Gamerch
ポケモンカード攻略Wiki

【ポケカ】ドラパルトexのデッキレシピと回し方【ポケモンカード】

最終更新日時 :
1人が閲覧中
最終更新者:ピロキ

ポケモンカード(ポケカ)のドラパルトexのデッキレシピと回し方について解説しています。ドラパルトexの組み方や環境デッキ対面の対策などもまとめています。

ドラパルトexデッキの基本情報

価格約5500円~8800円
デッキ難易度★★☆☆☆
強い点・殴りながらダメカンをばらまける
・1進化のドロンチの特性が優秀
・弱点なし&高耐久
弱い点・打点200は物足りない
・耐久&回復に弱い
・アタッカーがドラパルトexのみ

ドラパルトexがアタッカー軸

バトル場に攻撃しながら、ダメカンをばらまける優秀なワザを持った「ドラパルトex」が主軸のデッキです。

大型ポケモンをワンパンするのは難しいですが、序盤の育ち切ってないポケモンを狙うことによって、戦況を有利に進めることができます。

また進化元であるドロンチも特性「ていさつしれい」で山札を掘り進めることができるので手札リソースを回復することができます。

ドラパルトexをサポートするカード

ネイティオの特性「アカシックセンス」でエネ加速&ドローをし、ふしぎなあめでドラメシアをドラパルトexに進化させます。

そうすることによって、バトル場を殴りつつ、ダメカンをばらまくことができるのでゲーム展開を有利に進めることができます。

ドラパルトexのデッキレシピ

サンプルレシピ

デッキコードvFkkw5-OnauA1-VkbF1F
リスト表示
ポケモン
ドラパルトex ×3ドロンチ ×4
ドラメシヤ ×4ネイティ ×3
ネイティオ ×2ロトムV ×1
キチキギスex ×1かがやくフーディン ×1
マナフィ ×1
グッズ
ネストボール ×2なかよしポフィン ×4
ハイパーボール ×2ヒスイのヘビーボール ×1
ふしぎなアメ ×2大地の器 ×2
すごいつりざお ×1夜のタンカ ×2
カウンターキャッチャー ×1アンフェアスタンプ ×1
森の封印石 ×1ワザマシン エヴォリューション ×1
ワザマシン デヴォリューション ×1緊急ボード ×1
サポート
ペパー ×4ナンジャモ ×3
ボスの指令 ×2
スタジアム
シンオウ神殿 ×1崩れたスタジアム ×1
ジャミングタワー ×1
エネルギー
基本炎エネルギー ×3基本超エネルギー ×3
安定感爆発力対応力使いやすさ
◆各カテゴリーの評価基準 [×<△<〇<◎の4段階評価]
☆安定感...強い動きの再現性の高さ。事故率の低さ。
☆爆発力...ゲームを左右する1撃の強さ。後半の捲り性能など。
☆対応力...メタ性能やメタ対策。多種多様な攻撃手段を持つなど。
☆使いやすさ...デッキの回しやすさ。扱う難易度の高さ。

基礎となるドラパルトexとネイティオに加えて、ペパーが多く採用されたリストとなります。


序盤はなかよしポフィンやネストボールで展開し、中盤~終盤はドロンチやネイティオで山札を回しながら、ドラパルトexで殴りながら相手ベンチポケモンをダメカンで崩壊させていくデッキとなっています。


採用カードの特徴と採用枚数目安

カード採用理由/特徴

採用枚数目安:2~3枚
・下ワザで殴り&ダメカンばらまき
・高耐久で弱点なし

採用枚数目安:4枚
・特性「ていさつしれい」が優秀
・にげエネ1で○

採用枚数目安:2枚
・特性「アカシックセンス」のエネ加速とドローが強い
・非エクサポート

採用枚数目安:1枚
・特性「さかてにとる」のドローが強い
・ワンパン環境に採用したい一枚

採用枚数目安:1枚
・特性「さかてにとる」のドローが強い
・ワンパン環境に採用したい一枚

採用枚数目安:1枚
・特性「さかてにとる」のドローが強い
・ワンパン環境に採用したい一枚

採用枚数目安:1枚
・特性「さかてにとる」のドローが強い
・ワンパン環境に採用したい一枚

採用枚数目安:1枚
・特性「さかてにとる」のドローが強い
・ワンパン環境に採用したい一枚

採用枚数目安:1枚
・特性「さかてにとる」のドローが強い
・ワンパン環境に採用したい一枚
カード採用理由/特徴

採用枚数目安:2~3枚
・基本的たねポケモンサーチカード
・採用優先度は低め

採用枚数目安:2~3枚
・基本的サーチカード
・手札に持ってこれるのが優秀

採用枚数目安:4枚
・必須カード
・序盤の展開で使いたい

採用枚数目安:2~3枚
・戦況を変えるカード
・戦況を考えつつ使おう

採用枚数目安:2~3枚
・エネルギーを手札に持ってこれる優秀な一枚
・「夜のタンカ」と相性○

採用枚数目安:1~2枚
・トラッシュからポケモンとエネルギーを回収できる
・ていさつしれいと相性○

採用枚数目安:1~2枚
・手札に直接ポケモンやエネルギーを回収できる
・かゆいところに手が届く

採用枚数目安:1~2枚
・グッズ版ボスの指令
・サイド負けてるときに強い

採用枚数目安:1枚
・グッズ版ツツジ
・手札が多い相手に刺さる一枚
カード採用理由/特徴

採用枚数目安:4枚
・グッズとポケモンのどうぐをもってこれる
・序盤から終盤まで使う必須カード

採用枚数目安:1~3枚
・手札妨害&手札入れ替え
・手札が多い相手に刺さる一枚(例:タケルライコオーガポン)

採用枚数目安:1~2枚
・フィニッシャー
・相手のポケモン呼び出し

その他の採用候補カード

カード採用理由/特徴

採用枚数目安:1~2枚
・ドラゴンタイプをサーチできる一枚
・ドラパルトexもサーチできるので優秀

採用枚数目安:2枚
・後半の殴り要員
・エネ加速もできる優秀な特性

採用枚数目安:1~2枚
・ポケモンV、exに対する火力補強
・いれかえもできるため、状況に応じて使い分けができる

採用枚数目安:1枚
・手張り一枚で即攻撃できる
・ドラパルトex、リザードンexとも相性○

ドラパルトexデッキの回し方

ドラパルトexデッキの主な流れ

主な立ち回り
なかよしポフィンで主軸となるドラメシヤとネイティ、ネストボールでロトムVを出し、盤面基礎&手札補充を進めていきます。
ドロンチやネイティオに進化させつつ、ドロンチの特性で山札を掘り進め、ネイティオの特性でエネ加速&ドローで盤面にエネルギーを貯めましょう。
手札にふしぎなあめがある場合ドラパルトexに進化させて殴りに行くのもアリです。
ドラパルトexの強みはダメカンをばらまいて相手の盤面を調節、または崩壊できるのが強みです。殴りながらサイド2枚取りなどを狙っていきましょう。
中盤~終盤も継続的にサーチ手段の特性「ていさつしれい」は使っていきたいので、ドラパルトexを育てる場合2体までに絞って戦うとよいでしょう。終盤のナンジャモ対策になります。

盤面形成をしていこう

先行1ターン目展開例

デッキの主軸のドラメシヤとネイティを出していこう

ドラメシヤとネイティはこのデッキにおける非常に重要なカードです。
ドラパルトexを出す上ではドラメシヤは欠かせないし、ネイティオの特性でエネ加速&ドローをするにはネイティが必要です。初動の展開が後々のゲームに響いてきます。

ロトムVは慎重に

ロトムVといったサポート型Vポケモンは非常に狙われやすい傾向です。なので相手のデッキによってはロトムVを出すことが負け筋に繋がる危険性があります。
序盤だけ使い、いかにロトムVをきぜつではなく、回収またはトラッシュに送るかが重要になります。

ドラパルトexで相手盤面を破壊

先行2ターン目展開例

ドラパルトexで殴りつつ、相手ベンチポケモンにダメカンを乗せよう。

先行2ターン目の『ファントムダイブ』は現環境でもかなり厄介な部類で、防ぐことは困難です。そのメリットを存分に生かしてダメカンをばらまき、相手の盤面破壊を狙っていきましょう。また特性「ていさつしれい」で山札を回しつつ、特性「アカシックセンス」でエネ加速&ドローをしていき、相手の攻めにも柔軟に対応できるようにしましょう。

自分のベンチポケモンは調節

現在、環境ではドラパルトexとリザードンexがトップを占めています。そのため自分もワザ「ファントムダイブ」やサマヨールやヨノワールの特性「カースドボム」をされてダメカンをばらまかれる可能性があるので、サイドレースを考えつつ、ベンチポケモンを育てていきましょう。

ドラパルトexのダメカン乗せで倒せるポケモン

ダメージ条件/ワンパンできる主な対象
60点ファントムダイブ1回
ポッポ、ヒトカゲなど
120点ファントムダイブ2回
ビーダル
180点ファントムダイブ3回
イキリンコなど

ドラパルトexの対策方法

高耐久たねポケモンが苦手

ドラパルトexの弱い点としてはバトル場への打点が200なので、一撃で倒せない場合が多いということだ。

そのため返しのターンでドラパルトexが倒されることが多く、タケルライコオーガポンのようなデッキが苦手となっている。

速攻デッキが刺さる

ドラパルトexはデッキの特性上、早くても先行2ターン目にならないと進化できません。

そんな中に、ミライドンや未来バレットといった後攻1ターン目でワザ「ごっつあんプリファイ」でサイドを2枚ずつ取り進められるとかなり厳しくなります。

ドラパルトexが流行る場合は、メタである速攻デッキも流行る可能性があります。


コメント (ドラパルトexのデッキレシピと回し方)
  • 総コメント数0
新着スレッド(ポケモンカード攻略Wiki)
注目記事
ページトップへ