時間がかかってしまう。」
音声返信(7秒)」
音声返信(3秒)」
[私も他の星に行ってみたいなぁ。]
「確かに、他の星にも面白い場所はあるだろうな。」
「けど、地球より住み心地のいい星はあんまりないのかもしれない。」
「じゃなければ、この宇宙人もずっと地球に残ったりしないはずだ。」
[地球には悩み事が多すぎて、全然よくないよ]
「悩みから逃げたいのか?」
「だからといって、わざわざ宇宙に行くのは逆に面倒だろ。」
「確か......」
「郊外の谷に、悩みや秘密を聞いてくれる場所があったはずだ。俺も行ったことがある。」
「悩みがあるなら、あんたもそこで話してみるといい。」
[どんな面白い場所があるんだろう?]
「なら、まずは考えてみよう。」
「土の星に行くかとか、どんな食べ物を持っていくかとか。」
「それから、宇宙船はちゃんと飛ぶのか、燃料は足りるのかどうかも考慮しないといけない。」
「その宇宙人みたいに、他の星に不時着しないようにな。」
「家のベッドが恋しくなってきた......」
「上の部屋が前より静かになったことに気付いたのか?」
「俺も少しおかしいと思ってた。」
「よく来てた小鳥達はどこに行ったんだろうな......」
「もしかしたら、」
「最近あんたの寝る時間が遅いのを心配して、遠慮してるのかもしれない。」
「世の中には不可解なことがたくさんあるものだ。」
「前の俺も、理解できないことだらけだった。」
「今はもう慣れたけどな
[わからないことって、例えば?]
「色々ある。」
「少し出かけた後に帰ってきたら、ベランダの軒下にツバメの巣ができてたり。」
「抹茶アイスだと思って買ったら、食べたらワサビ味だったり。」
「今朝も道端で将棋してるおじいさん達に呼び止められて、審判を頼まれた。」
「それで判定したら、将棋のことがわかってないと叱られたんだ。」

[私の世界との向き合い方が......]
「その可能性もなくはない。」
「人はそれぞれ考え方が違う。物事への理解が違うのも、当たり前のことだ。」
「俺も時々、あんたがどうしてあんな不思議な行動をするのか考えることがある。」
※上の一文が削除される
セイヤ」がメッセージを取り消しました

「可愛い行動をする時もな。」
[どうやって慣れたの?]
「最初は理解しようとしてたが、結局諦めた。」
「代わりに、相手の考え方に合わせてみることにしたんだ。」
「例えば広告メールが送られてきた時、」
「「Tを送信すれば配信停止できる」と書いてあったのに、「T」と返しても意味なかった。」
「だから次は「Tを送信」と送ってみたら、それ以降メールは来なくなった。」
「奇妙な問題だと思っても、それに合わせた解決方法があるものだ。」

「ワンダラーと戦っててメッセージに気付かなかった。どうかしたか?」
「まさかあのワンダラーの中に......あんたの任務のターゲットがいたのか?」
「俺が何してるか聞いてるのか?」
「ちょうど本を読み終えて、何しようか迷ってたところだ。」
「あんたにメッセージを送ろうとしたら、ちょうどあんたから連絡が来た。」
「これがテレパシーってやつか?」
「どうしてもわからないことは考えなくていい。」
「もっと簡単な問題に変えよう。」
「例えば、」
「「宇宙の果てには一体何があるか」とか。」

じ~
「ん?」
「ああ、ちょうど散髪に行ってきたところだ。」
「こんな早く気付かれるとは思わなかった。」
「前に水族館に行った時、ヒトデがこんな風にガラスに張りついてた。」
「試しに俺も張りついてみたら、」
「冷たくて確かに気持ちよかった
「なるほど、わかった。」
「今度あんたがカフェの窓際の席に座ってたら、」
「こんな風に外から見てみる
「今度は何を研究してるんだ?」
「アリの引っ越しの観察か?それとも子猫のあくびの回数を数えてるのか?」
「あんたの目には、どんなことでも新鮮に映るみたいだな。」
「なんでそんなに俺をじっと見るんだ?」
「もしかして、またあんたの任務のターゲットを横取りしてしまったのか......」
「いや、それはないと思う。ただ、どうしようもない事態が発生した場合は別だ。」
「何しろ、自分から俺の剣にぶつかってくるワンダラーもいるからな。」
「俺にインタビューしたいという意思表示か?」
「よし、いつでもいいぞ。」
[あなたが毎日何してるのか知りたいな。]
「それは日によって違う。」
「例えば、昨日は家でずっと寝てた。」
「一昨日は、」
「電車に乗って、隣の市の浜辺に夕日が沈むのを見に行った。」
「今日何するかは、まだ決まってない。」
[最近どこか気になる場所はある?]
「うーん......」
「そうだ、近所のパン屋の看板のことは知ってるか?」
「あの2匹のウサギの透かし彫りがされてるやつだ。」
「あそこは暗くなると店先に明かりがつくんだが、」
「看板の影が小鹿の形に見えるんだ。」
「今度一緒に見に行くか?」
[あなたはいつも何を考えてるの?]
「そういう時は多分、」
「真面目なことを考えてる。」
「例えば、もし宇宙が消えたら人々はどうなるのかとか、」
「こういう小さな宇宙人はどこに行くのかとか、」
「残念ながら、対策は思いつかなかった。」
「それで今度は、宇宙がどうやってできたのかを考えるようになった。」

わお!
「俺の服......別に普通だよな?」
「そんな大げさに反応しなくていい
「それか今度あんたが新しい服を着てきた時は、」
「俺も「わお!」って反応した方がいいか?」
「実は、俺もちょっと驚くことがあった。」
「植木鉢に小さな鳥の卵が落ちてたんだ。親鳥が落としていったのかもしれない。」
「......食べられるだろうか。」
「何の鳥の卵なのか調べてみる。」

「あんたを見ると、俺も嬉しくなる。」
「随分楽しそうだな。すごくいいことでもあったのか?」
「いや、」
「あんたなら、きっと些細なことでも嬉しい気持ちになるんだろうな。」
「流れ星を見たか?」
「さっき俺も一つ見たんだが、速すぎて願い事はできなかった......」
「だから、事前に下書きを作った。次は絶対に成功させる。」

発射
「どうした?そんなスタンプ程度じゃ俺は照れたりしないぞ
[じゃあーー大好き!!!]
「あんたのからかう方法が増えれば増えるほど、俺の耐性もどんどん強くなる。」
「そのスタンプをあと10個送られたとしても......」
「......いや、やっぱりもういい。降参だ。」
[それなら、もう送らないようにするよ]
「......なんか墓穴を掘ってしまった気がする。」
「実を言うと、俺もたまには照れる。」
「だから、これからも送ってみないか?」
「この前広場を通りかかった時、ついでにシャボン玉のおもちゃを買った。」
「ハートの形も作れるらしい。」
「できたらあんたに教える。」
「あんたが発射したハート、確かに受け取った。」

「お返しのハートは今目的地に向かってる。」

「気持ちはありがたいが、どう返せばいいかわからない。俺にできるのは、豪華な料理を振る舞うことくらいだ。」
「宇宙戦争でこういう武器が使われたら、」
「戦場がパーティー会場みたいになりそうだな。」
「今日は何か嬉しいことでもあったのか?」
「情熱的すぎるのはあんまり慣れない......」
「いや、もっと送ってくれていい。」
「慣れるように頑張る

おやすみ
「もう寝るのか?」
「俺は......この本を読み終えたら寝る。」
「夢の中で待っててくれ。すぐ行く。」
「寝る時はそういう常夜灯をつけておいた方がいい。」
「そうすれば、夢の中で道が見えなくなることはない。」
「どうした、眠れないのか?」
[ちょっとお腹空いちゃって。]
「なら、デリバリーを頼むのはどうだ?」
音声返信(3秒)」
音声返信(8秒)」
[寝てた?]
「いや。」
「少し話でもするか?この前、面白い夢を見たんだ。あんたに話してやる。」
「けどその前に、まずは夢の結末を見させてくれ......」
[眠いんだけど、まだ遊びたい気持ちもある......]
「だとしても、早く寝た方がいい。」
「夢の中で思いっきり遊べ。」
「そうすれば一石二鳥だろ。」
「今回の夜更かしコンテストは、また俺の優勝みたいだな。」
「あんたは寝るつもりなんだろうが、」
「電気を消しても、おとなしく目を閉じるとは思えない。」
「まだ月も出勤してないが、」
「もう夜を迎える準備は万全みたいだな。」
「早く寝たくて仕方ない気持ちがバレバレだぞ

眠くない
「そんなに頑張って起きているのは、何か待ってるからか?」
「それなら、俺が代わりに待ってやる。あんたは寝ていいぞ。」
「俺は今眠くないから、寝ることはない。」
「たぶん。」
「そんなに意地になて睡魔と戦わなくていい......」
「あんたより先に、俺は何度も挑んだことがる。」
[結果はどうだったの?]
「全敗だ。」
「だから、もう抵抗するのは諦めた。」
「勝てないなら、いっそ味方についた方がいい。」
[どうやって戦ったの?]
「俺がやったのは、」
「眠ったふりをして睡魔を騙す戦術だ。」
「まあ、10回中9回は本当に寝てしまうんだが......」
[あなたが睡魔に勝てるとは思えないよ]
「勝ったこともあるぞ。」
「シリーズ物の推理小説を夢中で読んでたら、徹夜に成功した。」
「まあその後丸2日寝てたから、結局台無しになったけどな。」
「何を強がってるんだ?」
「悪あがきはやめて寝ろ。」
「でも俺は眠くなってきた......」
「このままだと先に寝るぞ?本当に一緒に寝なくていいのか?」
「大丈夫だ。あんたなら俺より早く眠りにつける。」
「眠いのに寝られないんだな?」
音声返信(4秒)」
「眠気を覚ましてやったぞ。礼はいらない。」

見てみよう
「そんなにじっくり俺を見て、何かわかったか?」
[(眉間に黒い跡)]
「......」
「昨夜書き物をした後、そのまま紙の上で寝るべきじゃなかったな。」
「ちょっと顔を洗ってくる。」
[]
[]
「まさかあんた......『セイヤ観察日記』をつけるつもりなのか?」

「そんなことするなら、しばらく別の惑星に避難する。」
「間違い探しゲームをしたいのか?」

「わかった。あんたの髪が、昨日より少し伸びてる。」
「偵察員、応答せよ。」
「今日は道端に腹をすかせた小動物はいないか?」
「コンビニに新発売のサイダーは入荷してるか?」
「マンションの下に何か面白いものでもあるのか?」

「子供が強そうな大型犬を連れて散歩してるな。」
「いや、逆か。強そうな大型犬が子供を連れて散歩してる。」

ぐったりー
「俺も家でゴロゴロしたいところだが、今は無理だ。」
「前に別の街に行った時、自分宛てに手紙を出したんだが、」
「住所を間違えてたらしくて、郵便局に戻されてしまったんだ。」
「それを取りに行かないといけない。」
「眠いのか?」
「もう少しの間踏ん張れ。」
「あと数百分だけ待てば、家に帰って休める。」
「もうだいぶ横になってるが、まだ疲れが取れないのか?」
「急がなくていい。」
「疲れてる時はたくさん寝るべきだ。」
「目が覚めたら世界が良くなってるとは限らないが、きっと悪くなることもない。」

「俺もまぜてくれ。」
「こんなに気持ちいい天気なのに、ゴロゴロしないのはもったいない。」
「俺も同じ気持ちだ......」
「この時間からゴロゴロしてるのか?」
「「朱に交われば赤くなる」と言うからな。」
「俺に交われば......あんたの生活も乱れてしまう......」

ハッピー
「偶然だな。」
「うちのベランダの鉢植えも、今日花を咲かせた。」
「みんな機嫌がいいんだな。」
「俺も機嫌がいい。」
「ずっと追ってるサスペンス小説の最終巻が、今日発売されたんだ。」
「本当に面白かった。今度シリーズ全巻貸してやる。」
「何か嬉しいことでもあったのか?」
「ずっとあんたを怖がってた近所の猫が、」
「遂におとなしく触らせてくれたとか?」
「機嫌良さそうだな?」
「この調子でいいことが続くといいな。」
「花がたくさん咲いたら、植木鉢に移して育てよう。」
「何かいいことがあったのか?」
[とにかく楽しくて笑っちゃうんだ~]

「「箸が転んでもおかしい」ってやつか?」
「急に鼻歌を歌い出したのもそのせいか。」
「間違えて変なスイッチでも押してしまったかと思った。」
[あなたを見ると嬉しくなるんだよ]
「じゃあ、もっとたくさん会おう。」
「嬉しい時に会えば、嬉しさも倍増する。」
「嬉しくない時は......」
「ますます会うべきだな。」
[ラッキーなことがあったの!]


「安心しろ。」
「今回は話してる最中に突然消えたり」
「何かやらかしたのか?」
「別の星に移住する手続きをしてやってもいいぞ。礼はいらない。」
「そんなに暑いか?俺はちょうどいいんだが......」
「わかった。」
「アイスが食べたいなら、素直にそう言え
「どうしてそんな冷や汗をかいてるんだ?」
「誘惑に負けて甘さ多めのミルクティーを飲んだのか?」
「それとも、午後まで寝てしまったとか?」
「まあ、そういうのは......」
「人間なら誰にでもあることだ。」
「すごい汗だな。」
「この前の俺みたいだ。」
「気温が30度を超える中、道がわからなくてずっとさまよってた。」
「俺が道を覚えられないんじゃない。」
「道が俺を覚えないんだ。」

違う、やってない
「ああ、信じる。」
「わけもなく物が壊れてしまうことはある。」
「そして、わけもなく直ることもある。」
「本当にあんたは無関係なのか?」
「話してみろ。言い訳なら聞いてやる。」
「いや、「説明」を聞く。」
「何を壊したんだ?」
「証拠を探してくる。」
見てみよう
「間違いを犯したのか?」
「この宇宙人が無関係なら、あんたと関係があるってことになる。」
「どっちが元凶なのか、よく話し合うんだな。」
「あんた達の結論を待ってる。」
「わかった。」
「でも考えてみろ。」
「まずはその手に持ってる「証拠」を隠すべきじゃないか?」
「そんな堂々と晒されたら、見ないふりをするのは無理だ。」
「俺が寝てる隙に、」
「またこっそりイタズラしたのか?」

誰かいる?
「体はここにあるが、魂がまだ帰ってこない。」
ぐったりー
「いや。」
「もしフライドチキンの店がまだ開いてなかったら、」
「俺は消えてしまうだろう......」
「まさかあんた......」
「謎の宇宙勢力にされわれて閉じ込められたのか?」
「待ってろ、すぐ助けに行く。」
「言い忘れてた。急遽店長にカフェに呼ばれたから、今は家にいない。」
「新しいブレンドを試飲してほしいと勧められたんだが、」
「想像を絶する苦さだ......」
「今度来る時は、新メニューは注文しない方がいい。」
「口をゆすいでくる

頑張って
「?」
「ちょっと散歩するだけのつもりだったが、」
「あんたに応援してもらったら、何かしないともったいない気がしてきた。」
「あんたもな。」
「最近の任務は楽じゃないって言ってただろ?」
「あと数日頑張れ。この宇宙人に宇宙船を借りてくる。」
「そしたら一緒に遠くに行って、ゆっくり休もう。」
「あんたが派遣した応援団を見たぞ。」
「メンバーは目立ってたし、活躍してた。」
「ただ、見た目がちょっとパトカーに似てるけどな。」
「この辺りのワンダラーはもう全部倒した。」
「あんたの応援は一足遅かったな。」
[そんなに早く!?]
[じゃあ、スタンプは撤回するよ]
「また次回に機会に使ってくれ。」
「例えば、明日起きる時とか。」
[私もそんな風にカッコよく......]
「変わったダンスだな。」
「ライブ版が見たい

見ないフリ
「確かに、たまには一人で静かに過ごしたい時もある。」
「けど俺は、外に出る方が好きだ。」
「自分を閉じ込めるよりもな。」
「俺も向き合いたくないことがある......」
「一緒にこの星からしばらく逃亡するか。」
「それなら背を向けていい。」
「別の方向から見れば、向き合ってることになる。」
「かえって意外な結果があるかもしれないぞ。」


「あんたが向き合ってくれるのを待ってる。」

開き直った
「こんな時間に?」
「まあ確かに、深夜は自分の心と向き合うのにいい時間だな。」
「どうやって開き直ったんだ?」
[やってしまった失敗を悔やむより......]
「そうだな。」
「うっかりクッキーを地面に落としてしまっても......」
「3秒以内に拾えば、」
「完璧にカバーしたことになる。」
[他の人に指摘されて......]
「客観的な視点は大事だよな。」
「自分では複雑に思えることも、他人から見ればごく簡単なことだったりする。」
「例えば、ネットで紹介されてる料理のレシピもそうだ。」
「人が作ると簡単そうなのに......」
[俯瞰的に見ると......]
「なるほど。つまりこれが映画のスーパーヒーロー達が、」
「ビルの上に立つのが好きな理由なのか。」
「勉強になった。」
「思ったより早かったな。」
「けど、注文したフライドチキンセットはもう配達中だ。」
「無駄にはできないから、一緒に食べよう。」
「窓辺の鉢植えもあんたを見習ってくれるといいんだが。」
「そいつはもう100年以上塞ぎ込んでるみたいだ。」
「今度また困ったことがあったら、俺に話してくれ。」
「もしお互い解決方法を思いつかなかったら、」
「一緒に閉じこもろう。」
「いつの間に自己啓発スキルがレベルアップしたんだ?」
「おめでとう

よしよし
「頭をなでると、血行促進、記憶力アップ、睡眠の質の向上、体質改善、健康長寿に繋がるらしい。」
「......悪い、嘘だ。」
「ただ気持ちいいって言いたいだけだ。」
「頭をなでると新しい考えが生まれるらしい。」
「だとすると、晩ご飯を何にするか悩んでる時、」
「あんたは新しい髪型を生み出せるな。」
「ありがとう。」
「今日の強風とあんたの手のおかげで、10個目の新しいヘアスタイルを開拓できた。」
「午後になったな
「さっき、よく知ってるおいしそうな匂いがした。今日は何を作ってくれたんだ?」
「なんで俺の頭を触るのが好きなんだ?」
[あなたが可愛いから]
「そういうことなら、」
「俺も遠慮はしない。」

[あなたの髪が気になるから]
「頭を触ることで好奇心を満たそうとしてるなら、」
代わりに、あんたの頭の中を見せてもらう。」
「例えば、こっそり俺に用意してるのがサプライズなのかーー」
「それともイタズラなのか。」
「日向ぼっこしてる猫をなでてるみたいだな。」
「なでられてる方は、満腹の時のあんたに似てる。」

......
「......記号は確かに気持ちを伝える役割がある。」
「4つ、」
「いや、6つの点しかないが、」
「あんたの言いたいことは伝わった。」
「また自分でも呆れることをしてしまったのか?」
「大丈夫だ、言ってみろ。俺は絶対に笑わない。」
「我慢できる限り。」
「どう反応すればいいかわからない時、」
「笑顔を保つことは確かに万能だ。」
「何かあったのか?」
「......あんまり言いたくないみたいだな。」
「それなら

ありがとう
「どういたしまして。」
「今度は俺に何を頼むつもりなんだ?」
「先に断っておくが、人型フロアランプにはならないぞ。」
「どうして急に礼を言うんだ?」
[私のとこに来てくれてありがとう]
「気にするな
「その理屈でいくなら......」
「俺もあんたにたくさん礼を言わないといけない。」
「あんただって、俺をたくさん助けてくれた。」
「忘れたのか?」
「じゃあ、お互い様ってことにしよう。」
「俺達はもう遠慮し合う仲じゃないだろ?」
[たくさん助けてもらったのに......]
[私のアイスを食べてくれてありがとう]
「......」
「当然のことをしたまでだ。」
「必要なら、残りのヨーグルトも喜んで引き受ける
「ある言葉を聞いたことがある。」
「「絆とは、お互いに感謝することから始まる」
「でも、俺たちはもう始まってるよな......」
「今から埋め合わせするか?」
「自分が何をしたのかよく思い出せないが......」
「どういたしまして。」
「なんで俺に礼を言うんだ?」
「あんたがここまで来られたのは、あんた自身の努力の賜物だ。」
「そんなに礼を言い続けなくていい。」
「水くさいだろ。」
「どうしても礼がしたいなら、」
「今度ニャンニャンカードをやる時、こっそりカードを変えるのはやめてくれ

バイバイ~
「今日はいい天気だな。出かけるのにぴったりだ。」
「まあ、俺の選択は違うけどな。」
「出かけてきたのか?どこかいい場所はあったか?」
「俺も出かけるつもりなんだが、どこに行くか迷ってる。」
「いっそ、目をつぶって地図にダーツを投げるか。」
「刺さった場所に行くことにする。」
「そしてあんたはさり気なく、」
「俺が一番読みたかった漫画を持ち去っていった。」
「俺も今から帰る。」
「どっちが先に家に着くか、賭けるか。」

他キャラのスタンプ

スタンプ内容
「元気出せ。」
「そんなことはない。」
「一瞬バーコードが見えるな。」
「危険を承知の上での挑戦というわけか。」
「わかった......」
「少し待っててくれ。先にこのワンダラーを片付ける。」
「何考えてるんだ?」
「いいぞ、言ってくれ。」
「新しい掃除方法か?」
「気晴らしに散歩でもするか?」
「仕事は終わったのか?」
「どうかしたか?」
共通「どうした?」
「何してるんだ?」

※2個以上見つけたものは共通に入れています。

コメント (スタンプ返信内容一覧・セイヤ)
  • 総コメント数24
  • 最終投稿日時 3日まえ
新着スレッド(恋と深空攻略Wiki)
Wiki内ランキング
ゲーム情報
タイトル 恋と深空
対応OS
    • iOS
    • リリース日:2024/01/17
    • Android
    • リリース日:2024/01/08
カテゴリ
ゲーム概要 君のリアルに届ける恋愛シミュレーションゲーム

「恋と深空」を
今すぐプレイ!

注目記事
ページトップへ