Gamerch

メルヴィン・思い出【白猫プロジェクト】

最終更新日時 :

メルヴィン・ブラックウェル CV:河本啓佑
忠実だが仕事振りは残念な執事。母親譲りの優しい心を持つ。
2017/02/13


思い出1



初めましてみなさま~。執事のメルヴィンと申します。

ホンワカした人だわね。

なぜだか、そのように評されることが多いですね~。なぜでしょう。

こういうのって自覚ないのよね。

それはそうと私は執事ですので~。みな様にお仕えさせていただきます。

お仕えですか? お気持ちはありがたいんですが……

かえってご迷惑でしたでしょうか……

お手伝いはありがたいけど、もっとお気楽でいいのよ?

……! 私めに、お気遣いいただき、ありがとうございます。

べつにお気遣いなんかしてないけど……?

それではさっそく、肩でもおもみしましょうか?

肩もみから入るのね?

それでは、足をおもみしましょうか?

次は足なのね?

なるほど~。わかりました。腰をおもみすればよろしいですか?

もむことにこだわるわね~。

こだわりは~ないんですが~。おもみするくらいでしたら、この私でもと思い……

お気持ちは嬉しいのよ。嬉しいけどね。

ああ、そうですね……! いきなりご主人様の体に触れるなど……!

申し訳ありません。では、椅子になります。

エッ!?

この私めが椅子になります。

メルヴィン。

なんでしょうかキャトラ様。

ちょっと……ステイ!

かしこまりました~。おや?

<ちょうちょが飛んできた……

あ、ちょうちょだ。ウフフフフ……

あれ? メルヴィン? どこ行くの?

<メルヴィンは、蝶を追って行ってしまった……?



TOP↑

思い出2



<メルヴィンが、掃除をしている……>


びっちゃびちゃ……

もう、キャトラったら……

えっと、これは違うの。

アイリス様~何か御用でしょうか?

あっ……メルヴィンさんだったんですか……!

メルヴィン見て。床が大洪水よ。

こ、これは……! 大変な失礼を!

どーしてこーなったのよもー! アラ? アンタぞうきん絞ってないじゃないのよー!

なんと……! ぞうきんは絞ってから使うものだったのですね!

アンタほんとに執事なの?

では……ちゃんと絞ってから、バケツの水につけて……

水につけてからしぼるのよ!


 ***


このマキを割ればよろしいのですね。承りました。

マキ割りはいけるわよね。

当然です~。はっ! おや?

割れませんね。どうしたんでしょう。

はっ! はっ! おかしいですね?

アンター!! 刃の向きが逆ー!! 逆よー!


 ***


お、お皿を……ああ、ちょっと怖いけど! お皿を拭いてちょうだい!

かしこまりました。キャトラ様。

……わかってる?

わかっております。大切にお拭きしますとも。

お願いします。メルヴィンさん。

割っちゃダメよ!

このメルヴィン、命に代えても……!


 ***


いかがでしょうか、キャトラ様。

お皿割れてない……しかもピカピカ! やったわね!

もったいないお言葉です。

でもね?

はい。

もう真夜中よ! どんだけかかってんのよ!

申し訳ありません……




TOP↑

思い出3



私は……ダメ執事です……!

慰めていただけるのですか……ご主人様……!

アンタ……はっきりいうけど、執事むいてないわ……!

わかっているのです……! ですが私には、夢があるのです。

世界一の執事になり、あの方にご恩返しをするという夢が……

もっと他のことで恩返しをしたらいいと思うわ!

ですが、それでは……!


何か理由があるんですか?

私がお仕えしておりますヘレフォード家は……現在、苦しいお立場にございます。

苦しいお立場……?

所領を奪われ……財産も差し押さえられ……! 名誉ある家名も泥にまみれ……!

アンタのご主人様、大変なのね。どうしてそんなことに……?

我が一族、ブラックウェル家に既められ、謀られたのです。

いちぞくって……アンタの家族ってこと……?

はい。お伝えするのも心苦しいお話ですが……

陰謀を仕組んだのは私の父。そして父の弟――。私の叔父です。

アンタのおとーさんが……


父は他の大貴族と共謀し、ヘレフォード家を取り潰してその財を奪おうと画策しました。

計画は……成功したんですね。

私の罪は、とうてい贖えるものではありません……! せめてこの身がすりきれるまで、お仕えする他は……!

主人公……!

<主人公は、メルヴィンにモップを渡した!>

まずは、モップがけから――?

モップって……!

お仕事をすれば、気が紛れると思います♪

お見苦しいところをお見せしてしまいました……!

不肖メルヴィン、執事の本懐を果たさせていただきます!

<メルヴィンはモップを握り締めた……!>



TOP↑

思い出4



もがー! お皿を下げる時は、『お下げします』って声をかけてからよー!

申し訳ありません、キャトラ様……!

でもアンタ……だんだんさまになってきたわね……!

(特訓しましたもんね、メルヴィンさん……!)

というわけで! 今日はアンタに、紅茶をいれてもらうわ!

こ、紅茶を……!

やってみなさいな……!

わかりました。このメルヴィン一命を賭して!

そこまでの意気込みでなくてもいいわ……!


 ***


本日の茶葉はオレンジペコ……理想的な抽出時間は4分前後!

幸い今日は、四分きっかり計れる砂時計を用意しています。これで完璧ですね。

vというわけで、あたしも来たわ♪

お嬢様……!

vメルヴィン、実力を見せてあげて。

緊張します……

――


あ、ちょうちょだ、まてまて~。

v集中せんかい!


はい~。それでは~お湯を注ぎます!

ゴクリ……

メルヴィンさん、がんばって!

<砂時計の砂が落ち切った!>

今ですね~。さあ、カップに注いで……どうぞ、お嬢様~。ご主人様~。

vいただくわ。

どう? 主人公?

――


vこれは……お湯だわ! 紅茶色のお湯だわ!

そんなはずは……!

vメルヴィン、その砂時計、ちょっと早いんじゃないの?

……まさか! あ、これはまさか……2分の砂時計?

私はダメ執事です……ダメダメの極みです……



TOP↑

思い出5



メルヴィン、落ち込んでる?

いえいえ。私にそのような余裕はございません。

なんなりと御用をお申しつけくださいませ。

無理しないでください。メルヴィンさん。

そーよメルヴィン……あれ、そのカバンどうしたの?

こちらは昨日購入したカバンでございます~。

でもあれって特売品のスゴイ安い奴よ……? アンタのそれ、高級品じゃない。

いいえ、こちらは先日のカバンでございます。

えっ!?

少々手をくわえまして、高級そうな見た目にしているだけでございます……

あらあらスッゴイわね。くまなく細工が入って、ゴージャスな仕上がりよ?

ありがとうございます~。キャトラ様♪

職人さんになれそうだわ。

見た目だけでも、ご主人様には高級なものを手にしていただきたく思いまして……

それで技を磨いたってわけね。見直したわ!

すべてはご恩返しのためです。世界のどこにも行き場のないこの私を……

ヘレフォード家の方々は、快く迎えてくれたのです。このご恩は返しきれません。



行き場が……ない? それってどういうこと?

私はすでに……死んでいる人間なのです。

私の父は、悪党です……ですが、叔父はそれ以上の悪党でした。

ヘレフォード家を陥れる計画を進める最中……叔父は各所に根回しをして、自分に利権が集中するように謀りました。

そのことが父にばれたことで、叔父と父は険悪になりました。

そこで、ある男が……叔父にこう吹きこんだのです――

父を亡き者にすれば、もう邪魔者はいなくなる、と。

まさか……あんたの父さん……!

父は殺されました――母も、父をかばって……二人の死は不慮の事故と発表されました。

叔父は、真相に気づいた私も、亡き者にしようとしました。

私を殺しに来たのは、我が家に幼い頃から仕えてくれた、執事でした――

ですが私は死にませんでした。執事は私の死を偽装し、逃がしてくれたのです。

私は最後に一言詫びるため、ヘレフォードの家を訪れました。ですが、かの家の皆様は私を――

身を挺して、匿ってくれたのです。今私がいるのは、多くの人の優しさのおかげなのです。

だからメルヴィンさんは、執事になったんですね……

アンタのろくでもない叔父さんをたきつけたのは誰!

――私の、七つ上の兄です。

なんてこと……!

兄は……非のうちどころのない優れた人でした……少なくとも私は、そう思っておりました。

しかし兄は、父の利権が欲しかったからという理由で、叔父をそそのかしたのです。

人間のやることじゃないわね。

私にも……同じ血が、流れているのです……! 奴らと同じ血が!





TOP↑

思い出6 (友情覚醒)






……ご主人様、この光は……?

なんだろう……この……この気持ちは――


<メルヴィンの目の前に、ちょうちょが飛んできた……>


「はっ……? 私は……いったい……?」

メルヴィンは、目を疑った。そこには、もう二度と目にしたくなかったものがあった。

舞い飛ぶ、無数の蝶の群れ。そして一対の墓石――

「これは――」

墓碑銘を前に、メルヴィンは立ち尽くした――

蝶は、メルヴィンの手に止まった。

「そう……いつもずっと……僕が泣き止むまで――

どうして……どうしてあんな男をかばって……!」


 ***


メルヴィンさん……どうしたの?

おやおや~? ああ、みな様~。私は、どうしたんでしょうか?

黒猫が、メルヴィンさんの想いでルーンを輝かせたんです。

想いで……なるほどそれで、私はあのような白昼夢を……

大丈夫? 人によっては、嫌なものをみることも……

確かにあれは……私にとって、もう二度と見たくはないものでした――

ありがとうございます。主人公様。

私は……己の蹟罪にかまけて、執事にとって最も大事なことを忘れていたようです。

私が執事をしているのは――そう、大切な人のためなのです。


 ***


「――うー、しくじったわ! 油断して足ひねるなんてね!」

 マヤが、メルヴィンに背負われている……

「弱い魔物相手だからって、油断しちゃダメってことね。」

「ご自愛ください、お嬢様。」

「ねえメルヴィン……あの時、みたいだね。」

「ええと。ちいさいお嬢様を~。おんぶして家に帰った時ですね。」

「その前に、魔獣から助けてくれたでしょ?」

「棒を振って暴れただけです~。いやあ、魔獣が逃げてくれて本当によかったなあ~。」

「メルヴィン、あなたはきっと、お母さんに似たのね。」

「私が~。そういえば、そうかもしれません。」

「あなたのお母さんは、とても優しそうな方だったもの……」

「はい……私が泣いていると、……泣き止むまで、側にいてくれました。」

(あなたはその優しさを、受け継いでるのね……)

「お嬢様。家に戻りましたら、私の紅茶を……飲んでいただけますか?」

「喜んで。」


蝶は空へと飛んでいく。二人の背中を見守りながら……







限りない献身と慈愛



相関図


マヤ・ヘレフォード CV:福圓美里
没落した貴族の子女。栄誉を取り戻すために冒険家になった。
メルヴィン・ブラックウェル CV:河本啓佑
忠実だが仕事振りは残念な執事。母親譲りの優しい心を持つ。

その他





注目記事
ページトップへ