Gamerch

アンジェラ・思い出

最終更新日時 :

アンジェラ・ベイリアル CV:小清水亜美
蒼炎の島・ウルドの第三公女。窮地も運命も、大声で笑い飛ばす女傑。

飛行島の思い出 
友情覚醒画像その他相関図

思い出1



リンツ島での出来事からしばらく経ったある日――


ハッハッハ! 実に心躍る場所だな、ここは!

アンジェラ、いらっしゃーい!

こんにちは、アンジェラさん♪

うむ、健勝でなによりだ。主人公も、リンツでは世話になったな。

――と、改めて自己紹介しよう。


アンジェラ・ベイリアル。蒼炎の島ウルドの第三公女だ。よろしく頼む。

それにしても愉快だな! 飛行島というやつは!

足は大地の重みをしっかり感じているのに、空がこんなにも近い! そしてなにより広大だ! 自由を感じる!

もー、大はしゃぎねえ。

ハッハッハ、大目に見ろ。これでも元箱入りだからな。

それに、お前の抱き心地も恋しかったぞ?

ぎにゃっ!?

ふふ、やはりキャトラはかわいいな!

いきなり抱っこしないの! ……あ、でもやっぱりアンタ、抱き方は上手……よね……

お前との再会にそなえて、さらに腕を磨いたからな! よしよしよーし……

ぐー。

(寝てる!?)

……たーっ! あぶなく寝るトコだったわ!

ううん、寝てたよキャトラ……

とにかく、ゆっくりしていってくださいね♪

甘えさせてもらいたいところだが、そういうわけにもいかないのだ。

お前たちに協力を仰ぎたい。――私と共に再びリンツヘ赴いてくれないか。

なんで?

……例の戦闘の事後調査だ。時間が経ってあらわになる情報というものもある。

念のため、当事者にも立ち会ってもらいたい。それにお前たちがいれば、島民の怯えも幾分か和らぐだろう。

お安い御用よ! エマにも会えるしね♪

お前たちならそう言ってくれると思っていたぞ!

リンツに着くまでの間、存分に飛行島を堪能させてもらおう!



TOP↑

思い出2



ハッハッハ! さすが飛行島だ! 酒場まで備えているとはな!

アンジェラさん、そろそろやめた方が……

ん、アイリス? 酌が止まっているぞ~? はやくはやく~!

けっきょく滞在中、徹底的に遊び倒したわね……

だってもったいないだろ~? 兄上の目もないんだし~……

ほらキャトラ、もっと近う寄れ~? 存分に愛でさせるがよいぞ~。

こないでー!

ん~キャトラはふかふかだな~。ぎゅ~!

それはカーテンよ!

キャトラ~? こっちかな~?

キャトラ、なんか硬くなったか~? だがそんなお前もかわいいぞ~。

それは酒ビンよ!

あれぇ……キャトラ~?

今度こそ、つかまえた~。

それはアタシよ! ……はっ!?

ぎゅ~~~っ! 私を癒やせ! さあ!

ぎにゃーーー!

アンジェラさん、なにか嫌なことあったのかな……?


 ***


「――事後調査、ですか? お兄様。」


「そうだ。機材の手配が整った。改めてリンツヘ向かい、現場の再調査を行え。

<あの事件>は極めて特殊だ。徹底的に痕跡をさらえば、思わぬ発見があるかもしれん。」

「わかりました。……もしも重大な痕跡を見つけた場合は?」

「無論、接収する。

必要とあらは、リンツもろとも。」



TOP↑

思い出3



アンジェラと共にリンツに上陸してから、しばらく後――


ヒマねぇ。立ち会いっていっても、ときどき呼ばれるだけだし。

エマさんも留守みたいだね。終わるまでに会えるかな?

あ、おかえりアンジェラ。

なにか見つかりましたか?

……森の奥地で、謎の地下空間に繋がる入り口が見つかった。

巧妙に隠ぺいされていたが、以前の戦闘の影響で露出したのだろう。

現状の情報から推測するに、おそらくは未踏の古代遺跡だ。

大発見じゃない!

あの……どうしてそんなに悲しそうなんですか?

もし未知の古代技術が遺跡に残されていれば、我々は大きな力を得られる可能性がある。

我がウルドの領主は――兄上は、決して放っておかないだろうな。

この島は、もう――


……アンジェラ!? それに……みんなも。

エマ……!

……すまない、お前たち。少しだけ、エマと二人にしてくれないか?


「買い物で遠出していたんです。そしたら飛行島が見えて――」

「火事場泥棒じみた真似をしてすまなかった、エマ。」

「あなたの意思ではないんですよね?

それなら、仕方がないです。」

「……そうか。健勝なようで、なによりだ。」

「はい。アンジェラも。」

「島の者たちとはうまくやっているか?」

「……努力は……しています。」

「ハッハッハ! やはり難儀していると見える! お前は意地っ張りだからな!」

「わ、笑わないでください!」

「また嫌がらせを受けたら私に言うがいい。島中練り歩いて脅してやろう。」

「遠慮します。ほっといてください……」

「ふふ、それは残念だ。」


「…………さっき私が来たとき、なにを話していたんですか?

話は聞こえなかったけど、なにか重大なことがあったのはわかります。

私は、リンツを守りたいです。大切な人たちが眠る、この静かな地を。

巫親としての使命ではなく……一人の島民として。

そのためなら、私は……あなたとだって……」

「――ハッハッハッハ! とんだ独り合点だな、エマ!

心配そうな顔をするな。もはやリンツには、軍事的価値など微塵もない。」

「アンジェラ……」

「次は空の上で茶でも飲みながら、お前とゆっくり語らいたいものだ。

懲りずに付き合ってくれるか? エマ。」

「……断る理由なんてありませんよ、アンジェラ。」




TOP↑

思い出4



「――報告は以上か?」

「はい、お兄様。遺跡内部はすでに、何者かに荒らされていました。

持ち帰れる物は接収しましたが、軍事的な価値はありません。元より儀礼的な、墳墓の類であったと推測できます。

かの島にはもはや、ウルドが介入する意味は皆無と考えますわ。」

「――――」


(遺跡の詳細は口外しないよう兵たちには命令したが……本当にこれで良いのか?

身命を国に捧げると、蒼炎に誓ったこの私が……)


「――わかった。ご苦労だったな。」

「……もったいないお言葉ですわ。期待に応えられず、面目次第もありません。」

「構わん。見つかれば拾い物、程度の認識だった。元よりな。

ときにアンジェラ、余力はあるか?」

「問題なく。」

「ならば少し付き合え。俺なりの労いだ。」

「それは……兵棋ですか。

最後に一戦交えたのは、もうずいぶん前でしたね。」

「善き領主で在り続けるのも、いささか疲れる。

たまには家族と、水入らずで戯れたいと思ってな。」

「私の拙い腕前でよければ、お相手になりますわ。」

「そうこなくてはな。」


 ***


 戦場を模した図上に並ぶ駒を、アンジェラとデクスターは熟考しつつ、動かしていく。


「うして盤を隔てていると、幼いころを思い出しますね。」

「戦略演習用の兵棋も、この国では玩具代わりだからな。」

「もう一戦、もう一戦とせがむ私に、お兄様は笑いながら付き合ってくれました。

私を泣かせないために、手加減もしてくれましたね。」

「そう言うアンは、みるみる頭角を現していったがな。

やはり将に向いているよ、お前は。……ん、その夜襲は悪手だ。もう挽回はきかんぞ。」

「あら、本当ですね。私としたことが……」

「白々しいな。手心のつもりか?」

「買いかぶりですわ。」

「面白い。あくまでも兄に花を持たせるわけか。

ならば否が応でも、本気になってもらう必要があるな。」

「ですから、手加減など……」


「――何を(・・)隠している、アンジェラ?」

「…………ッ!」



「席を立つな。瞳を逸らすな。真実以外を口にするな。

それら一切を違うこと、ウルドヘの反逆と心得よ。」

「お兄様! 私は……!」

「アンジェラ。お前に残された道は一つだけだ。

勝利し、守れ。」




TOP↑

思い出5



「軽率な一手だ。動揺が采配に表れているな。


(まずい……序盤の加減が相当に響いている。もはや……)


「慣れない嘘などつくからそうなる。

やはりお前に謀の才はないな、アンジェラ。

安心しろ。お前が俺を謀っているという確たる証拠があるわけでもない。言いがかり、というやつだ。」

「それは……」

「お前が勝てば、今回の不義不忠には目をつぶってやる。

ただし俺如きに負けるようなら、蒼炎にかけて、真実を語れ。」



 ***



(この劣勢から巻き返すなど、もはや望むべくもない……

……そもそも兄上はすでに真実を知っていて、私を試している可能性すらある

ならば今この状況で、私が勝とうと抗うこと自体が、兄上への――ウルドヘの反抗になってしまう……!)


「どうした。お前の手番だぞ。

俺の兵を私情でそそのかしたのだ。――さぞや面白い話が聞けるのだろうな?」


(やはりか……! どうすればいい?

ウルドに背くのか。リンツのために抗うのか……私はどちらを選べば良い!?)


「……戦意喪失、だな。どのみち戦況は覆るまい。」

「…………」

「お前が、俺に逆らうほどの何をリンツで得たのかは知らないが――

終わりだ。」


(私が、あそこで得たもの……

――そうだ。私は、彼女のために――)



「……お兄様。賭けに乗ってはくださいませんか?」

「賭けだと?

屠所の羊もかくやといった無様な敗勢……」

「覆してみせた暁には、ある<取引>に応じていただきたいのです。」

「話にならないな。敗北必定のお前に、賭け金など残っていない。」

「命を。」

「なに?」

「負ければ、斬り捨ててください。」

「…………

いいだろう。ただし、取引の内容そのものを飲むかは別だ。」

「構いませんわ。」

「この盤上には今、お前の命が置かれている。死に物狂いで戦え、アンジェラ。」




TOP↑

思い出6 (友情覚醒)



「目標地点の突破を阻止。敵軍残存勢力、四割。戦闘終了……

――私の勝ちですわ、お兄様。」


「率直なところ、俺は驚いている。」

「運に救われただけです。私など……」

「違う。

お前が堂々とリンツを選び、ウルドに反旗を翻したことに、だ。

<取引>とやらの内容を言え。」

「……まず先に、私はお兄様に嘘を申し上げました。

発見された古代遺跡には、貴重な情報が眠っている可能性があります。」

「なぜ黙っていた。」

「危惧を覚えたからです。

あの規模の遺跡を調査するには、長い期間と知識が要るでしょう。

現地の歴史や文化に精通した島民の協力は不可欠です。

武力行使に慣れたウルドとは、相性が悪いと考えました。」

「言葉を選ぶな。お前はウルドでなく、俺の<やり方>を恐れたのだろう。

長兄もろとも無関係の者たちを――お前の家族まで亡き者にした、あの祝宴のようなやり方を。」

「否定は……いたしません。」

「それこそ、お前が判断することではない。

大きく出たな、アンジェラ。」

「……遺跡は、かの<魔幻獣>の秘密に関わっている可能性も強く考えられます。

巫親の一族である少女の協力が得られなければ、解明の道は永久に閉ざされる恐れがあります。」

「力尽くで聞き出せばいい。

苦痛を与える方法など、いくらでも知っている。」

「――屈さない。」

「!」


「彼女は、決して屈しません。なぜなら私は知っています。

あの鋼のような強情さを。大切な者のため、命すら懸ける強く気高き精神を。

痛みや恐怖に屈し、理不尽を受け入れるほど彼女は弱くはない……

なぜなら彼女は私が選んだ――初めての<友>だからだッ!!」

「――――」

「<取引>です。

リンツの民を敵に回さぬよう、遺跡には必要最低限の調査隊のみを送ること。

彼らの平穏を脅かさぬよう、良好な関係を築くこと。

それを飲んでいただければ、私自らリンツの民を説得します。難儀な交渉ではありますが、多少は円滑に進むでしょう。」

「俺が<取引>に応じなければどうする。」

「この首を差し出して、誠意の足しにするのみですわ。」

「……忠義(ウルド)も義理(リンツ)も、両方選ぶか。

我が妹ながら、慎ましさの欠片もないな。

久々に胸躍るひとときを過ごした。お前も休め、アン。」


「……お兄様。」


 ***


……で、結局リンツにとんぼ返りってワケ?

ハッハッハ! もはや笑えるだろう!

大変でしたね……

兄上も刺激に飢えているのだろう。私も久しぶりに本気を出してしまった!

しかし、エマの説得は兄上以上に骨が折れそうだ。

応じてもらえなければ、今度こそ私の命はないだろう! テンション、アガってくるな!

アガらないわよ!


……友達なんだから、きっと大丈夫?

そうね。だってアンタは、エマのために戦ったんだもの!

はい。きっとエマさんも、わかってくれると思います。

……そうだな。きっとそうだろう。

私にとっては、家族も友も等しく大切なものだ。

それを守るためならば、私はどんな困難にだって立ち向かってみせるぞ。





蒼炎を背負いし女傑


TOP↑

その他



相関図



Goodコメントランキング
注目記事
1/2 2/2
ページトップへ