Gamerch

【白猫】リーゼロッテ・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中

クマロンの契約者
リーゼロッテ・フレンディア CV:
大悪魔と契約した貴族の少女。
友達をつくることを目標としている。
2014/12/24

フォースター☆プロジェクト Xmas Story
飛行島の思い出 
その他関連ストーリー関連キャラ




思い出1



……め……して…………ゼロッ……

えっ? なんて言ったの?

はじ……ま……わた……リー……テ……なかよ……

えっ?なに?

………………………………………………

……く……………………ください……

そんなに恥ずかしがらなくても大丈夫ですよ。

人見知りなのね~。

しっかりせいっ! そんなことだから友達ができないのだぞ。

アイリス? 今、なんか言った?

何も言ってないけど……?

聞けぇい人間どもよ! この娘の代わりに吾輩が地獄しよう――ああ、いやいや、自己紹介をしてしんぜよう。

ぬいぐるみがしゃべった!

腹話術だね。

この痴れ者がっ! 吾輩は、古の世に混沌と破滅をもたらした大悪魔――

ク・マ・ロ・ン様だ! そして、こっちはリーゼロッテ。吾輩の契約者だ。

その見た目で悪魔って言われてもちっとも怖くないわね~。

名前も可愛らしいですしね。<クマ>だからクマロンさん?

勘違いをするな小娘。ダイアクマの<クマ>だ。

吾輩の力を認めたリーゼロッテが、ふさわしい名を授けてくれたのだ。

ちが……………栗に……てるから…………

そっか~。<クマ>と<マロン>でクマロンね。

ふははっ! なにをバカな。そのしゃれこうべ……

いや、そのシャレは笑えんな。

……………………………………

……………………………………

……………………………………

そうなのかっ!

本当にそのような理由で

名をつけたというのかっ!

……………………………………

……………………………………

……………………………うん。

……………………………………

……………………………………

……………………………………

アンタもだまってどうすんのよ!


TOP↑

思い出2


貴族の女の子としゃべるぬいぐるみ。不思議なふたりよね~。

どうやって出会ったんですか?

そ……私が…………ぐうぜん……ロンを…………そのとき……

ふははっ! 無理をするな我が契約者よ。

ここは吾輩が絶命……いや、説明してしんぜよう。あれは――


 ***


リーゼロッテが大きな屋敷の廊下を鉄箱を抱えて走っている。

自室に入るなり、周囲を確認する。

高鳴る鼓動をおさえながらゆっくりと箱を開けると――


『ふははははっ! よくぞ、よーく吾輩をこの陰気な独房から救ってくれた!

感謝するぞ人間!』


シポッと、熊の人形がリーゼロッテの腕にくっついた。


『ふははっ! 我が救世主よ。吾輩と契約を結べ。代わりに一つだけ願いを叶えてやるぞ。』

「ほんと……?」


(バカめ。吾輩が悪魔であると微塵も気づいておらん。

貴様の願いが叶ったが最後。その瞬間、吾輩は真の力を取り戻し、この世は終焉をむかえる)


「わたし……友達……ほしい……」

『ほう! 吾輩と友達になりたいというのか?

それは実にたやすい願いだ。ふはははは――』

「ちがう。別の人。」

『はは――はぁっ!? ま、まあ……それでもよかろう。

友達が欲しいなら、まずは吾輩を連れて外の世界に行くがよい。』


 ***


――というわけだ。

ふーん。

なんだそのふぬけた反応は!

どうやら貴様には吾輩の手でじきじきに恐怖を――

………………………………………

………………ト……ィレ…………

リーゼロッテ、貴様どこへ行くっ!

これから吾輩はこやつに黒闇の焔を灯し――

平和ね~。


TOP↑

思い出3


よいか、リーゼロッテ。

その言葉足らずな性格を改善しなければ、友達は一生かかってもできん。

……………………………………

そう、しょげこむな。

そんな貴様にも友達ができる方法を伝授してやろう。

……………………………………

……………………………うん。

貴様にしてはいい返事だ。よかろう。では、聞けぇい!

とにかく相手の目を見続けろ! そして、はにかめっ!

さすれば好意が相手に伝わり、ほほえみが返ってくるのだっ!

さあ、友情の契りを結んでこいっ! 勝利の邪神が微笑んでいるうちに! さあっ!!

ア……ス……あの……………………

ん? どうしたのリーゼロッテ。

…………………………………………

私の顔に何かついてる?

…………………………………むう。

もしかして……怒ってる?

……………………………むううう!

ごめんなさい。

…………………………………………

…………………………………………

…………………………………………

……………………クマロン…………

そんなバカなぁ! 10億とんで44匹の悪魔を虜にした吾輩の秘儀が……

この下級悪魔が……

よせ、ひきずるな……わるかった、ゆるせ……だからひきずるな……

つぎ……汚れ…………おとす……

洗濯だけはよせっ! 水を吸って体が重くなる! 頼む……それだけは……

ああああああぁぁぁぁああぁぁぁ。


TOP↑

思い出4


ずっと気になってんだけど。リーゼロッテはどうやって戦ってるの?

なぐ……とにか……ぐる……

クマロン、通訳して。

吾輩はいつからそのようなアイテムになったのだ。

アンタは戦わないの?

ふん。今の吾輩の力は本来の0.0002%程度しかない。

この身体は大悪魔の器には不適切。よって無理だ。

なんだ……期待して損した。

ふっ。そう期待されてしまってはしかたない……とっておくだったが特別に披露してやろう。

――あっ! あれはなんだっ!

ふんな古い手、ひっかからないわよ~。

バカなっ! 100億とんで666匹の悪魔をほんろうした戦術が!

なんなのよアンタは……

――きゃっ!? 蜂っ! 蜂が飛んできたわ!

うりゃ……

こらっ! むやみやたらに吾輩を振り回すなっ!

リーゼロッテのほうに飛んでったわよ!

きゃ……

吾輩を盾にするな!

……蜂いなくなったみたいだね。大丈夫、みんな?

リーゼロッテ! 貴様というやつはいつもいつも……吾輩をなんだと思っている!

ぶき……

もう、ケンカはよしなさいよね。

違うよ。キャトラ。

貴様、まさか刺されてはいないだろうな? 刺されたなら今すぐ手当てを……

だ……ょうぶ……

ケンカするほど仲がいいってことね~。


TOP↑

思い出5


クマロンさん、今日は静かですね。

ああ……最近、体の調子がおかしくてな……

やはりこの貧弱な器ではいかに強固な魂を持つ吾輩でも定着するのは難しいらしい……

このままでは……吾輩の意識はもう……

ク……ロン……

そう悲しい顔をするな……悪魔の散り際は儚いものだ……

…………

ふはは……こんなときでも貴様は口を開かんのだな……

別れの言葉くらい……かけてもよいのだぞ……

……マロ……わたし……いままで……

リーゼロッテ……貴様に……言わねばならんことがある……

あの契約は……吾輩の力を取り戻すためのもの……

吾輩は今まで……貴様を利用していただけにすぎないのだ……

だが……このくだらん友情ごっこを続けているうちに……いつしかごっこではなくなっていた……

なかなか……楽しかったぞ……

貴様はまぎれもなく……わが……はいの……とも……

クマ……ロ……

…………

起きてクマロン……一緒に遊ぼう……

……そ……ぼう………………………

そんな……


TOP↑

思い出6


……かり………………ぶしぃ…………

……るで………………たい……………

…………しい……………………………

――――ッ!?

う……ん……どういうことだ……吾輩は……生きて……?

クマロン!

助かったんですね……

もしや……先ほどの光で、吾輩は救われたというのか……?

よかった……

ふん……あれだけの餞別の言葉を吐いておきながら……

これではかっこがつかんな……

そんなこと言わないでください。

そうよ。リーゼロッテねぇ。アンタが動かない間ずっと落ち込んでたのよ~。

リーゼロッテ……貴様……そんなに吾輩のことが……

そうか……貴様も吾輩と同じ気持ち……貴様の願いは……叶ってしまったということだな……

これで吾輩は真の力を取り戻してしまうのか……だが、貴様だけは救ってやろう。それが、ト――

だから……ちがう……

モッ?

私は友達100人ほしいのっ!

バカなっ! なんと強欲な……どっちが悪魔かわからん……

類は友を呼ぶって、わけね。

ちが……そ…………ない………………

その寡黙な性格は最後までなおらんかったようだな

こんなことでは願いが叶うまでどれだけかかるかわからんな……

一緒に……いて……れる……

ふん、笑止千万! 貴様の願いは吾輩の願い!

友達1000人つくりにゆくぞっ!




みんなの人気者 リーゼロッテ・フレンディア



神気開放

「……友達……たく…………う……しい…………」

「あー、クマロン。通訳お願い。」

「だから、我輩は……まぁ、いい。リーゼロッテは、ここへ来て友達が増えて嬉しいようだ。」

「みん……も……あり……とう……」

「あの……なんて?」

「いや、これは自分で言わなければな……リーゼロッテ。」

「……………………うん。」


 ***


「……………………

………………うぅ……

みんな……ありが……と…………」

「やればできるではないか!

この調子なら友達もさらに増えるであろう!」

「……うん……がん……る……」




TOP↑

その他




関連ストーリー
画像説明
リーゼロッテ・フレンディア
大悪魔と契約した貴族の少女。
友達をつくることを目標としている。
●友達になりたい
友達が 100人出来たら 大魔王 byクマロン
リーゼロッテ(温泉)
けん玉をテにした貴族の少女。
アオイの島で友達を作ろうとしている。
リーゼロッテ(PJ2)
悪魔のクマロンと契約を結んでいる少女。
お友達が、たくさんできました。

フォースターXmas Story

フォースター8th Story

フォースター9th Story

フォースター10th Story

白猫温泉物語 Story

リーゼロッテ(温泉)・思い出

不思議な城のエシリア Story

人物紹介
画像詳細
チッチョ・ブルローネ
大きなぬいぐるみをかぶった少年。
鬱屈した眼差しをのぞかせるが、時に素直な笑顔を見せる。
リーゼロッテ・フレンディア
大悪魔と契約した貴族の少女。
友達をつくることを目標としている。
ポン・ポコ・リーナ CV:豊田萌絵
星たぬきにすべてを捧げる少女。
真のタヌキストになるのが夢。
ベンジャミン・フルード CV:森川智之
仮面舞踏会の衣装に身を包む幽霊。
優雅で華麗を信条とする謎多き紳士。
ジュリア・エルウッド CV:原紗友里
衣装の声に従って行動するコスプレ少女。
その声はジュリア以外が聞いたことはない。
ベアトリス・オルデンベルク
正義の薔薇のもとに悪を裁く少女剣士。
今日も<悪>を求めて各地を駆け回る。
マヤ・ヘレフォード CV:福圓美里
没落した貴族の子女。
栄誉を取り戻すために冒険家になった。
メルヴィン・ブラックウェル CV:河本啓佑
忠実だが仕事振りは残念な執事。
母親譲りの優しい心を持つ。
ピアナ・メイヘルン cv.楠木ともり
美術館で働いていた、贋作王の娘。
ファクティスと出会い、価値観を盗まれる。
ファクティス・イギスドラム cv.寺島拓篤
神出鬼没で大胆不敵。
他人の価値観を盗む伝説の怪盗。
リスリー・スクイレル


~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリー思い出

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (リーゼロッテ・思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ