Gamerch

【白猫】マナ(正月)・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中

マナ・ドーリス CV:津田美波
人として蘇りし人魚。
海より生まれた命を、海へと還す。


メインストーリー
飛行島の思い出 
友情覚醒画像その他相関図



思い出1




みなさん。明けましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

お正月っぽいファッションね。裏地がおしゃれな感じ。

仕事でパーティーに参加すると伝えたら、実家が用意してくれまして……

ステキですね♪

ありがとうございます。

いいご両親だわね~。

両親には感謝しています。本当に……

ところで……お正月ですし、こちらをどうぞ。

<マナは、ぽち袋を渡した……>

アラ、お年玉ね!

フフフ……今年はもらうだけじゃないんだから!

<主人公は、お年玉を渡した。>

これはどうもご丁寧に。

おこづかいを渡しあうって、素敵な慣習だわ。

新しい年を祝福するという意味があるそうですよ。

お祝いなんですね。

飛行島でもお祝いよ?

ヘレナさんがおもちのパイをつくったんですよ。どうぞ♪

ありがとうございます。いただきます。はむ……

どう?

美味しいですね……

でしょ~。

はふはふ……

おとそも作りました。

なんだか、悪いものを祓ってくれるんだって!

縁起物ですね。

マナさんのご実家では、どんなお正月なんですか?

……お魚が……たくさん……出ますね……

いいじゃな~い!!

お魚しか出ないんです。

お魚だけ……!

船盛りが、本当に船に……盛られてます……!

興奮してきたわ!!



――遥かなる海の底。

光も差さぬ深淵に、不死を司るルーンがあるという。


その影響により、一部の人魚は不死の存在となった。


だがその不死とは――

死を否定するものではない。


傷つき病めばその命は消える。

だが一度消えた命さえも、不死のルーンは蘇らせる。


遥か古に亡くなった、とある人魚。

それが何ゆえか、人として蘇った。


マナ・ドーリス

――彼女こそ、人として生まれた、人魚。


 …………

 ……


「――――アア――――」


それはゆっくりと、海の澱みから姿を現す……



TOP↑

思い出2




<みんなでピザもちを作った。>


おもちにチーズとピサソースを乗せて焼いたんですね……

おいひいわよ。にゅむー。はふぁふぁふぁ!?

食べながらしゃべるから……

はむ……あ、けっこういけますね。

おもちにゅー。

はあ……飛行島に来ると、リラックスできます……

羽根を伸ばしてくださいね。

お言葉に、甘えさせていただきます……

疲れてるわねぇ。お仕事大変なの?

大変ですけど……大変じゃありません……ふぁあ……

その心は。

気の持ちようです……ええ……そうですとも……ふぃぃ~。

(すごく大変な……お仕事なんですね……!)

アタシが上目遣いで見てあげるわ! 元気をだして!

かわいいですね……むにゃ……

ムシャムシャにゅむにゅむ。……パクン……アイリス、おかわり!

これで最後のおモチだわ。

ぎにゃー!

(すう……すう……)


――夕凪の海――


これは私の――

それとも、彼女の――?


彼女の声は、あれ以来聞いていない……


私の想いは、彼女の想いなのか。

喜びも、悲しみも、怒りも。


――だったら私は何?



 ――――


「……えっ、今の……声は……?」



 ――――

 ――――――

 ――――ァア――


人魚には想い人がいた。

戦乱の続く世界に生きた、一人の戦士――


 アイタカッタ――――!


「まさか……あなたは……!」


 …………

 ……



もうこんな時間………………変な夢ですね。

あら、起きたのね。

そろそろごはんですよ?

ありがとうございます……



TOP↑

思い出3




飛行島が、とある島の近くに着水した……


なるほど……バーベキューには絶好のロケーションですね。

おモチも焼きたかったわ……

元気を出してください。ちらっ……ちらっ。

どうして周囲を気にしてるの?

……アッ? ……アーッ!!

……そうだったわ。浜辺は離れて高台に行きましょう。

<浜辺には、マナの苦手な生き物が……>

お気遣いは無用です。

マナが……獲物を狙うトビウオの目を……!

どんな目つきなのかしら。

いつまでも奴らに舐められている私ではありません。克服してみせます。

無理しちゃダメよ。

お気遣い無用です。さあ! 分かってきなさい!

趣旨変わっちゃった。

フッ……読めてますとも……! これは奴らの出る流れ!


前触れもなく。

奴らは現れた――


生き物の死骸を喰らう、磯の生物――


キーッ!!

<マナはフナムシを――にらみつける――!>


ゴクリ……頑張る必要があるかわからんけど、頑張って!


……あなたの武器はそのフォルムだけ――

覚悟を決めた私には、もはや通用しません!


<フナムシの群れが!>


いーやああー!!
フナムシイイイイイ!!


 …………

 ……


苦手なものを無理に克服しなくても、いいと思うわけよアタシ。

……醜態です!


TOP↑

思い出4




<マナが、ぬいものをしている。>


マナさん。お裁縫を?

暇でしたので、ぬいぐるみでも作ってみようかと。

どれどれ……? ……何このファンシーな外見に、シブイ顔のキャラクターは……

この形……もしかして、飛行島ですか?

その通りです。こちらは、飛行島をイメージしたキャラクターです。

なんか……目つきが鋭いわ……飛行島の形なのに……!

<ひこうじまくん>は、軍人という設定ですので。

その設定いる?


 ……

 …………


「やあ、マナ。ゆっくり休めてるかい?」

「充実した休暇を送ってます。」

「休暇を頑張ってるとか?」

「ちゃんとだらだらしてます。ところで……」

「何だい?」

「最近、人魚の記憶を思い出すことはありますか?」


 シンは帝国海軍の軍人。潜水艦乗りである。

 かつて重傷を負ったシンは、マナに血を与えられ、命をつないだ。

 以来シンも、人魚の記憶を一部共有している――


「最近はないね。

君も確かそうだったはず――まさか、今になって?」

「お察しの通りです。でも……なんだか変なんです。」

「夢の内容、聞かせてくれるかい?」


 …………

 ……


 命をはぐくむ海……

 その底で輝く、不死のルーン。


 ――人魚はルーンに祈りを捧げる。

 海に満ちる命の力……ソウルが世界に満ちるように。


 不死のルーンは命の恵みを海に広げる――


 ――アア――


 ――マッテイタ――

 ――ズット――


 …………

 ……



「人魚が愛した男は……僕と同じように、血を与えられたと……?」

「覚えているんです。私は……そうしたはず。

あの人は……海で溺れてたんです。酷いけがも負っていて……」


(私は、彼を助けた……そして、愛してしまった……)


「……不死の因子を得たものは、ルーンを通じて意識を共有することがあるようです。

もしも、あの人が……! 人魚の血の効果で、死ねなくなっていたのなら……!」

「生きているっていうのか――」


TOP↑

思い出5



人魚の血を与えられたものは、

文字通りの不死になるわけではありません。


少しだけ、死から遠ざかるだけ。


ですが……肉体が朽ちても……

魂が不死に縛られ続けるとしたのなら……


……私は、取り返しのつかないことを……!


 ***


マナさん……何かあったんですか?

……はい。

ハッ、これは悪いものが……!

マナ、もっとおとそ飲みなさい。

大丈夫です。お気遣いありがとうございます。



 その存在を――あえて言葉にするのなら――

<命に呪われし者>というべきか。


「――――――アア」


「誰です!?」


「―――イッショニ――!」


 黒い影は、マナの手を取る……


「あなたは――」


 影は、腕に力を込めた。


「この人が……私の……人魚の愛した人……?」



どうしたの、マナ!

……何でも、ありません……


 …………

 ……


「幻じゃないと?」

「死ねなくなった何かが――確かに、そこにいました。」

「肉体が朽ちても……死ねないってわけか。」

「申し訳ありません。艦長。私はあなたを、同じ目に合わせてしまったかも……」

「後悔はしてないさ。あとマナ。今はプライベートだ。」

「そうでしたね、シン。」

「彼はどうするつもりかな。君の直感は?」

「……あれは……」



マナさん、毛布をもってきました。

調子悪いみたいだし、横になったら?

感謝します。全く……体調管理が、なってませんね。



TOP↑

思い出6 (友情覚醒)




ルーンが、輝いて……

<少しは、元気になっただろうか。>

不思議ですね。なんだか……気が晴れました。

悩んでもしょうがないですね……ここは、直感に賭けてみましょう。

なんかわからんけど、マナがいい顔になったわ!

大事なのは、直感に賭ける意志!

――この気配――

来たか……マナ、大丈夫か?

ええ。


――アア――ソノスガタ――

アイタカッタ――


苦しんでいるのですね。私の血から与えられた、不死の因子のせいで――


――サア、ハヤク――

――ワタシニ――


お断りです。


――ドウシテ――

――ドウシテ――ダ――


あなたがそうなったのは、あなたがそう望んだから。

永遠に生きようと願ったから。私の血で――!


オマエノ――血ガ――

アレバ――モウイチド――


無駄です。


命ヲ――


死……ッ!!

死ヌ……死ヌッ……

イヤダ……イヤダ……



あるべきところに還りなさい。

ソウルの流れの中に……



 …………

 ……


おもちが無いなら、作りましょう! いくわよ主人公!

<モチつき大会が始まった……?>

はっ!

<シンは杵でモチをついた!>

はっ。

<マナはモチに手水を入れた!>

流石、息が合ってるわね!


<モチが完成した……!>


見事な出来です。

君のおかげさ。

共同戦果です。

――マナ、あの亡者の正体は――

人魚が愛した人の末路――では、ありません。

はるか昔、人魚の血を手に入れて、少しだけ長い寿命を手に入れて死んだ――

哀れな誰かの成れの果て。

……君はそれを、命の流れの中に還したってわけか。

彼は全てを受け入れていた。あんな末路を遂げるはずがありません。それに――

私、思い出したんです。あの人が海(いのち)に還った瞬間を。

さっそくおとそが効いたみたい!

おとそも効いたようですが……主人公さんのおかげかと。

お陰で思い出せました。直感に賭ける意志を。


一年は終わり、そして始まる。

命も終わり、そして始まる。


年の初めから、なんともドラマティックだねえ。

つきたてのおモチ、さっそくいただきましょう♪


主人公。今年も――

よろしくお願いします♪



不死なる深淵


TOP↑

その他


正月

関連ストーリー
画像説明
マナ(正月)
人として蘇りし人魚。
海より生まれた命を、海へと還す。

人物紹介
画像詳細
ユーリエ・ハ・イドラ CV:植田佳奈
数千年生きている人魚族の女性。世界の貨幣経済を牛耳ると同時に、<闇>と通じている人魚族に反対の意を示して同族を敵に回した。ただし、本人も金にがめつい。


~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (マナ(正月)・思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ