Gamerch

【白猫】ジルベスタ物語 Story2

最終更新日時 :
1人が閲覧中

2019/05/31




目次


Story6 反省してるのじゃ~

Story7 スピード・プリンセス

Story8 貧民街にて

Story9 アメちゃん姫ちゃん

Story10 お姫様、夜のご訪問



story6 反省してるのじゃ~


――姫様! ま~た城から勝手に抜け出して! もう何十回目ですか!

じゃから、さっきからずっと謝っておるのじゃあ……

反省が見られませぬ! しかも今回は、大切な国賓の皆様にまでご迷惑を……!

皆様、本当にありがとうございました……

いいさ、カシス。ここは騎士の国。騎士道を重んじる国だろ?

誰か困ってたら手を差し伸べる。それが俺の騎士道なんでね。

ですので、我々のことはどうかお気になさらず……

ま、何はともあれ無事でなによりやねぇ。よかったわぁ!

ほれ、皆もこう言うとるぞ?

そういう問題ではございません!

くどくどくどくど! ガミガミガミガミ!

はぁい……ユーカが悪かったのじゃ。本当にごめんなさい……

まったく……

くっ……

……大臣の言う通りですよ。ユーカレア様はもっと、一国の姫君として自覚を持たないと……

むぅ……フリントはユーカの味方じゃと思っておったのに……

そんなこと言って、この間だって僕の授業から逃げ出したばかりじゃないですか。

だってぇ……城の中はたいくつなのじゃ……

もしもこんなことが公になれば、民に示しがつきませんよ?

……はーいなのじゃ。もう逃げませーん……

う゛ふっ!

(わ、笑うな馬鹿……!)

――はしたないですよ?

ぶにゃっ!? きゅ、急に振り向くでない! 変顔はすぐには戻せんのじゃ!

ディーンさん、カレンさん。ヴィクトールさんにエイスさんも。身内事に巻き込んでしまい、本当にすみませんでした。

ああ、いや……

ヴィクトールさんたちとは以前からの知り合いですが、改めて――

フリント・アインヴァッカ。国王ロレンツの弟で、この国の騎士団を管理しています。

以前は騎士団長として、兵を率い、勇猛に戦ったとお聞きしています。

もう昔の話ですよ。――それでは、僕もいったん失礼いたします。また食事の席で。

そういえば大臣、父上は?

急な公務が入ってしまい、しばし席を外しておられます。

申し訳ありません、皆様。本来であれば、ロレンツ様が城内をご案内する予定だったのですが……

……気を遣わなくて構わない。

では、ユーカレア様。そろそろお勉強の時間で――

……カシス! 父上の代わりに、ユーカが客人を案内するぞ!

いけませんよ、ユーカレア様……そんな勝手に……

俺は構わないよ。いいのか、姫様?

そのような堅苦しい言葉遣いはよすのじゃ、ディーン! 親しみを込めて、ユーカと呼べ♪

そうか? じゃあユーカ、よろしくな!

ではさっそくついて参れ♪

あ、ユーカレア様!? ですから城内を走っては……!

城の案内と鬼ごっこ! 趣味と実益をかねた、一石二鳥の作戦じゃー!

おっしゃ! 負けねえぞー!

こら、ディーン……! ああもう!!

元気やねー。ウチらは脱走に備えて、空から見張ってよか?

……ああ。



TOP↑


お騒がせおてんば姫

>速いな、おい!!

>まったくもう……!!


>こっちじゃこっちじゃ~☆

>早くしろカレン、逃げられるぞー!

>なぜ楽しそうなんだお前は!



story7 スピード・プリンセス



しししし☆ こっちじゃこっちじゃー!

うぉぉお!? めちゃくちゃ速ぇ……!!

いけません、ユーカレア様! 王や大臣たちに知られたら、また叱られてしまいますよ……!

それならバレる前につかまえてみせい☆

そういう問題ではありません! もう……!

見失っちまう……! カレン、お前のファフナーで追えないか?

(おいそれと人前で出せるか! バレたら二度と他国に入れなくなるぞ!)

(そ、それもそうか……なんでもアリのスパイみたいなモンだからな……)

ほれほれ♪ おーにさーんこーちらーじゃ☆

俺は右だ! カレンは左から回り込んでくれ!

わかった! 速やかに終わらせる!

では僕は、退路を制限するために上へ……!

(くそ、見失っちまった! でも廊下は一本道だし、きっと今ごろカレンが――)

いたぁーーーー!!

――って、はあ!? どうしてお前とぶつかるんだ!

こちらのセリフだ! 挟み撃ちにできたとばかり……

……おや、お二人とも、こんな廊下で座り込まれてどうされました?

あ、いえ、大臣……これは、ええと……

い、いやぁ~……! あんまり綺麗な城だもんで、よそ見してたら転んじゃって……

……っ!

? 私の顔になにかついていますかな?

い、いえいえっ!

そんなことは!


 ***


上に行ったぞ、カレン!

わかってる! さあユーカレア様、追い詰めました。今度こそ――

って……いないだと!?

……え? あれ? 一階にいる? どういうことだ!?

上に逃げたはずなのに、なぜ下から現れる!?

すげえ逃げ足の速さだ……!!

そういう問題なのか、今の現象は!?

そのパターンはすでに読んでいましたよ! はぁぁああっ!!


 ***


……くっ、捕まらない……!

なんつーすばしっこさだよ……


ししし♪ どうした皆の衆? 口ほどにもないではないか♪

姫様、降りてきてください! その高さから落ちたら……!

ししし♪

大丈夫じゃー! そんなドジするわけ――

って、おろっ? ここの建材、もろくなって――

ひゃーー!! おーちーるーのーじゃー!?

ユーカレア様……! 床に激突する……!!

――ファフナー!!!

お、おおお!? お主は何者じゃ!?

あ、危なかった……

<大きなシャンデリアが、ユーカレアたちに向かって落下してきた!>

ディーン!!

よしきた! どりゃああああああ!!

おおーー-ーっ!? あんな大きなシャンデリアが、粉々になったぞ!? すごいのじゃー☆

(己のソウルを飛ばして、照明を破壊した……あれが噂に聞く神気道……!)

ふぃ~! ギリセーフ、だな!

天井全体が傷んで、脆くなっていたのか……?

ともあれ。――よーやく捕まえたぜ、お姫様。

ディーンもカレンも、すっごい特技を持っておるんじゃなっ♪

そうだろそうだろ~!? いや~はっはっは! そういうユーカも足速いな~!

姫様……!! おてんばが過ぎます!

むぅ……怒ってばっかだと寿命が縮むぞ、カシス。

――ししし♪ ディーンにカレン……助けてくれてありがとの♪

笑い事ではありません……! お怪我をなさったら、どうするんですか!?

そう怒るでない♪ それと、今さらじゃがージルベスタヘようこそなのじゃ!

よろしくな、ユーカ!


……それにしても……

あそこの天井……この間のぼったときは、あんなに傷んでなかったはずなんじゃが……



TOP↑



ようこそ、異邦の騎士様方

>あらためて城を案内するのじゃ♪

>おう! 頼むぜ、ユーカ!

>……私は疲れた。


>こっちが騎士たちの修練場じゃ!

>へぇ~、充実した設備だなぁ!

>さすがは騎士の国だな……

>そうじゃろそうじゃろ☆




story8 貧民街にて


(……はぁ、逃げ回ってたら夜になっちまった……)

ただいまっと……

武器は腕だけで振るんじゃない。全身を使うんだ。

えっと、こう?

兄ちゃん、鼻くそあげる。

いらないよ! ボクのマントにつけるんじゃあない!

ほら、鼻を綺麗にしたいのならこの高級ハンケチーフをあげよう♪

みんな、もうすぐご飯ができあがるからね♪

――あ?

「「「ガフ兄ちゃん、おかえりー!」」」

あ、おかえりー。

いやおかえりじゃねーよ! お前ら、どうしてここに……!

さっき別れたあと、どうしても気になって……

聞き込みをしたら、この辺を根城にしてるとすぐわかった。有名人なんだな。

わしの怪我を、アイリスちゃんが治してくれたんだよ。

ご飯作ってくれてるの! お肉も買ってくれたんだよ♪

余計なお世話だったかしら?

……お人好し。


 ***


――ひとりで寝ずの番か?

子どもが夜更かしするものではないよ。ここはボクたちが代わろう♪

魔物だらけの森が、目と鼻の先だ。ここらに住んでるのはガキや年寄りばっかだし、用心はおこたれねえ。

……それに、昼間のやり取り聞いてたなら、わかんだろ。騎士は頼れねえ。

……この国の騎士は、みんな、ああなのか?

大部分はな。税金納めりゃ守ってくれる。でなきゃ、なんもしてくれねー。

……ずいぶんだね。<忠勇の国>が聞いて呆れるなあ。

こんなんでも、今の王様になってからはずいぶんマシになったらしーけど。

俺が生まれるちょっと前は、貧民街なんざ見向きもされなかったって。

今は一応、少ねーけど配給があったりもするしさ。

存在を認知されているだけ、まだマシというわけか……

そういえば……ガフは昼間の女の子――レッカとは仲がいいのか?

ん? 半年くらい前に知り合って、たまにつるんでんだ。

。フラっと貧民街に来ちゃ、食いもん置いてったり、ガキどもと遊んだり、仕事手伝ったりしてる。

いい子なんだね。……何者なんだい?

さあな。どこに住んでるのかは知らねー。

よくわからん女だが……あの度胸は、認めてやってもいい。

(……彼女がこの国のお姫様ってことは、知らないようだね)

(……なにか、事情があるんだろう。今は黙っておこう)

――来やがった。

さて……さっそく出番のようだ!

ボクら三人の華麗な連携、見せつけてあげようじゃないか♪

手早く片付けるぞ!



TOP↑



貧民街を守れ!

>そっちは任せたぞ、ブライ!

>華麗に片付けてみせよう♪


>くそ、どんどん魔物がきやがる!

>安心してくれ、俺たちが守る!

>ガフは安全なところにいたまえ!

>……気をつけろよ!!


story9 アメちゃん姫ちゃん


いいですか、ユーカレア様。<アイレンベルクの基礎定理>を根幹においたこちらの例題は、多岐にわたる性質の変化が――

ふぁあ……

聞いていますか?

うむ! 聞いておるのじゃ!

ではここの節には、どの術式が入るでしょう?

わかんないのじゃ!

……姫様、なんかちょっと動いてません?

――

……まあ、いいです。授業を続けますよ。

おーなのじゃーっ!

――逃がしませんよ!!


 ***


あらー、お姫ちゃんやないの! こんばんわー。

ヴィクトールにエイスといったかの? こんばんは~なのじゃ!

あらあら、元気いっぱいやねぇ~。アメちゃんあげよか?

いるー♪ お主の竜は優しいのう、ヴィクトール♪

……光栄です。

堪忍なぁ~。この子、仏頂面しとるけど怖がらんといてあげてな?

くるしゅーないのじゃ♪ この国はどうかの?

……有意義です。フリント殿が考案した戦闘訓練方式は、非常に効率的かつ効果的です。

さすがは騎士の国やね。勉強になるわぁ。

……騎士の国、か……

のう、お主らに聞きたいことがあるのじゃが!


 ***


……なるほどねぇ……

結論から申し上げると……その問いに自分が答えても、無意味です。

せやね。かわいそうやけど、姫ちゃんのためにはならんと思う。堪忍な……

申し訳ありません。

いや、構わんぞ! 今からディーンたちにも聞いてみるのじゃ♪

今からって……もう夕飯も終わってるし、二人とももう部屋やないの?

……あの子の周りだけ、重力ないん……?

…………



TOP↑



おんみつ姫

こそこそこそ~……


>しっしっし~☆

客人の多い夜はわくわくするのぅ♪

さあ、カレンたちの部屋へゆくぞ!



story10 お姫様、夜のご訪問



(……やれやれ。とんだ滞在初日だったな。

ロレンツ殿やフリント殿ともあまり話せなかった。明日は時間がとれるといいのだが……)

って、うわぁぁ!? なぜここにっ!?!?


どうしたカレン!?

ディーンまでなぜいる!? というかノックくらいしろ!!

用事あったから部屋の前まで来たらお前の大声が聞こえたんだよ!

カレンのお部屋に侵入作戦、大成功じゃな♪

ははは、ユーカはニンジャみたいだな!

笑ってる場合か! ユーカレア様もお戻りください! 今なら誰にも――

<ユーカ>じゃ。他人行儀な呼び方をするでない。

……はぁ。わかったよ、ユーカ。ただし、三人の時だけだぞ。

それで、どうしたんだ?

ん! 実は二人に、聞きたいことがあっての。

――<騎士道>って、なんなのじゃ?


 ***


ふぅ……魔物はあらかた片付いたな。

ボクらにかかれば、当然の結果さ♪

まだだ! 向こうにもいやがる……!


彼らに手を出すな!! ――かかれ!!

くそっ……!

sす、すみません……助けに入ったつもりが、逆に助けられました……

貧民街を気にかけてくれる騎士も、ちゃんといるんだな。

――そいつらは、<国王派>の騎士さ。

<国王派>?

……確かに、貧民街の警らは国王の意向です。ですが、僕らの意志でもあります。

国を守る、騎士としての……

……事情はわからないけれど、君たちは見どころがあるじゃないか♪

誇りある騎士同士、今度ボクの家で騎士談義に花を咲かせないかい? クライヴも特別に招待してあげてもいいんだよ♪

……この国の騎士団には、派閥があるのか?

クラァァイヴ!! なんかもうクラァァイヴ!!


……相変わらず弱いな、<国王派>の騎士は。

――今さらなんの用だよ、<王弟派>サンよ?

魔物が出たようなのでな。

……この地区の関所にいたなら、事態は僕たちより早く察知していたはずだ。

ここの住人は税金未払いだ。最優先で対応する義務はない。

それでも……騎士か!!

そう、騎士さ――

――

<強さ>こそ……騎士の価値だ。

(……やるな)

貧しい民を見捨てるのが、国を守るべき騎士の在り方か? 誇りはないのか!?

国が潤えば潤うほど、俺たち騎士は強くなる。

立派な『国を守る騎士』だろう? 誇りだの騎士道だのほざく、軟弱なお前らと違ってな!

これが、この国の騎士さ。……反吐が出るぜ。

…………



TOP↑


やまない襲撃

>…………

>……さっきの騎士たちの件かい?

>この国の騎士はどうなっている……

民を守らずして、何が騎士だ……!

>……同感だね。


>まだ魔物が残っているな。

>いくらなんでも多すぎじゃないかい?



story11 お姫様の悩み


<騎士道>とはなんぞや、ね……

どうして、そんなことを聞くんだ?

このジルベスタは騎士の国……<忠勇の国>と呼ばれておる。

でも、城の騎士たちは……なんというか、バラバラじゃ。国と民を守るべき騎士たちが、別々の方を向いておる……

――二人はすごい騎士なんじゃろ?

皆がバシッとまとまるような、素晴らしい<騎士道>を教えてほしいのじゃ!

…………

まだまだずうっと先じゃが、ユーカはいずれ国と騎士を束ねる女王となるじゃろう。

だから、知っておきたいのじゃ!

……俺なりの<騎士道>ってのは、もちろんあるよ。

でもそれって、単純じゃなくてさ。

俺の生まれとか、家族とか……一人ひとりの仲間とか敵とか……いろんなことが寄り集まって、俺の中で一本の道になってる。

……?

だから、言葉だけで伝えても――それはきっと、ユーカの中で意味を結ばないと思う。

私も、ディーンと同感だ。

私にもむろん戦う理由がある。騎士としての、道もある。

だがそれは突き詰めれば、私個人の思いに過ぎない。

万人が納得するような便利な騎士道は……きっと存在しないのではないかな。

……むぅぅぅぅうううう~……

す、すまない……悪気はないんだ……

……ヴィクトールたちにも、さっき同じこと言われたのじゃ! むぅう……

そんじゃ今度は、俺から質問していいか?

む、ディーンは積極的じゃな。お主のような無遠慮な客人は大好きじゃ♪

そうかぁ~? そんな褒めるなよ~、この~!

……褒められているのか、今のは?

で、だ。ユーカは頻繁に城を抜け出して、外に出かけてるんだよな?

怒られるってわかってんのに、なんでそんなことしてるんだ?

……たいくつだからなのじゃ。

城の中で毎日勉強したり、武の稽古をするだけの日々はもう飽きたのじゃ。

城を抜け出したユーカは、決まって貧民街のどこかにいるって。

退屈をまぎらわすなら、他にいくらでもふさわしい場所があるんじゃないか?

国内のオモシロは、あらかた制覇済みじゃ☆

……改めて、すげえ行動力だな。

なら、どうして今は貧民街に?

ユーカは庶民派だからの!

それに友だちもおる。王女として振る舞わなくていいぶん、気楽なのじゃ♪

お姫様っぽく振る舞うユーカを、見た覚えがないけどな。

いずれ女王になる身なら、なおさら規則は守らないと。

みんなも心配するしな。今日だって、危ないとこだったろ?

……はぁい。

よし、いい子だ。


 ***


姫様ぁぁああ~! 乗馬の稽古のお時間ですぞ~! どこに行かれたのですかぁ~~!?


昨日の今日でこれか……!

ははは、お姫様の鬼ごっこに今日も付き合うか!



TOP↑


back top next




おいかけっこ再び

>よっしゃ、追いかけようぜ!

>なぜ楽しそうなんだ……


>さぁて、ユーカはまた貧民街か?

>念のため、まずは城周辺を探そう。

>だな!






~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (ジルベスタ物語 Story2)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ