Gamerch
食物語攻略wiki

徳州扒鶏・手紙

最終更新日時 :
1人が閲覧中

半分風雅

主人公名:

  若、先週オレに列車の種類について聞いたことを覚えていますか? 「列車マニア」のパンフレットを作って、スタジオに置いておきました。いつでも読みに来ると良いですよ。このパンフレットを作ることに合計で336.51時間もかかりました。オレが知っている全種類の列車を含めています。そして構造データもミリ単位まで精確に載っています。

  画像を選出したとき、鉄道に関するさまざまな想い出が蘇ってきました。もしかしたら、このパンフレットを見て、若の心中に素敵な列車の旅の思い出が思い出されるのではないでしょうか?


徳州


同袍同沢

主人公名:

 充実な暮らしを送るには、二つの手段があります。一つは好きな仕事をやること、もう一つは仕事を好きになることです。これはある旅客から聞いたことです。津浦線で働いていたとき、確かにオレはこの仕事に対して、幸福感がありました。若はどうですか? たまに空桑でバタバタしている貴方を見て……いつも微笑んでいます。

 若と一緒にパトロールしているとき、なぜか昔の信頼している同僚と一緒にいる気分になります。それは多分貴方が頼もしくなって、無意識に貴方の姿を彼らのそれと重ねてしまったのかもしれません。

  <追伸:餃子さんが「列車マニア」に書いていました。「列車男子育成ゲームとは、一体何でしょう。若のアイデアですか? ……それはそれで、鉄道宣伝の良い策略になるかもしれませんねぇ。」>



以心伝心

主人公名:

 昔、符はオレを避けていた時期がありました。オレが厳しすぎて、他人の気持ちを無視しがちと彼に指摘されましたが。若もそう思いますか?……時々、心配していました。

 もし若が、オレに「もっとおおらかになってほしい」と思っているなら、オレは……必ず果たすべき責任として、貴方に満足頂けるよう頑張ります。

 <追伸:正直、今までずっと、陸吾様の右肩の欠けている模様を書き足したい。>


徳州


金蘭之契

主人公名:

  列車が揺れて前進しているとき、いつも乗客たちを観察しています。外は高速で動いていますが、車両の中はまるで静止しているかのようです。車内の無邪気な子どもや眠りにつく老人を見かけたのですが、自分もその大家族の一員になったような気がしました。しかし、駅に到着したら、乗客たちは列車を降りて、それぞれの家に帰ってしまいました。

 「オレの帰りを待っていてくれる家族がいればいいな」と、ふと思います。若・・・・・・ドアを開けてくれて、コートのほこりをはたいてくれる人は、貴方だったら嬉しいですね。


徳州


▷ページトップへ


▷徳州扒鶏へ戻る

▷一覧へ戻る

コメント (徳州扒鶏・手紙)

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる