Gamerch

【白猫】シオン・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中
清廉なる兵器
シオン・ロスベルク cv.早見沙織
レヴナントに創られし、共鳴の概念使い。
他者と共鳴することで、世界を知っていく。


Flower of Grace ~花咲く竜の島~

フラワーオブグレース

飛行島の思い出 
その他関連ストーリー関連キャラ


思い出1



こんにちは。

シオンさん。いらっしゃい。

あれ?アンタひとりなの?

ええ。ここへ来たのは、私個人の用だから。

ふ~ん。それで、アンタの用ってなんなの?

あなた達に相談があって。聞いてくれる?

いいわよ。言ってみなさいな。

私たちで力になれるなら、よろこんで。

……ありがとう。来てよかった。

それで相談って、どんなことなの?

私の……ここにあるもののこと。

<シオンは自分の胸の上に、そっと手をあてた。>

ここにって……なにもないみたいだけど?

ある。ここには<共鳴>で得た、私の知らない<思い>が響いてる。

<共鳴>で得た<思い>……?

私は<共鳴の概念>で、相手のことを知ることが出来る。

でも万能じゃない。時には、私の理解できないモノと共鳴する時がある。

ふむふむ。たとえば、なにがわかんないの?

他人の感情。――思いというもの。

……それがわからないんですか?

<共鳴>で得ることはできる。有ることもわかる。でもそれは、理解とは違う。

自分で経験・体験して得たものでないのは、特に難しい。

ふ~ん。なんか面倒なのね。

少し前……ハーヴェイとディーラ、レナの<思い>と<共鳴>した。

私はそれを得たけど……この<思い>を知らなかった。

……シオンさんが、経験したことのない気持ちだったんですね。

そう。私には、こんなに強く熱く、あたたかで柔らかい<思い>は生まれたことがない。

だから、この思いの呼び方も知らない。

……シオンさんは、ハーヴェイさんたちの思いを、理解したいんですね?

そう。私は理解したい。でも方法がわからない……

だから相談に来た。

わかりました。私たちがお手伝いします。

どーんとまかせておきなさい。

ありがとう……よろしくお願いする。


TOP↑

思い出2



よーし!それじゃ、早速いろいろやってくわよ!

わかった。なにをすればいいのか、教えてほしい。

キャトラ、自信満々だけど……どうするつもりなの?

どうするって経験をつませるのよ。

足りないのは自分での体験なんだから、当然でしょ。

……そうだけど、それをどうやってつむの?

それは得意なものからでいいんじゃない?

私の得意なもの……?

そりゃ、戦闘でしょ。だから、森まで来たワケだし。

……そうね。戦闘はたしかに私の得意なものね。


『ガアアァァアア!!』


さっそく出たわねっ!シオン、いっちゃいなさい!

<シオンは襲いくる魔物の前に立ちふさがり剣を振るう!>


これでいいの?

いいんだけど、ちょっと余裕がありすぎね。

そう言われても……困る。

じゃあ……そうね、アタシのこと、レナだと思いなさい。

……キャトラをレナだと?

そうよ。ここにハーヴェイたちはいないわ。

今はアンタだけなの!だからアンタがレナを守るの!

アンタはレナのお姉ちゃんでしょ!

私だけ……私が負けたら、レナが……ッ!?これ――


『ガアアァァアア!!』


って、話してたら、コッチキター!

キャトラっ!?


――させない。レナには……触れさせない。


<シオンは襲いくる全ての魔物を、

尋常ではない殺気を込めて次々に斬り伏せた。>



フゥ……フゥ……

す、すごい……

レナ……キャトラ、大丈夫?

う、うん。大丈夫よ。ありがとうシオン。

いいの。おかけで少し、理解ができたみたいだから。

えっ、ほんとに?!

レナのことを守らないとって、そう考えたら――胸の<思い>に似た熱さが湧いてきて……

アタシは『そう思え』って言っただけなんだけど……アンタ……すごく単じゅ――

シオンさんは、とても素直なんですね。

素直……?私が……?

まあ、そのおかけで少し前進したみたいだし、結果オーライよ!

……そうね。私も、少しだけでも理解できた事は嬉しい。

また、協力してほしい。

はい。もちろんです。


TOP↑

思い出3



キャトラ。次はなにをしたらいい?

ちょ、ちょっと落ち着きなさい。こういうのは焦ったらダメなのよ。

なにせ、ココロの問題なんだから!

(キャトラ……今日はなんだか、頼りになるわ……)

焦りは禁物……わかった。

たしかに少し、性急だった。反省する。

わかればいいのよ。じゃ、今回は平和的にいきましょ。

平和的……?

そう、平和的。シオン、アンタの趣味とか好きなこと教えなさい。

……なぜ?それになにか意味があるの?

あるわ!

……そう。あるなら答える。趣味……好きなこと……

レナと遊ぶこと。あと、料理と……音を聞くこと……

ふむふむ……って、音を聞くことってなに?

そのままの意味。音を聞く。

風の音、雨の音、たき火の音……

自然の音を聞くということですか?音楽ではなく……

音楽を聞くのも好き。ただ演奏は聞く機会が、ほとんどない。

なるほど。それで普通の音なのね。

そうなる。

シオンさんの、一番好きな音ってなんですか?

一番好きな音……?

はい。特別だって思えるような、そんな音です。

特別な音……私の特別な……

……うの……と……

……え?

心臓の……音――

<シオンはキャトラに手を伸ばし、そっと抱きしめた。>

え?えっ?!なに、これ?!

どういうこと??!

……違う。これじゃない……

アンタねえ!

いきなり抱きしめといて、これじゃないとか失礼でしょ!?

……ごめんなさい。

でも、私が好きなのは、あなたの音じゃなかった。

だったら誰のがお気に召すのよ?!

レナ。

即答っ!?

あとディーラ、それにハーヴェイの音も……聞いていると安心する。

心臓の音を聞くと、生きているのを感じる……あたたかくて、優しくなれる……

……シオンさんには、安らぐことのできる音なんですね。

安らぎ……そう……この気持ちが――<安らぎ>

……キャトラ。

なによ?

私はキャトラに感謝してる。でも、この気持ちは生まれなかった。

ごめんなさい。

わかったけど、ごめんなさいはやめなさいよ!

なんかちょっと傷つくでしょー!!


TOP↑

思い出4



……ハァ……ハァ……ッ。

シオンさん?!

<シオンは返事をすることもなく、崩れるように座り込んだ。>

ちょっと!アンタ、ケガしてるじゃない!アイリス!

<*×○■!&%$…………>

……手間をかけさせてごめんなさい。

そんなこと気にしないでください。

それより、どうして傷だらけに……

ギルドの魔物討伐依頼を受けたので。

まさかそれ、ひとりで行ってきたの?!

危ないじゃない?!

でも……私には、これしかないの。

これしかなんて……どういうことですか?

ここへ来て気づいた。あなた達はなんでも知っているし、なんでもできる。

ハーヴェイたちと同じ……私にはできないことがたくさんできる。

でも私にできるのは――

戦うことだけ。だから私は戦って強くならないと……

だからって、ひとりはムボーよ。

でも弱い私は、ここに……

ハーヴェイたちの側に存在する価値がない。

シオンさん……それは違うと思います。

違う?なにが……違うの?

シオンさんの価値は、たとえ弱くても失われるものじゃありません。

そうね。大事なのは力じゃなくて、シオン自身だからね。

……私、自身……?

はい。私たちには、ここにシオンさんがいるだけで、十分な価値があるんです。

だから、ひとりで無茶すんじゃないの。心配するでしょ。

この感じ……胸の中の<思い>に……似てる。

……え?

……あなた達はどうして、私を……そんなに心配するの……?

仲間なんだから当然でしょ。

仲間……私は仲間?

私たちはそう思ってます。だから心配するのも当たり前なんです。

そう……これが仲間の心配……ハーヴェイたちと同じ心……

わかった。もう無理はしない。約束する。

あら。いきなり、いい返事するじゃない。

仲間に心配はかけてはダメ。なんでしょ?

はい。これからはお願いしますね♪

ええ。……心配してくれて、ありがとう。


TOP↑

思い出5



見つけた。ここにいたのね。

もしかして私たちのこと探していたんですか?

そう。なかなか見つからなくて、少し困った。

わかってるわよ。アンタが早くハーヴェイたちのこと理解したいって思ってるのは。

でも、あわてちゃダメよ。こういうのは少しずつ――

キャトラ。

――え?あ、うん。なに?

アイリスも、それから主人公も。

ありがとう。私なんかの相談にのってくれて。

なに、いきなり……あらたまってどうしたのよ?

……あ!もしかしてシオンさん、ハーヴェイさんたちの気持ちを理解できたんですか?

全てではないけど……あなた達のおかげで、理解は深められたと思う。

ほうほう。なるほどなるほど。それは良かったじゃない♪

それならきっと、すぐに全部理解できるようになりますよ♪

そう。あなた達なら、きっと近い内にそうなると思う。でも、私は私だから……

私は、あの場所から……ハーヴェイたちのところから離れることにした。


!?


あなた達ともお別れ。

ただお世話になったから、お礼だけでも言いたかった。

それじゃ、さようなら。本当にありがとう。

ちょ、ちょっと待ちなさい!

どういうこと?!意味がわかんないんだけど?!

?どういうことと言われても……

アタシたちは、アンタみたいに<共鳴>とかできないの!ちゃんと説明しなさい!

説明……

どうしてシオンさんは、ハーヴェイさんたちのところから、離れようと思ったんですか?

私では無理だから。

……無理?

あなた達に、これだけ協力してもらっても、私はまだ<思い>の全てを理解できない。

それを私は、この<思い>を、私には持つことのできないものだと理解したの。

シオンさん……

ハーヴェイたちがくれるのと、同じぬくもりを返せない私では……家族になれない。

だからハーヴェイたちと一緒にはいられない。


…………


そんな顔をしなくていい。

ハーヴェイたちとは違うと解っただけで、十分な成果。あなた達には感謝しかない。

家族と呼んでもらえて、嬉しかったけれど……このまま、どこかへ去るわ。

アンタ、そんなんで本当にいいの?

ええ。私は……あの、あたたかな家族には、相応しくないから……


TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



この光……ルーンの――っ!

<共鳴>?!なんで……こんなにあたたかい……

これはあなた達ね……<心配>と<怒り>……


そう。知ってる。二度目……

私を仲聞だと思って、心配して叱ってくれている。


わかってるなら、ちょっとアタシたちの話を聞きなさい。

気持ちは嬉しい。でもキャトラ、私はもう……

アンタは<共鳴>で知ると、それが全部正解だって思い込むわねぇ……


たしかに、その傾向はあるかもしれぬな。

…………え?




<声に驚いて振り向くと、いつの間にかハーヴェイたちが、側まで来ていた。>


アンタたち、なにしにきたの?

シオンが戻ってこないのでな。方々を探して回っていたのだ。

おねーちゃん、みーつけた♪

レナ……ハーヴェイ……ディーラも……どうして……

どうしてもなにもなかろう。家族が戻らぬのだ。探すのは当然だぞ。

家族……でも、私にその資格はありません。

ん?資格がないとは、どういうことだ?

ああ、それなんだけど、シオンが共鳴で、アンタたちの気持ちを知ったらしいのよ。

それは……つまり、我らが気に入らぬから家族ではない。

と、いう遠回しの拒絶か?

違うっ!本当に資格がないのは私の方!

……私の方……なの……

……シオンさん……

私には、ハーヴェイたちが向けてくれるような――

熱くて優しくて心を満たす……あたたかな思いを返せない。

そんな私が、あなた達の家族に、なれるわけがないの……

……シオン……

…………

聞け、シオン……私はお前に言ったな。

私達が互いに、寄る辺無き身だと。

だから共に生きることに、なんら差支えはないと。

……言った……

なら、お前は『なれるわけがない』と不安にならずともいい。ただ――

『なりたい』と願いさえすれば、私達は家族だ。

っ……本当に……それだけでいいの?

私はなにもできないのに……

ああ、それだけでいい。


レナもっ!レナも、おねーちゃんといっしょだよ!

言わずともわかるだろうが……我も言おう。

それで良い。我らはすでに家族だ。

お前はどうだ?シオン……


ッ……う……わ……私は……

私も――家族で、いたいっ……ッ!


ああ。安心しろ。私達は家族だ。もう心配をさせるな。

ッ……うんッ!!




…………


もう大丈夫そうね……

ええ。あとは家族にまかせましょう。




森羅共鳴 シオン・ロスベルク



TOP↑

その他


レナハーヴェイシオン

関連ストーリー
画像説明
シオン・ロスベルク cv.早見沙織
レヴナントに創られし、共鳴の概念使い。
他者と共鳴することで、世界を知っていく。

人物紹介
画像詳細
シオン・ロスベルク cv.早見沙織
レヴナントに創られし、共鳴の概念使い。
他者と共鳴することで、世界を知っていく。
レナ・ロスベルク cv.森永千才
優しさを探す少女
恩恵を与える少女。
ハーヴェイ・ロスベルク CV:中田譲治
統合機関に作られし、突破の概念使い。
己の命を懸け、家族を守る。

コメント (シオン・思い出)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ