Gamerch

シズク(茶熊)・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
ビーチバレー部のエース
シズク・エンジュ
熱い砂浜でビーチバレーに青春を燃やす乙女。
エースとして部員たちを勝利へ導く。


思い出1



なっ!?

……今の、シズクさん?

どう見ても間違いないでしょ! ちょっと、シズクッ!!

みなさま。こんにちは。……どうかされましたか?

どうもこうもないわよ!アンタ、なんてカッコで出歩いてるのよ!

あ、いえこれは――

まさかまた、ふにゃふにゃモード?!

目を覚ましなさい! いくら呪いだからって、それはマズいわよ!!

お、おちついて下さいキャトラ様。私は大丈夫ですから!

ぜんぜん大丈夫じゃないから! こんな……下着みたいなカッコ!!

叫ばないでください! それにこれは、下着ではなく水着です!

ねえ、キャトラ。シズクさん、ちゃんと受け答えできてるわよ。

え……あれ、本当だ。でも、下着――

水着です!

水着でうろうろしてるのよ?まともなワケないじゃない。

あの私はビーチバレー部へ入部したので、水着姿であってもおかしくないのですが……

ふ~ん……それって普通のバレーとなんか違うの?

バレーではあるのですが、少しだけ違うかと思います。

そうなんだ……あっ! わかった!

ビーチバレーは、みだら!

違います!

じゃあ、いかがわしい!

じゃあってなんですか! いかがわしくもありません!

キャトラ、言い方がよくないわ。そういう時はセクシーっていうの。

なるほど。じゃあセクシー。

そういう視点から離れてください! ビーチバレーは、砂浜で行うバレーのことです!

あ、それで水着なんですね?

はい。下が砂地ですから、体力とバランス感覚が必要なバレーボールです。

へ~、そうなのね。

これで私の水着も、おかしくないとわかっていただけましたか?

まあ、言い分はわかったわよ。でもさ?

はい、なんでしょうか。

それなら着替えは砂浜に行ってからすればいいんじゃないの?

……そ、それは……楽しみだったもので……つい……




TOP↑

思い出2



いきます! そーれッ!

<シズクがボールを打ち、それを他の部員がレシーブする。

そこには本気の熱がこもっていた。>

そうです! 体の正面で受ければ、ちゃんと前に返せます!

<『はい!』と気合いの入った返事にシズクも笑みを強くする。>

次いきます!


……すごい迫力ね。なんかシズク、キャプテンみたいになってるし。

『みたい』ではなく、私、キャプテンになりました。

そうなんですか?

みなさんから、丁寧にお願いされては、断ることなどできません。

だけど、アンタも入部したばっかりでしょ。大変じゃない?

もちろん大変なのですが、しかし頼って頂けるのは嬉しいことなのです。

ふ~ん。シズクって、リーダーとか先生とかむいてるのかもね。

そんなことは……私ごとき若輩者が指導するなど、おこがましい話です。

いえ! そんなことはありません! シズクさんは立派な指導者であります!

カモメ?! アンタ、どっからでてきたのよ?

こっちから砲撃のような、力強い音が聞こえたので、確認にきたのであります!

……実際はボールを打つ音でしたけど。

ああ、いい音してたもんね。

でも、おかけでいい練習風景を、見ることができました! ありがとうございます!

私も今日の部活は、気合いがはいりそうです!

そ、そうですか。頑張ってくださいね。

はい! では、みなさん。水泳部へ出撃してきます!

……ちょっとビックリしたかもしれないですけど、カモメさんはいい人ですから……

あ、はい。大丈夫です。私も練習の続きに戻りますね。

いきます!


……アタシ、やっぱりむいてると思うんだけど……

そうね……少し自分に厳しいけど、私もそう思うわ。

なんていうか、一族の当主なだけあるってことね。

もう一本! そーれ!



TOP↑

思い出3



ふわ~すごいねえ~! キレイにできてる~!

いえ。私の腕など、まだまだ拙いものです。

<シズクはエシリアと話しながら、手にしたバッグに空いている穴を、縫ってふさいでいく。>

それより、あまり危ないところへは行ってはいけませんよ。

大丈夫だよ。エシリア、強いからね~!

でも心配はします。怪我などしてほしくないですから。

ん~……エシリア、ホントにだいじょうぶなんだけどな~……

でも、いいよ。気をつけてあげる!

そうしてください。どうぞ。できましたよ。

わぁ~い! ありがと~!

あら、珍しい組み合わせね。

あっ、チェシャだ~!ねえ、みてみてほら~!

<エシリアはバッグをキャトラたちの前に差し出した。>

……可愛いバッグですね。あ、ここ縫い目が……

キレイに縫ってあるけど、やぶいちゃったの?

うん。でも縫ってもらったし、もう大丈夫~!

それじゃ、エシリアは学校探索にいくから、またね~!

あいかわらずね……っていうか、シズクって裁縫とかできたのね。

『それくらいは出来るようになれ』と、イサミに言われたのです。

ふ~ん。実際に役にたったみたいでよかったじゃない。

はい。おかげでエシリア様と話す機会を得られました。

……もしかして、あまり話したことなかったんですか?

そうですね。まだ数回といったところです。

へ~。さっきのアンタたち、仲よさげに見えたのにね。

本当……ですか?

エシリアも大人しく待ってたし。生徒同士ってよりは、先生と生徒って感じだったけど。

そうですか……そんな風に見えたんですね……

……シズクさん?

あ、もうしわけありません。そろそろ私は部活へいきます。

それでは……

……ほんとうにシズクさんなら、いい先生になりそうよね。

アタシもそう思うわ。



TOP↑

思い出4



――ふ~ん。じゃ、学校は楽しめてるのね。

はい。多くを学ばせていただき、とても充実しています。ただ……

ん? なんか困ってるなら、相談にのるわよ。

いえ、困るというか……イサミと少し時間が合わないので……

そうなんですか?

互いにやる事があり、顔を合わせる時間も減って……それが少し……

……寂しくなっちゃった?

さ、寂しいなど――ッ?!

<キャトラの言葉に振り返った瞬間、シズクは降りはじめていた階段を踏み外し――>

シズクさんっ!!

<――『偶然』階段の下にいたイサミに抱きとめられた。>

え、あ、イサミ……?

『イサミ?』ではない! 階段の上でふざける馬鹿がいるか!

す、すまない……

……みなさま方、お騒がせして申し訳ありません。

ううん、アタシにも責任あるし……ごめんなさい。

いえ、気を抜いていなければ、この様なことはなかったはずです。

……そうですね。私の不注意です。申し訳ありません。イサミも、すまなかった。

次から気をつけろ。それではみなさま方、失礼いたします。

改めて申し訳ありません。お騒がせしました。


え……マール様?

m……ハッピー?

あー!? さっきの、アンタのしわざね!

mだって、なんかしょんぼりしてたから。

マールさん、親切心なのはわかりましたけど、階段では危ないですよ。

そうよ! 場所を考えなさい! 次から気をつけんのよ!

mえ~!

あ、いえ、場所とか……そういうことではないのですが……




TOP↑

思い出5



あ、みなさん、これからお帰りですか?

そうよ。アンタも帰るんなら、一緒しましょ。

私が一緒でもいいのですか?

良くなきゃ誘わないわよ。

ありがとうございます。イサミ以外の方と、帰宅するのは久しぶりです。

……そうなんですか?

イサミと別の時は大抵ひとりです。……最近は、お誘いくださる方もいますけど。

その人たちと帰らないの?

部活の片付けなどをしていると、遅くなってしまいますから。

……キャプテンも大変ねぇ。

いえ。私にとっては、やりがいを感じてるくらいです。

それに、こんな穏やかな日常を、経験してはきませんでしたから……とても新鮮で楽しいです。

そういやアンタ、鬼退治ばっかりの生活だったんだもんね。

はい。鬼を討つことが、私たちの生きる意味でしたから。

ここへ来なければ、こんな生き方があることも気づかなかったでしょう。

……シズクさん……

もし……私が鬼退治の一族でなかったら……

たとえばのお話です。

もしも……そうだったなら、私もなにか、違う生き方が出来ていたのかもしれません。

たとえば……学校の先生とか?

……そうですね。先生なんて夢もみられたかもしれませんね……



TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



……これほ……ルーンの光……

ねぇ、シズク。夢なんて言ってないで、叶えちゃえばいいじゃない。

……いいえ、キャトラ様。さっきの話は、ただのたとえ話。ありえない妄想の話なのです。

ありえないなんてこと、ないと思うけど?

……え……

もちろん簡単じゃないと思うわよ。アンタの呪いは弱まったけど、まだ解けたわけじゃないもんね。

シュゴウが加護の力で守ってても、あっさりふにゃふにゃになるし。

そ、それは……

でも、だったら全部解決してそれから叶えたら、いいじゃない。

全部……解決してから……?

そうそう。ま、鬼退治は学校にいてもできるしあとは呪いだけ解けばいいでしょ。

……そうね。簡単じゃないけど、できなくもないわね。

……キャトラ様……アイリス様……

シズクが先生をしてみたいなら、アタシたちが、いくらでも協力するわよ。

……ありがとうございます。みなさまのお気持ち、本当に嬉しく思います……!

ですが私は一族の当主として、淡い夢をみることはできません。

もう……ほんとかたいわね……

……でも、将来の目標のひとつとして考えてもみます。

……いつかそんな未来を望める日がくるかもしれませんから。

……きっときます。そう私も願っています。

そうそう。それくらい柔軟でいいと思うわよ。ね、シズク先生♪

っ……はい! 先生にまかせてください!




眩しい渚の青春 シズク・エンジュ




TOP↑

その他



関連ストーリー
画像説明
シズク・エンジュ
古来より続く<鬼退治>の一族の現当主。
呪いにより、時間経過で呂律が怪しくなる。
シズク(茶熊)
熱い砂浜でビーチバレーに青春を燃やす乙女。
エースとして部員たちを勝利へ導く。




~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (シズク(茶熊)・思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ