Gamerch

【白猫】ジルベスタ物語 Story

最終更新日時 :
1人が閲覧中

2019/05/31


目次


Story1 道を探す物語

Story2 忠勇の国のおてんば姫

Story3 乗り換え、ミスって

Story4 騎士の資格

Story5 入者の正体





story1



――その国は、二つに割れていた――


「ありがとうございます、騎士様……ああ、酷い怪我を……」

「はぁ、はぁ……心配無用です……

僕は、誇りある――<忠勇の国>の騎士ですから。」


「今月分の税金を納めてもらう。」

「今月は怪我人が相次いで……治療費で、金が……」

「では今月は、お前たちのエリアには護衛兵を置けないな。」

「そ、そんな……! この貧民街のすぐそばは、深い森だ……!

もし魔物が入ってさたら、わしらはひとたまりも……!」

「ならば、必死に稼ぐことだな。

騎士団の維持には金がいる。それに貢献できない者を、我々が守る義務はない。」


――<騎士>と<騎士>が割れていた――


「今夜、うちで食事でも♪ 腕利きのシェフを雇ったんです。」

「ええ、ぜひ♪ うちもつい先日、最高級のワインを取り寄せましたの♪」

「おい、蔵に泥棒が入った! 例の貧民街のガキだ!!」

「――ッ! もうバレたか!」

「またアイツか! こ汚い貧乏人め!!」

「けがらわしい……! 誰か早く捕まえてちょうだい!」

(あれっぽっちの配給で、ガキどもが満腹になるかよ……

みんな腹空かせてんだ……捕まってたまるか!)


――<民>と<民>が割れていた――


「……昨夜また、街の酒場で若い騎士同士が乱闘騒ぎを起こしたそうだ。」

「――僕の耳にも届いているよ。彼らを導く身として……この国の軍事責任者として、厳然と対処するつもりだ。」

「……そろそろ、まとまるべきだ。騎士たちも、それに我らも――そう思わないか。」

「兄上の言うことは、本当に――とても、よくわかる。

でも、僕は僕のやり方を曲げない。……それが、僕なりの……この国を守るための、信念だ。」


――<信念>と<信念>が割れていた――


「しつけえなあ、オッサン……!」

「今日こそ逃がさないぞガキ! 捕まえて城に突き出してやる!」

「てりゃっ☆

――しししっ♪ 悪いのぅ♪」

「イテテ……仲間がいたのか! 待てこの――

はぉぉぉおっ!?」

「ざんねん♪ そこは落とし穴じゃ☆」

「……誰が助けろっつったよ。」

「いいから逃げるぞ、ガフ! みんなに腹いっぱい、食べさせるんじゃろ♪」

「言われなくても、だっつの!」


私がこれから綴るのは、<道>を探す物語。そして――




TOP↑

story2 忠勇の国のおてんば姫



間もなく到着します。お二人とも、下船の準備を。

――ふぁ~っと……ようやくかぁ! 長い往路だったな、カレン。

……降りる前に、顔でも洗ったらどうだ、ディーン。

わかってるって。大事な友邦からのお招きだもんな。

<ディーンとカレンは、飛行艇の甲板から、眼下の島を見下ろした。>

連邦加盟国――<ジルベスタ王国>ね。


<連邦>――

白の民の直系を称する<聖王家>を中心とし、多数の国々が名を連ねる国家連邦。

ディーンが元首を務める<剣の国>もまた、連邦加盟国の中の一つである。


こうして実際に訪れるのは初めてだな。

交流があったのは、カイデン殿が<剣の国>の元首だった頃だからな。

騎士がたくさんいる国……なんだよな、たしか。

ああ。国を取り囲む深い森には数多くの魔物が生息し、常に民をおびやかしている。

また<嵐の国>をはじめ、戦乱うず巻く国々とも程近く、常に侵略の危険に晒されてきた。

それらの脅威から国と民を守るため、騎士団の拡充による防衛体制を固めてきた国――

で、多くの騎士たちを束ねるため厳格かつ清廉なる騎士道を重んじ――

そこはいつしか<忠勇の国>と呼ばれるようになった……か。

なんていうか、燃える成り立ちだよな!

……同じ騎士として、学ぶことも多いかもしれないな。

だよなぁ!

だが今回、私たちは招かれた身だ。国の代表としてふさわしい振る舞いをすること。いいな?

そうしたら褒めてくれるか?

褒めるか! 子どもか! 元首として当然の振る舞いだっ!


 ***


――ようこそ、ジルベスタヘ。私がジルベスタ国王の、ロレンツ・アインヴァッカです。

<剣の国>剣誓騎士団総長――ディーン・バルトです。

同じく副長――カレン・ガランド。此度はお招きいただき、心から感謝いたします。

あなた方<剣の国>と我が国は、ディーン殿のお父上ーカイデン殿がご存命だった頃からの付き合いです。

お父上と同じ、誇り高く力強い瞳をしていますね。ディーン殿。

……え、そ、そうか!? いやぁ~……

ぐむぉう……っ!?

(素を出すな……!)

失礼します、国王陛下。ご報告が……

カシス。どうした?

それが、その。また――姫様が。

……お二人とも申し訳ありません。昼食の時間まで少々、お待ちいただいてよろしいでしょうか?


 ***


――ふぃ~。さすがに緊張したなぁ!

そうは見えなかったが。……それにしても、城内がなにやら騒がしいな。

ま、おとなしく待ってようぜ。――って、このクッキーうめぇ!

おろ? 初めて見る顔じゃの?

女の子……? いつの間に部屋に――

ええと、俺はディーンで、こっちかカレンだ。君は……お手伝いさんかなにかか?

そのようなものじゃ♪ それじゃ、またあとでの☆

おう。――って、どうして窓の方に? 出口はあっちだぞ?

ヘーきヘーき☆

あ……!? クッキー、皿ごと持ってかれた!?

それどころじゃない!ここは三階だぞ!? 君、危ないから戻――

ぴょーん☆


……はぁ、はぁっ……し、失礼いたします!

今、この部屋に……ユーカレア様がこられませんでしたか!?

ユーカレアって……えっと、確か――

(……この国の王女の名だ)

そうだそうだ……いや、来てないぜ。なぁ?

お手伝いさんの女の子でしたら、今しがた、そこの窓から飛び降りていきましたが……

それがユーカレア様です!

ああ、なるほど。

――なにぃぃぃいいいい!?




TOP↑

story3 乗り換え、ミスって


――知らない島に!! 来ちゃった!!

気を落とさないでくれ、諸君♪ キミたちが悲しんでいると、ボクまで悲しくなってしまうよ?

そもそもブライが、乗る飛行艇間違えたからでしょーが!

アンタがくれたチケット……<世界の高貴な猫まんま展>……楽しみにしてたのにぃ~……

ここから出発し直しても、イベントには間に合わないね……

船弁食べたいなんて言わず、素直に飛行島使えばよかったわ……

暗い顔をしても仕方ないさ♪ せっかくの休暇だしね!

こんなときこそ、そよ風のごとく爽やかに笑おうじゃないか! そう、このボクのように♪

それもそーね! 過ぎたことをうじうじ悩んでらんないわ! さ、探検しましょ!

(ポジティブね、キャトラ……!)

この辺りに、休憩でさるような場所はなさそうだな。

城下町の方まで、足を運んでみないか? 宿くらい見つかるだろう。

おっと、宿をとるのなら当然、最高級のスイートルームだよ♪

ボクの親友ならそのくらい当然、理解しているだろうねクライヴ?

じゃあみんな、行こう。

クラアァァァイヴ!! 君のその露骨な無視、いい加減無理があるんじゃあないか!?


 ***


それにしても――

島の中心にはでっかいお城があるのに、町の端っこは妙にひっそりしてるわね……

建物も、みんなボロボロだね……

このジルベスタ王国は、騎士がとても多い国なんだ。

騎士が多いということは、維持のために金がかかるだろ。

その費用は国庫を圧迫し……結果として、税金が上がる。

税金を納められない貧困層は、このような居住区を割り当てられてしまうのだろうね……

じゃ、ここは貧民街ってやつ……? 大変なのね……

わっと……!

きゃっ!?

<一人の少年が、アイリスと衝突した……>

いてて……悪い悪い。大丈夫かい、お姉さん?

ええ、平気よ。こちらこそ、よそ見をしていてごめんなさい。

怪我してないならよかった。それじゃ――

少年。立ち去る前に、<それ>を返してくれないか?

あ、あれって……アイリスのお財布!?

いつの間に……

……

ぎにゃー! 逃げられるわ!?

ふっ、任せたまえ♪ このボクが華麗に――

こ、こら! マントを引っ張るな! パパが買ってくれた特注品だぞ!? やぶけるだろ! クラァァイヴ!



TOP↑

story4 騎士の資格


……はぁ、はぁ、はぁ…………逃げられたーっ!

もういいよ、キャトラ。小銭入れだから、そんなに入ってなかったし……

金額の問題じゃないの! こーゆーのはけじめが大事よ!

それにしても……走り回っているうちに、すっかり迷ったな。

最高級生地の魔法衣が、汗でベトベトだよ……

――クソッ、離せよ!

貴族街の住民から通報があったぞ、ガフ。お前また食料を盗んだな!

いてて――オレじゃねえって!

フン、嘘をつけ! それにこの財布……

お前に関係ねえ! こいつは爺さんの薬代だ! 魔物に襲われてケガしてんだよ!

お前ら騎士が近くにいたのに! 守ってくれなかったから! 負った傷だッ!

あの老人が住むエリアは、先月分の税金を滞納している。警備が手薄になるのは当然だ。

だから……そんなんだからオレは――お前ら騎士が大ッ嫌いなんだ!!

この、暴れるな!

ぐぅ…!

――子どもに暴力を振るうなど、騎士の風上にも置けないな。

その子を離せ。

……なんだ、貴様らは。

フッ、華麗にして至高――通りすがりの天才魔法使いさ♪

通りすがりのしゃべる猫よ!!

……お前ら、さっきの……

よそ者は引っ込んでいろ。このガキは盗みの常習犯だ。この財布だって――

――そのお財布は、私が彼にあげたものです。

こいつを庇うのか? 物好きめ。どのみち、このガキの取り調べはするがな。

その子の手当てが先だ。お前が怪我をさせたんだろう。

黙れ! いい加減にせんと公務執行妨害罪で――

ほいやっと☆

ごわっ!? なんだこれ灰か!? つーか、くっさ! クッサァ! なに混ぜたコレ!?

……レ、レッカか!?

ゲーッホ! ゲホッ!待てぇい!!

なにかわからないが、今のうちに俺たちも退散しよう!

オッケー!

ちょ、ま……ゲーーッホ! ガッホ! クッサァ!

アンタまでムセてんじゃないわよ!



TOP↑

story5 ●入者の正体



ししし♪ ガフ、お主が教えてくれた<ニオイ爆弾>、強烈じゃな♪

そりゃどーも、レッカさんよ……クソ、オレまでくせェ……

ほんで――

……お前ら、どうしてオレなんか助けた? なんの得にもならねーぞ。

俺が、騎士だからだ。理由はそれだけさ。

家訓に恥じないよう、騎士としてふさわしい行動をとったまゲッホ! ゴェッホ!!

いつまでムセてんのよ!

――お主らは、立派な騎士なのじゃな。

……ほらよ。財布、返す。

お財布はいいの。それより、さっきのお話を詳しく聞かせてくれない?

怪我人がいるのよね? 力になれるかもしれない。

そりゃ、どういう――

あれ? 痛みが……消えた?

彼女――アイリスは、治癒魔法が使えるんだ。

ほおぉ~~~っ! すごい腕前じゃな☆

ありがとう♪

アンタ、レッカっていったっけ? この辺の子なのかしら?

そんなカンジじゃ。よろしくのぅ☆

……ガフだ。レッカとは腐れ縁だよ。

あらそ。アタシはキャトラよ♪

――!!

……チッ!

あ、まつんじゃガフ! ほれ!

……クッキー?

みんなで仲良く分けるんじゃぞ♪

あ、まって、ガフくん――!

颶風(ぐふう)のごとく、立ち去ってしまったね。

――あれ? お前ら!?

アイリス様、キャトラくん、主人公に――クライヴ殿まで……!?

カレン殿に、ディーン!? 久しぶりだな!

驚いたわー……二人して、こんなとこでなにしてるのよ?

いろいろあってな。おてんばなお姫様を探してる最中だ。

姫だって!?

フーン? つまりロイヤルなかくれんぼね。

あらー! みんなして勢揃いやないの!

<氷の国>のヴィクトール殿に、エイス殿……!?

皆さんまで!?

……この国の王族から、招待を受けて来訪していた……

ちょーっと前に、騎士団同士の合同演習でご縁ができたんや。

ほんで今は、姫ちゃん探しを手伝っとったんよー。

それで、見つかったのかい?

……ええ。と、いうよりも――

あの、そのことは……

こいつらは大丈夫だ。知らないやつもいるけど、主人公の知り合いなら信頼できるよ。

――皆さん、どうかこのことはご内密に。さあ、城へ戻りましょう、姫様。

なにいってるのかしら? その子はお姫様じゃなくて、レッカっていって――

ししし♪ 見つかってしまったのう。

ほらね? ほーら――

「「「ええええええええええええええ!?」」」






next







~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (ジルベスタ物語 Story1)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ