Gamerch

【キックフライト】強力なスペシャルスキルを対策する方法

最終更新日時 :
1人が閲覧中

キックフライトで特に厄介なスペシャルスキルの対策を紹介しています。基本的な対策から、ココ・グアムレール、アンナ・スターリン、ユイエン、ピトフィの4キャラに対するスペシャルスキルの対策を掲載していますので、攻略の参考にしてください。

強いスペシャルスキルの対策の仕方

自分もスペシャルスキルを発動する

相手のスペシャルスキル発動のカットインが入ってから自分もスペシャルスキルを使用すれば、演出中の無敵時間を使ってスペシャルスキルを回避する事が出来ます。

スペシャルスキルのゲージが溜まっていれば比較的使いやすいテクですが、使用タイミングに注意しなければならないタイプのスペシャルスキルは無暗にこの回避を使うと戦況が悪化する場合があるので気をつけましょう。

スペシャルスキルやディスクで耐える

バジー・ビッグのスペシャルスキル「クルー・プロテクション」や、大きく被ダメージを抑えるディスク「ギャラクシールド」を使えば攻撃系のスペシャルスキルは耐えきれる場合があります。

特にクルー・プロテクションは使った瞬間から5秒間無敵が継続するので、タイミングを合わせれば999999ダメージを与えるカイトの風牙手裏剣すら耐える事が可能です。

ギャラクシールドは70%もの高い防御バフを受けるので、属性と合わせて防御力を高めれば耐えきれる場合があります。それでもカイトの風牙手裏剣は耐えきれませんし、体力が低いと他のスペシャルスキルでも落ちてしまう事はあるので過信は禁物です。

撃破してゲージを減らす

撃破すればスペシャルスキルゲージが減少するので、隙があれば撃破しておくとアンナのエアロプリズンなど回転率の悪いスペシャルスキルは発動できないまま試合を終了させる事も出来ます。

ただしキッカーはいくら撃破しても勝利のポイントには直結しないので、撃破に熱中しすぎて試合の勝利条件達成を忘れない様にしましょう。

厄介なスペシャルスキル対策

ココ・スイング・トルネード

ココ

ココのスペシャルスキル対策のポイントは、吸い寄せられている間はダメージが発生していない事です。

吸われている間にディスクを使用する

吸われている間にキュジャックで体力を回復しておけばスペシャルスキルだけで即死する事は防げる他、リスポーン地点から遠ければリスポーン地点に戻るWARP系のスキルを使うだけで吸われている状況から脱出する事も可能です。

ただしWARPで逃げる場合は他のプレイヤーが近くで攻撃しているとキャンセルされるリスクがありますし、回復してもその後にレイジコングを重ねられると落ちてしまう事も多いです。

地形や属性を活かす

そもそも吸われ始めた状態でも、壁を挟みさえすれば移動こそ不可能になりますがダメージは防ぐ事が出来ます。多くの壁がある様なマップなら比較的楽に出来るので、カットインが見えたら近場の壁を探してその背後に隠れられないか試してみましょう。

このスペシャルスキル自体は体力を半分持っていく程度の威力でしかない事に着目し、ココ側の属性に対して相性有利が取れる属性に切り替えるのも良い手です。

スペシャルスキルで吸っている最中は属性変更が出来ないので、吸われてから属性変更で間に合います。これだけで1000近くダメージが変わってくるので、もし相手のココの属性が見えたなら慌てずに属性を切り替えると生き延びられるかもしれません。

リードをしっかり作っておく

とはいえこのスペシャルスキルの一番恐ろしい点は数秒の間吸われて全く動けなくなってしまう事なので、ダメージを抑える事が出来てもその時間の間でリードを奪われては意味がありません。

なるべく使われても良いくらいのリードを作っておけるならそれに越した事はありませんし、出来るなら何度かキルを取って使用するタイミングを遅らせられるだけでもゲームを有利にする事が出来ます。

ですがその攻撃が集中して他の相手が自由に動ける時間が増えてしまうというのがタンクの役割そのものなので、あまり撃破に躍起になり過ぎない様にしましょう。

エアロプリズン

プリズン

基本的には立ち回りで対策しよう

このスキルに対してはかなりの確率で5秒間拘束されてしまうので、エアロプリズンに対してスペシャルスキルを発動して無敵時間で抜けるのが一番簡単な抜け方でしょう。

エアロプリズンはスペシャルスキルの溜まり方が特に遅い部類に入るので、何度か撃破すればそれだけで発動できない状況に持っていく事も出来ます。

スクランブルであれば別の対策もある

また、スクランブルであればリードした状態でクリスタルを10個ほど持っておくのも手ではあります。

この状況ではアンナ側もキルを取れなくなる都合上無暗に使えなくなりますし、運が良ければ無駄に使用してくれてかえって安全にクリスタルを保持できる事もあります。

ただしこうすると逆に他のプレイヤーに狙われると危険になってしまうリスクや、エアロプリズン中に囲まれて袋叩きに合う可能性もあるので、状況を見て判断しましょう。

熊猫烈打

熊猫

とりあえず離れる事を優先しよう

高速移動を行い接近攻撃してくるスキルなので、相手の無敵時間中になるべく離れておくのが意外と重要になります。

相手から離れておけば狙われづらくなりますし、万が一狙われてもその後でスタートゲートなどを使い一気に距離を離せば追い回されているうちに発動時間が切れる事も期待できます。

完全無敵では無い事に注目する

またこのスキル中に攻撃を受けてもダメージは蓄積します。ですから上手く連携して範囲攻撃を連続して当てる事が出来れば、熊猫烈打を使用している状態でも撃破する事が可能です。

しかし熊猫烈打の効果が終わると効果中に受けたダメージは全回復してしまうので、これを狙うならば絶対に撃破する様にしましょう。

完全無敵では無い事を活かして、アンナのエアロプリズンでも封印出来る事も知っておくと逆転を防ぐことが出来ます。ただしあまり使用が早すぎると使用時の無敵時間と被ってしまい効果が無くなってしまうので、タイミングはよく見計らいましょう。

ミサイルパーティ

ミサイル

早めにキルしてしまうのが一番

ピトフィ全般の対策として、出来るなら早めに近づいてキルするのが一番です。無暗に生き延びさせると攻撃力は上がるしミサイルパーティのゲージも溜まるしで良い事がありません。

本筋の勝利条件を忘れない範囲でキル出来るうちにキルしておくのが良いでしょう。幸いにもピトフィの体力は低いので、有利属性で攻撃しながらディスクを使えばキルを取るのはそこまで苦ではありません。

もし使われたら~対ガーディアン~

ミサイルパーティをガーディアンに使われた場合は、どのあたりのクリスタルを集めていたか覚えておきその場所にすぐ向かうのがベストです。

どこのクリスタルを取ったかある程度覚えておけば、もし使われてもすぐに再回収して被害を最小限に抑えられます。主に自陣近くは集める事が多いので、ある程度防衛に人がいるならその辺りに予め向かっておくのも手です。

もし使われたら~対プレイヤー~

プレイヤーに向けて撃たれた場合は、ロックされているならリスポーン地点に戻るタイプのWARP系ディスクを使うと無駄撃ちに出来ます。ただし場所によっては追尾されるので注意しましょう。

WARP系ディスクを持っていない場合、リスポーン地点が近すぎる場合は、壁の後ろに隠れましょう。壁に当たるとミサイルは消滅するので、ミサイルパーティを回避出来ます。

そもそも各種勝利条件となるアイテムを持ちすぎている様な状況であれば、いつでもミサイルパーティや遠距離ディスクを撃たれる覚悟を持ち、隠れる壁を探しながら立ち回るくらいの心構えでいましょう。

コメント (スペシャルスキル対策)

新着スレッド(キックフライト攻略Wiki【Kick-Flight】)

注目記事
ページトップへ