Gamerch

【白猫】ミレイユ・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中

フェニックス合成少女
ミレイユ・ラーナー
フェニックスとの合成実験を受けた少女。
しっかり者だが、達観しすぎの感も……
2015/09/30


Brave The LionⅡ
飛行島の思い出 
その他人物紹介関連ストーリー


思い出1



おほほほ!ごきげんいかがかしらァ~ん!

げげ、カティアじゃん……

それから、えっと……ヨシュア君と、ミレイユちゃん、だったかな?

お久しぶりです、みなさん!

その節はお世話になりました。

実は、ちょ~っとだけオネガイがあってねェ~。

……聞くだけ聞くわ。

そんな警戒しないでよォ~。ちょっとこの子を預かって欲しいだけだから!

ミレイユちゃんをですか?

僕とカティアさまは、しばらくここを離れないといけないので……

別にいいけど、それならミレイユも連れてけばいいんじゃ……

おっほォ―――!そろそろ出発の時間だわッ!急ぐわよ、ヨシュア!!

了解です! カティア様!!みなさん、妹をお願いします!


あ、いっちゃった……

まったく、なんなのよ、もう!

す、すみません。色々とご迷惑をおかけして……

あ、ごめんごめん。ミレイユは気にしなくていいわよ。

前はあまり話せなかったけど、あらためてよろしくね、ミレイユちゃん。

はい、お世話になります!

んもう、カタいわよぉ~。もっとクダけてもいいのよ~?

いえ、そういうわけには!こちらでご厄介になる身ですし。

礼儀正しいのね、ミレイユちゃん。

そうでしょうか?特に意識してはいませんが……

ま、気楽にいきましょ、ミレイユ。ここをウチだと思ってサ。

はい、ありがとうございます。お言葉に甘えさせていただきます。

それじゃあ、まずは飛行島を案内してあげましょうかねぇ。

そこまでしていただかなくても……みなさんにはみなさんの用事があるでしょうし。

別に気にしなくていいわよ?

あの、でしたら先に荷物を整理したいので、お部屋に連れてっていただけますか?

はいはい、了解よ。主人公、おねがいできる?

ありがとうございます。キャトラさん、アイリスさん、それではまたのちほど。


ミレイユちゃん、とってもいい子だったね。

うーん、そうなんだけど、なんか子供らしくないわよね。ずっと遠慮がちだったし。

初めての場所で緊張してるのよ。

なのかしらねぇ



TOP↑

思い出2



……カティアさま、お兄ちゃん、二人だけで大丈夫かな……

やっほー、ミレイユ。一人でなにしてるの?

あ、みなさん。ちょっとお兄ちゃんたちのことを考えていました。

心配しなくても大丈夫よ。カティアさんもいるからね。

まったく、ミレイユを置いてどっかいくなんて、カティアは何を考えてるんだか……

それはたぶん、あたしのためなんだと思います。

え、そうなの?

あたしは、その……ワケあってずっとお兄ちゃんと二人きりだったんです。

最近はカティアさまも一緒だけど、それまでは人目のつかない場所で隠れるように暮らしてて……

だから、お兄ちゃんたち以外の人と話すのに慣れていないんです。

にしては割と普通にしゃべってると思うけど?

機械的だってカティアさまに言われました。とにかく愛想がない、と。

だからカティアさまは、いろんな人たちがいるこの島に送り出したんだと思います。

ここで他人に慣れろってこと?またえらく荒療治ねぇ。

大丈夫?さみしくない?

あたしも、お兄ちゃんに対して過保護だったかもしれません。

そういう意味でも、こうして距離を置くことはお兄ちゃんのためになると思います。

あ、いや、そうじゃなくてね……

……あっ、すみません。妹なのに、出過ぎたことを言いました!

え、あ、うん……

……あたし、イヤな子ですね。

そんなことないよ、ミレイユちゃん。

<アイリスは、ミレイユをそっと抱きしめた。>

ア、アイリスさん?

今まで大変だったと思うけど、ここでは無理しなくていいのよ。

……ありがとうございます、アイリスさん。

せっかくカティアさまから頂いた機会ですし、あたしなりに努力してみようと思います。

それよりもさ、みんなで遊んだり冒険したりして過ごすのもいいんじゃない?

そうですね。あたしでよければ、ぜひご一緒させてください!

(ミレイユちゃん……)



TOP↑

思い出3



うーん、よいしょっと……

アイリス、そんなに洗濯物抱えて歩いたら危ないわよ?

平気よ、このくらい……あっ!

あー、言わんこっちゃない!大丈夫?

いたたた……ヒザ擦りむいちゃった……

っ!アイリスさん、じっとしていてください。

え?

<ミレイユがアイリスの怪我にそっと手をふれると……>

!……傷が……消えた?

ミレイユ、今のって……!

あたしが<神獣>の合成実験を受けたことはご存知ですよね。

そのとき合成されたのが、<フェニックス>。不死なる炎の神鳥です。

それじゃあ、さっきのはフェニックスの力ってこと?

はい。フェニックスは癒しと炎を司る神獣ですから。

へぇ~、便利な力じゃない!医者いらずってやつね。

……いいことばかりじゃありませんよ。

それは……どういうこと?

フェニックスはとても希少な生き物で、その血には不老不死の力があるという伝説もあります。

だからフェニックスは、常に魔物や狩人たちに狙われています。……当然、あたしもです。

っ! 前に、隠れるように暮らしてたって、まさか……

はい。フェニックスを狙う連中から身を隠していたんです。

あたしは、生きている限り、ずっと命を狙われ続けます。これは仕方のないことなんです。

そんな……ミレイユちゃん……


うわぁ! な、なに、この音!?

あ、これの音です。カティアさまが持たせてくれた通信機、<ルーンデバイス>です。

ツウシンキ?るーんでばいす?

えっと、簡単に言うと、遠くにいる人と会話ができます。――ちょっと待っててください。

はい、ミレイユです。カティアさま、お久しぶりです。……はい、あたしは元気ですよ。

……え? あ、はい。すぐそばにいます。少し待ってください。

カティアさまがみなさんとお話されたいそうです。

あ、うん……

おっほォ―――!!
おっひさしィ~!

うわ、ほんとに声が出た!

ミレイユの様子はどうかしら~?

え、えーっと……

あたしは席を外していますね。ごゆっくりどうぞ。


……相変わらずみたいね。ミレイユは。

カティアさん。私たち、ミレイユちゃんともっと仲良くなりたいんです。

そういうことなら、僕にいい考えがありますよ!

ちょ、ヨシュア?

きっとミレイユも喜ぶと思います。実は、あいつ――



TOP↑

思い出4



!!!みなさん、これって……!

まだミレイユの歓迎会してなかったからね。好きなんでしょ、激辛料理。

は、はい……もしかして、お兄ちゃんから?

ええ、ヨシュア君から色々と教わって作ってみたの。

(とは言ったけど……)

(これ、大丈夫なのよね……?)

<ミレイユのために用意された料理。そのすべてが、煮えたぎるような<赤>に染まっていた……|

ア、アタシたちはもうちょっとマイルドな方を食べるから、そっちの赤いのは全部いいわよ。

っ! ありがとうございます!本当にありがとうございます!大好物なんです、これ!

それじゃあ、いただきましょう。

はい、いただきます!はむっ! もふもふ……

…………

か……

辛ぁ―――い!!

<ミレイユの口から炎が吹き出す!>

ひゃあ!?ほんとに火が出たわー!

す、すみません。嬉しくてついフェニックスの力が……

ふふ、喜んでもらえてよかったわ。

…………

ん、どうかした、ミレイユ?

いえ……こんな風に大勢で食事するのは初めてで、なんだか不思議な感覚です。

そうなの?これくらい普通の家なら当たり前だと思うけど。

……両親は裕福な貴族でしたが、家族愛には希薄な人たちでしたから……

…………

そっか……なら今は、アタシたちがミレイユの家族ね!

えっ?

いい子ちゃんなのもいいけどさ、ここではもっと自由にしてていいのよ?

で、でも、あたしは……

焦らなくていいわ。でも、私たちはミレイユちゃんともっと仲良くなりたいと思ってる。

命を狙われたり、大変なことばかりでつらかったと思うけど、それだけは信じて欲しいの。

……あたし、ずっとみなさんに気を遣わせちゃってたんですね。

こらこら、まだ子供なんだから、そんなの当たり前でしょ~?

……そういえばそうでした。ふふふ……

ミレイユちゃん……

今日はありがとうございます。おかげで肩の力が抜けました。

あたしもみなさんのこと信じます。だから……あたしをみなさんの仲間に入れてもらえませんか?

ようやく素直になったわねぇ。ま、アタシたちは最初から仲間のつもりだったけどね~。

なにかあったら、いつでも頼っていいからね。

あの……でしたら、みなさんにお願いがあるんです。

お、早速きたわねぇ。なんでも言ってちょうだい。

あたし、どうしても行きたい場所があるんです。……正確には、あたしの中のフェニックスが。



TOP↑

思い出5



<ミレイユにいざなわれ、主人公たちはとある遺跡へと来ていた。>

……ここです。間違いありません。

前に、ここへ来たことがあったり?

いえ、初めて来ました……でも、なぜか『ここ』だっていう確信があるんです。

それもフェニックスの影響なのかしらね。

ずいぶんと入り組んだ遺跡ね。どっちへ行けばいいのかしら……

……たぶん、こっちです。

おお、道までわかっちゃうの?

なんとなく、ですが……こっちに行かないといけない、という感覚がするんです。

なるほどね。なら案内は任せちゃうわね。

はい、おまかせください!


 ***


ここが一番奥みたいです。

! あれは……祭壇?

ん、なんか書いてあるわね。

この碑文は……えーっと、なんて読むのかしら。

『始原の炎より生まれし命の祖。不滅なる魂を司る暁の化身』。

ミレイユ……?

『流転せし神鳥の<ウィータ>。かの者の真名と依代たる翼を、清浄と安息の神域に封じる』。

ウィータ……そう……それがあなたの名前だったのね……

やっぱりここは、フェニックスにゆかりのある場所だったのね。

はい……でも、それだけじゃないみたいです。

うん? どういうこと?

心がざわめくんです。あたしには、ここで<やらなければいけないことがある}>って。

ミレイユちゃん、それって……


魔物

ガァァアアアァ!!


そんな……こんなところまで魔物が!?

まさか、狙いは……みんな、ミレイユを守るわよ!

っ! だめ……!

ミ、ミレイユ! 前に出すぎよ!

ここには誰も侵させない……何人たりとも触れさせない……!

あたしが……ゼッタイニ……マモって……ミ……セ……

ううう……ああああアアア!!

<ミレイユの背から生えた炎の翼が、進入した魔物たちを焼き払う!>

ミ、ミレイユ……?一体どうしちゃったのよ!

あアああァ―――ッ!!

<ミレイユの身体からほとばしるように炎が燃え上がり、彼女を包み込む――!>


ミレイユちゃん……まさか、フェニックスが暴走して……!?

は、早く止めないと!このままじゃミレイユが……!



TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



うう! はぁ……はぁ……すみません、助かりました……

グッジョブよ!主人公!

なにがあったの、ミレイユちゃん?

……魔物たちが現れたとき、急に『ここを守らなきゃ』って強く思ったんです。

その気持ちがどんどん心の底からあふれてきて、止められなくなって、それで……

フェニックスが、ミレイユちゃんに何かを訴えかけてる?

おそらくそうだと思います。でも、それがなにかまでは……

……ん?あれってなにかしら……?

どうかしましたか、キャトラさん?

祭壇の奥……さっきの騒ぎで岩が崩れ落ちたんだけど、まだ奥があるみたいよ。

隠し部屋、でしょうか?

いってみましょう。


<主人公たちが、隠し部屋と思しき場所に足を踏み入れると、そこには――>


これは……大きな鳥の巣みたいね。それに……

卵……?

あ……ああ……!

ミ、ミレイユ!?どうしたのよ、急に泣き出して!

……この卵を……見たら、急に涙が……うう……でも、ようやくわかりました……

この卵は、フェニックスの――ウィータの卵です……

フェニックスの卵……!そっか、それじゃあ、ここに来たのって……

ウィータはとても賢い子で、ほとんど暴走することなく、あたしに力を貸してくれます。

でも、ここに残された自分の子供のことだけは、どうしても心残りだったんでしょう。

ミレイユちゃんに、この卵のことを伝えたかったのね。

<ミレイユは、卵をそっと胸に抱きかかえた。>

うう……ひっく……

大丈夫?

……悲しいとかじゃないんです。むしろ今は、すごく嬉しいって気持ちが押さえられなくて……

きっと、ウィータさんが、ミレイユちゃんに感謝してるんだと思うわ。

……あたし、きっとこの子を育ててみせます。

それが、ウィータと……あたしの望みだから……!



癒しと再生の炎の光


その他




関連ストーリー
画像説明
ミレイユ・ラーナー
フェニックスとの合成実験を受けた少女。
しっかり者だが、達観しすぎの感も……
ミレイユ(茶熊)
ヨシュアと一緒に入学した双子の妹。
兄を支えるため、演劇部の裏方に回る。

Brave The Lion 2 Story

 ミレイユ・思い出

 カティア(ダグラス2版)・思い出

 テトラ(ダグラス2版)・思い出

人物紹介
恩人
ヨシュアミレイユカティアオズマ
魔竜神鳥
エインウィータ

科学者
ヨーゼフ


~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

新着スレッド

注目記事
ページトップへ