Gamerch
食物語攻略wiki

【食物語】ロード中に表示されるプチ情報まとめ

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ロード中に画面下に表示される文の一覧です。

【空桑の噂話】

  • 空桑で未解決の謎の一つである、なぜ鵠羹はいつも袖の中から無限においしいお菓子を用意できるのだろう?
  • 佛跳牆は生活の中の美しさを発見するのが得意だ。
  • 徳州扒鶏も符離集焼鶏も、津浦鉄道線のおかげで全国的に有名になった。
  • 長年鉄道で一緒に仕事をしてきた徳符兄弟には、独特の交(喧)流(嘩)方式がある。
  • 臘味合蒸はいつも笑っているが、油断して彼の「リスト入り」になってしまうと、苦しい思いをするだろう。
  • 北京ダックの鴨軍団、まさか彼が自分の毛で変化させた分身なのか?
  • 徴州の自然の話になると、一品鍋はまるで別人のように陽気になり、おしゃべりになる。
  • 一品鍋と揚州炒飯が一緒に書道や絵画の鑑賞会を開いているのをよく見かける。
  • 鶏茸金絲筍は海外に何年も滞在し、数え切れないほどのトップファッションショーでその名を残している。
  • 鶏茸金絲筍は空桑一の佛跳牆推しとして、お兄さんに熱狂的なファンを近づけさせないように力を入れてきた。
  • 体の中に潜める火魔というのは、本当は焼乳豚の中二病的な幻想でしかない。
  • 焼乳豚の中にいる火魔と蜜汁叉焼との間には、何か未知の関係があると言われている。
  • 先生はあの子供で、学生は八仙過海鬧羅漢のほうだ。「人を外見で判断するな」という言葉、常に覚えておこう。
  • 詩礼銀杏は見た目は幼いが、すでに儒学院の上級教師であり、様々な儒教書に精通している。
  • 鼎湖上素はお寺に住み、仏教を修行し、禅の理を悟り続けてきた。
  • 何年も前から、蓮花血鴨は悪夢を見続けてきた。
  • 四川火鍋は、しゃぶしゃぶの鴨腸が「七上八下」でないと美味しくないと考えている。
  • 揚州炒飯の師匠である伊秉綬はかつて自画像に、自分を明月と梅の花に喩える詩を詠んだことがある。
  • 果たしてえび餃子のクローゼットにどれだけ綺麗なドレスがあるのか、誰も知らない。
  • 四喜団子の「四喜」とは「福禄寿喜」のこと。彼の踊り用の二つの扇子に書かれている。
  • 臭桂魚は体が丈夫でなく、寝たきりになることが多いので、優しく接してあげてください。
  • 鍋包肉は中華と西洋融合の着装をしていて、実際も中華と西洋融合の産物だ。
  • 松鼠桂魚の武器は、ある刺客の遺物と言われる名刀「魚腸」。
  • 東坡肉と鍋包肉はよく一緒に飲んでいるが、彼らは酒の嗜好が全く違っている。
  • 東坡肉の手に持っている竹の棒は、雨の中の沙湖路の途中であの子瞻さんが使っていたものと同じものだ。
  • 西湖醋魚はもう江湖から隠遁したが、江湖のあちこちに彼の侠気の伝説がまだ残っている。
  • 宮保鶏丁の名前は彼にとって特別な意味を持っているので、発音を間違えないように注意してください。
  • 宮保鶏丁は空桑に来たその日から「空桑ベストワーカー」賞を連続受賞している。
  • 麻婆豆腐は顔を見つめられるのが嫌いだ。
  • MOBAゲームのランクが上がらない?eスポーツ最強王者麻婆豆腐が頼もしいチームメイトをやってあげるぞ!
  • 小鶏燉蘑菇の白雲は雛鳥だ。なら、彼の黒土はもう一匹の雛鳥か?それともただの鉄ハンマーなのか?
  • 帯把肘子は子供と遊ぶのが大好きだが、だいたい子供に怖がられ、泣かれてしまう……
  • 叫化鶏は手についた泥殻の話をされるのが嫌で、思い出したくない過去があるらしい。
  • 灯影牛肉は影絵師と自称し、彼が作るキャラクターは簡単な雑用をすることもできる。
  • ドウジャオ魚頭のスカーフの下に何が隠れているのか、誰もが気になるところだが……好奇心は猫を殺すぞ!
  • 口のうまい子供は甘い飴をもらえるということ、蜜汁叉焼は子供でありながらよくわかっている。
  • 自称杭州の麺業界のボスの片児川は、常にあの奎元楼の横額を持ち歩いている。
  • さすがのかにみそ湯包にも怖がる対象が存在する。魚池を通るたびに彼は回り道をしている。
  • 煲仔飯とえび餃子は昔から仲の良いご近所さんである。
  • 煲仔飯は平均して一日20時間も寝るらしいよ。
  • 太極芋泥は昔林公の策士だったので、困った時には彼にアドバイスを聞くといいだろう。
  • カ仔煎は海が大好きなので、会ってみたいと思ったら海辺に行けば間違いなし。
  • 魚香肉絲には魚がない。魚香肉絲が口を開けば嘘ばかり。
  • 担仔麺は童顔だが、子供ではない……なので「かわいい」というのは、彼にとって褒め言葉ではないよ。
  • 羊肉泡饃は一年中草原で羊を放牧する暮らしをしているので、そのうち遊牧民の歌や踊りをたくさん覚えた。
  • 餃子は最近スマホゲームにハマっているらしいが、夜ふかしでスマホをいじる時は彼に見つからないように。
  • 自然の祝福があるからか、青団子はいつも幸運に恵まれている。
  • 春巻は空桑のDIY界のナンバーワンである。
  • 驢打滾の話の中で信憑性があるのは三割だけで、残りの七割はおそらく全て彼が話を盛ったのだろう。
  • 双皮ミルクは1分間に482語を発言したことで、空桑管理司から話禁止という罰を与えられたことがある。
  • 猫耳朶の本当の気持ちを知りたい?彼の耳を観察してみよう!
  • 金秋願林をクリアするためには、森の覇王である金玉満堂の同意を得ることを忘れないように心がけましょう。
  • 金玉満堂は佛跳牆を初めて見たときから、この金ピカの食魂は自分の父に間違いないと思い込んでいる。
  • 普茶料理はかつて寒中水泳大会で優勝したことがある。彼がいつも冷水を浴びて精神を鍛練していることが、この
  • エビチリが恐れるもの、締切日。それと、麻婆豆腐の「食べてみてよ。全然辛くないから」という熱い一言。
  • 西鳳酒は警務部に軍事訓練顧問に任命され、空桑の五年間の訓練計画を作成したそうだ。
  • 空桑の謎の一つ:眼帯をつけている楚先生はいったい思考しているのか、それとも寝ているのか?
  • 石子饃は退役してから久しいが、まだ天下の平和を守る夢を抱いている。
  • 空桑の狭い路地を自由自在に行き来している黄精枸杞牛尾湯(好中球)は、縮骨功(柔身術、コントーション)でも習
  • 花菇無黄蛋は班長としての経験を活かして、空桑で子供軍団を結成した。
  • 誰かが音声部の演奏中、花畑の波、雲海に泳ぐ仙獣を見たという……
  • 新風鰻片は様々な「鰻」の形の抱き枕を集めている。そして、「スターゲイジー・パイ」という料理が大好きだそう
  • 体質が原因で、太史五龍羹は冬になると、よく不意に寝てしまう。そのため、彼は様々な防寒設備を用意している
  • 出かけて旅したいなら、サバイバルの専門家金銀蹄膀の意見を聞くとよい。
  • 魚腹藏羊は時や場所に構わず人に手合わせを挑む。街の屋台と煎餅の焼き加減の勝負をしたこともあるそうだ。
  • いつも平静な様子を見せている雪霽羹は、実は暗闇の中で体が震えることもあるので、本当はとてもだれかに構って
  • 天香白冀はとても生活にこだわっている。皆が彼をモチーフにした「丁寧な男の子」スタンプパックを作った。
  • いたずらするときにバレないように、重陽糕はいつも体から桂花の香を取り除く方法を探している。
  • 空桑は恋愛ドラマで目が腫れるまで泣いてしまって、でも人にバレないように、何日も部屋に閉じこもっていた。
  • 空桑に来た後の西湖純菜羹は、テレビ、インターネットなどでニュースを見て、天下の情勢を知ることができるよう
  • 空桑の子供たちは炸紫酥肉と一緒に遊ぶのが好きだ。彼はいつも新しいアイデアを思いつくから。
  • スポーツが大好きの熱乾麺は、とても健康的な生活習慣を持っています。元気いっぱいに新しい一日を迎えるために
  • 複合調味料はいつも厨房の手伝いをする。しかし、彼がいつもこぼしているのは複合調味料で人を飛ばせる仙人の粉
  • 龍鳳配は二つの魂を持っている。裴鳳はいつも裴龍ふりしていたずらをする。裴龍は様々なメッセージを残して、

【空桑の噂】

  • あまりの幼さで、調味料は簡単な言葉しか話せない。
  • 葱焼海参の悩み:きれいな黒肌になるための方法
  • 風生水起が物を食べなくても慌てることはない。これは彼なりの精神を鍛えるための「断食」方法。
  • 飛龍湯は度々風生水起に勝負を挑む。たとえ何回断られようと。
  • 飛龍湯の双槍に残っているいい匂いは、槍を串にして獲物を焼いた後の残り香である。
  • ある親切な食魂が毎日自分のことを気に掛けてくれなければ、氷糖湘蓮はきっと孤独のまま一生を終えるだろう。
  • 糖酢源白は自ずと人々を寄せ付けてしまう魅力がある。彼が現れたところは必ず次の瞬間で人でいっぱいになる。

【空桑秘話】

  • 糖葫芦の蹴羽根は百種類以上の技がある。
  • 夜中に水辺で粽を見ても、慌てる必要はない。彼はただ波に流された友人に哀悼の意を捧げているだけかもしれない
  • 龍井蝦仁は伝統ある風雅なものに夢中になっている。詩、酒、茶は彼の大好物だ。
  • 龍井蝦仁は子推燕を召喚する正しい号令をよく知っているようだ。
  • 子推燕は毎朝目覚めると、いつも自分がなぜ目覚めたのかを悩んでいる。
  • 顔立ちがいい少年には女が多いとは誰が言った?桃花粥は男女の色事にまったく興味がない。
  • 吉利エビは毎日そのいつ現れるかわからない魂の伴侶を探している。
  • 体の構造が特殊であったため、蟹釀橙は自分のためにいろんな香りがするオイルボディソープを開発した。
  • 長く一人で広寒宮に住んでいるため、桂花酒は自分を褒める言葉を毎日300語作っている。
  • 月餅はいつも一人ぼっちの人の後をつき、相手が寂しいと感じたらすぐ助けに行く。

【空桑の裏話】

  • 太白鴨はお酒の質にとにかくうるさい。美酒は彼の詩興を大いにわかせ、粗悪な酒は彼の閃きを全部消してしまい
  • 紹興酔鶏は記憶力がよく、「空桑の手帳」と呼ばれています。
  • 混湯酒醸元宵は身の回りにある普通なものを、手早くすごい武器に改装できます!
  • 夜は活躍するイケメン三鮮脱骨魚ですが、朝起きた時は反射弧が極端に長いだらしないヤツになります。
  • 東壁龍珠の目は夜でもはっきりと物が見えます。その鋭い目つきは悪人でも肝を冷やします。
  • 雲托八鮮が持ち歩いている木簡は特殊な材料で作られていて、イライラして地面に投げつけても壊れません。
  • 桜桃畢羅は男性ですが、何度も女性のために呼びかけ、男女平等を訴え、女性の自立を応援しています。
  • 鬼退治の第一線で奮戦している臘八粥は、実は鬼のことをすごく恐がります。
  • 空桑の未解の謎の一つ:屠蘇は車椅子を動かしてないのに勝手に進みだし、さらに謎めいた青い光の霧が出てくる
  • 空桑では、年年有余は「春節聯歓晩会のBGMを持参する男」と呼ばれています。
  • 年糕は小柄に見えますが、小鶏燉蘑菇を持ち上げることができるとは驚きです。
  • 玉麟香腰の笛についている半分の玉佩は、彼の持つもう半分の玉佩と合わせて一つになります。意中の人のために用
  • 龍朔年間、ある燕氏の伶人は武后にみそめられ、なんと太傅の地位にまで駆け上がったのです。
  • 糯米八宝鴨は空桑に暮らし始めてから、『プラントvs.異星キョンシー』というゲームにハマりました。
  • 鬼城麻辛鶏は毎朝念入りにヘアスプレーを使って、自慢のおしゃれヘアスタイルを作ります。
  • 楊枝甘露はしょっちゅう女の子たちがデザートを食べるように「誘惑」し、「誰も見てなければ食べてないのと同
  • 孟婆湯は落ち着いて真面目な人に見えますが、実は朝起きたくなくて他人に甘える裏の顔があるのです。
  • 魯肉飯は、学校で「尊老愛幼」の表彰と「けんか」の懲戒を同時に受けたことがあります。
  • 覇王別姫は芝居では演じる役に完全に没頭し、高難度の立ち回りに身を危険にさらしてもかまわないのです。
  • 腌篤鮮の翡翠カラーのファッションは海外留学時代には人気がありましたが、なぜか帰国してからはさっぱり不人気
  • 豆汁は一人でチアリーダー、ライフプランナー、ドリームスピーカーなど多くの職業をこなしています。
  • 自ら出征した北京ダックは、今でも空桑でダック近衛兵団を率いて「領地」を見回っているそうだ。
  • 開水白菜は「優秀」な国語先生です。彼の文学の教養に挑戦しても無駄ですよ。
  • 髪絲百葉がよく森の中で行き来しているのに、長い髪が全く引っかからない理由を多くの人が知りたがっている。

【三界の秘話】

  • 九重天では定期的に料理大会が開催され、その中から優秀な者が選ばれ、賞品を獲得することができる。
  • 伝説によると、幽冥司には生死帳があり、獄卒はこれを基準に霊の引渡しをしているという。
  • 瀛州に仙山があり、山の中に「玉醴」という泉がある。この泉の水を飲む者は不老不死になると言われている。
  • 輪廻の井戸に入った者は過去を忘れても、魂は変わらず、転生して前世の運命の人に会うことも不可能ではない。
  • 蓬莱という島があり、島には仙人が住んでいて、近づくと俗世を忘れさせられるほどの美しい音楽が聞けるという。
  • 三界には桃花源があると言われており、島はいつも雲と霧に囲まれていて、幸運な人だけが入ることができる。
  • たとえ凶暴な獣が多く生息する不周山の中でも、村落がある。
  • 不周山は一年中落雷が止まない。山に焦げた跡があっちこっち見られる。しかし、現地の紫水晶はいつも無傷のま

【不思議な三界】

  • 雲端天境は飛行船のように空を飛ぶ浮島である。昼も夜も飛び続けるそれが一体どこに向かっているのか、誰も
  • 海族は浪を追うように泳ぎ、天族は翼を広げて飛ぶ。海面を境に、両族はそれぞれ海と空を支配している。
  • 東海龍宮の珊瑚庭はきれいに整っている。そこに魚たちは森を飛ぶ鳥のように、行き来している。

【三界の不思議】

  • ネオンと灯ろうの光が交錯し、バイク音と異獣の唸り声がまじりあい、多種多様な文化様式が融合して、青丘な
  • 供養閣は可視化された幽冥司の「郵便局」です。住民たちはここで人間界の親戚と荷物の「やりとり」ができま
  • 幽冥の主の閻魔は厳格な堅物と言われていますが、記憶を司る孟婆にだけは特別に甘い顔をするのです。

【日常の小技】

  • 空桑管理司とは、空桑の管理を補佐する組織で、管理司を主宰する人物は「五味使い」と呼ばれている。
  • 餐庁のチラシで千客万来を発動できる回数を増加できる。
  • 餐庁がチラシを配っている時に千客万来を発動すると、貝貨の獲得量が2倍になるよ。
  • 千客万来で入ってくるお客さんの中には、福神もいるらしいよ!
  • 陸吾のお尻を揉むと凶吉を予知できるが、揉みすぎて怒られないように気をつけたほうがいいよ。
  • 食魂の生活を豊かにし、彼らの親睦を深めるために、空桑にはいくつかの部活が設けられている。
  • 食魂にお気に入りのプレゼントを贈ると、好感度が上がるだけでなく、対応するボイスも開放されるよ。
  • 屋敷で食魂たちを観察してみよう。面白い秘密が見つかるかも知れないよ。
  • 天工篇の家具を開放して屋敷の快適度をアップしよう。
  • 屋敷の快適度が高いほど、兎饅頭を蒸す効率も高くなる。
  • 特定の料理を一定回数調理することで、新しいレシピを開放することができる。
  • 通常の時間帯に食事をしに来たお客さんにはそれぞれの物語があり、餐庁手帳に記載されている。
  • 食魂を派遣して農場を守ることで、食材の生産効率を上げることができる。
  • 食魂にはそれぞれ得意とする生活スキルを持っており、資源獲得の後押しをしてくれる。

【勝利への秘策】

  • 食魂の品質は降順に御、珍、尚、良となっている。
  • 戦闘時、味方チームのメンバーは順番で行動するため、チーム全体にバフを付与できる食魂を先に配置してくだ
  • チームの編成時、食魂を長押しすると、ドラッグして位置を入れ替えることができる。
  • 転兎為福では山賊兎がたくさんいるので、全体攻撃できる食魂を必ず連れて行こう。
  • 金秋願林の敵は、いずれも強力な受動スキルを持っており、それらを抑える方法を見つけることが勝利への道と
  • 介寿腰果は強力な回復スキルを持っているので、回復を禁じることができる食魂を必ず連れて行こう。
  • 突厥榛子はHPの少ないターゲットに対してとても強力なので、全体回復のできる食魂を必ず連れて行こう。
  • 防御力が高いので、防御力を下げることができる食魂や貫通できる食魂を必ず連れて行こう。
  • 銀玉満堂のHPはとても高いので、毒を付与できる食魂を必ず連れて行こう。
  • 水月閣の雑魚敵には厄介なバフ効果があり、優先して倒すと戦闘が楽になる。
  • 謙風閣の毒素環境では、免疫と浄化スキルを持った食魂が重宝される。
  • 離虹閣のボスは強力な単体攻撃スキルを持っているので、挑発と回復ができる食魂を必ず連れて行こう。
  • 調味料は料理をより美味しくできるので、調味料を使うと食魂の突破もしやすくなる。
  • メイン物語各章の最終ステージで、品質珍の食魂に遭遇できるかもしれない。
  • 困難各章の最終ステージをクリアすると、品質珍以上の食魂に遭遇できるかもしれない。

▷ページトップへ

コメント (【食物語】ロード中に表示されるプチ情報まとめ)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる