Gamerch
食物語攻略wiki

揚州炒飯・伝記

最終更新日時 :
1人が閲覧中

好感度ボイス

デフォルト

好き嫌い『君子の体は寒梅、心は名月のよう』――そのような人でありたいですね。
世間話・
其の一
書画(しょが)を勉強したいのでしょうか? 生齧(なまかじ)りの知識ではありますが……晩生でよろしければ、教えてさしあげましょうか?
賛美周りの人を大切に思う若様は、柔和な月光のようです。
世間話・
其の二
甘え
告白

衣装「墨染夏花」

衣装衣装に刺繍されている模様は『白雪塔』という花です。晩生は気に入ってますが、若様はどうでしょうか?

その他のボイスはキャラページに記載しています。

伝記

追憶

 揚州炒飯は清朝にて化霊し、前身は隋煬帝が好きな砕金飯である。名門の後裔であるとも言える立場だが、彼からは上流階級の匂いが全くしない。

 彼は生まれてから揚州知府である伊秉綬についていた。先生が亡くなった後、彼はあちこち回ってきたが最後には空桑に定住した。どこに行っても揚州の月と梅花を忘れることはできない。先生が書いた詩句「梅花咲く頃雪が止み、この月にふさわしい者は何名いるでしょう?」も覚えている。


容姿

 揚州炒飯は薄黄色がするため、化霊した彼も同じく薄黄色の衣装を着用し金色の房飾りをつけている。袖と裾には麦の穂の紋が刺繍されている。

 揚州炒飯は梅花を好み、中でも揚州の梅花は特別であり彼はいつも梅花を持ち歩いている。その理由は故郷の揚州を思い出すだけではなく、先生の教訓を忘れず君子がやるべき事をやるという戒めのためである。


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)




▷ページトップへ


▷揚州炒飯へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (揚州炒飯・伝記)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる