Gamerch

【白猫】The World of GuiltyⅡ Story0

最終更新日時 :
1人が閲覧中




前イベント


The World of Guilty



プロローグ


聖霊教会。

罪の贖いを教義とする、世界屈指の大宗教。

しかし人々を救おうという理想の裏には、どす黒い欲望が渦巻いていた。


聖霊教会総本山で、贖罪の聖女と呼ばれ、崇拝されていた少女ルウシェ。

聖霊教会に恨みを抱いていた元信徒の神殿騎士アシュレイはルウシェを討とうするが――

人々を罪から救いたいと願うルウシェに殺意とは別の怒りを覚える。

アシュレイはルウシェに、罪に穢れた世界を見せようとする……

この世が救うに値するか、ルウシェの答えを聞くために。






story1 罪深き世界で


……あなたの罪を、私にください……

うわああああああ!!

お、俺は……今まで、何ということを……!

お赦しください!!聖女様!!

あなたの罪は、私が贖いました。

観念したらしいな。

<兵士たちは、男を引き立てていった。

この男は、貧しい村の女たちに仕事を紹介するといって裏社会に売りとばした。

犠牲となった女は数百人。命を落としたものもいる。>

……罰を受けるのですね。

どうしていままで……理解できなかった……

俺が売った女達が、どうなるか……

いまさら改心したつもりか!

ううっ……!

お前はさらし首だ!!この罪人め!!


<アラストルは罪を食らう。罪とは何か――俺には定義できないが……

……俺も一度、アラストルに罪を食われている……

あの時俺は……確かに感じた……赦されたと。

だが俺の中ではっきりと……何かが欠けた。

怒りが……身を焦がすほどの怒りが、一瞬で失われた。

……この俺が生きる意味が。>


うううっ……おおおおっ……!

<罪人は泣いている。まるで無垢な赤子のように。>

……ああ……

<――アラストルが罪を食らうと。ルウシェも罪を己の中に取り込む。

罪人の記憶が、感情が、ルウシェの中に流れ込む。

背徳者の高慢、略奪者の強欲、渇望者の嫉妬、殺人者の憤怒、逸脱者の色欲、圧制者の暴食、偽善者の怠惰。

全てを背負う。>


アシュレイ・ディナ cv.速水 奨

大丈夫か。

ルウシェ・エルレンシア cv.東山 奈央

はい、平気です。慣れてますから。

慣れている……?

罪の形はそれぞれ違います。でも……同じ。

先程の方は、お友達や恋人の女性をとても大切にされてました。

でも、自分に関係のない人には、優しくすることができなかった。

ありふれた罪の形です。

いままでに何人の罪を?

そうですね……一日で、十人ほどのみなさんの罪をいただいてましたので……

毎日か。

はい。

…………いつからだ。

小さいころからです。

<俺は理解した。ルウシェが壊れた理由を。>

騎士様……何か悲しいことがあるのですか?

……行くぞ。




The World of sin

贖罪の聖女……か……

例えば俺が……あの男の罪を背負ったなら……

俺は正気を保てるのか……?

TOP↑

story2 罪を食らう


あれが聖女様……

なんて神々しい……

あれが聖霊教会の聖女?どうせ詐欺師だろ。

彼女、本物らしいよ?

罪に嘆いを。聖霊様に祈りを捧げましょう。

聖女様、これを……!

<女性は、銀貨の詰まった袋を差し出した……>

お受け取りください……!

私も!

僕も……!

<人々は、我先に寄付を行う。

アシュレイは、無言でその金を受け取った。>


…………

……


<手配屋は、寄付金の入った袋を背負った……>

確かに預かった。だが、いいのか?

金には困っていない。

遠くから見てた。聖女様を。

お前が聖女様を至聖所から連れ出したおかげで、信者がどんどん増えてる。

聖女様の奇跡を見たら、そうなるのも道理だな。

お前も罪を食って欲しいのか?

御免こうむるね。ジェレミアの旦那から仕事を引き継いだのは俺だ。

罪を食われたら、俺は俺じゃなくなる。



この島の人達は、とても優しいです。

そんな人達でも……人に言えない罪で苦しんでる……

私はどうすれば……


TOP↑

story3 赦し


金を用立てねばな。

だったら私、街で働きます!

やめておけ。街では人目を集めすぎる。

でも騎士様私もお役にたちたいです。

冒険家ギルドで、仕事を探す。……輸送船の護衛ならば、他の島にも行けて好都合だ。

わかりました、騎士様。

ルウシェ、お前は……この世界が……

いろんな島に行きましたね、騎士様。

そうだな……

私は、もう一度あのお店で働きたいです。

……焼き菓子の店か。

<――少し前にいた島で、ルウシェは老婆の経営していた焼き菓子の店を手伝った。

数日の間ではあるが……>

楽しかったです!お菓子も美味しくて!

忙しかったな。

騎士様、上手でしたよね。お菓子を焼くの。

研鑽(けんさん)*1と鍛錬の結果だ。

毎日あまったお菓子の切れ端をいただいてましたね。

あまりものと、俺の作った出来損ないだ。

<聖女が働いていた店は、新たな聖地となり、聖霊教会の信徒たちが訪れているという。>

……あの街には、もう戻れない。

残念です。


<アシュレイがルウシェを連れ、最初に向かったのは、鉄の諸島……

この世のあらゆる悪徳が集まる場所である。

騎士はそこで、ルウシェに聖霊教会の裏側を見せた。>


何だよ!俺は用済みか!俺を殺したら、仲間が全部バラしちまうぞ!

好きにすればいい。ルウシェ。アラストルに、こいつの罪を食わせてやれ。

なんだ、このお嬢ちゃんは……

アラストル――!

ぐひっ!?

あ、あああっ、あああああ!!

あなたの罪を、私にください――

ママ……ママ……

理解したか?

聖霊教会が……ギャングのみなさんから、お金を預かって……

資金洗浄だ。犯罪で得た収入を、正当な収入に見せかける。

聖霊教会のもつ銀行が、それに加担していた。この男は銀行の頭取だ。

お赦しください。聖女様……

こんなものは氷山の一角だ。


ひっ!

この男は立場を利用して、信徒たちを食い物にしていた。


はああっ!!

こいつは裏賭博の胴元だ。人も殺している。


はああああ!!

この男は俺と同じだ――教会にとって都合の悪い人間を、始末していた。


お赦しを!!お赦しを!!聖女様!!

ううっ、うううっ、あああああ……

私は――なんということを――聖霊よ……私にもう一度、狂気を与え給え……


わかったかルウシェ。これが教会の実態だ。

……祈りましょう。罪深き魂に……

ああ、聖女様……

<信徒たちは、祈りを捧げた。>

祈っても無駄だ!!

みなさんの罪は、私が背負いました……

だから責められるべきは、私だけ。罪人は、この私だけです。

何も感じないのか!!教会が罪を犯していたということに!

全ての人は罪を背負ってます。聖霊教会も同じです。

何だと――

私が、全ての人の罪を背負えたらいいのに……


<騎士と聖女は、様々な島に赴いた。>



あるときは衰退激しい島に。

あるときは貧しい島に。

あるときは戦乱続く島に。



一見平和に見える島にも、罪は潜んでいた。



アラストルは、多くの罪を食った。

ルウシェにとっては、全てがありふれた罪だった。

世界は罪に溢れていた。ルウシェが知る通りに。



The World of GuiltyⅡ



next





~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

脚注
  • *1 (学問などを)みがき深めること。

コメント (The World of Guilty 2 Story0)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ