Gamerch
メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -攻略Wiki【メルスト攻略】

アナザースカウトフェス2024.06.18

最終更新日時 :
1人が閲覧中
最終更新者:anzu

メルスト(メルクストーリア)レジェンドスカウトフェス2024年6月18日より開催!アナザー「アインレーラ」ピックアップ!その他ピックアップユニットをまとめています。ユニットの名前をタップでステータスが見れます。

▶ガチャシミュはこちら!

アナザースカウトフェスピックアップユニット

【開催期間】

6月18日(火)15:00〜6月30日(日)14:59


【概要】

アナザースカウトフェスでしか入手できない、限定ユニットを入手することができる特別なスカウトフェスとなります。

追加されたアナザースカウト限定の新ユニットは、下記となります。


 (水属性・銃弾)

 ▼獲得可能スキル(レベル最大時)

 ・まあ、そう力むなって

  全属性モンスターの体力が50%以下の場合、0.6%の確率で即座に癒す(対象の体力が低いほど確率が増加)。

 ・せんせー、休暇中なんだよなー

  パーティー内の水属性のユニットが与える攻撃ダメージを10.0%アップさせる。


また、本フェスには既存ユニットから選択した既存ユニットピックアップ枠も設置しております。

今回の既存ユニットピックアップ枠は下記2体となります。



【★5確定チャージについて】

本スカウトは★5確定チャージの対象スカウトです。本スカウトのユニット100体毎に、必ず上記のアナザースカウト限定の新ユニットが登場します。

※ 別のスカウト、および、別の開催期間のアナザースカウトフェスには★5確定チャージの状況を引き継ぎません。

※ スカウト×10実行時は、★5確定チャージ対象ユニットの登場が、見た目上100体目にならない場合があります。


【抽選確率について】

・★5が抽選された場合に、50%の確率で新ユニット「煌霄廻の戯緋 アインレーラ」が出現します。

・★4が抽選された場合に、30%(1体あたり15%)の確率で上記の既存★4ユニットが出現します。

※ ピックアップ以外のユニットはレアリティ内で均等に抽選されます。

※ 通常のダイヤスカウトと同様にスカウト×10で★4以上ユニット1体確定となります。


【その他】

・追加されたアナザースカウト限定ユニットは、以降に開催されるアナザースカウトからも入手することができます。

・アナザースカウト限定ユニットは、アナザースカウトフェス以外のスカウトで入手することはできません。

・アナザースカウト限定ユニットは、セレクトレターやレターピースで入手することはできません。

・「煌霄廻の戯緋 アインレーラ」は、本スカウトの開催以降に6月のギルドクエストでユニットボーナス(攻撃力&体力1.75倍)が発生します。

・本フェスは不定期で復刻する可能性があります。


【本スカウトで入手可能なアナザースカウト限定ユニット】

「妖率いし赳鬼」たいてんき (★★★★★)
 (炎属性・銃弾)


ステータス

画像ユニット名レア属性武器同時リーチ速度タフ15覚醒
DPS
「煌霄廻の戯緋」アインレーラ「煌霄廻の戯緋」アインレーラ★5銃弾3体19048604,577


その他リンク

※ ステータスの項目名でよくわからない場合は「ユニットページについて」を参照してください。
※ 画像やステータスなど掲載の無い場合は情報提供してくださると助かります。ストーリーはネタバレ配慮のため、コメント欄へ直接書き込まず返信から投稿してください。


当Wikiは、Happy Elements株式会社「メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ - 」「メルクストーリア - 癒術士と鐘の音色 - 」の画像や文章データを利用しております。

該当コンテンツの転載・配布等は禁止しております。

©Happy Elements K.K

コメント (アナザースカウトフェス2024.06.18)
  • 総コメント数0
新着スレッド(メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -攻略Wiki【メルスト攻略】)
ゲーム情報
タイトル メルクストーリア 癒術士と鐘の音色(ライン・ストラテジー)
対応OS
    • iOS
    • リリース日:2014/02/18
    • Android
    • リリース日:2014/01/30
カテゴリ
  • カテゴリー
  • アクション
    ストラテジー
ゲーム概要 あなたの心を感動で癒す温かなストーリーを、圧倒的ボリュームで送るRPG。 簡単操作ながら遊びつくせない程の遊びと物語の世界へ、今旅立とう!

「メルクストーリア 癒術士と鐘の音色(ライン・ストラテジー)」を
今すぐプレイ!

注目記事
ページトップへ