Gamerch
食物語攻略wiki

糯米八宝鴨・伝記

最終更新日時 :
1人が閲覧中

好感度ボイス

デフォルト

好き嫌いキョンシーの抜け殻に糯米を詰めたら、…糯米八宝キョンシーになるよ!
世間話・
其の一
焦(じゃお)先生が菜園でナッツを栽培するのは、キョンシーを防ぐためだと言っていたけど……あんなものが本当に、八宝の木剣や呪符よりすごいのかな?
賛美若、貴方の肌は白くて瑞々しいよね。すごく美味しそうに見えて……八宝は……
世間話・
其の二
若、孤独の味は知ってる?雄黄酒の味に似てて、辛(から)くて苦いよね…
甘え若~!八宝は貴方と一緒に見たい映画があるんだ。タイトルは…『愛する君の、すべてを食べたい』!
告白若、貴方が八宝を好きじゃなくなっても、ボクは変わらず好きだからね。どうなっても八宝は、若のことを忘川河畔(ぼうせんかはん)で待ってるよ。ずっとずっと、待ってるからね……

その他のボイスはキャラページに記載しています。

伝記

追憶

糯米八宝鴨が化霊したのは、キョンシー伝説が盛んだった清の時代。紫のもち米で作られた彼は化霊後も、肌が暗い紫色であった。その異質な見た目から、なかなか周囲に打ち解けられず、キョンシーと間違えられたこともある。


その後、彼は偶然にも「九おじさん」という道士に出会う。九おじさんは、八宝鴨が人間に虐げられていること、彼が心の底から人々に溶とけこみたがっていることを知った。その才能を惜しんだ九おじさんは、キョンシーに対抗するお札とそれを救済する方法を八宝鴨に伝授した。


天賦の才に恵まれた八宝鴨は、たちまち九おじさんの奥義を習得し、キョンシーを追い払って人々を助けた。そのことが広まり、八宝鴨は「キョンシー道長」と呼ばれるようになると、人々が八宝鴨を虐げることはなくなった。それでも彼の外見を恐れる人はいたが、八宝鴨自身がそのことに固執することはなくなった。むしろキョンシーのふりをして、人を怖がらせることを楽しんでいる。なんとも、いたずら好きだ。


容姿

糯米八宝鴨はキョンシーの真似をするのが好きで、よく両手をまっすぐに伸ばしたり、ぴょんぴょん跳ねたりしながら歩く。生まれもった暗い紫色の肌が、さらにその信ぴょう性を高めていた。


しかし、実はもち米という食材自体に邪気を払う効果があるため、この少年はキョンシーどころか、腕の立つ魔除けの道士なのだ。背中の桃木剣や、鴨の刺繡がほどこされた道袍、その身を取り巻く呪符、霊魂やキョンシーの足跡が見える陰陽眼鏡は、彼が江湖を渡り歩くのに欠かせない宝物だ。


技能

道士である糯米八宝鴨が江湖を渡り歩くための武器は、師匠の九おじさんがくれた桃木剣と呪符。相手にお札をつけて爆発させ、ダメージを与えるのだ。また、味方が会心攻撃を受けたときも、相手に呪符を貼り重ねる。呪符が即座にダメージを与えないこともあるため、敵は油断してしまうが、これはこの可愛らしい小道士の計略なのだ。ターゲットに貼られた呪符が5枚になると、八宝鴨は剣で呪符を切って爆発させ、対象に大きなダメージを与えて昏睡させる。


八宝鴨は師匠から、強力な呪文も受け継いだ。呪文を唱えて、木剣を振るえば、相手にダメージを与えると同時に気絶させ、呪符を2枚貼り重ねることができる。


糯米八宝鴨は江蘇省蘇州地域特有の伝統料理。紫のもち米、ピーナッツ、豚肉などの食材を鴨の腹に詰めた料理であり、見た目が食欲をそそるだけでなく、パリふわな口当たりもすばらしい。清の『調鼎集』や『桐橋倚録』にも、「八宝鴨」の作り方が記載されている。


この料理は、まず鴨のすべての骨を抜く。シイタケや、ハム、豚肉、タケノコなどを炒めて香りを出し、紫のもち米と一緒に鴨の腹に入れてひょうたん形にした後、土鍋に入れてやわらかくなるまで蒸す。詰め込まれた食材に鴨肉の香りが移るため、独特な風味となり、鴨肉は柔らかくて飽きがなく、とても食欲をそそる。


天性の才

糯米八宝鴨は、長い間誰とも接することがなかったため、人々の暮らしにとけこめず、とても孤独な思いを抱えていた。かつては人を憎み、自分を傷つけた人間に復讐しようとしたこともある。九おじさんの奥義を身につけてから、人々に虐げられることはなくなったが、このときの彼はすでに、「とぼける」という技を身につけていた。自分の無害さと善意をこのような形で表現したのだ。しかし、実際はとても繊細で、自分にむけられる他人の視線を感じていた。これまで、彼の心の内を本当に理解してくれた人は、数えるくらいだった。


八宝鴨は人を驚かせるだけでなく、キョンシーをいじめることも好きで、よくキョンシーたちをからかっていた。キョンシーを退治するときは「残酷」に見えるが、実はキョンシーの中に閉じ込められた罪なき魂を傷つけたことはないのだ。


長年誤解されてきたことを、今さら弁解する気はな。彼の言動は、この世の道徳に反しているように見えるが、内心はただひとつの真心を厳守しているのだ。これが、師匠の九おじさんと出会って変わった糯米八宝鴨である。


「今日は臘八粥と一緒に呪符を貼って、八宝が村のキョンシーの話をして、驚かせたんだ。それから魏川も、いつも引っかかってくれる。びっくりしてパンダと抱き合って転げ回っちゃうんだもん!本当におもしろくてしょうがないよ!


でも、若様だけは驚いてくれないんだよね、ざんねん。若様ってば、キョンシーの格好をした八宝のことを、全然怖がらないんだもん、すごい度胸だよ……ああ、若様が驚く顔は、きっとかわいいんだろうな!


今度はキョンシーの長い舌をつけて、夕暮れ時の草むらからいきなり飛び出して、若様の顔を舌で舐めてやる……完璧な計画でしょ?」




▷ページトップへ


▷一覧へ戻る

コメント (糯米八宝鴨・伝記)

  • 総コメント数9
  • 最終投稿日時 2021/07/12 16:49
  • 表示設定
    • Good累計50 ななしの投稿者
    9
    2021/07/12 16:49 ID:gc1f1kur

    ↓反映しました。ありがとうございます!

    • ななしの投稿者
    8
    2021/07/11 22:29 ID:rtvzmfh1

    味:

    糯米八宝鴨は江蘇省蘇州地域特有の伝統料理。紫のもち米、ピーナッツ、豚肉などの食材を鴨の腹に詰めた料理であり、見た目が食欲をそそるだけでなく、パリふわな口当たりもすばらしい。清の『調鼎集』や『桐橋倚録』にも、「八宝鴨」の作り方が記載されている。

    この料理は、まず鴨のすべての骨を抜く。シイタケや、ハム、豚肉、タケノコなどを炒めて香りを出し、紫のもち米と一緒に鴨の腹に入れてひょうたん形にした後、土鍋に入れてやわらかくなるまで蒸す。詰め込まれた食材に鴨肉の香りが移るため、独特な風味となり、鴨肉は柔らかくて飽きがなく、とても食欲をそそる。

    • ななしの投稿者
    7
    2021/07/11 22:29 ID:rtvzmfh1

    技能:

    道士である糯米八宝鴨が江湖を渡り歩くための武器は、師匠の九おじさんがくれた桃木剣と呪符。相手にお札をつけて爆発させ、ダメージを与えるのだ。また、味方が会心攻撃を受けたときも、相手に呪符を貼り重ねる。呪符が即座にダメージを与えないこともあるため、敵は油断してしまうが、これはこの可愛らしい小道士の計略なのだ。ターゲットに貼られた呪符が5枚になると、八宝鴨は剣で呪符を切って爆発させ、対象に大きなダメージを与えて昏睡させる。

    八宝鴨は師匠から、強力な呪文も受け継いだ。呪文を唱えて、木剣を振るえば、相手にダメージを与えると同時に気絶させ、呪符を2枚貼り重ねることができる。

    • ななしの投稿者
    6
    2021/07/11 22:14 ID:rtvzmfh1

    >>2

    若のことを忘川河畔(ぼうせんかはん)で待ってるよ。ずっとずっと、待ってるからね……

    • ななしの投稿者
    5
    2021/07/11 21:21 ID:rtvzmfh1

    容姿:

    糯米八宝鴨はキョンシーの真似をするのが好きで、よく両手をまっすぐに伸ばしたり、ぴょんぴょん跳ねたりしながら歩く。生まれもった暗い紫色の肌が、さらにその信ぴょう性を高めていた。

    しかし、実はもち米という食材自体に邪気を払う効果があるため、この少年はキョンシーどころか、腕の立つ魔除けの道士なのだ。背中の桃木剣や、鴨の刺繡がほどこされた道袍、その身を取り巻く呪符、霊魂やキョンシーの足跡が見える陰陽眼鏡は、彼が江湖を渡り歩くのに欠かせない宝物だ。

    • ななしの投稿者
    4
    2021/07/11 20:59 ID:rtvzmfh1

    追憶つづき


    天賦の才に恵まれた八宝鴨は、たちまち九おじさんの奥義を習得し、キョンシーを追い払って人々を助けた。そのことが広まり、八宝鴨は「キョンシー道長」と呼ばれるようになると、人々が八宝鴨を虐げることはなくなった。それでも彼の外見を恐れる人はいたが、八宝鴨自身がそのことに固執することはなくなった。むしろキョンシーのふりをして、人を怖がらせることを楽しんでいる。なんとも、いたずら好きだ。

    • ななしの投稿者
    3
    2021/07/11 20:58 ID:rtvzmfh1

    追憶:

    糯米八宝鴨が化霊したのは、キョンシー伝説が盛んだった清の時代。紫のもち米で作られた彼は化霊後も、肌が暗い紫色であった。その異質な見た目から、なかなか周囲に打ち解けられず、キョンシーと間違えられたこともある。

    その後、彼は偶然にも「九おじさん」という道士に出会う。九おじさんは、八宝鴨が人間に虐げられていること、彼が心の底から人々に溶とけこみたがっていることを知った。その才能を惜しんだ九おじさんは、キョンシーに対抗するお札とそれを救済する方法を八宝鴨に伝授した。


    つづく

    • ななしの投稿者
    2
    2021/07/11 20:48 ID:rtvzmfh1

    告白:若、貴方が八宝を好きじゃなくなっても、ボクは変わらず好きだからね。どうなっても八宝は、

    • ななしの投稿者
    1
    2021/07/11 20:48 ID:rtvzmfh1

    好き嫌い:キョンシーの抜け殻に糯米を詰めたら、…糯米八宝キョンシー

    になるよ!

    世間話・其の一:焦(じゃお)先生が菜園でナッツを栽培するのは、キョンシーを防ぐためだと言っていたけど……あんなものが本当に、八宝の木剣や呪符よりすごいのかな?

    賛美:若、貴方の肌は白くて瑞々しいよね。すごく美味しそうに見えて……八宝は……

    世間話・其の二:若、孤独の味は知ってる?雄黄酒の味に似てて、辛(から)くて苦いよね……

    甘え:若~!八宝は貴方と一緒に見たい映画があるんだ。タイトルは…『愛する君の、すべてを食べたい』!

新着スレッド(食物語攻略wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる