Gamerch
食物語攻略wiki
ログインでウルトラマンゲット ログインでウルトラマンゲット

北京ダック・伝記

最終更新日時 :
1人が閲覧中

好感度ボイス

デフォルト

好き嫌い孤高の王だと? 朕の望む姿はそのような滑稽なものではない! 真(まこと)の王は万人に囲まれるものだ!
世間話・
其の一
どうだ? 今日の朕は、いつにもまして凛々しくないか?
賛美若造のくせに、なかなかいい腕前だ……ん?朕も同じだと?大胆な奴だなーーだが、そんな愛卿(あいけい)だからこそ、朕のお気に入りなのだ!
世間話・
其の二
お前は、朕のことだけを見ていたら良い。さもなくば……不届き千万だぞ!
甘え愛卿(あいけい)よ、近う寄れ! そして肩を貸してくれ!
告白誰にも朕の進む道を阻ませぬ——天命と、愛卿(あいけい)の為に!

衣装「天下帰心」

衣装勤政愛民(きんせいあいみん)、天下帰心(てんかきしん)。朕は天下万民のために、必ずや新しい平和と繁栄の時代を作るだろう!

衣装「微服出巡」

衣装
指先に伝わる愛情三
指先に伝わる愛情二
指先に伝わる愛情一
挨拶
相伴朝
相伴夕
結陣
入陣
破陣
救援
刹羽
勝利
喜悪
雑談一
賛美
雑談二
甘え
告白

その他のボイスはキャラページに記載しています。

伝記

追憶

 明朝初期、明太祖は鴨を食べる事が好きだったため、王宮の料理人は丸焼きの調理法を創り出し朱元璋に重視された。

 その後、明朝が都を遷移し、明成祖はその鴨の丸焼きを北京に持っていったことで、作り方も少しずつ民間に伝わっていった。皮はカリっとしており、柔らかい食感の肉は人気を得ることで新しい称号を獲得した――「北京ダック」。

 空桑は食魂のアジトと聞いている北京ダックが空桑に来てやることは「家臣」を募集するに決まっているでしょう。


容姿

 金色でカリカリとした食感の皮がある北京ダックは化霊して、金と銀の服を身に着けた。白いマントは小麦粉の皮のように肩にのせており、頭の上につけた鴨の羽根は自分自身を示すことで鴨料理の中の至高なる地位を象徴している。

 明太祖の時から、鴨の丸焼きは「佳肴の帝王」の美名を持つ。そして北京ダックが右手に持つ鮮やかな旗は、天下を統率する証である。


技能

 北京ダックの武器は、その高貴な身分を象徴する旗である。戦闘の時北京ダックは旗を振って敵に刺したり、失礼な態度を取った敵を殴ったり、雷さえも召喚する。

 「走れ!朕の鉄騎!不敬物を残らず踏みつけてしまえ!」彼は旗を高く持ち上げ、三つの軍隊を率いて敵陣に乗り込み、相手に致命的な一撃を与えるーーしかし、なぜ食魂帝王の軍隊は食魂ではなく、モフモフしてガーガーと叫んでいる雛鳥たちなのか?


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)


(情報提供お待ちしております)




▷ページトップへ


▷北京ダックへ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (北京ダック・伝記)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる